いまエルサレムの丘で犠牲が捧げられた意味-12月16日英語説教(その1)

Sunday Service December 16 2018 Rev Hyung Jin Moon Unification Sanctuary Newfoundland PA on Vimeo

2018年12月16日日曜礼拝

翻訳:BAMBOOS

(以下、映像の解説をしながら)
ここは国連本部のすぐ近くです。毎日ユダヤ人が祈っている壁の目の前です。神殿があったとされる場所ですが、おそらくそれは間違っています。なぜならローマ軍駐屯地の広さと全く同じだからです。聖書から、神殿が水の便がある場所にあったことが分かっています。水場が神殿の中心でしたし、実際、入る前に体を洗う清めの沐浴の儀式が行われていました。ですから泉のようなものの近くなのです。

Sunday Service December 16 2018 Rev Hyung Jin Moon Unification Sanctuaryundland PA on Vimeo

(管理人注:国連本部がエルサレムに移転する話は、陰謀論サイト「日本や世界や宇宙の動向」が2015年2月15日の記事で挙げているがその元記事はこのサイトであり、エルサレムの国連本部と称する建物はおそらく象徴的、多分に政治的なものと考えられる。現在国連本部はニューヨーク市マンハッタンにある)

そしてエルサレムには泉が1カ所しかありませんでした。ギホンの泉です。それは山の下のほうであって、「神殿の丘」のような山の上ではありません。ユダヤ人はみなその神殿の丘に祈りきに行き、エルサレムに行く人はたぶん壁のところに行くでしょう。トランプ大統領も行きましたし、誰もがそこに行きますが、それは間違った神殿です。おそらく間違った場所でしょう。なぜなら泉も水源もないからです。

2000年前の古代の時代には、水を簡単にくみだすことはできませんでした。それで山の下にギホンの泉があったのです。おそらく現在のギホンの泉はあの東でしょう。

現在は正方形の土地の上にモスクがあります。その土地がまさしく、ローマ軍の駐屯地の範囲と一致しています。ローマ軍の要塞のような物です。彼らが世界中に建設していた物であり、大きさが全く同じなのです。その偶然はどういうことでしょうか。その大きさは聖書に描かれた神殿の大きさと同じではありません。

ローマ軍の駐屯地には1万人以上の人が住んでいました。中に市場や町があって基本的にはローマの都市です。その駐屯地の中にはあらゆる異教のサタン的神々の祭壇や神殿がありました。

その動画で合っていますか。違いますね。サンヘドリン(ユダヤにおける最高裁判権を持った宗教的・政治的自治組織)の動画を見つけてください、第3の神殿建設で、サンヘドリンについての物です。サンヘドリンとは裁判官です。ユダヤ主義の律法に従う裁判官です。例えば彼らはイエス様を裁きました。

数日前のことですが、サンヘドリンたちが正体不明の国際的な出どころから資金を受けて集まりました。おそらくソロスや国際的犯罪者のトップの誰かかもしれませんが、そのスポンサーは明らかになっていません。1週間以内に起きた話です。それで合っていますか。少なくともこの動画は3,4日前に投稿されました。それでクリスチャンのコミュニティで大きな話題になったのです。というのも、これが予言的な瞬間だからです。

神殿での犠牲の供え物はイエス様の殺害以来全て停止されたということを思い出してください。祭壇は壊れ、幕は引き裂かれました。

Sanhedrin  Third Temple  Ritual in Jerusalem  R E    YouTube.png

今神殿の丘の前に嘆きの壁がありますが、そこにイスラエルの裁判官であるサンヘドリンが集まって、仮の祭壇を建てました。彼らの話ではこれが第3の神殿の祭壇となるのだとされており、彼らはその神殿奉献のための資金を受けています。こういう服装をして・・・これが今エルサレムで起こっていることです。

このことの推進の仕方が興味深いです。それは我々が数年前に耳にしたことそのものです。彼らは1つの世界秩序のようにして推進しようとしています。全ての国のための神殿となるように推進しようとしています。

この男がサンヘドリンの1人です。彼は全ての人のための神殿となるのだと話しています。これはもちろん、彼らが推し進めたい1つの世界宗教、または多文化宗教であり、何年も前から取り組んでいることです。トランプは彼らの計画を大きく挫きました。しかし彼らは神殿建設によって前進しつつあります。

あの地域で許可を得るのがどれだけ難しいか分かりますか。イスラム教徒のアル=アクサー・モスクがある場所に建てようというのです。そこで許可を得るのはほとんど不可能です。しかしもし許可を得ているとすれば、非常に強力な人たちが関わっているということです。非常に高い権力レベルの人です。

サンヘドリンが出てきて、実際に犠牲の儀式を行いました。今分かるように祭壇で火を焚きました。また火の上に動物の犠牲も捧げました。

これは単に、1000ドルほどで小さなコンクリートでできたものを建てて、薪をくべたというだけのことではありません。これは非常に重要な予言的な瞬間です。なぜならこれが示しているのは、神様の王国が到来するということだからです。

なぜなら黙示録では、終わりの時に何が起こるかというと・・・クリスチャンの多くが予言として信じているのは、反キリストが聖なる人間、つまり世界を1つにしようとするキリスト的人物を装って現れるのが、その第3の神殿の地域だということだからです。しかし彼は基本的に、1つの世界の多文化主義を教え、我々は1つになるのだと教えます。聖書でこれは、荒廃を招く憎むべきものと呼ばれています。これが起こるのが有名な第3の神殿です。

それについては議論があります。というのもダニエル書9:26をはじめとする様々な内容があるためです。現実の第3の神殿だとは言っていないのです。キリストの体が神殿となるのであり、キリストの体が本当の生きた神殿なのです。しかし今、支援者がいて、第3の神殿建設のために様々なユダヤ団体を後押ししています。そしてサンヘドリンのメンバーの1人が、国連の支援、援助が必要だと言っているのです。するとそれは共産主義の神殿になります。

