「文在寅は自分で王冠を被りました」KING’S REPORT 5月9日【日本語字幕版】

(李相烈会長)ありがとうございます。

こうして韓国は活動してきました。サンクチュアリから国のために戦い、津波のような左翼のプロパガンダと闘ってきたのです。左翼支配は大学やメディアなどの有名人らすべてを道具に利用して、すべての歯止めを引っこ抜いて韓国を自滅させ、社会主義へのらせん降下を始めました。経済はますます駄目になるでしょう。中国、サタン側により結びつくことでしょう。恥ずべき現実です。悲しむべき事実です。神様が準備された祝福と、お父様が築いてこられた基盤のすべてが失われました。

1人の女性の虚栄心のために。

1人の自己陶酔、自己中心的な女性のために。主を裏切り、神様に背を向け、神とあがめられるように自分を台座に置き、とてつもない異端と堕落をもたらしました。エバよりひどい。
堕落した異端と反逆の真の代身者である女性です。その不名誉の醜聞は永遠に残るでしょう。

政治権力やお金ではない、(母)その人を愛する息子が、この道を進むことを必死で止めたのです。ミクロの世界での出来事がマクロ(世界)に及ぶことを知っていたからです。サイコと自己陶酔、権力の渇望、支配することに対する不正な悪魔の欲望を追い求めたのです。実質的に再臨主を消し去っているのです。自分がメシアだと主張し、6千年摂理歴史の実だ、独生女だ、神だ、救世主だと主張しながら・・破壊者、異端者になったのです。

堕落人間たちの上に神の呪いと審判をもたらしました。天の大きな賜物と尊き宝を地獄と交換しました。宝はピラミッド組織でも地位でも権力でもありません、それは主です。

彼らはクーデターを起こすとともに地位と権力に3年間しがみつき、今崩壊しています。
家庭詐欺連合が崩れるにとどまりません。道徳的権威は全くのゼロ。権力の淫婦、売春婦たちが支配し、文字通り内から崩壊しているのです。その勢いは急速に加速しています。人々はお父様の権威のもとに戻ってきています。なぜか。

お父様の権威はすでにくだされたからからです。私にです!
再臨主、キリストの相続者、後継者、代身者です。
自分が選んだのではありません。
お父様が選ばれたのです。
それが私です。

私が何か素晴らしいことをしたせいでも、私がそれを望んだわけでもありません。
お父様が私を選ばれたのです!

自分の思いで主張していないのは私一人です。
ティム、そうでしょう。

悲しむべき日、マクロ(国家、世界)もミクロの出来事にしたがいました。
韓お母様が本性を現わし、世界を奴隷化するという欲望を現わしたのです。

情けない悪なるサイコで、ナルシストの「最高委員会」、
世界の人々に対して絶対権力を持つというのです。
ゾッとする悪夢のような、反理想郷的、悪魔的、地獄の王国です。そこを目指したいのです。それが公式見解だというのです。

今日マクロでも宣言がなされました。文在寅は自分で王冠を被りました。洗脳された民、特に2千年以降に生まれた若者たち、マルクス主義者の大学教授に洗脳されたものたち。彼らが左翼、共産主義者に投票し、国を乗っ取りました。もはや困難になった韓国経済、政治、国民。

今後ますます性の相対化が進むでしょう。ゲイやバイセックス、トランスジェンダーが取り入れられ、拡がるでしょう。腐敗と堕落が進行するでしょう。うめく国家と天使長権力のもとで。さらに福祉国家化が進み、政府に支配されるでしょう。夫から妻を引き離し、離婚が増えるでしょう。家庭崩壊が増大するでしょう。膨大な予算を投入して見栄えは良くするが遅かれ早かれ崩壊することは目に見えています。結局は談合とロビー活動で国民から多額の税金を奪うでしょう。力ずくで税金をとるのです。そうして天使長の力を増すのです。地上でもっとも悪魔的な中国共産党と手を組んで、中国の属国になるのです。トランプと三代王権との結びつきを弱めるのです。

韓国のために祈ります。

特に勇気を持って戦ったサンクチュアリの兄弟姉妹のために。彼らの闘いは・・戦いはいつも勝てるとは限りません。負ける戦いもあるでしょう。だからその戦いが不名誉だということはないのです。

サンクチュアリの兄弟姉妹の皆さん!信仰の闘いをよく戦いました。しかしまだ戦うべき戦いは残っています。彼らは闘いました。彼らだけが前に出て闘ったのです。保守革命を先導したのです。ソウルに集まる五百万人の革命の真っ只中にアメリカ国旗を持ち込んだのは彼らです。なぜか、それは彼らが三代王権につながっているからです。彼らは指示を受け、それを自分の国で実行したのです。彼らは宣布し、神様は奇跡をみせてくださいました。
「あとのものが先になり、先の者があとになる」、その歴史的事件の最中に見せて下さったのです。
兄弟姉妹がひっくり返したのです。彼らは旗と「アメリカとの同盟が破れ、中国の属国になってしまう」という横断幕をもって最前列に出ました!そんなことをつくりだすことができません、誰かにお金を出しても無理だというのです。彼らは国家の代表として戦ったのです。闘いはたとえ勝てなかったとしてもです。いま彼らは最も祈りを必要としています!祈りと支持を必要としているのです!神様のみ旨と神様の霊とともに動かなければなりません。安全な場所に行けるように。

文在寅がその位置につけば、私が何度もいってきたように、アメリカ軍の存在は弱められ、アメリカ兵を追い出すことでしょう。その時こそ、血統を守るときです。家族を守るのです。
ちょうどユダヤ民族が征服された時そうしたように。この後、また李協会長と話します。

翻訳・字幕:管理人
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

「文在寅は自分で王冠を被りました」KING’S REPORT 5月9日【日本語字幕版】」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中