韓お母様問題(その20)2012年4月オモニが自ら成和出版に行って削除を命じたみ言

パンザー米協会長の講義、「罪なき独生女と三代王権」から

Rpanzar 講義 4   YouTube.png

2012年4月、お母様は成和出版におもむき、お父様の説教のみ言集のある部分の削除を命じました。その後、家庭連合本部はみ言選集の第594巻以降の巻すべての回収を命じました。そして新たに編集しなおしたものをそこに差し替えたのです。差し替え版は、オリジナル版にあった、お父様のお母様に対する批判的な言葉がすべて削除されていました。

削除された文を二つ紹介しましょう。2009年2月16日のお父様のみ言です。

「(基元節まで)あと何年、何カ月残っているか。オモニが、それまで自分が果たすべき責任のレベルまで達していなければ、問題が起こる。だから私が責任を引き受けてそのすべての責任を果たしたのだ。お母様の分まで私がここまでも果たしたのだから、オモニが怒りをぶちまけるか、殴りつけるかでもしない限りはすべてうまくいくのです。」

第614巻141ページ(2009年オリジナル版・み言選集)

「オモニが堕落したのだから、自分で責任をもたなければならない。ふらふらしている女たらしの男にはできないのだ」

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

登録商標「天一国」?!

【登録商標】天一国?!   YouTube.png

まだ家庭連合が登録に成功したわけではありません。

5月25日が異議申し立ての期限ですが、これは簡単な手続きで延長できるそうです。(もうおそらく手続きがなされていると思います)

Petition Cheon Il Guk Trademark Defense.png

上のページで署名してください。献金画面は別にスルーで構いません。記入は名前とメールアドレスだけ。(上の画像をクリック)

大まかに支援ページの内容をお知らせすると次のようです。(概略)

文鮮明師を再臨主、万王の王と信じるわれわれは、家庭連合が韓国語である「チョン・イル・グク(天一国)」を商標登録しようとする家庭連合の試みを阻止します。

文鮮明師が創案された、この名称はサンクチュアリ教会創立当初からその信仰実践に組み込まれており、世界中のサンクチュアリ食口、1万人を超えるコミュニティで広く使用されています。 「天一国」を商標登録しようという行為はキリスト教会が神の王国(KINGDOM OF GOD)を商標登録するに等しい(愚かしく馬鹿げた)行為である。

したがって、これを法的に商標登録しようとする試みは、現在一般的かつ広く使用されているこの名称の使用を制限するものであり、私たち多くの家庭の信教の自由の権利に対する直接的な侵害であり、しかも違憲であり、到底容認することはできません。

私たちは、この名称が宗派的目的のために用いられることなく、文鮮明師の教えを信じる者すべてが自由に使用できるための努力を全面的に支援します。

*和さんから頂いたコメント↓

他の方にお伝えしていて質問頂いたのでここにコメント致します。
この署名はどの国からでもでき、どの国の言語でも署名とコメントが出来ます。世界中へ拡散お願いします。
またサンクチュアリーだけでなく、アメリカベイエリアでは家庭連合食口の参加もあったようです。
拡散の時はお名前を出したくない方には
署名とemailの下部分に
Show my name in the online signature list
というのがすでに選択されているのでそれを外して下されば名前は出ません。

また、署名の後にすぐ献金願いのページが出てきますが、これはサイト運営者に行く献金でサンクチュアリーへは行きません。飛ばして頂いても署名はされています。ご自分の署名が反映されたらメールが送られてきます。とくに献金について知らされないとちょっと戸惑うかたいらっしゃると思いますのでお伝え下さい。どうぞよろしくお願い致します。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

王様の推奨するビデオ講義「独生女と三代王権」BYパンザー会長【日本語字幕版】第2回

8回シリーズの第2回目です。

韓国で2回、アメリカで1回行われた3度の式典で真のお父様は祝福と真の父母の権威を息子、文亨進様とヨナ様に与えられました。その映像をお見せします。

「天地父母安息圏安着即位式において、真の父母様の祝福を伝授いたします。アージュ」

お父様のお顔を見れば、本当に喜んでおられることがわかります。

2010年6月5日には、また別の宣布文を書かれました。
「万王の王はお一人の神様、真の父母様もお一人の父母、
万世帯の民も一つの血統の国民であり、一つの天国の子女である。
天宙平和統一本部も絶対唯一の本部だ。その代身者・相続者は文亨進である。
その外の人は、異端者・爆破者である。以上の内容は、真の父母様の宣言文である 文鮮明印」

