「今の国連はサタンの下の一つの世界をつくっている」-国進ニム5月27日質疑応答から(その5)

VimeoUnification Sanctuary (1).png

自分の子供の中で誰が財産を受け継ぎ運営していくのに最適か、ということだけが問題ではありません。どの子が自分の神の国のビジョンを最高に継承してくれるか、これが問題です。こうした相続に関する問題は皆さんの問題なのです。このコミュニティの試練でもある。自分の価値観、夢、熱意を次の世代に託すことができるのか。これは必ずしもうまくいくとは限りません。自分の世代のように。どうやって同じ熱意を子供に伝えますか。それがコミュニティの本当の試験です。「主権」をもつコミュニティだけが世代を超えて自分たちの信念を実践し、夢を追い続けることができます。その人々こそが神の国、神の王国を建設できるのです。これが深刻な試練であり、真のチャレンジなのです。私たちのコミュニティにとって。地上に神の国を建設しようというのなら。

ジョン、何かありますか?

(ジョン)

黙示録の中で「もはや悲しみもなく、苦痛も死もない・・・」とありますが、その前提として皆が、善の道を選ばなければならないということでしょうか。

(国進ニム)
全体として見ればそう言えるでしょう。神の国では全体としてそうなるでしょう。ほとんどの場合、95%、99%の人々は幸せでしょう。しかし、1%から2、3%の人は精神異常者であり、大して幸せだとは思わないでしょう。その人々を処罰しなければ社会全体として幸福とは言えないでしょう。だからその聖句は、全体として見たときの様子でしょう。全般的な幸福度ということです。

他にありますか?

ギデオン。

(ギデオン)

リバタリアンとしてこの質問をかねてからしたいと思っていました。一時間くらい頭から離れませんでした。私の信念に反することもあり、理屈に合いませんが、でも聞かなければと思いお尋ねします。「最低所得保障」についてどうお考えですか?

(国進ニム)

最低所得保障というのはミルトン・フリードマン(ノーベル賞経済学者)が提唱した考えです。負の所得税という概念です。経済学的観点からいうなら、負の所得税というのは、自分の所得があるレベルを割って下がった時、政府がその分を補償するというものです。この議論は、経済学の観点から出されたものです。負の移転、つまり最小の原因は経済へあたえる弊害も最小にするという考え方です。
最低所得保障について、私個人の考え方は・・・この社会の大きな組織から、もっと分権的な在り方への移行を求めている私たちからいわせれば、慈善も個人のレベルで行うという・・・この社会の移行において、現状から、希望する社会までの移行のプログラム、行程表が要るでしょう。そういう見方をすれば、最低所得保障も移行期の政策としては在り得るでしょう。それが最終的解決法だとは思いません。問題は、政府を使って所得の移転を行なうとき、それは基本的に、力と強制力を用いて富を奪うことになります。

国家の思想的基盤に不確かな要素が生じます。その国家は堕落したことになります。ひとたび、国の基盤が崩れたら、その国が自由の国であり続ける保証がありません。「強制」という滑りやすいなだらかな坂道を転がりだしたら、その傾向が強まるのに時間はかかりません。この議論を始めることの問題はここにあります。ひとたびそれを認めると自由の論陣をはることができない。

そのよい例を、アメリカの「銃所持の権利の運動」にみることができます。「銃所持の権利」を追求することにおいて彼らは1インチたりとも譲りません。いかなる妥協案、どんな小さな妥協案にも首を縦に振りません。むしろ銃所持のより大きな自由を求めています。
だから最低所得保障にも、今よりましな政策だという人もいるでしょうが、確かにその面はあります、しかしわれわれのゴールにはなり得ません。なぜなら、その解決法をもとめるなら、自由を失うからです。

(ジョン)

私はお父様が、後継者と勝利したカイン・アベルを通して働いて下さるので大変楽観しています。私は歴史が好きなのですが、アメリカ合衆国憲法について、多くの懐疑論があります。反連邦主義者は制定当時から憲法に懐疑的です。パトリック・ヘンリーはフィラデルフィアの憲法制定会議に招待されましたが「何かうさん臭いから自分は行かない」と言って拒否しました。ハミルトン(初代財務長官)とその仲間が重商主義に反対しました。私は、合衆国憲法を信じ切ることができません。多くの人が、自由のアメリカという実験を駄目にした人がリンカーンだといっています。ジェファソン流民主主義を駄目にして、自由・自主の連邦を殺してしまいました。

(国進ニム)

アメリカ合衆国憲法のオリジナルでは、連邦政府だけではなくジェファソンと大きく妥協して人権宣言をともに盛り込みました。それによって政府が個人の人権、自然権を侵すことが難しくなりました。その均衡と抑制は政治的にはよくできたものでした。権限を限定した連邦制を認める憲法をもつことの大きな利点は、他の人と取引をするときに、より多くの人にアクセスできることです。莫大な人口をもつことになります。自由な組織を人々の間で作ることができます。その多くの人々と自由に交わること、売り買いすること、これが大きな富を生むのです。それを過去に巻き戻して憲法以前の状態にしたところで、それは13植民地による連合規約にもどるだけです。相互間の交流という恩恵を受けることができません。そこでは州が主権の本体ですから。自分の州を守る地域内での商業です。

(ジョン)
憲法が経済的自由を拡大したのですか?