少なくとも、黙示録に対するクリスチャンの標準的な予言の分析では、その神殿で反キリストが現れるということなのです。第3の神殿に反キリストが、荒廃を招く憎むべきものをもって現れ、キリストのふりをするというのです。またもちろん、世界を破滅へと導きます。

興味深いことに、反キリストの人物はキリストのふりをするために白い馬に乗っています。それは王冠を持ち、弓と矢を持っています。何度もこの話をしたことを思い出してください。

これがたまたま、まさしくロスチャイルド家の紋章のクレストであり、家紋なのです。王冠と弓矢です。ですから基本的には遠くから殺すことができます。陰で矢を放ってあなたを粉砕することを象徴しています。

もちろん彼らは世界で最も強力な一族であり、最もサタン的な一族であり、あらゆるサタン崇拝、魔女の集会、カバラのユダヤ教神秘主義に関わっています。一族は基本的に自分たちがキリストの再臨だと宣言しています。彼らは現代のイスラエル国家の建国に責任を持っていた人たちです。彼らがそれを支持し、後押ししました。アメリカのほとんどの正統派ユダヤ教徒コミュニティは、シオニスト運動とイスラエル建国に反対でした。なぜなら、彼らがユダヤの律法を中心とした国を作ろうとしていなかったからでした。基本的に世俗的なユダヤ人と世俗的な律法のための楽園を作ろうとしていたからです。

とにかくこれが起きていて、今が非常に重要な瞬間なのです。なぜなら、2000年の間エルサレムには神殿がなく、犠牲も捧げられていなかったからです。動物の犠牲はありませんでした。

それは、標準的キリスト教神学においては、イエス様が最後の犠牲となられたためです。そのためもう犠牲は必要ではなくなりました。それが今、第3の神殿を建設し、動物の犠牲を再び捧げ始めています。それはもちろん、憎むべきことです。必要のないことです。それが罪の対価を支払うことはありません。山羊でも、若い雌牛でも、大人の雌牛でも、人間の罪を清めることはありません。そのための潜在能力を持たないのです。

とにかく、サンヘドリンのやっているようなことは、イエス様を拒否することです。イエス様を拒否すると宣言することなのです。十字架で死なれたことに力はない、ということです。そのため山羊でも雌牛でも何でも処分してしまいます。それはイスラエルの罪を清めるためです。全くイエス様に対する拒否です。

お父様はエルサレムでイエス様に戴冠しました。古代の動物の犠牲は捧げませんでした。イエス様を王の王として戴冠しました。

彼らは赤い雌牛が今年生まれたとも言っていました。覚えていますか。赤い雌牛とは再臨主のしるしです。メシアの時代の象徴です。そしてサンヘドリンは赤い雌牛の予言が成就し、今度は実際に祭壇を建て、それをクリスチャンがこのビデオに収めました。若い人たちのグループが儀式のためにそこに行って、ビデオに録画したのです。20代、30代の若いクリスチャンです。

参加した若い人たちは、この背後にある象徴的、預言的意味が何なのか分かっていません。しかし2000年の間、エルサレムの丘では犠牲が捧げられることはなかったのです。それを今始めたというのは、荒廃を招く憎むべきものの兆候なのです。反キリストの兆候が今、知られるようになりました。

管理人から:二代王が説教の前に語られた話によると、亨進様が黄色のベストを着ていることには、フランスで起こっている「黄色ベストデモ」に対する「連帯」と、フランス革命のような暴力革命に堕することがないようにとの「警告」の2つの意味が込められているそうです。

つづく

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

G20(主要20カ国・地域首脳会議)でトランプ大統領だけが拒否したこと

2018年11月30日から12月1日の日程で南米アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで開催されたG20(主要20か国・地域首脳会議)、これがその全体写真だ。

1000x-1

ところでG20に参加した首脳が毎年胸につけるお揃いのピンがある。

China 2017 Germany Hamburg G20 Summit Special Leaders Lapel Pin Gold Silver Souvenir Emblem Metal Badge China Metal Badge Lapel Pin

これは2017年のピン

G20 pin 2018 Google 検索

これが今年のピン

Hyungjin Moon

トランプ大統領だけがG20’クラブ’のピンをつけず、アメリカ合衆国国旗のピンをつけていた

文亨進二代王のコメントInstagramより)

Hyungjin MoonさんはInstagramを利用しています 「Snubbed those globalist tyrants Good job Trump Oss 」

「(トランプに)鼻であしらわれたグローバリスト、圧政者たち!トランプ、お見事!押忍!」

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

皆が泣いた国進兄さんの証-12月9日英語説教(その3)

Sunday Service   December 9  2018   Rev  Hyung Jin Moon   Unification Sanctuary  Newfoundlan.ld PA on Vimeo.png

2018年12月9日 日曜礼拝 英語説教

翻訳:Harry

聖書の観点でいえば武器を最初に造ったのは人間ではありません。聖書を見る限り人間が最初に武器を作ったのではないのです。最初の武器は神が創られ天使に与えられました。神様こそはじめて武器を創った方です。天使を配置して武器を与えられたのです。興味深い話です。聖書的観点で見ると面白いと言えます。そしてその武器は火の威力をもつものです。これによって堕落したアダム、エバは恐怖を感じたのです。

そしてその火の力が楽園(パラダイス)を護り、再び現れるエルサレム、王国を守護したというのです。この火の力、火力は非常に危険なものです。悪にはまった人間の心には恐怖が突き刺さるようなものです。しかもある領域を守るものです。黙示録の「鉄のつえ」と見事に一致します。王国を護り、邪悪な者に恐怖が突き刺し、(悪なる)国を粉々にする。しかしこれは独裁権力ではありません、羊飼いのように導き護るような統治です。

王国の王妃は羊飼いのように導き護るのです。いいですか。
まったくこれまでと異なる倫理観ですが、ずっと調べていくとこれを発見しました。これまで一切教えられなかったことです。いかなる聖書学校でも聖書研究機関でもわからなかったのです。

最初に武器を作ったのは「エホバ(神様)」または「ヤハウェ」だったのです。ヤハウェこそはじめて武器を作った方です。最初に宇宙を設計されたりフィボナッチ・スパイラル、黄金比などを用いて数学的に創造されたお方です。だから神様がある領域を守るための武器を設計されたからといって驚く人はいないでしょう。