ここでもお父様は混乱したりせず明晰です。その翌年、お父様はこう語られました。
「神様も必要ない、父母も必要ない、長男も必要ない、三男も必要ない、しかし末の息子は必要だ。真のお母様にとってもそうだ。それと国進も必要だ。2人の息子。」2011/6/21ラスベガス訓読会

2012年にはお父様はこう言われます。
「国進と亨進、この2人の息子がカインとアベルとして一つになった」

このように5年続けて、お父様は確認させるように宣布されたのです。

お父様が霊界に行かれて以後、多くの世界のメディアが聖和式を報道しました。CNNなどフェイクニュースだと言いたいところですが、さすがにこの件に関しては正確に報道しました。CNNの見出しがこれです。

「文鮮明師の葬儀、写真左の末の息子、文亨進が後継者であり、右の文国進が統一財団の理事長である。この2人が葬儀を執り行った」

これは広く報道されました。決して隠された秘密ではありません。

次に周藤講師による講義の一部を紹介します。原理本体論のシリーズです。2012年のものです。
真のお父様「天のお父様!どうか、ただ一人で良いですので、私が愛するようにあなたを愛する人をお送りください。私以上にあなたを愛する者を!100年に1人でもいいです。私が愛する以上にあなたを愛する人を送ってください」お父様は、「これが私の祈りだ」と仰いました。また別の時には、30年前、40年前、お父様は「誰もいない」と言われました。しかし、ついに、お父様の心情を理解される方が一人、現れました。お父様の流される涙と同じ涙を流される方です。それが誰か分かりますか?
「真の御父母様の末の息子さんです」
そう、世界会長の文亨進様です。

この問いかけがいいですね。「名前をもう度行ってください・・」と。
ここで旧約聖書にとびます。というのもここに関わる重要な問題だと思うからです。リベカという素晴らしい女性についてお話しします。お父様はリベカについてよく話されました。世界経典の中で語っておられます。
「ヤコブは自分の路程においてっ苦労しました。しかし母親の方が苦労したのです。何百倍も大変だというのです。何度もヤコブを殺さないと確認させたのです。復帰を可能にするため、どれほどリベカの責任が大きかったか。その重要な使命を果たしました。リベカは息子と選民の血統を守るために命をかけました。」

ここで私はこう問うことをしなければなりません。お母様は勝利したアアベル・カインに対してどうされたのか。お父様が2008、2009、2010、2011、2012と毎年繰り返し、確認された内容です。

お父様のかたわらで3回も、亨進様の戴冠を一緒に行ったにもかかわらず、お父様の聖和の2週間後には、韓国で5つあった役職をすべて取り去りました。2013年には仁進様が去った後のアメリカの会長職に就きました。ヨナ様が「お母さまも絶対「性」についての講義を喜んでくださるに違いない」と思って報告したところ、「直ちにその講義をやめろ」という返事を受け取りました。そしてまたアメリカ会長職を解雇されたのです。

興味深いことに、神様は意図しない者に、本当のことを語らせるのです。私は史吉子氏にたいへん愛情と尊敬を持ってきました。個人的にも多くの教えを受けました。私の結婚についても導きをくれたのです。その史吉子氏が2015年の終わりに、お母様の命を受けてアメリカにやって来ました。アメリカの多くの都市を巡回して語りました。その目的は、皆に「お母さまを支えなさい」ということでした。私にミネソタのある姉妹から電話がかかってきました。そして史吉子氏の話した内容を聞きました。その録画も送ってくれました。私のユーチューブのページにアップしているので見てください。その中で、史吉子史はこういいました。

