2017年1月15日礼拝 文亨進師 【英語説教日本語訳】(その2)

Sanctuary Church Sunday Service  Jan. 15th  2017 on Vimeo.png

2017年1月15日礼拝 文亨進師 【英語説教日本語訳】(その1)

(姜先生に対して)すばらしい愛国者です。彼女は本当に素晴らしいです。ありがとうございました。彼女は本当に素晴らしい神の国の愛国者です。

彼女はとてもたくさんの攻撃を受けてきました。なぜなら彼女が教会のマザー・テレサだからです。

彼女は韓お母様が異端であると公言したのです。

支配層のすべての人が彼女を中傷しようとしていますができません。そうしようとしてもできないのです。なぜなら彼女こそ信仰そのものだと言えるからです。彼女が最初の弟子であり、すべての人の先輩なのです。西洋の人たちは36家庭が最も先輩だと考えています。彼女は彼らよりも先輩なのです。それほど彼女は先輩の中の先輩なのです。人々は彼女が、お父様の摂理歴史の中でも、すべての世界的な運動の中でもどれほどの重要人物であるか分かっていません。

姜夫人がおられることは本当に大きな祝福です。私たちがいつもやってきたことの1つは、韓お母様が表明される多くのことについてでした。それが起こるのを見ることはもちろん苦痛でした。それが出てくるたびに心が落ち込みます。彼女は本当に悲しんでいます。しかし同時に彼女は神様のみ言を知っています。キリストとの関係性を持っているのです。それで彼女は、お母様が自分は原罪なく生まれ、メシアであり、再臨主である、そしてお父様には原罪があったと語った時にそれが理解できなかったと言っています。それが彼女に大きな苦痛をもたらしたことがわかります。それは神様にも、誰でも心を持つ者には苦痛です。

今日話していたように、初期の教会とどれほど似ていることでしょうか。彼女はもちろん初期の頃からいます。しかし、イエス様が亡くなられた直後の初代教会のことです。今朝、事務所で話しましたね。しかし、異端が起こりました。マグダラのマリアの異端が起こりました。この話をするつもりではありませんでしたが、神様がそれを私の心の前面に置いたようです。マグダラのマリアはマグダラの町の出身です。それはローマの異教徒の町でした。そして彼女は司祭の娘でした。そのローマの女神のカルトは、いつも血の犠牲や小児性愛と関連していました。

ローマの文化です。哲学者や教師が生徒とセックスをするのが当たり前だったのです。女性を汚れたものと見なしていたので同性愛です。若い少年をより好んでいました。これがローマの文化の一部だったのです。現代の世界で見てみると、グローバリズムや中央集権主義者、政治的な悪魔崇拝者は、このようなローマの文化に戻そうとしています。その理由は、多神教に戻してその崇拝を支配の手段にし、セックスを支配の手段にするということです。若者の歯車を壊して本当のエピジェネティクスを解放できないようにし、彼らを破壊してしまいます。そうして彼が正常な人生を送ることができないように、悪に立ち向かうことができないようにするのです。

そしてあらゆるタイプの文化、あらゆる異端の神々、女神たちがローマの時代には健在でした。前に話したようにそれらの異端の神々は様々な犠牲を要求しました。ある者は血の生贄、またある者は飲み物の供え物、また別のものは性的な供え物を要求しました。以前話したと思います。勉強したと思いますが、あらゆる文明に女神のカルトがありました。そのほとんどすべてが多産の神に結び付けられます。それはつまり売春婦の女神です。なぜなら彼女は神々の神殿で誰とでも寝るからです。それは売春を高めることであり、誰とでも寝る女神を高めることです。アフロディーテは様々な神と寝たことで有名です。売春婦です。その売春婦の文化を高めているというのです。

アルテミスは永遠の処女とされています。勉強したことを覚えていますか。彼女は猟師たちと寝て月の女神として慰めを与えているのに永遠の処女だとされています。猟をしていると降りて来て無意識のうちに眠りに落ちて目覚めるとアルテミスが彼らを襲おうとしているというのです。それでも彼女は永遠の処女だというのですからそれは妄想の世界だと言えます。永遠の処女などというものはありません。このような女神の文化は常に女性の収益化につながるのです。それは神殿娼婦と関係します。ヒンズー教ではヤマラの女神があります。アフロディーテ崇拝を見ても、バビロンのイシュタル崇拝を見てもそうです。それは性的放縦の讃美なのです。司祭がお金を持ってくるよう、売春婦を連れてくるように言うのです。ですから女性の収益化、売春の神聖化などによってそれが女性の奴隷化につながります。

初代教会でこのようなことが起きていました。私たちは皆、マグダラのマリアについて論争があることを知っています。彼女は売春婦と呼ばれていました。ヒストリーチャンネルやディスカバリーチャンネル、ナショナルジオグラフィックチャンネルを見れば、「彼女は女性の社会進出を教えていた。気難しい老人や彼らの階級組織ではなくその時代の女性のためのメッセージを説いていた」といった話を見ることができます。マグダラのマリアは売春婦になっていたので悪口を言うとすれば彼女は淫売だというわけです。そのような議論を聞いたことがあるでしょう。

初代教会の神父たちが彼女を売春婦として非難したのは、彼女が肉体的な売春婦だからという理由ではなく、彼女がある教えを始めたからだったのです。そういうわけで初代教会の神父たちは、それは異端だと言って彼女に反対するようになりました。彼女は異教徒の家庭、異教徒の町の出身というような背景を持っていました。そして彼女が実際にイエス様の妻であったのかどうかという論争もあります。様々な外典のようなものがあります。しかし彼女が亡くなった後、少なくとも彼女は違った教えを説いていたとする学者がいるのです。

例えば彼女は自分が月の女神であり、太陽神の女性的神格であると教えていたというのです。イエス様は太陽神の象徴であり、太陽が沈んでまた上るようにイエス様も亡くなってから再び復活したのだ、といったようなキリスト教的な多神教の教えです。そして彼女が母の女神であり、キリストの妻であるというのです。しかし彼女は神性を主張していました。イエス様と歩んだ弟子たちは次のように言っていました。「待て、待て。これはとんでもないことだ。あなたは自分がイエスだとか神であるとか言うことはできない。あなたはキリストの弟子なのだ」と。自分が神だということはできません。ですから弟子たちはそのような異端を止めるために戦わなければなりませんでした。なぜならそれはイエス様の本当の教えを反映していなかったからです。

同じことが起こっていることがわかります。韓お母様が行ったことはまったく同じことなのです。イエス様が亡くなった後になって初めて異端が現れはじめました。彼女はそれを秘密にしていました。韓お母様もマグダラのマリアと同じです。異端が出てきたのはお父様の聖和以後のことでした。そのとき私たちが「これは支持できない。まったく非聖書的だ。異端だ」と言っても誰も信じませんでした。