しかしここで興味深い事実は、堕落人間が最初に武器をつくったのではないということです。恐るべき必殺の道具として特に設計されたのです。神様が準備された王国を守るため、またその境界を守るための「回る炎の剣」として。これはすごくおもしろいことです。

いずれにせよ、核心は鉄のつえの王国のメッセージが世に出たということ。そして百万を超える人びとがそのメッセージに触れたということです。もちろん多くの左翼の人々やクリスチャンが叫び声をあげています。そうした人びとは好みません。彼らにとっては悪夢です。彼らにとってとびきりの悪夢は他の国民が武器を所有することです。自分たちの気ままに振る舞うことができなくなるからです。社会主義者、共産主義者にとっては最悪です。しかしそうなるべくしてなっていくのです。なぜなら人間の堕落以降、彼らにとっては最良の日々が継続してきたのです。そろそろ交代してもいい頃ではないでしょうか。
ハレルヤ!
抑圧されてきた人々、サタンの拳の下で苦しめられてきた人々のため、ついに神の王国がもたらされるのです。そこでキリストの共同相続者、王、王妃になることができます。

・・・

きのうはトム・ライアンのベトストック(退役軍人支援の非営利団体)のイベントに行きました。ビル・グランビルの栄誉を称えるためのものでした。第二次世界大戦にUDT(NAVY SEALsの前身)の一員として戦いました。最初のネイビーシールズです。彼は生涯を軍役に捧げました。だから91才のビルを称える会をもったのです。驚くほど謙虚な人です。生ける英雄であり、連邦議会の名簿録に先週その名が刻まれました。昨日公表されたのですが、彼の名は軍人として永久に連邦議会の記録に残されるのです。彼はここパイク郡の出身です。アメリカ合衆国が強力で豊かである限り彼、ビル・グランビルの名は連邦議会に残ります。そのような方がいるということが恵みです。チーフ(トム・バーク)もそうです。そこで驚かされました。インスタグラムを出してください。今朝投稿したものです。ビル・グランビルを祝うイベントだったのです。20才になるかならないかで、4つ5つの戦場ですでに戦っていました。現在のNAVY SEALsのやることをこなしていました。スキューバダイビングで機雷を解除するなど・・・・。

この中に20歳の人はいますか?彼はその年齢でもう第二次世界大戦で世界の4つの戦場で、戦闘経験をすでに持っていました。Under Water Demolition Team(水中破壊部隊)の隊員でした。写真中央の人物です。

 

このような人を称えることがどれほど重要でしょうか。とても重要です。なぜならこの人たちのおかげで今私たちは自由に暮らせるのです。EUやその他の馬鹿げた組織の下で生きなくて済むのです。真の英雄です。彼らはそのために命を賭けたのです。いつ死んでも不思議ではなかったのです。イベントが進み、ビルを称賛して祝っている間に、この赤いシャツを着たトム・ライアンが突然、ところで彼も真の愛国者であり、ベトストックの代表者でもあります。彼がとてつもなく大きなアメリカ国旗を私たちに贈ってくれました。大きなアメリカ国旗です、そこにはKAHRアームズというロゴまで入っていました。木製の国旗です、ペンシルベニア北部の若い愛国的な芸術家が作ったものです。これを感謝の印にと、常日頃、退役軍人のために尽力している国進兄さんに贈呈したのです。素晴らしい瞬間でした。

そこで国進兄さんが皆に伝えたことは、「この場にいるすべての退役軍人の皆さんに感謝します。もし皆さんがいなければ、もしマッカーサー将軍(元帥)やアレクサンダー・ヘイグ将軍がいなければ、そして共産軍から強制収容所を解放してくれていなければ、北朝鮮の死の強制収容所に収監されていた私の父が解放されていなければ・・・もし皆さんが居なければ、父は命を落としていました。そして私も生まれていなかったでしょう。皆さんのおかげで私は今日ここにいるのです。だから私は退役軍人の皆さんのためにできる限りのことをさせて頂きたい。」

出席者はみなテーブルについていたのですが、国進兄さんが「もし退役軍人の皆さんがいなければ私は生まれていませんでした」といった瞬間、すべての女性が驚いて涙を流し始めたのです。証が強力だったので皆が知らないうちに聖霊に心を打たれたのです。

*よく聞くと動画の最後に  Oh,MY Gosh!という女性の驚きの声が聞こえます。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

第2作は「見捨てられた父」という題になるかも知れません-12月9日英語説教(その2)

Sunday Service   December 9  2018   Rev  Hyung Jin Moon   Unification Sanctuary  Newfoundlan.ld PA on Vimeo.png

2018年12月9日 日曜礼拝 英語説教

翻訳:Harry

本当に様々な国が取材に来て国際的に広まっているので、それが西半球のアメリカに戻ってくる。ヨーロッパを経てアメリカに戻ってくるのです、英語圏の半球に。

(メディアは)ある特別な目的をもってやってきます。彼らは左翼です。左翼組織です。国民を非武装化する、国民から武器を取り上げるという明確な目的を持っています。

オーストラリアもそうでしょう。国民は武器を持つことができません。犯罪率は天井知らずです。オーストラリア人は「クロコダイル・ダンディ(映画)」のようなものが好きだったでしょう。ワニを追いかけていつも狩りをしている主人公です。

ロッド、君はオーストラリア出身でしょう。映画のモデルになった実物のクロコダイル・ダンディのことを知っていますか。オーストラリア政府が国民から銃を取り上げようとしたとき彼は体を張って反対しました。銃撃戦になったと聞きましたが本当ですか?名前は何と言いましたか。ダン・ディーだそうです。(笑)  政府に自分の銃を渡さないと言って彼は本当に戦いました。(政府に)反撃したのです。自分の権利を守ろうとしました。政府は彼を射殺しました。彼は自らの権利のために闘ったのです。大きな原則、大きな目的のために。なぜオーストラリア国民は銃を手放すのかと疑問を投げかけました。われわれは人間ではなく動物園の動物なのか・・・。とにかくオーストラリアはそういう経緯をもっています。(訳注:銃乱射事件を契機にオーストラリア政府は1996年に「銃規制法」を成立させ、施行した)

それ以降、この国の殺人事件は急上昇しました。統計を持っているので彼ら(オーストラリアの番組クルー)の問いかけに応える用意は万全です。善良な国民から銃を取り上げた途端に、邪悪な者たちが暴れ出します。
まったく愚かしい話。

それについて彼ら(左翼メディア)が言うことは決まっています。

「あなた方は荒くれ時代、西部開拓時代の再来を望んでいるのか」

その荒くれ西部開拓時代の殺人率を知っているのかというのです。極めて低いものでした。国進兄さんが知っています。兄さん、当時の西部の殺人率はどうでしたか?