「お父様は亨進様を任命されたが、お母様は違った。お母様は駄目だと言いました」

われわれは繰り返し「真の父母は一つだ」と聞かされてきました。後継者とはなんですか。決して小さな問題ではありません。天正宮のカーテンを換えるようなものではありません。
お父様は新しいカーペットを選ばれたのではないのです。キリスト、メシア、再臨主の後継者の問題なのです!小さな問題ではありません。とても重大な問題です。史吉子史は亨進様が任命された2008年まで遡って、お母様は、真のお父様と異なる意見を持っていたというのです。お母様は「駄目だ」と言ったと。

ヨナ様に当時の事情について貴重なインタビューをしました。私たちのほとんどがその出来事を知らなかったのです。私は韓国でのその出来事を全く知りませんでした。詳しい報告もなかったのです。

ここで短いビデオを3本お見せします。最初のビデオは、亨進様がお母さまを真のお母様としていかに助け支えようとしてこられたかを説明しています。

「亨進ニムは、お父様への祈りとお母さまへの祈りを書き込んだ名刺サイズのカードをつくって、私はいつも出会う人に渡しました。3か国語でつくったのです。様々な日常の行事でも手渡しました。亨進ニムは積極的にお母さまを、霊的にも支えようとしたのでした。亨進ニムがいない時にスピーチをすることがあり、そこでも私はお母さまのことを話しました。スピーチのすべてをお母様について話したのです。いかに忠実な妻であったか・・・なぜならお母様に勝利してほしかったからです。お母様がお父様とうまくいっていない話を知らなかったわけではないのです。本当にお母さまに勝利して頂きたかったのです。それがお母さまの本当の姿だと思わなかったのです。」

つづく

翻訳・字幕:管理人
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

亨進様の日曜英語説教動画【日本語字幕版】4月編

岩手セイントフォレスト教会の飯田代表が字幕を付けて下さいました。
ご利用ください。

王国の相続人 4月30日


翻訳:BAMBOOS 字幕:2ndIsrael
日本語訳説教を読む

不死の王国  4月23日


翻訳:管理人&BAMBOOS 字幕:2ndIsrael
日本語訳説教を読む

黙示録の王国 4月2日


翻訳:管理人&BAMBOOS 字幕:2ndIsrael
日本語訳説教を読む

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

王様の推奨するビデオ講義「独生女と三代王権」BYパンザー会長【日本語字幕版】第1回

5月7日(日)のサンクチュア本部での礼拝は、パンザー米教会長による2時間の講義がメインでした。
これは亨進様、国進様のお二人も絶賛され、大陸会長会議で世界のサンクチュアリに推奨されました。
8回に分けて連載していきます。

パンザー会長講義「独生女と三代王権」

この講義を準備するにあたって、この問題については複雑な思いがします。
信じられない出来事です。何年か前に誰かが私に「こんなことが起こる」と言おうものなら「何か麻薬でも吸っているのかい」「悪い夢でも見たのかい?」と答えていたでしょう。
神様は良きお方です。しかしこれは信じがたいことです。これは私の正直な思いです。

また、今もお母様の本当の姿を信じることができない人々に共感する部分もあります。お母様の言動。ある意味、私もあなた方と同じ気持ちです、このようなこと信じられません、とこういいたいです。信じられないことですが、これは真実です。

皆さんとお父様の聖和以降、統一運動に何が起こったのかについて一緒に見ていきたいと思います。ショッキングな出来事です。衝撃的な内容です。

しかし聖書を読んでみれば、神様の摂理の路程で起こったことは実にショッキングなことばかりではないですか。私が聖書を真実だと思う理由の一つは、誰もこんな話をつくりだすことができないということです。善悪の両方が満載です。闘いです。神とサタンの闘争です。サタンが休暇をとっているとか、悪を捨てたとか、謝罪したかもしれませんが、仲間はそうしません。神様は良きお方です。初めに、罪なき独生女と三代王権の比較から始めたいと思います。文鮮明師の神学と韓鶴子氏の神学の比較です。それが今日のトピックです。