(国進ニム)

憲法によって経済圏が拡大しました。そこで人々は自由に取引できます。これがお父様が国連について話された内容の核心です。お父様は今の国連は問題だと言われました。なぜならカイン型だから。だから合衆国憲法のように自然権に基づく人権、良心の自由、自衛の自由を認めるアベル型の国連をつくれば、そういう性質の国家の連合ができるなら、さらに拡大した相互交流、相互協調、将来に向けた繁栄の社会が生まれるでしょう。今の国連はそうなっていません。国連はサタンの下の一つの世界をつくっています。一つの地獄です。独裁的支配の下で。しかし憲法の本来の精神を世界レベルにまで拡大するなら、我々にとっても恵みでしょう。だから皆さんがなすべきことは合衆国憲法をもって世界各国の文化を変革させることです。合衆国憲法に賛同できるところまで。そうすると長成期完成級の理想世界がもたらされます。

International Leadership Seminar 5 27 2017 YouTube

アメリカ帝国の大きな問題は、アメリカ帝国になっているということではなく、アメリカの自由とアメリカの原理が、アメリカ帝国全体に広がっていないということです。アメリカの原理がアメリカ帝国全体に拡大していないということです。

(ジョン)
帝国はもっぱら、共和党、特にリンカーンがつくりました。リンカーンと(セオドア)ルーズベルトによって。

(国進ニム)
帝国は中央銀行によって支えられてきました。古い権力集中型の帝国によって。

(ジョン)
推測ですが、ルーズベルトやウィルソンによって・・・

(国進ニム)
それ以前から大銀行や、国際銀行が支援していました。大英帝国が崩壊した後、帝国を運営してきた人々やインフラは、アメリカ帝国に吸収されました。だから大英帝国はアメリカ帝国になったのです。

(ジョン)
第二次大戦の頃ですか?

(国進ニム)

そうですね第二次世界大戦後、大英帝国が戦争の出費で自分を支えられなくなってからです。しかし多くの情報機関とそこの人間は、アメリカ情報機関や軍に吸収されました。
ナチもそうです。

(CIAの基礎に?)

(国進ニム)

そうです。アメリカ戦略諜報局(1942-45)の人間がそうです。イギリスのお金、銀行でできたのです。・・・それが憲法の大きな問題です。憲法修正プロセスが、均衡と抑制を弱め、個人の自由が損なわれました。その中でも大きな問題は、上院議員が直接選挙になったことです。本来それは連邦と州の均衡と抑制の問題でした。上院議員は各州でどう選ぶか決められていたのです。各州は議会で選出したのです。だから州政府が上院議員に対して管轄していました。しかし上院議員の選挙の方法が変わってから、州政府は上院議員に対する権限をなくしました。修正18条でそうなったのです。

(質問)

聖書に関して一つ質問があります。聖霊は・・・聖書における聖霊は、いつも男性格ですが、私たちはそれは「お母さま」のことだと教えられてきました。

(国進ニム)
それは異端です。原理ははっきりと神について、本性相と本形状からなっていると書いています。それが神様の属性です。その次に対象的属性として、男性と女性があります。陰と陽です。神様の主要な属性は内的属性であることを知るならば、それをわれわれは父と呼んでいるのです。神様の男性格と女性格は、陰、陽の属性で表すことができます。だから神様を父なる神、聖霊(Holy Ghost)と呼ぶのです。これは全く自明のことです。

(ギデオン)

リバタリアニズムを学んで理解したことは、政府が結婚に関与するのは良くないということです。離婚には政府は関わります。財産の半分を失うのです。天一国憲法で気づいたことは、お父様は御自分の言葉で…もし間違っていたら訂正してください…「政府は男女間の結婚を、自分たちの利益になる限りは保護する」。私がこのみ言葉を聞いたとき少し混乱しました。それはリバタリアニズムを学んでいた背景があったからです。そこでは、もし政府が便宜を与えることになるなら・・・

(国進ニム)

天一国憲法を注意深く読みましたか?
 
(ギデオン)

私は全部理解できたとは言えません。

(国進ニム)

政府が結婚に特典を与えるとき、政府の本当のメッセージは何だと思いますか?
 
(ギデオン)
税金です。

(国進ニム)

何の税?

(ギデオン)

天一国憲法から判断すると、消費税ですか

(国進ニム)
連邦所得税ですね。結婚につける特典は。

(ギデオン)

これまでのアメリカの話ですか?

(国進ニム)
天一国憲法では所得税ですか。

(ギデオン)
いいえ

(国進ニム)

ではどうやって政府は結婚に特典を与えますか。

(ギデオン)
天一国憲法には結婚に対する特典は書いていません。

(国進ニム)
そこが重要なのです。

(ギデオン)

ああ。わかりました。

(国進ニム)
行間まで読んで、憲法の構成まで理解するなら、基本的に答えはそこから得られますね。

(ギデオン)
わかりました。ありがとうございます。

(国進ニム)

だから憲法を読むとき、文字を追っているだけかもしれませんが、いかに実践されるのかを考える必要があります。行間を読むところまで行くなら、そういった規則がどうなっているか理解できるでしょう。憲法をつくるときそこが核心です。規則をつくるとき明らかに予期しない結果が起こるときがあります。活字からは見えないが、自然な原因から生じる自然な結果です。

翻訳:管理人
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

「自分のものでない相続を力ずくで奪う-それは社会主義のエッセンス」 国進ニム5月27日質疑応答から(その4)

いつだってその要素はあるのです、どの子が親の与えた価値を理解しているのか見極めることです。これがチャレンジであり、神様の王国が失われた理由でもあるのです。この難題の前に、人は親として、この選択はしたくないと、どうせなら平等に分けてしまおうというのです。
でもいいですか、平等に分けようと決めることもある選択なのです。どちらにころんでも選ばなければならないのです。自分の血統と主権を創設することもできるし、子供たちの主権を破壊することもできるのです。

ここにいる人たちも、子供たちがその決定を聞いて「不公平だ!」というのを聞くのは嫌でしょう。「不公平だ」という、言葉は何を意味するのでしょう。その発想の基礎にはなにがありますか。サタン
の王国です。あなたの子供が「あまりにも、不公平だ!」というのは、本音は「力を行使してもその決定をくつがえす。自分も分け前にあずかれるはずだ!」ということです。

