「今の国連はサタンの下の一つの世界をつくっている」-国進ニム5月27日質疑応答から(その5)

VimeoUnification Sanctuary (1).png

自分の子供の中で誰が財産を受け継ぎ運営していくのに最適か、ということだけが問題ではありません。どの子が自分の神の国のビジョンを最高に継承してくれるか、これが問題です。こうした相続に関する問題は皆さんの問題なのです。このコミュニティの試練でもある。自分の価値観、夢、熱意を次の世代に託すことができるのか。これは必ずしもうまくいくとは限りません。自分の世代のように。どうやって同じ熱意を子供に伝えますか。それがコミュニティの本当の試験です。「主権」をもつコミュニティだけが世代を超えて自分たちの信念を実践し、夢を追い続けることができます。その人々こそが神の国、神の王国を建設できるのです。これが深刻な試練であり、真のチャレンジなのです。私たちのコミュニティにとって。地上に神の国を建設しようというのなら。

ジョン、何かありますか?

(ジョン)

黙示録の中で「もはや悲しみもなく、苦痛も死もない・・・」とありますが、その前提として皆が、善の道を選ばなければならないということでしょうか。

(国進ニム)
全体として見ればそう言えるでしょう。神の国では全体としてそうなるでしょう。ほとんどの場合、95%、99%の人々は幸せでしょう。しかし、1%から2、3%の人は精神異常者であり、大して幸せだとは思わないでしょう。その人々を処罰しなければ社会全体として幸福とは言えないでしょう。だからその聖句は、全体として見たときの様子でしょう。全般的な幸福度ということです。

他にありますか?

ギデオン。

(ギデオン)

リバタリアンとしてこの質問をかねてからしたいと思っていました。一時間くらい頭から離れませんでした。私の信念に反することもあり、理屈に合いませんが、でも聞かなければと思いお尋ねします。「最低所得保障」についてどうお考えですか?

(国進ニム)

最低所得保障というのはミルトン・フリードマン(ノーベル賞経済学者)が提唱した考えです。負の所得税という概念です。経済学的観点からいうなら、負の所得税というのは、自分の所得があるレベルを割って下がった時、政府がその分を補償するというものです。この議論は、経済学の観点から出されたものです。負の移転、つまり最小の原因は経済へあたえる弊害も最小にするという考え方です。
最低所得保障について、私個人の考え方は・・・この社会の大きな組織から、もっと分権的な在り方への移行を求めている私たちからいわせれば、慈善も個人のレベルで行うという・・・この社会の移行において、現状から、希望する社会までの移行のプログラム、行程表が要るでしょう。そういう見方をすれば、最低所得保障も移行期の政策としては在り得るでしょう。それが最終的解決法だとは思いません。問題は、政府を使って所得の移転を行なうとき、それは基本的に、力と強制力を用いて富を奪うことになります。

国家の思想的基盤に不確かな要素が生じます。その国家は堕落したことになります。ひとたび、国の基盤が崩れたら、その国が自由の国であり続ける保証がありません。「強制」という滑りやすいなだらかな坂道を転がりだしたら、その傾向が強まるのに時間はかかりません。この議論を始めることの問題はここにあります。ひとたびそれを認めると自由の論陣をはることができない。

そのよい例を、アメリカの「銃所持の権利の運動」にみることができます。「銃所持の権利」を追求することにおいて彼らは1インチたりとも譲りません。いかなる妥協案、どんな小さな妥協案にも首を縦に振りません。むしろ銃所持のより大きな自由を求めています。
だから最低所得保障にも、今よりましな政策だという人もいるでしょうが、確かにその面はあります、しかしわれわれのゴールにはなり得ません。なぜなら、その解決法をもとめるなら、自由を失うからです。

(ジョン)

私はお父様が、後継者と勝利したカイン・アベルを通して働いて下さるので大変楽観しています。私は歴史が好きなのですが、アメリカ合衆国憲法について、多くの懐疑論があります。反連邦主義者は制定当時から憲法に懐疑的です。パトリック・ヘンリーはフィラデルフィアの憲法制定会議に招待されましたが「何かうさん臭いから自分は行かない」と言って拒否しました。ハミルトン(初代財務長官)とその仲間が重商主義に反対しました。私は、合衆国憲法を信じ切ることができません。多くの人が、自由のアメリカという実験を駄目にした人がリンカーンだといっています。ジェファソン流民主主義を駄目にして、自由・自主の連邦を殺してしまいました。

(国進ニム)

アメリカ合衆国憲法のオリジナルでは、連邦政府だけではなくジェファソンと大きく妥協して人権宣言をともに盛り込みました。それによって政府が個人の人権、自然権を侵すことが難しくなりました。その均衡と抑制は政治的にはよくできたものでした。権限を限定した連邦制を認める憲法をもつことの大きな利点は、他の人と取引をするときに、より多くの人にアクセスできることです。莫大な人口をもつことになります。自由な組織を人々の間で作ることができます。その多くの人々と自由に交わること、売り買いすること、これが大きな富を生むのです。それを過去に巻き戻して憲法以前の状態にしたところで、それは13植民地による連合規約にもどるだけです。相互間の交流という恩恵を受けることができません。そこでは州が主権の本体ですから。自分の州を守る地域内での商業です。

(ジョン)
憲法が経済的自由を拡大したのですか?