(国進ニム)10万人につき2.5人。

これはシカゴや他の大都市の殺人率に比べてはるかにいい数字です。荒くれ西部開拓時代ですよ。ハリウッドが好んで映画を撮った、ワイルド・ワイルド・ウエストです。
(映画では)皆が撃ち合いしています。誰かが銃を撃てば(皆が持っているから)即、皆から弾丸が飛んでくるのです。(笑)

NRA(全米ライフル協会)総会では皆が銃を携帯しています。誰かが銃を撃てば皆に撃たれるでしょう。だからハリウッドの言う「ワイルド・ワイルド・ウエスト」では殺人率が10万人に2.5人(4万人に1人)です。実際問題、極めて低かったのです。これに比べて、(現在の)シカゴ市ではどうですか。10万人あたり30人以上です。現代のシカゴの方がワイルド・ワイルド・ウエストよりも飛びぬけて危険だったというのです。

驚くべき話ではないですか。それに対してメディアは言い訳します。

荒くれ西部の時代に戻りたいならシカゴに行きなさいというのです。当時の西部よりも10倍以上危険です。ワイルド・ワイルド・ウエストよりも10倍危険だというのです。シカゴでは銃はすべて規制されています。自分を守ることが全くできません。これが現実です。

しかしメディアはなんとかしてもっともらしい言い訳をすることでしょう。彼ら(メディア)はこの説教を見ながらインタビューでどういうべきか対策しながら考えているでしょう。

しかしわれわれは誠実に彼らと向き合います。誠実に話をするのです。メディアが世界一周して、アメリカに戻ってくる予感がします。(10月の)鉄のつえフェスティバルに向かって神様が用意されているようです。(アメリカの)メディアは絶対にフェスティバルを無視することはできません。現にメディアは2月28日の生命の書入籍祝福式でショックを受けました。鉄のつえフェスティバルを見たらどういうことになるでしょう!

修正第2章を称賛しながら、すべて法に則って粛々と行われます。世界中のメディアが「いったいこれは」と、狂ったようになるでしょう。「この田舎もんの集団は何だ!」と。しかもアジア人が多く集まって。白人至上主義ということができません。

VICEのビデオでもあったでしょう、わたしは白人ではないという箇所が。
人権の話をしているのです。聖書にいう主権です。

次の本(鉄のつえの王国2)について調べていますが、「見捨てられた父」という題になるかも知れません。かなり論議の幅を広げました。共産主義、社会主義、中央権力の悪性からフェミニズムの欺瞞性、同性愛、トランスジェンダーなどあらゆる内容を盛り込みます。そして歴史、神様はなぜ人間に自衛手段を与えられたのか。

聖書を読んでいて最初に武器が登場する部分を知っていますか。ああ。カインとアベル、それもそうでしょう。あるとき話をしていた退役軍人の女性が言いました。「神様は剣のような武器をつくるようおっしゃいました。それをベルトにつけろと言って」これは第二神殿建設中のことです。ネヘミヤの頃です。神殿建設の際にはベルトに剣を携帯せよと。軍の兵器レベルの剣です。しかし最初に登場する武器はエデンの園でのことです。

アダムとエバが堕落して楽園から追放されたあと、神様は天使を配置しました。天使が持つ炎の剣です。これがあるのでアダムとエバはエデンの園には帰ってくることができません。
 
  
 
*お断り:極力、つづきを訳すつもりですが私用で翻訳の時間が取れるかどうかわからない状態です。どうか予めご了承お願います。

管理人

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

アメリカの主流メディアがサンクチュアリを取り上げる日-12月9日英語説教(その1)

Sunday Service   December 9  2018   Rev  Hyung Jin Moon   Unification Sanctuary  Newfoundlan.ld PA on Vimeo.png

2018年12月9日 日曜礼拝 英語説教

翻訳:Harry

でははじめましょう。先にVICE(ドキュメンタリ)の様子をチェックしましょう。現在80万を超える人が視聴しました。世界で80万人以上が動画を見た上にフェイスブック上で見た人が20万人、合計100万人を超えました。これは相当な数です。VICEメディアも、マリファナや麻薬中毒のコミュニティなど色々なトピックを扱っていますが、最近は、マリファナ関係のレポートが多かったですね。

だから動画についたコメントにも、鉄のつえの教会を見たひとが、「これはあんたたち(VICE)がやってる麻薬の番組なんかよりずっといい!もうマリファナ番組は飽き飽きだ」というものがありました。(笑)

81万人ですか、これはすごい数です。これだけの人が「鉄のつえの王国」のメッセージを聞き、そして今もその数は増え続けています。これを見た人はじっくり祈って見ることです、それが鍵になります。

祈りといえばフランスのことに意識が行きます。凄いことが起きています。「主権」革命です。ほんの数週間前まで、パリはきれいで素晴らしいところでした。それが先週、燃えていたではないですか!文字通り燃えていたのです。国が揺さぶられることを祈ったのです。本当に街全体が動揺している。名目上は200万人のキリスト教徒がいるのです。