それは社会主義の基盤ではないですか。「そちらが自分にくれないなら、どうであろうと自分から奪う」というものです。子供の一人がそういうことを言い出したら、何とこたえますか?「主権」からでる言葉は決まっています。「駄目だ。力ずくで奪おうというなら、お前を討つ」。「自衛手段も持っている、自分の資産は守り抜く」。だから「主権者」として強くならなければならない。自分の王国を守る手段と意志をもたねばなりません。ここで最初に戻ります。自由意志と、言論の自由と、信教の自由から出発しました。それらの自由をもっているなら、そして「主権者」だというのなら、「自由」は自動的に次に必要なものを。自由があるというなら、あなたの家も富など自分が築いたものは、むざむざ他のものに奪われてはなりません。それが自分を守る自由だというのです。だからすべてつながっているのです。何世紀も人類が見つめてきたその、本来の権利、神様の贈り物と言ってもいい-それは聞くに心地よいから、あるいは銃をただ所有したいから、誰かがつくりだしたものではありません。それらはひとまとまりの権利です。ほかのどの権利が欠けても基本的な良心の権利を維持することができません。

国に、守りを委ねると、国に自分の所有を引き渡さなければなりません。そして信仰の自由も言論の自由も良心の自由も失います。自分の持物も失うのです。ひとたび、国が守ってくれるようになれば、自分の物を守る手段を失います。国がやって来て、所有物を求めるからです。その時、国になんといいますか。何も言い返すことができません。自分を守る術をもたないからです。

これは革命的原理です。それは聖書的経済学とよべるものです。イエス・キリストの経済学です。再臨主の経済学です。その経済原理はすなわち「自分が汗して稼いだものは自分が所有する」という原理です。自分が苦労して得たものは、自分が保管する、ということ。

ここで問題が生じます。自分がとても生産的で、たくさん稼ぎ、たくさん蓄えたとします。他の誰よりも豊かになったとすると、怠け者のぐうたらたちがやって来て、「あなたは沢山持っているが、我々は持っていない」という。そのとき、銃を持っていなければ、その者たちはやすやすと奪っていくでしょう。

聖書的原理・・・労働の自由、労働で得たものを自分の物にする自由、そしてそれを守る自由は聖書的原理です。そして人を殺す聖書的権利をもっているということです。私が勝手に言い出したことではありません、すべて関連しあっているのです。

これが難しいのです。生涯かけて成功を収め、資産を蓄えたとしても・・・それは霊的資産でも物的資産でも構いません。これを次の世代に引き渡すことに失敗すると、あなたの遺業は消えてなくなります。

お父様をご覧なさい。多くの霊的富をもっておられます。統一運動の歴史を通して、お父様を愛して、ついてきたすべての人々。お父様の資産は、外的なものだけではありません。人々のお父様への愛と、名声があります。政府の公職についていた人は大勢、そのような富をもっています。政治家は、知名度をもっています。だからその子供が選挙に出やすいのです。つまり親の政治的遺産をもっているのです。

神様の王国は、主権の王国です。政治的王朝にとどまらず、経済の王朝でもあります。われわれは多くの中産階級の王朝をもたなければならない‐これが問題です。しかしそれは現在の法律では不可能です。神様の王国を語るとき、それは無数の人々の主権を語るのと同じことです。基本原理としてその国は、憲法に規定される基本的権利の上に建てられるものですが、それがどう法律で具体化するかが問題です。

憲法とそれに基づく立法が、大きな独占を防ぐように運営されるなら、中産階級の花咲く社会が生まれるでしょう。中産階級が、次世代に丸々相続させることのできる社会が生まれるなら、世代を超えた中流階級が定着します。相対的に層の厚い中流階級が、世代を超えて続くでしょう。地上天国をいうとき、そのことを語っているのです。王国と国民という場合、一部の貴族階級の相続権だけではなく、国民の30%が同じように相続させることのできる社会を語っているのです。

どのようなタイプの社会でも、自由競争の障害物をすべて取り払うなら、規制や官僚主義を排除するなら、ビジネスや資源の所有者が、たいてい国民の30%を占めるようになります。零細企業から中小企業、大企業に至るまでの経営者の割合がそうなるというのです。まだ労働力になるまえの未成年の世代、退職して一線から引退した世代、それらを除いて、最大30%の人口がそうなるのです。すべての人が所有権を有する社会、つまり30%の人口が何らかの事業を行う社会と独裁者の君臨する社会つまり1人がすべてを所有する社会、この幅があります。

神の国を実践的な面から語るなら、私たちがそのためにしようとしていることは、事業主の数を最大にするような法制度をつくることです。そのことを目指して天一国憲法は設計されています。

明らかにトランプはその方向に動いています。われわれが天一国憲法を学ぶとき、つまり神の国について話をするとき、神の国というのはどこか遠くにあって、歴史を通して狂信者たちが夢に描いてきた、ただの思想ではありません。そうではなく、神の国は実際に建設され得るものです。それは法律、政治、経済、社会の構造を理解することを通して。現実に建設可能な、実際に存在する王国です。その王国はモデルをつくり、その社会の人々にどういう影響を与える社会になるか予測可能です。それはどこか遠くにある架空の、観念的な実現不能なものではありません。今日のわれわれが完全に実現可能なものなのです。その意志があるならば。そこを理解すること、区別することが重要です。

神様の王国は既に存在します。ただそれを建国しなければなりません。神の国はシンプルなものです。神の国についてのお父様の教えは、その「良心」に関するものです。その自由意志であり、幸福追求、その幸福は創造主に対する愛の中にあります。