(国進ニム)

憲法によって経済圏が拡大しました。そこで人々は自由に取引できます。これがお父様が国連について話された内容の核心です。お父様は今の国連は問題だと言われました。なぜならカイン型だから。だから合衆国憲法のように自然権に基づく人権、良心の自由、自衛の自由を認めるアベル型の国連をつくれば、そういう性質の国家の連合ができるなら、さらに拡大した相互交流、相互協調、将来に向けた繁栄の社会が生まれるでしょう。今の国連はそうなっていません。国連はサタンの下の一つの世界をつくっています。一つの地獄です。独裁的支配の下で。しかし憲法の本来の精神を世界レベルにまで拡大するなら、我々にとっても恵みでしょう。だから皆さんがなすべきことは合衆国憲法をもって世界各国の文化を変革させることです。合衆国憲法に賛同できるところまで。そうすると長成期完成級の理想世界がもたらされます。

International Leadership Seminar 5 27 2017 YouTube

アメリカ帝国の大きな問題は、アメリカ帝国になっているということではなく、アメリカの自由とアメリカの原理が、アメリカ帝国全体に広がっていないということです。アメリカの原理がアメリカ帝国全体に拡大していないということです。

(ジョン)
帝国はもっぱら、共和党、特にリンカーンがつくりました。リンカーンと(セオドア)ルーズベルトによって。

(国進ニム)
帝国は中央銀行によって支えられてきました。古い権力集中型の帝国によって。

(ジョン)
推測ですが、ルーズベルトやウィルソンによって・・・

(国進ニム)
それ以前から大銀行や、国際銀行が支援していました。大英帝国が崩壊した後、帝国を運営してきた人々やインフラは、アメリカ帝国に吸収されました。だから大英帝国はアメリカ帝国になったのです。

(ジョン)
第二次大戦の頃ですか?

(国進ニム)

そうですね第二次世界大戦後、大英帝国が戦争の出費で自分を支えられなくなってからです。しかし多くの情報機関とそこの人間は、アメリカ情報機関や軍に吸収されました。
ナチもそうです。

(CIAの基礎に?)

(国進ニム)

そうです。アメリカ戦略諜報局(1942-45)の人間がそうです。イギリスのお金、銀行でできたのです。・・・それが憲法の大きな問題です。憲法修正プロセスが、均衡と抑制を弱め、個人の自由が損なわれました。その中でも大きな問題は、上院議員が直接選挙になったことです。本来それは連邦と州の均衡と抑制の問題でした。上院議員は各州でどう選ぶか決められていたのです。各州は議会で選出したのです。だから州政府が上院議員に対して管轄していました。しかし上院議員の選挙の方法が変わってから、州政府は上院議員に対する権限をなくしました。修正18条でそうなったのです。

(質問)

聖書に関して一つ質問があります。聖霊は・・・聖書における聖霊は、いつも男性格ですが、私たちはそれは「お母さま」のことだと教えられてきました。

(国進ニム)
それは異端です。原理ははっきりと神について、本性相と本形状からなっていると書いています。それが神様の属性です。その次に対象的属性として、男性と女性があります。陰と陽です。神様の主要な属性は内的属性であることを知るならば、それをわれわれは父と呼んでいるのです。神様の男性格と女性格は、陰、陽の属性で表すことができます。だから神様を父なる神、聖霊(Holy Ghost)と呼ぶのです。これは全く自明のことです。

(ギデオン)

リバタリアニズムを学んで理解したことは、政府が結婚に関与するのは良くないということです。離婚には政府は関わります。財産の半分を失うのです。天一国憲法で気づいたことは、お父様は御自分の言葉で…もし間違っていたら訂正してください…「政府は男女間の結婚を、自分たちの利益になる限りは保護する」。私がこのみ言葉を聞いたとき少し混乱しました。それはリバタリアニズムを学んでいた背景があったからです。そこでは、もし政府が便宜を与えることになるなら・・・

(国進ニム)

天一国憲法を注意深く読みましたか?
 
(ギデオン)

私は全部理解できたとは言えません。

(国進ニム)

政府が結婚に特典を与えるとき、政府の本当のメッセージは何だと思いますか?
 
(ギデオン)
税金です。

(国進ニム)

何の税?

(ギデオン)

天一国憲法から判断すると、消費税ですか

(国進ニム)
連邦所得税ですね。結婚につける特典は。

(ギデオン)

これまでのアメリカの話ですか?

(国進ニム)
天一国憲法では所得税ですか。

(ギデオン)
いいえ

(国進ニム)

ではどうやって政府は結婚に特典を与えますか。

(ギデオン)
天一国憲法には結婚に対する特典は書いていません。

(国進ニム)
そこが重要なのです。

(ギデオン)

ああ。わかりました。

(国進ニム)
行間まで読んで、憲法の構成まで理解するなら、基本的に答えはそこから得られますね。

(ギデオン)
わかりました。ありがとうございます。

(国進ニム)

だから憲法を読むとき、文字を追っているだけかもしれませんが、いかに実践されるのかを考える必要があります。行間を読むところまで行くなら、そういった規則がどうなっているか理解できるでしょう。憲法をつくるときそこが核心です。規則をつくるとき明らかに予期しない結果が起こるときがあります。活字からは見えないが、自然な原因から生じる自然な結果です。

翻訳:管理人
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中