なぜ私たちがあれほど厳しく訴えなければならなかったのかという疑問があったのです。韓お母様をバビロンの淫婦と呼んでいました。なぜそのようにしなければならないのでしょうか。キリストは新郎として来られ、すべての新婦たちを彼の下に集めるためにここに来るということを理解することが重要です。主体であるキリストが女性であるなら、そもそもこれらのすべての新婦に対して新郎でなければならないので、彼女はレズビアンということになります。それは重大な問題です。そしてそれは、男性と女性に対する神様の本来の意図と大きく矛盾することになります。

神様が肉体に宿るという点において、彼は男性であり神様の種を持っているのです。それで、1人の夫、1人の男性、1人のキリストと関係することで、キリストの新婦である女性は汚れのない清い存在になることができるのです。彼女たちは清くなって神様が意図された関係の一部になります。

ところがそのキリストが女性であるならば、彼女はすべての男性の種を受けて彼女の胎によって彼らを清めなければならず、それで二世の子供を持つということになります。その場合、彼女は売春婦であるということになります。世界中の男性のすべてのサタンの種が彼女のところ集められ彼女の子宮に入るということは、文字通り売春婦になるということです。

ですからキリストは神様の種を持ってこなければならないのです。なぜなら神様の種はサタンの子宮を清めることができるからです。神様の種は、新しい文明、新しい人々を生み出すことができます。初代教会に同じ異端があるのが分かります。それは普及したものの滅ぼされました。今日、國進兄さんが言っていましたが、最初はペテロがキリストの霊的継承を与えていました。「この岩の上に教会を作ろう」ということです。キリストを中心とした運動、エクレシアの集まり。それはペテロの上に作られます。彼はキリストの弟子であってキリストの息子ではありませんでした。ですから霊的な救いしか受けることができませんし、霊的な王国が訪れるということです。なぜなら、実際の王の血統がなかったからです。

それに対して再臨主には、王権があり、三代王権があり、後継者がいます。そして、彼がすべての相続と教会の祝福を与えた弟子は、「私は弟子であるだけでなく息子でもある」という意味においてペテロとは違います。本当の血統なのです。皆さんご存知のように私は自分で望んだりお父様に頼んだりしたことはありません。お父様が私の血統を通して王権が伝わることを決定されました。1983年にはお父様の後継者が、当時は天法と呼んでいましたが、天一国憲法を発表するということが預言されていました。

このようなミクロ世界のレベルでのことがあるように、マクロ世界のレベルでも解き放たれていることがあります。2年前に沈黙を破った時のことを覚えているでしょうか。オルタナティブ・メディアのことを取り上げただけでも、会話の中で持ち出してもまったく頭がおかしいとみなされていました。2年前、9・11のことを取り上げてもキチガイだと言われました。今でこそチエニムのミスコリア時代の友達の韓国人女性も「9.11のことは知っています」と言っています。信じられないほど変わったのです。

ここにリチャード・ゲイジ博士を呼んで9.11についての証拠について話してもらったことを覚えていますか。みんな私たちのことを頭がおかしいと思いました。気が狂っていると。2年経って9・11の真実を知らないほうが、頭がおかしいということになっています。「あなたはCNNでも見ていたのか」と言われます(笑)。まったく違う世界になっています。一緒にいた人たちは2年前どれだけバカにされたか覚えているでしょう。

オルタナティブ・メディアの話をすれば、「ははは。スノープス(Snopes)ではこう言っていたよ」と。そうです。信頼できる(皮肉を込めて)スノープスです。性的な問題のある男性と女性がやっています。猫と一緒に取った写真を見たでしょう。その二人が「偽ニュース」の権威だというのです。カリフォルニア出身の左翼の共産主義者です。彼らが真実の権威だと。

二年前は疑問に思っただけで頭がおかしいとみなされました。世界の意識に霊的な津波のような非常に巨大な変化がありました。ここに来てから3、4年話してきたので私たちにとっては当たり前のようなことです。しかし、振り返ってみてより大きな観点で見てみると、今真実が現れて信じられないようなことになっています。9・11のことを知っていると言ってもおかしくはありません。それが今は多数になっています。ドナルド・トランプは機密情報を公開すると言っていました。すでに機密情報の一部は公開されています。サウジアラビアが関わっていることを示すものです。あなたはもうキチガイではありません。

CNNは偏っているから見るなと言っても狂人ではありません。ブライトバートやインフォウォーズ、ドラッジ・レポートを読んでも狂人ではありません。2年前は、アレックス・ジョーンズやブライトバートやドラッジの名前さえ挙げることができませんでした。嫌がらせされ、笑われ、嘲られました。リベラルの共産主義者が笑いながら「狂っている」と言うのです。「精神病だ」と。逆に彼らが精神病だったのです。大転換がありました。

オルタナティブ・メディアに何かが起きたことがわかります。霊的な力が注入されているのです。彼らはまったく信頼されていませんでした。ミクロとマクロで変動がありました。私たちがミクロの摂理のレベルで前進し始めると、マクロもそれに従って王権の権威が立ち上がったのです。オルタナティブ・メディアの権威が生まれました。私たちが9.11の話をするとすぐに、まさにその数カ月後にはドナルド・トランプが9・11の話をし始めたのです。数か月後に彼が出てきて立候補を表明しました。

すべての主流メディアは笑いながら「ドナルド・トランプなんて嘘でしょう。彼が大統領になれるはずがない」と言っていました。編集したビデオを見たのを覚えているでしょうか。すべての人が笑いながら彼は大統領になれないと言っていました。「彼は黒人が嫌いだ。彼はヒスパニックが嫌いだ。人種差別主義者だ。女嫌いだ」と。同じことを私も言われました。「あなたは自分の母親が嫌いなのだ」、「女嫌いだ」、「陰謀論者だ。9・11の話は信じられない」、「自分の信用を落としているだけだ」と。何度このようなことを聞いたことでしょうか。

私たちは相対主義について、政治的悪魔崇拝の霊的な思想についても話していました。國進兄さんは自由社会セミナーで小児性愛について取り上げました。そして先祖解怨式の後、それが爆発し始めたのです。スピリットクッキングのことや、ヒラリーが出産予定日直前でも赤ちゃんを殺すことを容認するという話が出たのです。巨大な大転換、革命が起きたのです。マクロ世界の外部のレベルだけではなく、内部の革命も起こりつつありました。摂理的な霊的エネルギーをマクロ世界につぎ込んでいるのです。なぜならすべてがほとんどパターンに従うからです。私たちが前進すれば、ドナルド・トランプが現れ、9・11のことを語れば9・11のことが現れ、ペンシルベニアが中心だと言えばそのようになります。ミクロとマイクロですべてが協調して起こるのです。