では最初に、統一原理では再臨主が来なければならない理由をなんといっているか見てみましょう。原理講論(英語版)119ページではこういっています。

「それゆえ、十字架で清算できなかった原罪を贖って、肉的救いを完成するために、地上に再臨されなければならなくなったのである」

イエス様は第2のアダムとしてやってこられたが、結婚して神の血統を地上に残すことができずに、三大祝福を完成できなかった。だからキリストは再臨されなければならないと私たちは理解してきました。お父様はこう言われています。キリストが来る前に女性は天使長の妻として出産してた。しかしキリストが来るとき、天使長はその妻をキリストに奪われるだろう。キリストは堕落世界から花嫁を復帰して神の血統を地上に打ち立てなければならない。

お父様はまたこう言われています。

天使長の妻が復帰されない限り、エバの位置が立たない。だからサタン世界から花嫁は来なければならない。キリストはサタンの花嫁を神側に奪うのだ。今日生きているアダムの50億の子孫が王族圏にもどるためには、私の直系の子女とカイン・アベルの関係で一つにならなければならない。キリストの血統につながる資格のない私たちは、お父様の直系の子女と一つにならなければなりません。

お父様が30年前に後継者について語られた御言葉を紹介します。
正直言って私もこのみ言をよく知りませんでした。学ぶべきでしたが、お父様のこの導きのみ言を学ばなかったのです。私たちはこれを深く考えることがなかったことを皆、悔い改めるべきでしょう。

み言を訓読します。

「その登録がなされたら、お父様は後継者を指名する。後継者はすべての統一教会、すべての祝福家庭、真の父母の家庭に知られなければならない。みな全員一致でそれを受け入れなければならない。後継者がどれほど若くても、その者が管理し主管するのだ。ひとたび後継がきまれば、誰が良いとか悪いと関係ない。将来、お父様がその権限を譲り渡したならば、たとえその者が不具者であっても、人々は彼から祝福を受けなければならない。そういう時が来るのです。その時が来たのです。真の父の肉的代身者は世代を超えてつねに地上に存在するだろう。その軸を中心に地球は回る。だから地上にいる者はすべて、後の世代の人々もみな、同じ軸を中心にするだろう。」(1983/6/5)

私たちはみな、お父様の血統を継ぐ方がお父様の仕事と権威を相続してそれを続けて遂行すると思っています。また真の子女様方の路程も厳しく、誰が後継者に相応しいのか明白ではありません。そうではないですか?

なかにはシニカルになる人も出てきます。ああ、誰々はこんな罪を犯した・・・信用できない。それはネガティブな考え方です。しかし私の問いは、お父様がご自分の遺業をだれが継ぐのにふさわしいと思われたのか、ということです。それこそが最も重要な問いかけではないでしょうか。

それに関して良き知らせは2008年に後継者の宣布がなされたということです。ここでそのビデオを流します。

(2008/4/16訓読会)

「今日、この時間を中心にして、全部すべて、命令系統を一つの系統にしなければならない。統一教会全体において、世界でも、韓国でも、中心がどんどん大きくなるから。今後、全部、私がしてきたことを代わりに任せようと思うんだね。今、食口たちの中で、信仰体験から見ても、何にしても、亨進の基準を超える者はいない。分かったの?任命したんだね。」

お父様が混乱しておられるようには見えませんね。非常に明晰です。

お父様のみ言です。
「もう残り少ない人生の終わりにあって、この二人に自らのすべてを捧げて代表できる点となって、すべての国の人々に、この時から行くべき道を教えることができますように。談大王権、真の父母とお母さん、お父さん(亨進・ヨナ夫妻)と統一教会がこの幼子、信俊を中心に一つの心で連結して。すべてのことはこの子から始まらなければならない。第4アダムの心情圏を超えて、新しい時代へ行くのだ。」(4/18/2008)

お父様は御自分の後継者だけではなく、そのまた後継者まで任命されておられるのです。未来を見ておられました。

ここで少し、国進様についてお話しします。多くの人が国進様を理解しておられないからです。タフガイです。率直で、主張を抑える人ではありません。ここで国進様のみ言を少し紹介しましょう。弟がお父様から任命された日のことです。