皆が表に出て、1ガロン(約3.8リットル)6、7ドルというガソリンの値段に怒っていました。え、なんですって、1リットルの値段ですか!なんとまあ、1リットルがその値段ですか。冗談じゃない。1ガロンは約4リットルです。
・・・・
ともかく、正気の沙汰ではありません。フランスといえば文化的な首都ですよ。ヨーロッパの象徴的な首都でした。ヨーロッパといえばまず浮かぶのはフランスのパリではないですか。その文化の首都が文字通り燃えているのです。ガチで動揺しているのです。神様と霊が・・・主権の魂が人々を立ち上がらせました。自分たちがすっかり騙されていたことに気づきました。「共産主義」のもとにあることに気が付いたのです。

政治リーダーが言うような、国民の利益などではなく、政治家は見せかけだけの邪悪な者たちであることに気が付いたのです。

世界中で、その雰囲気が変化しているのです。地政学的にも変化しているというのです。人々は再考し始めました。UN(国際連合)的システムを疑問に思っているのです。国際法など・・よその国が自分の国を規制する法律を作るんですよ。どれほど狂っているか。

(ベルギー)ブリュッセルでペンシルバニアを規定する法律を作ることなど考えられますか。どうしてそこまで出かけて不満を言えるでしょう。バカげているのです。

(フランスの混乱は)これは本物の革命です。スペインのドキュメンタリの間もなく出来上がると思います。彼らは2週間以内といっていましたから、今週か来週にはスペインで製作された(サンクチュアリの)ドキュメンタリが公開されるでしょう。

オーストラリアからも最近知らせが来ました。オーストラリア最大のニュース・ドキュメンタリショー「60ミニッツ」が1月か2月にカメラクルーのチームをよこして、1時間の番組を作りたいと言っているのです。これから打ち合わせもしなければなりません。

もはや驚く話ではありません。なぜならもっともっと大きなメディアが来ているからです。デンマークからもやってきました。デンマークという国は本当に共産主義的で社会主義的な国です。君主制の国ですが、非常に社会主義的だと思います。しかし出来栄えはとても良かった。そこで彼らと交渉してキングズレポートのコマーシャルに使わせてもらうことになりました。その番組を使えるように頼んだのです。

だから国営のメディアが・・英語圏に限りません・・デンマーク、スペイン。スペインは4千7百万人の人口を抱える国です。もちろん私たちのドキュメンタリをスペイン語で製作するのですが、ともかく我々は西側のメディアに食い込んでいます。オーストラリアからもやってきます。オーストラリアの「60ミニッツ」はどこからでも見ることができます。まあわれわれを貶(おとし)めようとしてやってくるのですが・・・皆その動機でやってきます。(笑)

A&Eのエリザベス・バーガスのようにやってくるのですが、A&Eも誰がレポーターとしてやってくるのか言いませんでした。どこどこのプロダクションの番組として撮るというだけです。そうしてA&Eの番組となり、あちこちの局にそれをまた売るのです。

今度来るオーストラリアの放送局は、トレーニング、格闘技や射撃訓練もすべて撮ると言っています。全国に流れる番組です。この番組は自国のレポートの番組でアメリカのエミー賞も受賞しています。アメリカの番組と何らかのつながりのある番組なのです。

だから皆さんも迫りくるものを感じるでしょう。それは、もはやアメリカの主流メディアが(サンクチュアリを)取り上げない訳にはいかないところに来ているということを。

つづく
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

誰も知らなかったイエス・キリスト物語

日本サンクチュアリ協会12月9日首都圏礼拝

神様と真のお父様に直接育てられ導かれてサンクチュアリへ

『イエス・キリスト物語』著者
神様、真のお父様、イエス様より啓示を受けながら、聖書に記述のないイエス様の誕生前~幼少期~復活に至る「イエス・キリスト物語」を書き上げました。その内容はお父様が身近なものにしか語らなかった内容に忠実です。

サンクチュアリを知らないなかで、「物語をサンクチュアリ教会の江利川会長に手渡しなさい」と更なる啓示があり、自らインターネットで探し出し、導かれるままに11月18日の仙台の合同礼拝に初めて参加されました。(文責:ビデオ担当)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村 

【文國進様】皆さんがいなければ私は生まれていなかった

ビル・グランビル:

・・われわれに大変立派なイベントを行う機会を与えてくれたことを感謝して・・・ジャスティン。ヴェトストック(VETSTOCK)を代表してこれを贈ります。(大きな木製(?)のアメリカ国旗)

(大きなアメリカ国旗を贈呈しながら)・・・ショーン(亨進ニム)が手伝ってくれるよ

何か一言しゃべりなよ。

ジャスティン・ムーン(文國進様):

本当に退役軍人の皆さんに感謝します。あなた方がいなければ文字通り私はここにいなかったでしょう。

私の父が興南の収容所から解放されたのもマッカーサー将軍やアレクサンダー・ヘイグ将軍が黄河に向けて(中共軍を)押し返してくれたおかげで共産党の強制収容所から出ることができました。

皆さんがいなければ私たちは生まれることさえなかったでしょう。
 
 

*KAHRアームズの文国進CEO/会長が退役軍人の作る非営利団体VETSTOCK(ベトストック)から表彰されました。2018/12/8

  
 
第2次世界大戦時に海軍特殊部隊NAVY SEALsの前身となる特殊部隊UDT(Underwater Demolition Teams)の一員だったビル・グランビル(Bill Granvill)氏を代表とするVETSTOCK(ベトストック)は、退役軍人の生活を支援する非営利団体としてペンシルベニア州パイク、モンロー両郡を中心に2012年に創設された。ベトストックのモットーは「Vets Helping Vets(退役軍人を助ける退役軍人)

情報源:亨進二代王のフェイスブック、翻訳:Harry

VetStock America – Veterans Helping Veterans.png

48355764_10156919788444886_3947445957183930368_n47326400_10156919787614886_7035441595201617920_n47688587_10156919788739886_5835293132719128576_n48085694_10156919787684886_6063914834590695424_n