私たちは韓お母様の異端に対して立ち上がらなければなりませんでした。女性の指導者たちも没落しています。ヒラリー・クリントンは衰退しはじめています。メルケルも衰退しはじめています。韓国の大統領も衰退しつつあります。そしてアベル型の女性、神様を中心とした女性が生まれています。例えばマリーヌ・ル・ペンです。フランスのドナルド・トランプのような人物です。彼女はおそらく春に次の大統領になるでしょう。

私たちが進むにつれ、このように信じられないような歴史の類似性が起こります。姜夫人が前進すれば、アベル型のクリスチャンの女性がどんどん前進してきて神様の霊に触れ、「政治的な悪魔崇拝に対して立ち上がろう。このカルトを、グローバリズムに向かうこの列車を止めなければならない」と、言うようになります。

つづく

翻訳:BAMBOOS
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

2017年1月15日礼拝 文亨進師 【英語説教日本語訳】(その1)

Sanctuary Church Sunday Service  Jan. 15th  2017 on Vimeo.png

2017年1月15日礼拝 文亨進師 【英語説教日本語訳】(その1)

姜夫人をすぐにお呼びしたいと思いますが、彼女は毎日の放送にも参加しています。そのような神様の王国の愛国者が共におられることは、私たちにとって本当に大きな祝福です。

彼女は90歳ですがすべてを捨てなければなりませんでした。彼女は世界中の教会から尊敬と栄誉を受けており、文字通り世界の教会のマザー・テレサのような人物です。彼女は歴史上の人物であり、お父様の自叙伝にも出てくる人物で、お父様も文字通り統一教会の母と呼ばれました。彼女と一緒に過ごせることは本当に素晴らしいことであり、90代の彼女はお父様を思い出させてくれます。昨日も朝食、昼食、夕食と一緒に過ごしましたし、訓読会も毎朝やっています。

私たちは夕食後に聖歌を歌っていました。昼食の時もそうです。彼女は韓国で昔歌っていた古い讃美歌を歌ってくれました。彼女は素晴らしい歌声の持ち主です。彼女はとても愛らしい方で、私の子供たちは彼女のところに行ってみんなハグしたりキスしたりしています。それで私は、「姜さん、この若い男たちはみんなあなたにキスしていますよ」と言うのです(笑)。90歳の女性にはふさわしくありませんね(笑)。こんなふうに冗談を言ったりしています。

彼女は家族の一員、おばあさんなのです。それで彼らは、おばあさん、姜おばあさんと呼んでいます。そして彼女の部屋に毎日別のチームが泊まるようにしています。私たちはお父様が90代の時のことを見ていましたので、そのようなことを実践するのはとても重要であり、愛と心情を深めるのに重要なことなのです。今の子供たちは人々を尊敬することだけでなく世話をすることも学ぶことがありません。そのようなことを学ばないのでエピジェネティクスが働かず、自分たちもいつか年を取って、自分が年老いた家族をこのように扱えば、自分にもやがてそれが起こるのだということが分かりません。

お父様に2年間お仕えしましたが、それは本当にとても大きな祝福でした。 韓お母様はいつも私に、「あなたはどうしておじいさんみたいなことが好きなの」と、言っていました。なぜなら私が、お茶を飲んだり、座って瞑想したり、書道をしたり、アジアのひげを生やしたおじいさんがやるようなことをやっていたからです。

しかし、そこにはすべての世界があります。彼女が昔の学校の歌を歌うのを見て一緒に過ごし、彼女の情熱を実感します。彼女は90歳でもキリストに燃えており、神様に燃えているのです。それは本当に信じられないようなことです。彼女が歌っているのを見て、ただ大きく息をつきました。それを理解すれば彼女が歌っているその言葉には美しさがあるのです。「天国の門であなたを待つ」というような歌だったと思います。彼女の好きな曲の1つですね。私は聞いたことがなかったのですがとても素晴らしいものです。それはまるで時代を超えて過去にさかのぼらせてくれるようです。まるで2人しかいない昔の小さな段ボール小屋に座っているかのようです。もちろんそこからお父様は最終的に世界に基盤を広げました。姜夫人が一緒にいてくださるのは素晴らしい祝福です。

彼女に多くのことを話しました。年を取った方というのは本当に何が起きているのかを知りたいのです。彼らは何が起きているか話して欲しいのですが、(話しても)大差ないと言って誰も話しません。彼らも同じ人間ですから、あなたの生活で何が起きているのか、子供たちに何が起きているのか、すべてを詳細に知りたいと思っています。

金曜日にブルーストーン農場に行って豚をつぶしたのですが、信八が豚をやって他の子供たちも手伝いました。そのように金曜日にしたことを話したのです。それから平和警察、平和市民軍とブラジリアン柔術の訓練について話しました。妻や女性たちを参加させたことや・・・。彼女たちは弱そうに見えても死ぬほど危険です。どんどん危険になっています。それで姜夫人に「あなたも来ないといけない。そしてトレーニングを見て若者のエネルギーを受け取らなければなりません」と言うと、彼女は「オーケー、行きましょう」と言いました。その後、私が動画中継の時に運動のことや、ブラジリアン柔術のことも話すので、彼女は「私はもっと運動しなければなりません」と言ったのです。

私たちは彼女のためにパレスにリフトを設置していて、彼女はそれに乗り降りして使ってきました。彼女がリフトに乗るときはいつも「姜さん、飛んでいますよ」と言っていました。昨夜のことですが私たちが運動の話をしていると、彼女は運動しないといけないと言って階段を登ると言い出しました。そして昨日は階段の上まで上がったのです。彼女は聖霊に満たされてどんどん強くなっています。そして今夜も(リフトは)いらないと言って、杖だけでゆっくりと下まで降りたのでした。大きな拍手を送りましょう。彼女は若い人たちが訓練するのを見てやる気を起こし、エネルギーをもらって自分を押し出して挑戦したのです。

彼女を呼びましょう。素晴らしい祝福です。ステージに連れてきてあげてください。皆さん気づいていると思いますが、彼女は毎日の放送で聖書からみ言を語っています。彼女は毎日、聖句に基づいて教えているのです。初期の教会とはそのようなものだったのです。今はまったく聖書のことがわからない天使長に乗っ取られてしまっています。彼らはそのような文化全体を変えているのです。お父様は絶えず聖書のことを説教されておられました。しかし、様々な層でフィルターされてしまってまったくの異端になり、聖書の勉強が取り除かれてしまいました。