しかしこれらの単純な言葉、単純な考えの背後には根源的で深遠な、社会構成の有機的分岐がなければなりません。自由意志と良心と主権と相続の原理に従って生きるならば、それはこれまでと全く異なる社会ができます。社会のあらゆる面において。経済や法律、政治、軍事の構造において。その核心的システムにおいて。この変化について考え始める必要があります。

この孤立した、信仰の厚い宗教的コミュニティを、いかにして現実の国家にしていくのか。神様の御心の国にするのか。それが問題です。どうやって建設するのか。われわれはそれを考えなければなりません。

私たちの考え方も変えていかなければなりません。キリスト教がお父様を見捨てた後、荒野路程を行かなければならない宗教組織として軍隊のような組織にならざるを得ませんでした。特別な軍隊です。たとえば精鋭部隊になるための規則は非常に厳格で、そこに求められる基準はとても高いものを要求されます。それに対して一般の軍隊、部隊においては清英軍に比べて低いし難しくもありません、もちろん軍としては厳格ですが。

そういう特殊部隊と通常部隊から、一般市民レベルに話を移すとき、軍隊のような組織の在り方が必要ですか。高い低いという基準が必要ですか?

だから今は、われわれが社会でどう生きるか、法律や政府をつくって神様の御旨についての理解をそこに投入し、(軍隊ではない)一般市民社会にどう適用するのか。

マイクをまわしてください。

(質問者)

以前、この問題を話したときに質問として出たことですが、この小さなコミュニティの物流(経済)の問題について、互いにどうかかわるべきかを尋ねました。地上天国の礎石となるためにそうすべきかという質問に、あなたは釣り(漁)、農場を学びなさい、自給自を身につけなさい、とおっしゃいました。

(国進様)

それについては今も言っていますよ。自給自足であって、釣りや農業で一家を養えるようにしておく、それも労働の結果を自分の物にする方法です。蓄積した財をいかに相続させるか、いかに自分の仕事、生命を次世代に継承するか、それが主権者として大きな問題であるといっているのです。あなたの仕事や生活は必ずしも物質的なものだけとは限りません。あなたの仕事、生活、それに神の国の追求もその一つなのです。

翻訳・字幕:管理人
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

【字幕映像追加】9月23日以降、家庭連合の救いはなくなるのか-5月26日質疑応答から

在韓日本人女性が、韓国語で次のような質問をした。
「(天の大いなるしるしが現れる)9月23日以降は、家庭連合の食口に対する救いが無くなると二代王はおっしゃったと聞くが、本当ですか」

それについて質問内容を英語で説明されながら答えられる。

(二代王)
彼女の質問は(今年の)9月23日に大きなことが起こり、その後は家庭連合のメンバーたちの救いはなくなる、という内容を二代王の話として聞いたのですが・・・というものです。彼女がどこでそういう話を聞いたのか知りませんが、そのようなことを言った覚えがない、と私は答えました。9月23日はヨハネの黙示録12章で予言された「天の印」が現れるときです。

「一人の女が身に太陽をまとい、月を足の下にし、頭には十二の星の冠をかぶっていた。 1その女は身ごもっていた」というものです。黙示録ではそれが艱難の中間点だということです。これについてすでに話をしたのですが、艱難の中間点では何かが起こるでしょう。家庭連合にもはや9月23日を超えると、救いが無くなるのでは、という彼女の問いに答えるなら、私はそのようなことを話していないということです。

人々には悔い改める余地が残されています。しかし悔い改めたとしても堕落人間として戻ってくるのです。だから神の血統に再びつながるための条件を立てなければなりません。家庭連合の一般の食口が悔い改めて戻るとき、お父様が血統転換のために定めた条件、祝福式、三日儀式、蕩減棒摂理、40日聖別期間がすべて必要です。しかし、家庭連合の公職者が戻るとなると話は違います。これらの条件をすべてやらなければならないのは同じですが、しかし、各々の犯罪のレベルに応じて、天一国の法律で裁かれなければなりません。なぜならその者たちは、反逆に加担し、天一国に対して反政府的扇動を行ったからです。公職者は積極的に韓氏オモニを支援して、プロバガンダを展開し、金銭をかすめ取り、一般食口を道連れにして、神の王国から道を外れたのです。クーデターに参加し、国家反逆罪を犯し、執拗に扇動をおこなってきました。よって、法で裁かれるべきです。実体の天一国が創建されるとき、公職者は、法の裁きを受けるのです。もちろん裁判所からの呼び出し、証拠の提出などの手続きを経るでしょう。その時点で解決されるのです。

それに対して一般食口は、そこに加担せず、略奪階層にも属していません。組織から金を受け取る連中です。しかしそうであったとしても、彼らに追随しました。ヒトラーにつき従った愚かなナチス党員と同じです。自分達の「愚かさ」ゆえにそうしたのです。「鈍感」で「馬鹿」であったから、韓氏オモニと共に堕落し、神の血統を失い、サタンの血統に戻り、韓氏オモニの異端と堕落の血統を継ぐことになったのです。悔い改めて戻るとき一切の地位も特権もありません。ただ悔い改めの態度だけで戻らなければなりません。そしてお父様が用意された条件を立てて、再度、血統転換するのです。しかし一般食口は天一国の祝福に招かれ得るでしょう。ただ彼らは、シープルであり、上から来る命令に盲目的に無条件で従う者たちなのです。社会的に戦略的に。指導者達に煽られ流されたのです。だから罪は相対的に小さいかもしれませんが、しかし彼らも自由意志でそれを選んだのです。まあしかし、公職者の幹部たちのような反逆と扇動の行為からは免れました。ここに違いがあります。クーデターを助け、その一部だった連中です。必ずしもそこまで(一般食口)は関与していないでしょう。