いいねと思った人は
クリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

サンクチュアリ通信12月号の紹介

12-p1のコピー-1.jpg

サンクチュアリ通信 12月号   

- レオナルド・ダ・ビンチの「洗礼者ヨハネ」/ 信仰の熱と光・聖霊の火の時代を迎えて
/ ソウル太極旗集会にて -

1面 10月から11月・サンクチュアリ教会の主な出来事
文亨進2代王のみ言      

2面 フリーテーマと内外情勢
  「信仰の熱と光・聖霊の火の時代を迎えて」 M.Nagata
  「ソウル太極旗集会にて」  山下
  Coffee break ファインマンは超天才  Harry

3面 レオナルド・ダ・ビンチの「洗礼者ヨハネ」 永田正治

4面 融和の広場
  (ご案内) デバイン・プリンシプルへの道
   復帰以前の不思議な体験    江川さん 神奈川
   8月の言葉 マシュー・アーノルド
   編集後記 T
(企画・編集:永田正治)  

購読方法

一年購読 12回 2500円 (送料込み)

まとめて注文する場合
10部以上は、一部、年間1500円 (一括郵送)
30部以上は、一部、年間1200円 (一括郵送)

sanctuary.tsuushin@gmail.com
に、郵便番号  住所  電話番号  お名前  冊数
をお書きください。

購読料金振込先
ゆうちょ銀行 記号 10310 番号 94305991
他行からの場合 店名 〇三八  店番038 普通預金 9430599
サンクチュアリ通信 

詳細は下の写真をクリックしてください。↓
board-bright-christmas-716738

(ご案内)
『デバイン・プリンシプルへの招待』
― 宗教と人間の幸福 ―
《21世紀の統一原理 1》
永田正治
63ページ 21cm×15cm
目次

はじめに -宗教からデバイン・プリンシプルへ‐

《 前篇 宗教と人間の幸福 》             

Ⅰ. 宗教は必要ですか?
なぜ、現代人は宗教を嫌うのか?
わたしたちを不幸にするもの
苦からのがれ幸福を得る道

Ⅱ. スピリチュアリティーのなかの宗教的真理
広義の宗教の流行
「千と千尋の神隠し」と霊的世界
「ハリーポッター」と神秘体験            

Ⅲ. 神さまはいますか?
神と唯物論の戦い
インテリジェント・デザイン論と神の証明
神と人類文明の発展

Ⅳ. 宗教のなにが素晴らしいのか?
神とともに永遠の世界で生きる
宗教ははっきり善悪を教える
信仰の輪のめぐみ
わたしたちの身近にある宗教

《 後篇 デバイン・プリンシプルへの招待 》

Ⅴ. 神と人のよろこび ‐創造原理‐
一神教の神さまとは?
統一的神観 ―東西宗教観の統合―
幸福の世界を知らない人類

Ⅵ.神と人のかなしみ ‐堕落論‐
人間は堕落したのか?
カインのアベル殺し -人類初の殺人事件―
ありえない世界が出現

Ⅶ. 神の導きと人の希望 ‐復帰摂理歴史‐
イサクとイシマエルの怨念
ヤコブとエソウの和解
イエス・キリストと大預言者・洗礼ヨハネ

おわりに -こころの自由を得る道へ!-

お買い求め方法 (送料込み)

 1冊        300円
 5冊以上    1冊250円
 10冊以上   1冊200円
 50冊以上   1冊150円

sanctuary.tsuushin@gmail.com
に、郵便番号  住所  電話番号  お名前  冊数 をお書きください。

代金振込先  ゆうちょ銀行 記号 10310 番号 94305991
     他行からの場合 店名 〇三八  店番038 普通預金 9430599
     サンクチュアリ通信 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

自分も見えないけれど神様が導いている-12月2日英語説教(その4)

Sunday Service December 2 2018 Rev Hyung Jin Moon Unification Sanctuary Newfoundland PA on Vimeo

2018年12月2日 日曜礼拝

翻訳:BAMBOOS

家族に価値を置きなさい。子供たちと高い価値の関係性を持ちなさい。それは実に輝かしい神様の贈り物です。そうした小さな投資。私は子供たちが幼い頃に一人ひとりと一緒に過ごしました。毎週一人と個人的な時間を持つのです。それは持続していきます。そうしたことのない家庭と比較して大きな影響を与えます。

子供たちが大きくなった時に大きな恵みとなって返ってきます。彼らが我々と話をする時、つくづく考え、聞くだけで涙が出てきます。そのような素晴らしい子供たちに大きな恵みを感じるのです。

子供たちが重圧を感じる必要はありませんが、我々はそういうことをしていたのであり、彼らも自分の子供たちにするでしょう。自然とそうするでしょう。

子供たちと生きた成功する関係を持ち、彼らが成長して王と王妃となるのは大きな恵みです。彼らは自由な人々となって権利を行使し、エンパワーされて、ジョン・クラーク・サン・ヒルのように恵みを受けます。彼は息子たちを本当に誇りに思っています。

(略)

しかしまた、祝福のために戦わなければならないことを悟らなければなりません。なぜならあらゆる悪魔が引き裂こうとするからです。祝福を受けるや否や攻撃を受けます。そしてあらゆる悪魔が引き裂こうとしてきます。嫌だと思わせ、間違った選択をしたと思わせ、自信を失わせます。彼らは引き裂こうとするのです。

ですから準備しなければなりません。お互い団結してお互い戦場に立ち、また祝福のために戦うために。戦いなしに価値あるものは持てません。それは正しいですか。ヒマラヤに戦いなしに登ることができますか。本当に戦う必要があります。葛藤があります。

我々は神様に完全に同意しています。そして戦場で神様と共に戦うのです。自分に反対する攻撃者に立ち向かうのです。

最初の3年間に悪魔はあなたを打ち砕こうとします。破滅させ粉砕しようとします。最初の3年間は特に、神様と合意を結んだことを後悔させようとします。他の女性と比較させようとします。ですから自分の祝福のために進んで戦おうとしなければなりません。

もちろんそれは重圧ですが、それが柱の1つだからです。夫と妻の強い結婚は王国の柱の1つです。それが神様の王国の重要な柱なのです。

その場所が分裂すれば、家族は分裂し始めます。その場所が分裂すると社会がバラバラになります。そして狼と蛇が獲物を食べにやってきます。

とくに男の子たち。祝福の準備をしている男性たちは戦いに備えることを理解してください。妻とのではありません。サタンとの戦いです。

(略)