しかし、彼女を見て、実際の歴史を見るならば、彼女は最初の弟子たちの1人であり、彼女がソウル、釜山、大邱、大田、チョンジュ、といった韓国のすべての主要な都市で開拓伝道したのです。他に誰もいないときに彼女が開拓しました。彼女は「あなたは4年間良くやって来ました」と言います。なぜなら彼女は自分の人生で何度も開拓をしてきたので、それがどれほど大変なことが分かっているからです。彼女は本当に生きた伝説であり、神様の愛の生きた証です。彼女は一世の中の真の女性、真のキリストの花嫁の証です。私は、あなたは韓お母様ができなかったことを補っているのだと言いました。あなたは他の一世が、先輩食口も悔い改めて真のお父様の権威に帰ることができるようにそのための門を開いているのだ、と。それは非常に重要です。彼女は本当に教会のマザー・テレサなので、世界のメンバーに大きな影響を持っていました。それでは愛すべき姜夫人を迎えましょう。

<姜先生の説教>

(英語同時通訳からの翻訳)

4553.png
今日はイザヤ書の41章からお話しします。

「1:海沿いの国々よ、静かにして、わたしに聞け。もろもろの民よ、力を新たにし、近づいて語れ。われわれは共にさばきの座に近づこう。2:だれが東から人を起したか。彼はその行く所で勝利をもって迎えられ、もろもろの国を征服し、もろもろの王を足の下に踏みつけ、そのつるぎをもって彼らをちりのようにし、その弓をもって吹き去られる、わらのようにする。」

このイザヤによる預言はイザヤのときにも東から偉大な人物が出てくると予言していました。それで韓国では再臨主が韓国に現れるという予言をする人がたくさんいました。イザヤもこのような予言をしましたが、韓国のパク・トンギのグループも東から偉大な人物が来ると予言していました。それでお父様が私にどのようなことを語られたかと言いますと、この東方に新しい歴史を作る再臨のイエス様が来られるという内容は、歴史に記録される必要があるものだということでした。

それを語られたのは1954年のことで、世界基督教統一神霊協会という看板を掲げたときのことでした。そのときイルシムギョ(一心教?)というグループが作られ、彼らは社会や政治の活動を活発に行いイエス様は韓国に再臨されるのでその準備をしないといけないと言っていたのです。彼らは人々にイエス様がこの国に来られるのでこの知らせをすべての人に広めなければならないと言って、統一教会にも来たのです。彼らが来たのは世界基督教統一神霊協会の看板を掲げて数日後のことでした。

私たちも再臨のイエス様、再臨主は韓国に来られると言っていましたので彼らはとても喜びました。そしてお父様は彼らを教会に泊めて数日間食事をごちそうしました。その当時再臨主が韓国に来るなどと言っている人々は世界で他にいませんでした。しかし彼らは主が韓国に再臨されてそこにおられるのを見て大喜びしたのです。彼らの中のキム・ドサという人がお父様に会って、「この方は世界の文明や歴史についてすべて知り、聖書についても何でも知っているので、この人こそ再臨主に違いない」と言って証しをしたのです。この時というのが旧暦で1954年4月8日であり、それは仏教で仏陀の誕生日とされる日でした。

そしてその人々は仏陀誕生の祝祭を催していたのでお父様は私にその祭りに参加するように指示されたのでした。それから私たちは彼らのグループと統一教会との間で関係を構築しました。その祝祭の時にも私(姜先生)は「韓国人の使命」というタイトルでメッセージを発表しました。するとその宗教の代表者は非常に喜びました。そして、私たちが祝祭の時にお父様に対して準備する聖餐と同じような特別な食事を私(姜先生)にも準備してくれて、お父様と一緒に食事することができました。

彼らが主は韓国に再臨されると言うとき、自分たちの宗教の代表者が再臨主だと思っていました。彼らは喜び、お父様も喜んでおられるという雰囲気でした。そして韓国に再臨すると証しするもう一つのグループがありました。その後もその関係を維持してたくさんやり取りしていました。そしてその多くのメンバーが原理を聞き、これは神様から来たものであり、すばらしい真理であり、私たちが受けた導きも神様から来たものだと証ししたのです。

イエス様が韓国に再臨すると言っていたのはこのグループだけではありませんでした。祈りと精誠を熱心に捧げる多くの人やグループが、イエス様は韓国に再臨するという啓示を受けていたのです。そのような人がたくさん私達の礼拝に来て、統一教会が教えていることは素晴らしく、その教えは本当に神様のみ旨であり、神様の望みであり、神様が働いておられ、統一教会による霊的な摂理であると言っていました。

多くのクリスチャンが自分たちの参加していた宗派や教会から統一教会に転向しました。クリスチャンだけでなく、多くの仏教徒も寺に行くのをやめて統一教会に来るようになり、儒教の人々も、様々な宗教の人々が当時統一教会に来ました。

東から主が来られる、正義の人、真実の人が東から来られるとイザヤが証ししましたが、ここにいる皆さんはとても運の良い方たちです。なぜなら皆さんはその方に会うことができたからです。そしてその方と父と息子、父と娘の関係を築くことができたからです。皆さんがとても一生懸命働いてきたことを知っています。しかし今日、お父様の願いを果たすために、皆さんがより一層頑張って下さることをお願いいたします。なぜならそれによって今霊界におられるお父様が喜ぶことができるからです。ありがとうございました。

つづく

翻訳:BAMBOOS
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

「ひたすら拍手する人々」と「ひたすらメモする人々」―スターリン時代のソ連と現家庭連合の視覚的考察

有名な「寓話」だが、スターリンに対する拍手は延々鳴りやむことはなかったという。

その理由は最初に拍手をやめた人間は粛清の対象になるからだ。

そういう「都市伝説」が生まれるには相当の根拠がある。スターリンの粛清最盛期であった1937年から1938年までに、134万4923人が即決裁判で有罪に処され、半数強の68万1692人が死刑判決を受け、63万4820人が強制収容所や刑務所へ送られたという。拍手も命懸けだったのだ。

「ひたすら拍手する人々」

infcam%ef%bc%88%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%ab%e3%83%a0%ef%bc%89%e3%83%8f%e3%82%a4%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%b3%e6%98%a0%e5%83%8f%e7%b4%a0%e6%9d%90%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%96%e3%83%a9infcam%ef%bc%88%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%ab%e3%83%a0%ef%bc%89%e3%83%8f%e3%82%a4%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%b3%e6%98%a0%e5%83%8f%e7%b4%a0%e6%9d%90%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%96%e3%83%a9infcam%ef%bc%88%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%ab%e3%83%a0%ef%bc%89%e3%83%8f%e3%82%a4%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%b3%e6%98%a0%e5%83%8f%e7%b4%a0%e6%9d%90%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%96%e3%83%a9
「ひたすらメモを取る人々」

54%e3%81%8a%e6%80%92%e3%82%8a%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%82%8b%e3%81%8a%e6%af%8d%e6%a7%98%ef%bc%8810-12%ef%bc%89%ef%bd%9c%e3%80%80%e5%af%a9%e5%88%a4%e5%9b%9e%e9%81%bf%e3%83%97%e3%83%ad%e3%82%b8%e3%82%a7

彼らは長く真のお父様のそばにいた者たちだ。お父様のみ言の持つ重みと、空疎な韓オモニ語録の違いは誰よりもよく分かっているはず。しかしただひたすらに「独生女」に対する恭順姿勢をアピールする。

地位と生活をかけてメモを取る!