「私の弟は尊敬に値し、愛すべき人物です。私は心から弟に仕えることができます。弟である世界会長に仕えます。彼が尊敬に値しなければ、私は絶対に彼の言うことは聞かないし、助けません。みなさんご存知でしょう。私は闘士です。一度何かをやると決めたら、信じることを最後までやり通します。自分の良心に従って。そう生きるしかありません。私は弟、榮進を愛しました。彼ほど完璧な人はいません。賢くてなんでも上手にこなしました。何よりも自分の兄弟姉妹を本当に愛していました。その弟が事故に会う前、私に頼みごとをしました。本当に弟、亨進のことを助けてやってくださいと。その約束をしました。それを真果たすことができて本当にうれしい。」

国進様を本当にわれわれは誇りに思うべきです!弟を支える勝利してカインとして。多くの人は国進様が韓国でなした大きな仕事についてご存知ないでしょう。「強い韓国」の講演を行い、本当に現在の韓国の助けになったことでしょう。右の写真は、大統領になる前の朴槿恵氏です。お二人が韓国にいれば、状況は異なっていたことでしょう。また多くのビジネス・リーダーにも会っています。現代財閥の会長にも会っています。エコノミージャーナルの表紙を飾ったこともありました。実際、多くの統一財団の機関企業で利益を出し好転させたのです。それは非常に革新的考えではないでしょうか。アカウンタビリティ(説明責任)の導入です。国進様、ありがとうございました。  つづく

翻訳:管理人
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

5月9日キングズレポートの亨進様のみ言の翻訳騒動について

この件についてよく知らない人も多いと思う。先週末、一部サンクチュアリ(聖殿)食口の間でかなりヒートアップした問題があった。この問題について私の私見を簡単に述べさせてもらいたい。

ことの概要は、以下のようである。

文亨進様は今年になって、具体的に、韓国は、韓お母様の裏切り(天宙的位置の離脱)によってこれまで享受してきた運勢とは真逆のものを受け、一言でいえば国を失う―と言われた。そして天より戴いた血統を残すために、在韓の食口はアメリカか、日本に逃げなさいという指示を出された―そういう背景があった。

そして、いよいよここに来て、全世界にも一目瞭然、未曽有の朝鮮半島危機が訪れた(決してまだ終わっていない!)。単に、ローソクデモ→朴槿恵弾劾→文在寅、左翼政権誕生という一国の国内政治にとどまらない、私たちの想像を遥かに超える規模の危機(審判)は到来したわけだ。

そしていよいよ5月9日の韓国大統領選挙を迎え、聖殿食口の願い、必死の活動、その祈りもむなしく文在寅氏が韓国大統領に就任した。その日(5月9日)の2代王のキングズレポートの言葉をサンクチュアリ、聖殿食口は待った。

このような背景があったことを思い起こして頂きたい。

その日も、生計を立てるため懸命に働きながら、夜は夜で寝る間も惜しんで貴重なみ言を訳している「三代王権・サンクチュアリ教会、真の御父様に帰ろう!」のブログ主である三原氏が早速翻訳をアップした。彼とは2年と少し前からともにサンクチュアリについて発信してきた、その意味では、時に喧嘩することはあっても、三原氏は私の盟友である。余談だが私はまだ形の上では「三大王権」ブログの副管理人として編集権も持っている。話を元に戻す。そして、その日のうちに、その文言にスパークした「原理講論を読む」の玉木氏が李相烈教会長を批判する内容のブログをアップしたのだ。確かまだ昼頃だと思う。

その日の夜、私もたまたま同じ個所の動画を切り取り、字幕をつけようと訳していた時、いやほぼ訳し終わろうとしていた時に、家内と親しい韓国聖殿の在韓日本人姉妹から電話があり、「韓国聖殿が大騒ぎになっている、本当に亨進様はそういわれたのか」という問いに、(私はその時点でまだ三原氏のブログを読んでいなかった)私は「いいえ、亨進様はこれまでの活動をねぎらっておられますよ」と普通に返答した。それが事実だからだ。それを疑う人は、動画もアップしているので、知り合いのネイティブにでも尋ねてみればよい。