図太さを持たなければなりませんが、いつも幸せな態度を持たなければなりません。なぜかというと、妻は腹を立てているかもしれず、否定的になっているかもしれないからです。しかしあなたが正しい心を持っていれば、あなたの心が彼女をそこから引き上げることができます。もしそのことで自分も否定的にならずにいれば。「ああ、その通りだ」と言っていたら2人とも下がってしまいます。

女性は自然と父に憧れます。あなたが家庭で父、父なる神様、キリストを代表する位置を与えられているということを知っています。それであなたを試そうとします。悪意を持ったやり方ではなくて、あなたが導こうとするか確認しようとします。口ではそのように質問しません。間接的にその問いを投げかけるのです。あなたは私を導きますか。あなたはリーダーとして信頼できますか。彼女たちはその質問を、口を使わずに問いかけるのです。

しかし心配しないでください。完璧である必要はありません。常に100パーセント素晴らしくある必要はありません。よく分からないけれども神様を信頼している、と言わなければならない時があります。なぜなら信仰を持っているからだ、と。彼女たちを少し怒らせるでしょうが、考えてみればそうかもしれないと言うでしょう。男性が信仰を持っていることが彼女たちに平安をもたらすのです。

夫は道全体が見えなくても・・・。ちょうど神様が決して道全体を見せることがなく、足もとを照らす光にしかならないのと同じように。神様はその道をずっと一緒にいますが、数フィート先しか見えません。奈落の底や暗闇に立つ時、どこに向かうか分からなくても、神様はあなたを導きます。

妻が「どこに向かっているの。どうして前が見えないのか分からない」と言う時、彼女にこう言う必要があります。自分も見えないけれども、神様が導いている、と。彼女はあなたがそのような男らしい自信、何か自分より偉大な物を持っていると知る必要があります。彼女はあなたに従っているだけでなく、あなたよりも偉大なものに従っています。

(略)

まわりにいつも愚痴ばかり言っている有害な人がいると、自分も有害になります。聖霊に満たされた人に囲まれていなければなりません。内側に神様の火が満ちていなければなりません。生きることに興奮し、新しい人に会うことに興奮して。信仰的な人たちに囲まれていなければなりません。あなたが落ち込む時、彼らはけなすのではなく、引き上げてくれます。

青年たち。みなさんのまわりには、内面が神様の愛に満たされたこの信仰的な人たちがいます。あなたの妻がこのコミュニティにやって来ると、全ての姉妹たち、王妃たちに祝福され、支えられます。友情と支援の素晴らしい体制になります。非常に重要で、大切なことです。

おわり

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

鉄のつえの王国を抑えつけることは難しい-12月2日英語説教(その3)

Sunday Service December 2 2018 Rev Hyung Jin Moon Unification Sanctuary Newfoundland PA on Vimeo

2018年12月2日 日曜礼拝

翻訳:BAMBOOS

今神様はトランプ大統領の下で、我々に素晴らしい守りの隠れ蓑を与えてくれました。トランプ大統領がいるということは、何という恩恵でしょうか。もしオバマやヒラリーが勝っていたら、我々は文字通り国民の第1の敵となっていたでしょう。銃と神様、そしてAR-15の教会がViceでニュースになって、直ちに殺害するよう要求していたでしょう。

それで神様がもたらしたのは、「あなたがたはわたしを捜すであろうが、見つけることはできない」ということです。つまり彼らは我々を探し求めましたが、お父様の権威の中に留まることで隠されて見つけることができません。

私たちの声はそこまで届き、他の人たちもみなその声に共鳴し始めることができるからです。そして「それには賛成だ」と言い始めます。もっと多くの人たちが「賛成だ」と言うようになり、我々を排除するのがさらに難しくなるのです。

今、鉄のつえの王国を抑えつけることがもっと難しくなっています。ところでそれはこの世界に実現しようとしています。東ヨーロッパと西ヨーロッパで鬱積した不安。神様の言葉、種が蒔かれる準備ができた豊かな土壌は、国を取り戻し、道徳、倫理、神様の王国に対する聖書的な見地を理解しようというつもりのある人々のためのものです。聖書に基づく装備品である王冠の重要性。聖書に基づく装備品である鉄のつえの重要性。なぜそれが独裁者の物でなく、王国を守るものであるのかを。

全く異なる倫理であり、全く異なる規範であり、全く異なる倫理規定です。権力のために何でもやるということではありません。それは鉄のつえの倫理規定ではありません。鉄のつえはそれに反対しています。鉄のつえはそのようなことをする人を踏みつぶし、粉砕します。鉄のつえは全く異なる倫理、道徳を持っています。なぜならその倫理は羊飼いを中心としているからです。

鉄のつえの倫理は、視覚的には羊飼いとして定義されます。キリストのような羊飼いです。王でありキリストのような者。完璧で欠点がないわけではありませんが、キリストに似ようと努力しています。そのような王の国民は、主権を守り、不道徳にはなりません。理由なく戦争を始めることはありません。完全に武装することができたとしても、必要があれば、王国のチームのために高い道徳的立場を保つために死に向かって行きます。

(略)

35節に行きましょう。
35:そこでユダヤ人たちは互に言った、「わたしたちが見つけることができないというのは、どこへ行こうとしているのだろう。ギリシヤ人の中に離散している人たちのところにでも行って、ギリシヤ人を教えようというのだろうか。36:また、『わたしを捜すが、見つけることはできない。そしてわたしのいる所には来ることができないだろう』と言ったその言葉は、どういう意味だろう」。37:祭の終りの大事な日に、・・・

終わりの日には2つの意味があります。

37:祭の終りの大事な日に、イエスは立って、叫んで言われた、「だれでもかわく者は、わたしのところにきて飲むがよい。38:わたしを信じる者は、聖書に書いてあるとおり、その腹から生ける水が川となって流れ出るであろう」。