今は何があっても独生女、命!

ここにスターリン治世下の共産党員と現家庭連合の幹部の心情的共通点を見ることができる。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

2017年1月29日(日)「真のお父様のもとに戻る祝福式」のお知らせ

august-19-2016-news

真のお父様の権威のもとに戻る聖婚祝福式が1月29日午前10時(日本時間1月29日深夜12時)からペンシルバニア・サンクチュアリ教会で執り行われます。

tf

インターネットを通して参加を希望される方は必ず事前に祝福キットを準備して、祝福の登録を行ってください。

詳しくはお近くの日本サンクチュアリ協会救命ボート、本部公認サンクチュアリ支部組織、あるいはペンシルバニア本部に直接お問合せ下さい。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

韓お母様問題(その13) オモニの地上天国

1月10日アメリカ、NYで米国家庭連合の月次総会が開かれた。
そこで韓国の新年祝賀会から米国に戻ったばかりの米国家庭連合会長、M・バルコムは韓国で印象に残った思い出として次のような話をした。米家庭連合HPより

kako-qfynk62jc98mizig

オモニのHJ天苑についてのビジョンに対する喜びと興奮をどう伝えようかと笑顔で途方に暮れるマイク・バルコム

「ある日、朝食の後、真のお母様はHJ(孝情)天苑の周辺のドライブに皆を誘ってくださった。そしてお母さま自らがガイドとなってコーヒーハウスホテル文化センター博物館などを説明して回って下さった。この先数年かけてさらに開発を進め、様々な施設を建築する予定だ。

私はこの真のお母様のHJ天苑についてのビジョンに対する喜びと興奮をどのようにアメリカの食口に伝えればよいか、しばし途方に暮れた。

真のお母様は御自分のおられる場所に地上天国を築こうとしておられることを悟った。そしてこのことこそお母様の挑戦であり、すべての統一食口へのお母様のメッセージなのだ。つまり自分のいる場所にどんなことをしても天国を築くということである。」

管理人の感想:
独生女の地上天国とは半径5キロの圏内に収まる韓鶴子プロデュースのテーマパークだったのか。つまり韓鶴子ランド・・・

ハナクチャ・ランド=地上天国

ということらしい。これが本当にオモニのビジョンだというのなら、私がバルコム会長ならメンバーへの報告事項からはずしただろう。世界摂理という名目で献金する食口にあまりにも申し訳ないからだ。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

「救命ボート」更新。全国97か所になりました。

救命ボートの第20弾が発表されました。

unnamed.png

愛媛県 松山市

代表: 藤田 小百合
電話番号: 090-7783-2956
メールアドレス: little-lily.1961@docomo.ne.jp

東京都 八王子市

代表: 村上 賢治
電話番号: 070-6576-5096
メールアドレス: sagamidori1129@gmail.com

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

2017年1月8日 文亨進師 【英語説教日本語訳】(全文)

sanctuary-church-sunday-service-01-08-2017-youtube

2017年1月8日礼拝説教【英語説教日本語訳】

 

訓読会の伝統

 さて今日は皆さん、姜賢實夫人も同席される恵みもありますが、姜夫人は統一教会のマザーテレサです。姜夫人をそう表すのが最もふさわしいでしょう。夫人は(韓国での)最初の弟子であり、愛されたお弟子さんです。われわれの教会のマザーテレサと言っていいでしょう。

それに匹敵する尊敬と力を持っているのです。ヨーロッパ、西洋はもちろん特にアジアでは多くの尊敬を集めています。夫人はすべての女性の信仰の模範です。

いま(インターネット)中継を行っていますが、皆さんの忍耐に感謝します。でも初日から六日たちだいぶんと良くなったのではないでしょうか。まだはっきり言って駄目ですが、努力している最中です。技術チームは神経を使い過ぎて毛が抜け私のような頭になりそうです。(笑)毎日生中継しているとその都度いろいろなことが起こります。

世界中で一人でも多くの人が訓読会に参加できるように技術陣は日々改善を行っています。どうか後ろに控えている縁の下の力持ちである技術チームに拍手を送ってください。こうして毎日、中継していると神様が願う形になっていくことでしょう。私たちのやり方は「構え!狙え!撃て!」ではなく「構え!撃て!そして狙え!」です。(笑) amazon-com-ready-fire-aim-zero-to-100-million-in-no-time-flat-agora-series-9781119086857-michael-masterson-books

これは霊的問題です。なぜなら神様が構想しておられることの実現を多くの人々が待っているのです。完璧な準備に時間をかけていたら「構え!狙え、狙え、狙え・・・」となって撃てないままになるでしょう。神様が機会を与えられた時にそれを失えばおしまいです。「Ready,Fire,Aim(構え、撃て、狙え)」というタイトルの本があります。

私たちの(訓読会)中継もまさにそのように行なっています。2か月間構想を練ってきました。天一宮に入宮した今、皆が訓読会に参加できるようにして早朝5時の訓読会というお父様の伝統をみんなで守っていくことができるようにしたいと思いました。

Sunday Service   January 8  2017   Rev. Hyung Jin Moon   Unification Sanctuary  Newfoundland PA on Vimeo.png

韓国からの脱出

訓読会は家族総出で行っているので子供たちも毎朝4時に起きなければならなくなりました。そして4時から家族だけの訓読会をすまして、4時半になると皆がやって来てもう大騒ぎです。そして5時に生中継をはじめます。だから子供たちは通常の訓読会の最中にキングダム・レポートを聞くのに慣れてきました。2時間のレポートです。子供たちの政治に対する見方が鋭くなりました。家族の訓読会が4時になったせいで霊的な切れがより鋭くなりました。
ホーム・スクーリング(家庭学習)の一環として子供たちは昼にキングダム・レポートを見て、次の日の朝の家族の訓読会で私に報告します。そして私がお父様と王国全土に報告するのです。そういう風に子供たちはそれぞれの霊的武具を磨き研ぎ澄ませているというのです。

そして姜賢實夫人がこれまで2度、キングダム・レポートで話をされています。夫人は素晴らしい模範です。90才で自分のために用意された住居と財産を捨てて、月々わずかなお金を使うだけです。90才の高齢にもかかわらず他者の罵り憎しみといった迫害のストレスにさらされています。しかし夫人は昨年の2月13日までにお父様の権威のもとで祝福を受けました。それ以降は身を潜めていました。そしてこのあいだここにやって来ました。お父様が強く押し出したのです。