それを知った韓国の人々は、玉木氏と、三原氏に通信媒体を通してかなり強烈なクレイムを入れたようだ。その後の顛末はお二人のブログを読めばつまびらかになるであろう。

ここで、私がまず言いたいことは、在韓姉妹・兄弟に対して言葉で言い表せない同情の思いを持っているということと、その反面、文在寅大統領が実現した今、何とか血統を守るべく、可能ならば、日本、アメリカ、無理なら南部釜山あたりにでも最低移動してほしいということだ。日本の実の家族を頼れない人も多いでしょう。二世の学校の問題もある。シャボン玉さんの記事にあるような深刻な問題もある。しかし、二代王の言葉を尊重して血統を守ってほしいという思いが玉木さんにも、三原さんにも強かったのだと思う。そこでこういう齟齬(そご)が発生したのではないか。

更にもう一つ、私もこの件で反省させられたのだが、「自由と責任」、「大いに喧嘩しなさい」というみ言もあり、亨進様から、説教やキングズレポートを通して韓お母様と家庭連合食口を厳しく批判されるみ言を聞くことが多いために、つい私も、堕落人間の身でありながら批判、審判する「批判癖」「審判壁」がついていることに気が付いた。そんな時に、ある知り合いの姉妹が放った言葉が私の心の中でスパークした。それは『「自由と責任」の前に(愛)をつけないといけませんね』という言葉だった。

この言葉によって、いつも家庭連合の間違いを見つけては、愛の無い審判をしてきた自分の過去を反省させられた。本質的に私には愛がない。だから、心の中で「(愛と)自由と責任」と置き換えて動かなければならないと強く感じさせられたのだ。何を自分だけカッコつけているのかと言われるかもしれないが、そう思われたなら思われたで仕方がない。私の徳の無さに原因が有るからである。イエス様も、真のお父様も、サタンをも愛する愛、敵(怨讐)をも愛する愛の模範を残していかれたのではなかったか。(ここに至るには私にはまあ、無限の努力が必要だ)

大好きなリンカーン大統領の2期目の就任演説の結びの言葉で自分を戒めたい。

With malice toward none, with charity for all, with firmness in the right as God gives us to see the right, let us strive on to finish the work we are in, to bind up the nation’s wounds, to care for him who shall have borne the battle and for his widow and his orphan, to do all which may achieve and cherish a just and lasting peace among ourselves and with all nations.

何人にも悪意を抱かず、すべての人に慈愛をもって、神が与えられた義に堅く立ち、私たちが始めた仕事を最後まで成し遂げましょう。国民の傷を癒し、戦いで傷ついた人、寡婦と孤児を慈しみ、私たちの内に、またすべての国民の間に正義で永続する平和を打ち立てようではありませんか。

これからは、ますます深刻になるであろう、避難してくる韓国食口の受け入れについて具体的に何ができるか、この難問について志を共にする人々と一緒に検討していきたいと思う。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

【5/21(日) 2nd KINGDOM KNIGHTS MEETING 集まれ、王国の騎士たち!】

mainyouth

中高生の皆さん!

第2回 キングダムナイツミーティングを開催します!! 若い中高生達が活躍する未来を応援する会です。
今回のテーマは  Mentality For Battle(戦いの気構え)です! 中高生の皆さんが世の中で自信をもって戦っていける精神力を養っていきます。
また、テスト期間中の子もいると思いますので、テストに妥協なくしっかりと臨めるようにモチベーションを高めます。終了後は勉強をする時間を持ちます。家で集中できない人はここで頑張りましょう。
お昼は美味しいカレーを出します!中高生の皆さんはどしどしご参加ください!!^0^
また、中高生と交流したい大学生や青年も遠慮なくご参加ください。

主催:日本サンクチュアリ協会

6a00e5509ea6a18834019aff9fd6c3970b

【プログラム】
1. Building Life Foundation(基礎固め)
  原理、聖書学習などを通して、私たちの生活に必須の磐石な土台を作ります。
  私たちの戦いの気構えを醸成する内容です。
2. Skill Development(スキル開発)
  今回は企画力や計画力を向上させます。アイデアソンで楽しい夏のイベントをみんなで企画します。

アイデアソンは アイデアとマラソンを組み合わせた用語で、新しいアイデアを生み出すために行われるイベントのこと。
3. Intelligence Improvement(テスト勉強、自由参加)
  お兄さん、お姉さんが勉強を教えます。みんなで一緒に勉強しましょう!