聖書では艱難の期間の中間でキリスト教徒に対して大きな迫害が来るとあります。もうそれが始まっているのです。キングズレポートでも話しましたが、「ファー・クライ5(far cry 5)」というビデオゲームが登場しました。そのゲームの中の悪党テロリストとして、アメリカの聖書を信じるキリスト教徒の銃所持者が描かれているのです。モンタナ州が舞台です。

政治的サタン主義者がプロパガンダを開始しました。そしてっ聖書を信じるキリスト教徒、修正2項に従い銃を所持する者たちを怪物として描いているのです。ゲームでは白人ですが、全キリスト教徒が対象です。

ここで一年以上、警告してきました。どんどん悪くなり、迫害は激しくなると。主流左翼が押し進めています。政治サタン主義者がしきりに左翼を押しているのです。主流派が行っているので状況は悪化します。キリスト教と神様、キリスト教的倫理観への全面攻撃です。

イスラムも同じ宗教だ、イスラムの方がよりより文明をつくると言いながら、キリスト教を相対化しています。こういうことがますます勢いを増すでしょう。主流になることでしょう。ソロスなどの悪党が、資金を提供して7月にはアメリカ国内で内戦を起そうとしているのです。ますますエスカレートする状況を目にしています。暴力に訴えることを呼びかけています。左翼は内戦のボタンを押そうとしています。それは神様と神側のトランプ大統領が小児愛者に対して攻撃を仕掛けているからです。トランプは4か月間に3千人もの小児性愛者を検挙しました。

トランプは小児性愛者ではなく、子供を犯し殺してその肉を喰らう、ネットワークの一員でないことが分かります。サタンのカルトに属していません。全国の警察が捕まえた3千人の小児性愛者たちは小児性愛のすべての根源がワシントンDCからきていることを知っているのです、それは民主党です。共和党なりすまし、とブッシュとつながりをもつ者です。お父様はブッシュに言いました「あなたはサタン世界の王だ。レバレント・ムーンの言うことを聞かなければならない。そうしなければ滅びる。」と。

これが現実の理由です。
「トランプを殺せ」を連呼し、今、内戦を起さなければ、トランプとキリスト教精神、子供と貧しい者たち、寡婦を守るキリスト教に、小児性愛ネットワークは破壊される・・・。悪魔はそれを知り、トランプに戦争を仕掛けているのです。このようにキリスト教に対する迫害は厳しくなるのです。トランプがサウジアラビアを訪問した翌日に「イスラムテロを支援しろ、さもなくば、お前は敵だ」というプレッシャーをかけたのです。翌日に(イギリス)マンチェスターで自爆テロです。無垢の子供も殺しました。左翼の仕業です。人々が望むように安定化に向かっていません。ますます悪化しています。一年にわたってこの話をしてきました。良くなる前に、悪化します。一種の浄化です。神様は天国を力づくで取り戻そうとはなさいません。屈服することで救いがあるからです。

韓氏オモニはそのサタンの血統をもって神様と王権と王の前に、屈服しようとはしませんでした。オモニは神の国を基盤を盗み取りました。しかし最も重要な核を奪うことはできませんでした。それは王様と王権です。これは盗むことができません、なぜならオモニのものではないからです。これらはすべて神様が神の王国を全世界規模で復帰しようとされる御計画のプロセスです。

サタンが神の王国から奪ったものを取り戻そうとされるのです。聖書は「天国は激しく襲われている。そして激しく襲う者たちがそれを奪い取っている」といっています。あなたの秤で、終わりの日に秤とられるのです。

力で奪い取った怪物たちは、終わりの時にはそれが自分にかえってくるのです。悪魔の王国は同じ力で奪われるでしょう。良くなる前に悪くなるでしょう、しかし、それは神様の王国を実体で迎えるための必要な過程なのです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

5月26日王様の質疑応答から-「第4アダム」の神学

(質問者)
今朝お父様の「第4アダム」についてのみ言を訓読しました。
それについて詳しく教えてくださればと思います。

(二代王)
確かにお父様は一時期、第4アダムについてよく語られました。特に郭グループはプレストン(顕進ニム)がそれだとか言って、大いに普及させました。なぜなら、彼らはお父様が王冠をかぶせた王権を否定したからです。二大陸で3度行われた歴史的事実です。それは誰も否定できません。繰り返しますが、私がそうしてほしいといったのではありません。お父様が王冠をかぶせられたのです。お父様の命によって。第4アダムという概念は非常に普及しましたが、それをもってメシアより高い位置に置きました。

お父様がまだ地上に居られるときに、「すべて戻しなさい」というお父様の指示を無視する際の口実にしたのです。お父様の命令は聞かなくてよいと。お父様は基盤を元に戻せとおっしゃったからです。だから盗んだのです。自分が腐心して作り上げようとした「第4アダム」神学を使って。お父様は生きておられ、すべてを返せと言っておられるが、「返しません。それがお父様の為になるのです」などといって-(笑)。覚えているでしょう。

自分たちのプロパガンダとして第4アダムの概念を普及しましたが、もちろんそれはインチキな、お父様が語られた内容に込められた意図を捻じ曲げたものです。

お父様の語られた第4アダムの意味は、お父様の次の世代の人々が、いかに第3アダム、完成したアダム、再臨のキリストの文化をそれぞれの祝福家庭が継承するか。それぞれの個人が、特に第4アダムの位置にある夫が、いかにして、完成したアダムの勝利を相続していくのか、そして氏族メシアを出発するのか。しかし繰り返しますが、お父様に替わることはできません。

自己崇拝したい人びとや家庭連合はこういいます。「お父様は私を氏族メシアにされたのだから、私がメシアでもはや、(真の)メシアは必要ない」。これはとてつもなく愚かな物言いです。異端のニューエイジ的解釈です。キリストの唯一性を知ろうとしません。