もう出てこなければなりません、私はこれ以上隠しませんと夫人に伝えました。その夜、夫人は退会届を書いたのです。それをここにも送ってくれました。それは公になりました。そうしながら次にすべきことを考えていたのです。神様は姜夫人が天一宮で私たちと共に暮らすようにして下さいました。

そして本来、韓オモニがしなければならなかったことをしてくれているのです。韓オモニこそ私が王国の報告、キングダム・レポートを行うのを助け一緒にしなければならなかったのです。姜賢實夫人が今オモニが成さなければならなかったこと、第一世代のエバがしなければならなかったことを代わりにしてくれています。

夫人がここに来るまでに大きな騒動がありました。「サンクチュアリが誘拐しようとしている」などといって家庭連合は警察に捜索願まで出しました。養子である息子は「そんなことをしたらもはや親子ではない」とまでいいました。夫人の電話を(GPS)で追跡もしました。

(指さして)そこにいる日本人の姉妹が実は姜夫人に偽りの祝福について警告し話をしてサンクチュアリの祝福に一年程前に導きました。

とにかくそういう事情で韓国を抜け出そうとしたのです。日本の姉妹は韓国南部に向かいました。姜夫人は清平から脱出しようとしましたが皆「どこに行くのですか」と蜂の巣をつついたような騒ぎだったと言います。とにかく姜夫人が荷造りを始めると「どちらに行かれるんですか、病院に行かれるのならいい病院にお連れしますよ」などといったそうです。

姜夫人は「友達に会いに行く」とかなんとか言ったと言います。そうしてソウルの南に至りました。それを家庭連合はGPSで探知しました。探知されていることに気づいた一行はソウル南部ですべての電子機器をそこにおいて再び出発しました。そうして空港に向かったのです。まんまと悪魔を出し抜いたわけです。まるでジェームズ・ボンドのスパイ映画さながらです。

こうして姜夫人は韓国を離れアメリカにやって来ました。医者は18時間のフライトは高齢者には危険すぎると言いました。それに対して姜夫人は「別に死んでもかまわない。私は行かなければならない」といいました。

これに対して(家庭連合は)夫人は老人ボケだ、いやアルツハイマーだなどとといっています。しかし人は愚かではありません。実際に夫人を自分の目で見たとき、夫人が説教をし、これまでの人生路程を語るのを聞くとき、夫人が極めて明晰であることを知るのです。

お父様が生存中から繰り返されたオモニの話にもならない異端発言

様々な迫害をうけながら90才の高齢にもかかわらずここまで来られたことに感謝します。多くの人が尊敬しているのです。霊の子、霊の孫も大勢いるのです。先ほどの日本の姉妹も霊の孫にあたります。指導者の中にも多くいます。姜夫人は大勢の食口の霊の母なので家庭連合ではパニックに陥っています。まさに私たちの教会のマザーテレサです。

キリストに対する忠誠は不変であり、26才で初めてボンネッコルでお父様に出会ったときに受けた召命に対する忠誠はいささかも変わりません。異端者によってすべてを失ったとしても変わらないというのです。家庭連合の連中はいま、恥を受け、さぞきまり悪い思いをしていることでしょう。

家庭連合が韓氏オモニの異端を隠せば隠すほど、より大きな集会を開いて異端の発言をするようになっています。昨年末12月25日の話を聞いたでしょう。20~30人集まった席で、私が3年前に聞いたのと同じ異端の内容を繰り返しました。

過去に真実を語ったのは私たちだけでした。皆、嘘をついていたのです。
それは歴史に記録されているのです。誰もその事実を変えることはできません。

「お父様は原罪をもって生まれたが、わたしは無原罪で生まれた」

取り巻きのお金だけがすべての頭のおかしい偽知性人たちが

「お母様、その通りです、その通りです。お母様は独生女に間違いありません・・・。ですが『お父様は原罪を持っていた』と言われるのは少し問題を生じると思います・・・」

と言いました。お父様がまだ生きておられるときにもオモニは同じことを言っていたのです。その時に私が言ったセリフと同じです、問題が生じますと。暖炉の前でお父様に面と向かって言ったこともあるのです。以前にもお話ししました。私はそれを何度も聞かされました。そのたびに私は―

「お母さま、そのようなことを言うとあなたの存在は無に帰してしまいます。世界中の祝福家庭も存在の意味を失います。巨大な詐欺行為ということになります。そのようなことはおっしゃるべきではありません」

これはお父様がまだ生きておられるときのことです。劉(正玉)氏がここに来て初めて公式行事に参加しました。そこで彼も言っていたのですが、劉氏自身も、まだお父様が生きておられるときにオモニがお父様は原罪を持って生まれたと発言するのを聞いたことがあると証言していました。

(12月25日の集会では)神学者にクレームをつけられてオモニはそれ以上「お父様の原罪」について話すのをやめました。その話を聞いた夜、私は妻にこう予言しました。

「オモニはもっと大きな集会を開いてそこでまたその話をするだろう」

するとどうですか。その翌日、家庭連合においてオモニが「お父様は原罪をもって生まれ、自分は無原罪で生まれた。無原罪の自分がお父様を救った」と発言したのです。三年前私がいった同じ話です。その話を聞いた人々は聞いた事実を認めたくありませんでした。事実と向き合おうとしなかったのです。そして私を「狂っている」「荒野の坊主が王子様ごっこをしている」などと中傷しました。どうとでも言いなさい。私は真実を話すだけです。

いまやその話が公になりました。それを隠蔽しようと画策した家庭詐欺連合は公文を出しました。

「お母様はお父様が原罪をもって生まれたとはおっしゃっていない。そのような話はデマだ。」

ところが公文が出た翌日に韓オモニは430家庭の婦人を集めてそこでこう発言したのです。

「私は独生女です。お父様は原罪をもって生まれたが、私は無原罪で生まれました。」

何と哀れで嘘に満ちた家庭連合であるかというのです。一つの嘘をいえばますます嘘を重ねる結果になるのです。そして現実に目覚める人がいまや群れを成しています。真実を述べる集団、それは(勝利した)カイン・アベル、相続者、後継者であるお父様の代身者、私たちだけが真実を語っているのです。

 ボンネッコルから天一国へ―姜賢實先生 

sunday-service-january-8-2017-rev-hyung-jin-moon-unification-sanctuary-newfoundlan345d-pa-on-vimeo

より多くの人が家庭連合から出てきています。姜賢實夫人が韓国を出たちょうどその日に
「自分も(サンクチュアリの)祝福を受ける」
と言いだす人も韓国にいました。
「姜夫人が二代王に従うなら私も従います」
というのです。