対象: 中学1年生 ~ 高校3年生(中高生と交流をしたい大学生、青年も大歓迎)
日時: 5月21日(日) 10:00~14:00、14:00~は自由参加でテスト勉強
持ち物: 筆記用具、勉強する人は勉強道具
場所: 申込をされた方にお知らせいたします
申込フォームはこちらをクリック!☟☟☟ 

Animation_Overview_Roman_Army_Organization_1-770x437.jpg

ついでにこちらも☟
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

文在寅のハンドサイン、天使か悪魔か

18341848_1163703063739706_3556685735948182616_n

韓国の新大統領になった文在寅氏。支持者と一緒にかざしたハンドサインは、いわゆるILYサインだ。つまり、I Love Youを現わしている…少なくとも表面上は。

こちらは有名な、悪魔のサイン、コルナサイン。

2871732d.JPG

純粋だがナイーブな人は、親指を外に立てているからI Love Youのサインだ!と納得してしいる。このILYサインの歴史は比較的新しい。1977年にカーター大統領が就任式のパレードで耳の不自由な人々に向けて使用したのが最初だ。(歴代大統領の内で最も無能な大統領と言われたカータ―らしい、ポリティカル・コレクトのポーズ!)手話をもとに造られている。1993年にはアメリカで記念切手まで出されていた。

しかし、なじみのあるOKのハンドサイン。これも悪魔を象徴するサインにもなる666 OKサイン   コルナサインと666OKサインの正しい基礎知識   NAVER まとめ.png

悪魔は神の姿で現れて善良でナイーブな人々を奪っていくのだ。

コルナサインを使うスーパーエリートたち。


左上の前ローマ法王ベネディクト16世から時計回りに、イラン・イスラム共和国の第6代大統領だったマフムード・アフマディネジャド大統領、小泉元総理、故・中川氏、第23代フランス大統領サルコジ、JWブッシュ元大統領、マクドナルドのCEOだった二人、オバマ前大統領

666OKサイン、コルナサイン、芸能人版


ジョン・レノンの名誉のためにいうが、彼は反イルミナティとして、その世界では有名だ。それゆえに暗殺されたという陰謀説もあるほど。なるほど、ジョンだけ手を裏向けている。

コルナサイン(悪魔サイン)の歴史は古い。

コルナサインと666OKサインの正しい基礎知7438識   NAVER まとめ.png

14世紀のアラビア語の写本に描かれたコルナサインをする悪魔

コルナサインと666OKサインの正しい基礎知識より

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

「文在寅は自分で王冠を被りました」KING’S REPORT 5月9日【日本語字幕版】

(李相烈会長)ありがとうございます。

こうして韓国は活動してきました。サンクチュアリから国のために戦い、津波のような左翼のプロパガンダと闘ってきたのです。左翼支配は大学やメディアなどの有名人らすべてを道具に利用して、すべての歯止めを引っこ抜いて韓国を自滅させ、社会主義へのらせん降下を始めました。経済はますます駄目になるでしょう。中国、サタン側により結びつくことでしょう。恥ずべき現実です。悲しむべき事実です。神様が準備された祝福と、お父様が築いてこられた基盤のすべてが失われました。

1人の女性の虚栄心のために。

1人の自己陶酔、自己中心的な女性のために。主を裏切り、神様に背を向け、神とあがめられるように自分を台座に置き、とてつもない異端と堕落をもたらしました。エバよりひどい。
堕落した異端と反逆の真の代身者である女性です。その不名誉の醜聞は永遠に残るでしょう。

政治権力やお金ではない、(母)その人を愛する息子が、この道を進むことを必死で止めたのです。ミクロの世界での出来事がマクロ(世界)に及ぶことを知っていたからです。サイコと自己陶酔、権力の渇望、支配することに対する不正な悪魔の欲望を追い求めたのです。実質的に再臨主を消し去っているのです。自分がメシアだと主張し、6千年摂理歴史の実だ、独生女だ、神だ、救世主だと主張しながら・・破壊者、異端者になったのです。