黙示録22章に行きましょう。以前見たと思いますが思い起こしてほしいからです。1節です。

1:御使はまた、水晶のように輝いているいのちの水の川をわたしに見せてくれた。この川は、神と小羊との御座から出て、

命の水がどこから流れ出ているかといえば、神様の王座からだということです。

ヨハネ7章にもどります。
「だれでもかわく者は、わたしのところにきて飲むがよい。わたしを信じる者は、聖書に書いてあるとおり、その腹から生ける水が川となって流れ出るであろう」

ハレルヤ!神様の王座。聖霊は私たちの中に内在します。そしてその王座から純粋な命の水が発生します。それは強力なアノインティングです。何かが私たちの内側から湧き出てきますが、それは自分ではありません。しかしそれがあふれ出て、神の国を祝福し、命を与えます。

今日聞いているこれらのみ言は、独裁者にとっては死と破滅の言葉であり、彼らはこのような教えを嫌っています。しかし、柔和で抑圧されている人と常に奴隷となっていた人にとっては、喜ばしい知らせの言葉です。

「だれでもかわく者は、わたしのところにきて飲むがよい。わたしを信じる者は、聖書に書いてあるとおり、その腹から生ける水が川となって流れ出るであろう」

生きた水の川。力強い川です。小川ではありません。小川とは言いませんでした。せせらぎの聞こえる小川とは言いませんでした。川だと言いました。川には文明を維持するための力があります。小川にはありません。大きな文明は川岸に集まります。曲がりくねった小川のところではありません。呼吸するのにお互い近すぎるからです。

チグリス川やナイル川の文明。聖書に出て来るあらゆる場所も水辺、川岸にあります。川は小川よりもはるかに強力であり・・・海にぶつかる前に最後に集まるところです。創世記には、神の霊が地上の水の上を動いていたとあります。全ての水の象徴。川が聖霊の存在する海へと押し寄せるように、聖霊の中のお父様の霊にも押し寄せなければなりません。

そのような流れる水の川は我々を追い越し、流れ出して追い越します。我々はそのような救いの井戸からくみ上げることができなければなりません。それから降り注ぐ水を海に向かって動かします。お父様はいつも海におられました。海に1度触れるだけで地球全体に触れるのです。

我々はメイン州で海に触れましたが、イギリス、ロンドン、アフリカと同じ海に触れたのです。知っていましたか。同じ海がアジア全体につながって、メイン州に戻ってきます。1度触ると全世界に触ります。お父様は海を愛しておられました。大陸ではそうはなりません。

(略)

箴言31章に行きましょう。箴言の最後の章です。10節に行きます。

10:だれが賢い妻を見つけることができるか、彼女は宝石よりもすぐれて尊い。11:その夫の心は彼女を信頼して、収益に欠けることはない。

いいですか。彼女の夫の心は彼女の中で休まることができます。彼には悪が必要ありません。Spoil(訳注:(箴言31:11)収益に欠けることはない=he shall have no need of spoil のspoil)とは略奪のことです。お金を欲しがる悪い女がいるために、他人から巻き上げるために暴力を振るうことです。

「その夫の心は彼女を信頼して、収益に欠けることはない」です。女性たちは自分が夫に対してどれ程の力を持っているか分かっていません。肉体的には夫のほうが力は強いですが、夫に対してとても大きな力を持っています。

信仰的な女性は、夫を通じて悪を成立させるために自分の女性としての力を使おうとしません。そういう者たちは邪悪で、男を誘惑する女であり、女悪魔です。あなたの力を利用します。多くの場合は性的な力で男を破滅させます。

あなたが略奪を望めば、彼はあなたのために取ってくるかもしれません。しかしその間彼を殺すことになります。しかし良心を持っていれば、夫に自分がこの世的な人間ではなく、自分のためにこの世の中や資源を略奪したいと願うだけの、他の女性達とは違うのだと気づかせます。しかしあなたは永遠の物を求めています。また神様の喜びを願います。

今あなたは彼の内側に現れます。略奪ではなく神様に喜びをもたらすという願いです。彼はあなたに心を休めることができます。あなたは途方もない影響力を持ちます。王を倒すことができます。そして王国を滅ぼすことも。ですから女性は警察の心構えを持たなければなりません。軍隊の心構えを。国を守り隣人を守らなければなりません。

(略)

(二代王の解説部分は省略させていただきましたが、以下は説教で取り上げた箴言の続きです。)

12:彼女は生きながらえている間、その夫のために良いことをして、悪いことをしない。13:彼女は羊の毛や亜麻を求めて、手ずから望みのように、それを仕上げる。14:また商人の舟のように、遠い国から食糧を運んでくる。15:彼女はまだ夜のあけぬうちに起きて、その家の者の食べ物を備え、その女たちに日用の分を与える。16:彼女は畑をよく考えてそれを買い、その手の働きの実をもって、ぶどう畑をつくり、17:力をもって腰に帯し、その腕を強くする。18:彼女はその商品のもうけのあるのを知っている、そのともしびは終夜消えることがない。19:彼女は手を糸取り棒にのべ、その手に、つむを持ち、20:手を貧しい者に開き、乏しい人に手をさしのべる。21:彼女はその家の者のために雪を恐れない、その家の者はみな紅の着物を着ているからである。22:彼女は自分のために美しいしとねを作り、亜麻布と紫布とをもってその着物とする。23:その夫はその地の長老たちと共に、町の門に座するので、人に知られている。24:彼女は亜麻布の着物をつくって、それを売り、帯をつくって商人に渡す。25:力と気品とは彼女の着物である、そして後の日を笑っている。26:彼女は口を開いて知恵を語る、その舌にはいつくしみの教がある。27:彼女は家の事をよくかえりみ、怠りのかてを食べることをしない。28:その子らは立ち上がって彼女を祝し、その夫もまた彼女をほめたたえて言う、29:「りっぱに事をなし遂げる女は多いけれども、あなたはそのすべてにまさっている」と。30:あでやかさは偽りであり、美しさはつかのまである、しかし主を恐れる女はほめたたえられる。31:その手の働きの実を彼女に与え、その行いのために彼女を町の門でほめたたえよ。

つづく

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村