夫人が韓国を離れたその日に韓国の人々は
「あの『マザーテレサ』が!」「『マザーテレサ』が言うのなら信じることができる」
といいました。それほど影響力をもっているのです。もちろん(家庭連合)は夫人について様々なうわさを流しましたが無駄でした。姜夫人がお父様とお父様の勝利の遺業に対する傑出した信仰の持ち主であることは万人の認めるところなのです。堅固で決して揺るぎません。最も初期に前線で活躍した福音伝道師です。

夫人を迎えることは大きな恵みであり、間もなく二階に上がるリフトなどを用意して(天一宮で)共に暮らす予定です。訓読会の後に「聖霊」が登っていく様子を中継しましょうか。(笑)
エルダー夫人のノスクさん、シモナリさん、トモミさんの三人に拍手をお願いします。この三人が毎日、姜夫人のお世話をしています。

エルダー夫妻がリフトなどの準備ができるまで姜夫人を自宅で世話をしてくれます。かいがいしく世話をして下さる三名の女性に感謝します。姜夫人は貴重な人であり90才ですが「生きている限り福音について説教をしなければなりません」と私は言いました。夫人は笑っていました。「さもないと霊界に行ってしまいます」というと夫人は「お父様のようなことを言いますね」と言ってまた笑いました。若くあるためにも神様について説くべきです。

毎朝訓読会を共にして「聖霊の時」を私たちに与えて下さいます。朝のスペシャルK(姜)タイムです。今日も私は姜夫人にみ言をお願いしました。そのみ言は豊かで力と勇気に富んでいます。全霊界が夫人とともにあるかのようです。       

(訳注:スペシャルKはケロッグ社のシリアル食品)spk_vanillaalmond__34534.jpg

なぜなら韓オモニがしなければならなかったことを姜夫人が果たしているからです。キリストの体として一世のエバ型人物が果たさなければならなかった役割をいま果たしているのです。真のお父様と王権のために立ち上がった長老的人物です。天一国の真の愛国者です。

これから語ってもらいますが、ボンネッコル時代の初期時代の心情を私たちと共有して下さるでしょう。私はその当時のことを聞きたくてしょうがありません。覚えていることは何でもすべて教えてほしいのです。このような方が霊界にいかれると、神様が与えられた祝福と貴重な経験も地上から失われ忘れ去られてしまいます。歴史的記録としても貴重です。知っている限りのことを教えてもらいたいと思います。

ここ(ペンシルバニア)に来てから体も丈夫になられました。お父様と聖霊に感謝します。これまで4輪の補助を使っていたのですが今では杖で歩いています。証すればするほど神様が夫人を強めているのが分かります。肉体だけでなく心も鋭いのです。

皆さんも姜夫人のために祈ってください。彼女は教会の「マザーテレサ」です。多くの愛を与えて下さいます。歩いている姿を見ても、ただのおばあさんではありません。ボンネッコルの象徴です。皆さん、どうぞ拍手でお迎え下さい。

朝のスペシャルKです。ダンボール小屋から天一宮に来られた姜賢實夫人です!神の国、天一国の愛国者です!

ここから姜賢實先生の約40分間の講話が始まります。

姜賢實先生の講話(韓国語)の日本語訳は三代王権・サンクチュアリ教会、真の御父様に帰ろう!で出されています。→姜賢實先生のお話し

 

翻訳:管理人
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

真のお母様無原罪誕生論に関する公開質問状(日本サンクチュアリ協会)

日本サンクチュアリ協会は2017年1月12日付で家庭連合に対して以下の質問状を発送しました。

差出人として江利川安栄総会長を筆頭にサンクチュアリ協会の教会長、代表5人が名を連ねています。詳しくは日本サンクチュアリ協会公式サイトをご覧ください。


東京都渋谷区松涛1-1-2
全国祝福家庭総連合会 総会長  宋 龍天 殿
世界平和統一家庭連合 日本会長  徳野 英治 殿

 

真のお母様無原罪誕生論に関する公開質問状

 

2016年12月21日、姜賢実先生が米国ペンシルベニア、サンクチュアリ教会の文亨進様をお訪ねになりました。そして、食口に宛てて発表された同日付の手記に「よりお父様に近い、さらに近づこうとサンクチュアリ教会に行きます。私は年をとりましたが、私がサンクチュアリ教会に来ることは私の考えと意思で決定したことであり、神様のみ旨と真のお父様の勧めだと思われます。ゆえに私はペンシルベニアのサンクチュアリ教会に来ました。オモニ、お元気でいてくださり、霊界に行ってお会いしましょう」と記されました。

また、その手記には「生きて再臨主にお会いできたので、私は何でもできないことはない。『私は死にゆく身でもこの道を行かねばならず、死んでからもこの道を行きます』と誓って出てきた道です。お父様のみ言葉は本当に威力があり、私を統一原理に狂わせました。そんなある日、青天の霹靂のような話が聞こえてきました。オモニは『私は原罪が無く、腹中から、生まれた時から3代が清い純血で生まれたが、お父様は原罪をもって生まれた』といいました。いくら理解しようとしても理解できず、幾日も苦痛の中で身悶えしました。私の信仰的良心では受け入れることができませんでした」と記してあります。

姜賢実先生が家庭連合を出てサンクチュアリ教会に来られた理由は、真のお母様が「私は原罪が無く、腹中から、生まれた時から3代が清い純血で生まれたが、お父様は原罪をもって生まれた」といわれたことを、受け入れることができなかったからです。

真のお母様は「私は腹中から原罪がない」とおっしゃっていますが、これを「真のお母様無原罪誕生論」と呼ぶことにします。

そこで、宋龍天総会長と徳野英治日本会長のお二人に質問致します。

真のお母様は腹中から無原罪で誕生されたのですか。

ご回答は1月27日までに、以下のメールアドレス宛にお願い致します。

administrator@sanctuary-jp.org

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

「ボンネッコルから天一国へ―姜賢實先生」 2018年1月8日【英語説教日本語訳】(その4)

*姜賢實先生は文亨進二代王から「キリスト教伝道主席牧師」に任命されました。

「ボンネッコルから天一国へ―姜賢實先生」 2018年1月8日【英語説教日本語訳】(その4)

 
より多くの人が家庭連合から出てきています。姜賢實夫人が韓国を出たちょうどその日に
「自分も(サンクチュアリの)祝福を受ける」
と言いだす人も韓国にいました。
「姜夫人が二代王に従うなら私も従います」
というのです。

夫人が韓国を離れたその日に韓国の人々は
「あの『マザーテレサ』が!」「『マザーテレサ』が言うのなら信じることができる」
といいました。それほど影響力をもっているのです。もちろん(家庭連合)は夫人について様々なうわさを流しましたが無駄でした。姜夫人がお父様とお父様の勝利の遺業に対する傑出した信仰の持ち主であることは万人の認めるところなのです。堅固で決して揺るぎません。最も初期に前線で活躍した福音伝道師です。