それは全く、全くもって、神様から離れた貧しい状態に他なりません。だからお父様は氏族メシアを、お父様に代わる者として、お父様を必要としない、自分がメシアになるという風に立てられたのではありません。自分の氏族における、メシアの代弁者となり、メシアの外交使節、大使になれというものでした。つまり、そこでメシアについて教え、メシアに導く、氏族メシアとして中心に位置するメシアに導くのです。真実と生命について力をもったお方、中心存在です。

異教徒を見るとき分かるでしょう。いつでも同じことをやります。お父様のみ言葉をキリスト教的文脈で見ることができない。そもそも、そんなことはできません。統一原理はキリスト教の背景をもって生まれたものです。そこまでしなくても、歴史的宗教学の観点からみても、(家庭連合や郭グループの)神学はうすっぺらでいい加減なものです。それで逃げ切ろうとするわけです。お父様の言うことを聞かず自分勝手に行なってきた自分の行動をそれによって正当化したいのです。宗教学という学問の観点から見ても、まったくいい加減で杜撰(ずさん)なものだというのです。まともな理論的整合性に欠く、神学というよりは政治的言い逃れにすぎません。

統一原理、原理本体論教育からキリスト教的世界観倫理観、聖書を取り除くことなどできません。しかし、人々はいかに都合よくキリスト教的倫理と聖書、とくに聖書的啓示と神様の預言を排除することでしょうか。

そこから離れて、何が氏族メシアか。ただ自己崇拝したいだけでしょう。自分を神と同等なものとみなしたいのです。お父様が自分に神になる許可を与えて下さった、位置をくださった、などといって。完全に、そして明白にお父様を裏切りました、そのようなことをして・・・。もちろん、そのような人々がお父様の家に入ることはできません。

天国に行けば、お父様の所に行こうとするでしょう。しかし、とてつもなく強力で、危険な者たちがお父様の傍(そば)にいることを知っていますか?あなた方を讒訴できる者たちです。それが誰かと言えば・・・国進ニム(笑)・・と、二代王です。

お父様は愚かな方ではありません。人生と目的の中心にお父様をおいている者たちをご存知です。また一方で、お父様の教えをゆがめ、利己的脚色をつける者たちもご存知です。キリスト教的文脈や聖句から切り離して、自分たちに都合のいい姿にメシアを改造し、神様を改造する。

韓オモニも郭グループも同じことをしているのです。このうちだれが王冠を授かりましたか?誰もいません。お父様から油注がれ、後継者、相続者、代身者に指名されたものはいないのです。お父様から王冠を戴けなかった理由があるのです。正統がないからです。

(質問者)
キャリー・ウィリアムスからの補足質問をします。
今朝の訓読で、神様は第一の創造主でありアダムは第二の創造主、アダムとエバは第三の創造主だというお父様のみ言がありました。アダムがなぜ第二の創造主であり、アダム、エバが第三の創造主なのでしょうか。

(二代王)
神様は第一の創造主であり、神様の種からアダムが生まれました。アダムは神様の種をもつ第二の創造主であり、アダムがエバと一つになれば、彼の種がエバに宿り、ともに次世代の創造主になるのです。アダムは創造の起源となる(神様の)種の所有者です。神様から受け継いだ種をもつがゆえに、創造の要素を付与されたわけです。それがエバの胎に宿ることで、ともに次世代の創造主となるのです。すべては種にさかのぼるのです。すべてです!創造という言葉さえ誕生と結びついているではありませんか。

翻訳・字幕:管理人
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

神様の王国は霊的なものにとどまらず、実体的なものでもあるということです―王様質疑応答5月26日から

19145825_10211756805868136_1671897378690937277_n

つまり、王国での教会の役割は、福音を伝え広め、祝福式などを主催したりする媒体となることです。王は教会の頭(かしら)となり、そこに多くの補助的な部門が枝分かれして、もはや王はそれらを財政的にコントロールしないのです。しかし、信仰と共通の信念で結ばれています。それは社会の中で機能しますが、それ自体まだ王国ではありません。教会を実際に王国だとみなしている福音派教会は多くあるのです。そこでは神様の王国は霊的なものにとどまらず、実体的なものでもあるということです。真の主権をもち、真の領土と国民を具体的な場所に備える国でなければなりません。こういうことをずっと話してきました。それは絶対的に重要なことなのです。   

-2017年5月26日王と王妃の質疑応答から

1969年にお父様が創業したイェファ・ショットガン&エアライフル会社の当時のメンバーたち

19060031_1194892880620724_5222791441930538178_n

サンクチュアリNFL公式facebookページより

翻訳:管理人
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

韓オモニは「鳩を裂く」ことに失敗しました。孝進兄、興進兄について-5月26日亨進様ヨナ様質疑応答から(その2)

(質問者)
三代王権について質問します。三代王権はどの時点で完成すると考えることができますか。
三代目の王が王位にある間ですか、それとも三代王が聖和されて四代目に継がれる時ですか。なにか、明瞭な境目があるのでしょうか。

(二代王)
この問題は韓オモニの過ちという観点からお話ししてきました。韓オモニの失敗の結果、真の父母の使命は、三代に延長されて完成されることになったのです。真の父母の完成は三代王権を介して果たされるのです。イスラエル民族を立てるという約束はアブラハムに与えられましたが、それはイサク、ヤコブまで待たなければなりませんでした。その後、実際に民族が立てられました。