堕落人間たちの上に神の呪いと審判をもたらしました。天の大きな賜物と尊き宝を地獄と交換しました。宝はピラミッド組織でも地位でも権力でもありません、それは主です。

彼らはクーデターを起こすとともに地位と権力に3年間しがみつき、今崩壊しています。
家庭詐欺連合が崩れるにとどまりません。道徳的権威は全くのゼロ。権力の淫婦、売春婦たちが支配し、文字通り内から崩壊しているのです。その勢いは急速に加速しています。人々はお父様の権威のもとに戻ってきています。なぜか。

お父様の権威はすでにくだされたからからです。私にです!
再臨主、キリストの相続者、後継者、代身者です。
自分が選んだのではありません。
お父様が選ばれたのです。
それが私です。

私が何か素晴らしいことをしたせいでも、私がそれを望んだわけでもありません。
お父様が私を選ばれたのです!

自分の思いで主張していないのは私一人です。
ティム、そうでしょう。

悲しむべき日、マクロ(国家、世界)もミクロの出来事にしたがいました。
韓お母様が本性を現わし、世界を奴隷化するという欲望を現わしたのです。

情けない悪なるサイコで、ナルシストの「最高委員会」、
世界の人々に対して絶対権力を持つというのです。
ゾッとする悪夢のような、反理想郷的、悪魔的、地獄の王国です。そこを目指したいのです。それが公式見解だというのです。

今日マクロでも宣言がなされました。文在寅は自分で王冠を被りました。洗脳された民、特に2千年以降に生まれた若者たち、マルクス主義者の大学教授に洗脳されたものたち。彼らが左翼、共産主義者に投票し、国を乗っ取りました。もはや困難になった韓国経済、政治、国民。

今後ますます性の相対化が進むでしょう。ゲイやバイセックス、トランスジェンダーが取り入れられ、拡がるでしょう。腐敗と堕落が進行するでしょう。うめく国家と天使長権力のもとで。さらに福祉国家化が進み、政府に支配されるでしょう。夫から妻を引き離し、離婚が増えるでしょう。家庭崩壊が増大するでしょう。膨大な予算を投入して見栄えは良くするが遅かれ早かれ崩壊することは目に見えています。結局は談合とロビー活動で国民から多額の税金を奪うでしょう。力ずくで税金をとるのです。そうして天使長の力を増すのです。地上でもっとも悪魔的な中国共産党と手を組んで、中国の属国になるのです。トランプと三代王権との結びつきを弱めるのです。

韓国のために祈ります。

特に勇気を持って戦ったサンクチュアリの兄弟姉妹のために。彼らの闘いは・・戦いはいつも勝てるとは限りません。負ける戦いもあるでしょう。だからその戦いが不名誉だということはないのです。

サンクチュアリの兄弟姉妹の皆さん!信仰の闘いをよく戦いました。しかしまだ戦うべき戦いは残っています。彼らは闘いました。彼らだけが前に出て闘ったのです。保守革命を先導したのです。ソウルに集まる五百万人の革命の真っ只中にアメリカ国旗を持ち込んだのは彼らです。なぜか、それは彼らが三代王権につながっているからです。彼らは指示を受け、それを自分の国で実行したのです。彼らは宣布し、神様は奇跡をみせてくださいました。
「あとのものが先になり、先の者があとになる」、その歴史的事件の最中に見せて下さったのです。
兄弟姉妹がひっくり返したのです。彼らは旗と「アメリカとの同盟が破れ、中国の属国になってしまう」という横断幕をもって最前列に出ました!そんなことをつくりだすことができません、誰かにお金を出しても無理だというのです。彼らは国家の代表として戦ったのです。闘いはたとえ勝てなかったとしてもです。いま彼らは最も祈りを必要としています!祈りと支持を必要としているのです!神様のみ旨と神様の霊とともに動かなければなりません。安全な場所に行けるように。

文在寅がその位置につけば、私が何度もいってきたように、アメリカ軍の存在は弱められ、アメリカ兵を追い出すことでしょう。その時こそ、血統を守るときです。家族を守るのです。
ちょうどユダヤ民族が征服された時そうしたように。この後、また李協会長と話します。

翻訳・字幕:管理人
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村