夫人を迎えることは大きな恵みであり、間もなく二階に上がるリフトなどを用意して(天一宮で)共に暮らす予定です。訓読会の後に「聖霊」が登っていく様子を中継しましょうか。(笑)
エルダー夫人のノスクさん、シモナリさん、トモミさんの三人に拍手をお願いします。この三人が毎日、姜夫人のお世話をしています。

エルダー夫妻がリフトなどの準備ができるまで姜夫人を自宅で世話をしてくれます。かいがいしく世話をして下さる三名の女性に感謝します。姜夫人は貴重な人であり90才ですが「生きている限り福音について説教をしなければなりません」と私は言いました。夫人は笑っていました。「さもないと霊界に行ってしまいます」というと夫人は「お父様のようなことを言いますね」と言ってまた笑いました。若くあるためにも神様について説くべきです。

毎朝訓読会を共にして「聖霊の時」を私たちに与えて下さいます。朝のスペシャルK(姜)タイムです。今日も私は姜夫人にみ言をお願いしました。そのみ言は豊かで力と勇気に富んでいます。全霊界が夫人とともにあるかのようです。       

(訳注:スペシャルKはケロッグ社のシリアル食品)spk_vanillaalmond__34534.jpg

なぜなら韓オモニがしなければならなかったことを姜夫人が果たしているからです。キリストの体として一世のエバ型人物が果たさなければならなかった役割をいま果たしているのです。真のお父様と王権のために立ち上がった長老的人物です。天一国の真の愛国者です。

これから語ってもらいますが、ボンネッコル時代の初期時代の心情を私たちと共有して下さるでしょう。私はその当時のことを聞きたくてしょうがありません。覚えていることは何でもすべて教えてほしいのです。このような方が霊界にいかれると、神様が与えられた祝福と貴重な経験も地上から失われ忘れ去られてしまいます。歴史的記録としても貴重です。知っている限りのことを教えてもらいたいと思います。

ここ(ペンシルバニア)に来てから体も丈夫になられました。お父様と聖霊に感謝します。これまで4輪の補助を使っていたのですが今では杖で歩いています。証すればするほど神様が夫人を強めているのが分かります。肉体だけでなく心も鋭いのです。

皆さんも姜夫人のために祈ってください。彼女は教会の「マザーテレサ」です。多くの愛を与えて下さいます。歩いている姿を見ても、ただのおばあさんではありません。ボンネッコルの象徴です。皆さん、どうぞ拍手でお迎え下さい。

朝のスペシャルKです。ダンボール小屋から天一宮に来られた姜賢實夫人です!神の国、天一国の愛国者です!
 
翻訳:管理人
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

お父様の生存中から繰り返されたオモニの話にもならない異端発言「アボジは原罪をもって生まれた」1月8日説教から【英語説教日本語訳】(その3)

sunday-service-january-8-2017-rev-hyung-jin-moon-unification-sanctuary-newfoundland-pa-on-vimeo

お父様が生存中から繰り返されたオモニの話にもならない異端発言「アボジは原罪をもって生まれた」1月8日説教から【英語説教日本語訳】(その3)

様々な迫害をうけながら90才の高齢にもかかわらずここまで来られたことに感謝します。多くの人が尊敬しているのです。霊の子、霊の孫も大勢いるのです。先ほどの日本の姉妹も霊の孫にあたります。指導者の中にも多くいます。姜夫人は大勢の食口の霊の母なので家庭連合ではパニックに陥っています。まさに私たちの教会のマザーテレサです。

キリストに対する忠誠は不変であり、26才で初めてボンネッコルでお父様に出会ったときに受けた召命に対する忠誠はいささかも変わりません。異端者によってすべてを失ったとしても変わらないというのです。家庭連合の連中はいま、恥を受け、さぞきまり悪い思いをしていることでしょう。

家庭連合が韓氏オモニの異端を隠せば隠すほど、より大きな集会を開いて異端の発言をするようになっています。昨年末12月25日の話を聞いたでしょう。20~30人集まった席で、私が3年前に聞いたのと同じ異端の内容を繰り返しました。

過去に真実を語ったのは私たちだけでした。皆、嘘をついていたのです。
それは歴史に記録されているのです。誰もその事実を変えることはできません。

「お父様は原罪をもって生まれたが、わたしは無原罪で生まれた」

取り巻きのお金だけがすべての頭のおかしい偽知性人たちが

「お母様、その通りです、その通りです。お母様は独生女に間違いありません・・・。ですが『お父様は原罪を持っていた』と言われるのは少し問題を生じると思います・・・」

と言いました。お父様がまだ生きておられるときにもオモニは同じことを言っていたのです。その時に私が言ったセリフと同じです、問題が生じますと。暖炉の前でお父様に面と向かって言ったこともあるのです。以前にもお話ししました。私はそれを何度も聞かされました。そのたびに私は―

「お母さま、そのようなことを言うとあなたの存在は無に帰してしまいます。世界中の祝福家庭も存在の意味を失います。巨大な詐欺行為ということになります。そのようなことはおっしゃるべきではありません」

これはお父様がまだ生きておられるときのことです。劉(正玉)氏がここに来て初めて公式行事に参加しました。そこで彼も言っていたのですが、劉氏自身も、まだお父様が生きておられるときにオモニがお父様は原罪を持って生まれたと発言するのを聞いたことがあると証言していました。

(12月25日の集会では)神学者にクレームをつけられてオモニはそれ以上「お父様の原罪」について話すのをやめました。その話を聞いた夜、私は妻にこう予言しました。

「オモニはもっと大きな集会を開いてそこでまたその話をするだろう」

するとどうですか。その翌日、家庭連合においてオモニが「お父様は原罪をもって生まれ、自分は無原罪で生まれた。無原罪の自分がお父様を救った」と発言したのです。三年前私がいった同じ話です。その話を聞いた人々は聞いた事実を認めたくありませんでした。事実と向き合おうとしなかったのです。そして私を「狂っている」「荒野の坊主が王子様ごっこをしている」などと中傷しました。どうとでも言いなさい。私は真実を話すだけです。

いまやその話が公になりました。それを隠蔽しようと画策した家庭詐欺連合は公文を出しました。

「お母様はお父様が原罪をもって生まれたとはおっしゃっていない。そのような話はデマだ。」

ところが公文が出た翌日に韓オモニは430家庭の婦人を集めてそこでこう発言したのです。

「私は独生女です。お父様は原罪をもって生まれたが、私は無原罪で生まれました。」

何と哀れで嘘に満ちた家庭連合であるかというのです。一つの嘘をいえばますます嘘を重ねる結果になるのです。そして現実に目覚める人がいまや群れを成しています。真実を述べる集団、それは(勝利した)カイン・アベル、相続者、後継者であるお父様の代身者、私たちだけが真実を語っているのです。

翻訳:管理人
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村