約束は事前に与えられているのです。お父様はアダムとしての責任を完全に果たしました。ところが韓オモニは「鳩を裂く」ことをしませんでした。その結果、摂理は、イサク、ヤコブの世代まで延長されることになったのです。われわれはイサクの世代です。すなわち、鳩を裂かなかったために、荒い鳥が舞い降り、すべての捧げものを奪っていったのです。それと同様に韓オモニが、自分自身を裂かなかった結果-サタンから自分を切り離して、お父様の血統と王権の前に屈服することができなかった結果、オモニはサタンに奪われたのです。お父様の遺産も、サタンに奪われることになったのです。

イサク世代の者たちは、だから祭壇に上がって、失ったものを取り戻すために犠牲になる覚悟をもたなければなりません。三代王の継承が、失ったすべてを取り戻すときになるでしょう。三代王の治世の開始するとき、王妃(ヨナニム)は、かつてここで象徴的に捧げた祈祷を、実践しなければなりません。今王妃は、様々な訓練を通してその日のための準備をしているのです。最後の欠けたピースを王妃が埋めるとき、真の母の使命が成就するのです。実際の真の母、真の王妃。自己愛(ナルシシズム)を断ち、支配と権力への欲求に勝ち、それらすべてを投げ捨て、万王の王の願いに栄光を返すのです。たとえ地上に居られなくとも。

オモニは自分の信仰と力で、お父様がおられなくても、一人で超えなければならない試練でした。それに失敗したのです。

三代王が王位に就くとき、われらの王妃は全人類の真の母となること、これを確信しています。真の王妃になるでしょう。

(質問者)
もう一つ伺います。孝進ニムと興進ニムは今、霊界に居られます。お二人は真の父母様の孝子として聖和されました。お二人はどうなるのでしょうか、何かお二人との思い出はありますか?

(二代王)
興進兄さんは・・・何歳年上だったでしょうか、おそらく20は年長だったと思います。いや、15~18才年上でしょうか。だから世代が異なるのです。しかし私が本当に幼い時、興進兄さんがいつもそばに来て、沢山私の写真を撮ったり世話をしてくれたことを覚えています。赤ん坊の頃の私は可愛かったのだと思います。だから興進兄さんが取った赤ん坊の頃の写真が山のようにあるのです。何か、ジープに乗っていたことを覚えています。でも、はっきりとは興進兄さんのことを覚えていません。国進兄さんは沢山、思い出があるでしょう。ある時、サイコロを興進兄さんに投げつけて、こっぴどく殴られたことがあります。いつでも、人物には表に出ない面もあるのです。家庭連合は、どうにかして神格化させたいようですが、兄さんも一人の若者です。いたずら好きで、弟たちを時には痛めつける・・・。

孝進兄さんのこともよく覚えていません。多くの問題を抱えていましたが、お父様に対して、忠孝の人でした。それは皆が、確実に知っていることです。しかし二人を神格化するのは間違いです。何か月前の質問と同じです。そこで、オモニの母親について、あるいはお父様の、両親について質問されました。そのような人々を神格化しないようにしなければなりません。キリストが中心であり、頭(かしら)なのです。お父様の位置はわれわれの信仰にとって、唯一のものなのです。それを理解することが本当に大切です。

孝進兄さん、興進兄さん、二人とも、個人的な問題は別にして、お父様に対して本当に忠実な兄たちでした。お父様への愛は本物でしたし、お父様に悪意を抱くことは決してありませんでした。しかし、神格化しないように注意しなければなりません。多神教の真似をして二人をパンテオン(神殿)に祭ってはいけないのです。地上にお父様の生ける代身者がいて、天上に万王の王がいるのですから。
 
 
翻訳:管理人 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村
 

み言を訓読していれば、王国も王権も必要ないのか?-5月26日亨進様ヨナ様質疑応答から

2017年5月26日の王と王妃の質疑応答の中で、ある質問者が以下の主旨の質問をしました。

「 私がサンクチュアリに来るきっかけを、次男が作ってくれたが、今彼は『お父様のみ言の中に六世代を過ぎれば完成した人間になるというものがあり、お父様のみ言を信じていればいい』と主張している。このように韓お母様の間違いを理解していながら、よりどころなく放浪する人達に向けて一言お願いします」

この質問に対する亨進様、ヨナ様の回答です。

King and Queen’s Q A   May 26  2017   Unification Sanctuary  Newfoundland PA on Vimeo.png

知らなければならないことは、摂理には中心人物がいるということです。
そこを通して摂理は進みます。一般に人は自分が「中心人物」だと思い込んでいます、そうでないにもかかわらず。分かりますか。
それは偶像崇拝と同じです。自分が中心だというのです。自分さえ完成すれば、神様の王権も王国も、メシアも神様も必要ないという。

そうすると神様の祝福から遠ざかるのです。それも自分の選択です。息子さんがどういう意味で言ったのか私は詳しくは知りませんから、ここで問題をはっきりさせました。

韓オモニは、摂理において他の女性と異なっています。摂理において中心的役割を担っていたのです。原理もそう教えています。中心人物がもし失敗すると、世界に壊滅的な結果をもたらします。なぜなら中心的位置に選ばれているからです。

だからただ「あなたも完成できる」という聖句に固執して、自分も中心人物だなどと考えるなら…実際そう考えている人もいるのです。それは愚かな考えであり、天使長的です。中心摂理から離れるからです。そこではあなたが中心ではありません。

中心摂理は、真のお父様と、その王統を通してもたらされる実体の王国です。ここが理解できないところがキリスト教世界観が分からない人々の問題です。多くの日本人食口、キリスト教の背景をもたないアジアの食口の陥るところです。キリストの中心性を重んじなければなりません。キリストなしでは、価値なき者にすぎません。汚れたボロ切れであり、神様の前のただの罪人に過ぎません。たとえ完璧に善行を行ったとしても、仏教の瞑想、神道の祈りを続けても、ただ「人間的完璧に近い」というだけです。マザーテレサの10倍、善行を積んだとしても、神様の前では汚れた罪深い存在にすぎないのです。自己崇拝するとき、自己中心の思いに満ち、嘘をつき、神の栄光を奪っているからです。父の栄光を自分のものにしているのです。大きな罪人です。パリサイ人の問題は、他の宗教者もそうですが、自分が何か相応しいことをしたから救いを得る、と思っているところです。それがキリスト教と、他の多くの宗教との違いです。とてつもなく大きな違いです。すべての宗教は、善い行いをすれば、良い見返りがあると教えます。

善行を行なえば、救いも得るし天国にも行ける、解脱者になると。すべては自分の行いに基づいているのです。すべて自分次第です。すべての宗教がこう教えています。一体なぜお父様が王権を打ち立てたのか分からなければ、その人はまだ堕落した宗教圏内にいるのです。キリストの中心性を理解していないからです。キリスト教的世界観をもっていません。だから王権がなぜそこまで重要なのかが分からないのです。神の摂理、神様の世代を超えてつづく王国と王権とから離れて個人の完成はありません。それは神様ご自身が立てられたものではないですか。中心になりたいというのは人間の傲慢です。私たちは中心を選ぶことはできないのです。中心は神様が選ぶのです。私が中心になることを選択したのではありません。神様が私を中心に選んだのです。私が望んだことではありません。ただそれを果たさなければばらないからここにいるのです。私の選択ではないのです。ここが善行に基づく他の異教との違いです。そこでは自分の行いが自分を清めるといいます。キリスト教は現実を突きつけます。マザーテレサもキリストを抜いては罪人に過ぎないのです。すべての善行を行い、何百の孤児院を建てたとしても、まだ利己的で、政治的に動き、神様の栄光を自分の物とし、生命と祝福を与えて下さった真の栄光に相応しいお方にそれを返さない限り…神様とは関係ないところでの自己完成など何の価値もないのです。

パリサイ人も自分たちは完全だと思っていたのです。神のみ言葉をもち、モーセのみ言葉をもっていると自負していました。そして生きた神殿、生きたキリスト、神様の実体であるイエスに従わなかったことが問題だったのです。屈服しなかった。

確かにお父様はわれわれにみ言葉を残されました。しかしその実体も残されたのです。それが私です。そして息子、信俊を残されました、お父様が選んだのです。お父様のみ言葉を訓読したから、お父様の権威に戻れたのではないのです。家庭詐欺連合もみ言葉を訓読しているのです。皆さんがいまお父様の権限のもとにいるのは、お父様御自身が立てられた摂理のラインにつながっているからです。私が立てたラインではありません、お父様が立てられたのです。分かりますね。だから王権が非常に重要なのです。それは皆さんが世代を超えてお父様に仕える道なのです。万王の王の直系である天一国の王を通して。皆さんの権利は天一国憲法から来るのであって、6年かけて自分を完成させ、ブッダのように、あなたが成ったからではないのです。

キリストが全人類のためにすべての苦難を受け、血を流し、一万の十字架を超えられて、皆さんに恩恵として与えられたから、そして王国と王権をたてられたからなのです。だからあなたの権利が守られるのです。あなた方が何かを成したからではないのです。それにふさわしい善行を行ったわけではありません。皆さんが偉大だからではなく、キリストが偉大だからです。これが違いです。

仏教や神道など、他のすべての宗教との違い・・・皆さん様々な文化圏から来ているので、宗教や信仰の理解がそれぞれの文明に基礎を置いています。その背景からじぶんを切り離さなければなりません。それは神様の文明ではないからです。お父様のみ言葉を読むからと言って天国に行けるのではありません。悪魔もお父様のみ言葉を読むのです。家庭詐欺連合は、3冊の異端の経典をもっていますが、それがお父様のみ言葉だと主張して、そのみ言葉を読んでいます。しかしお父様の王国にも、お父様の館にも入ることは許されません。

お父様のみ言葉を読むことが必ずしも、お父様の家に入るとは限らないのです。大きな違いです。
お父様はみ言葉だけを遺(のこ)されたのではありません。肉的王統も遺されたのです。私は二代目の王ですが、あとに何代、何十代と続くことでしょう。だから未来のすべての世代が、万王の王の直系ラインに実体的につながることができるのです。すべての王国の中心、全世界、全天宙、神様の御旨と創造目的の中心です。それがキリストです。キリスト教では、イエス様を抜いては、人間に何の価値もないのです。私もそうです。仏教や神道など他の異教では、あなたは何にでもなることができます。神様を超えることもできるというのです。神にもなり、完全になるというのです。非キリスト教の文化圏のアジアの兄弟姉妹にとって、「完成」という言葉は本質的に仏教的、神道的に響くのかもしれません。そこを意識しなければなりません。聖書的ではないのです。だから「六世代で、清くなり完成する」ということが重要なのではありません。むしろ重要なものは、神の国と血統、摂理の流れの中心、摂理の動きと共に、血統を通して世代を超えて動くこと、これです。

質問の詳しいニュアンスまでわかりませんが、とにかく、これについて、全く的外れな主張をする人たちもいるので、その人たちに向けて、こういう答え方をしました。これで答えになりましたか? どうですか。

(ヨナニム)
私からも、短くお答えします。王様の発言に関連することです。みなそれぞれ、お父様のみ言葉を訓読していると言っています。郭グループも訓読しています。様々な分派も、お父様のみ言葉を訓読して、どうだこうだと言っています。しかし本当にお父様をメシアとして信じ、み言葉を大切に思うのなら、その人にとってお父様の代身者こそもっとも貴重なものではないでしょうか。「(亨進ニムは)代身者だ」というのもお父様のみ言葉です。しかもそれはほとんど遺言に近いものではありませんか。真のお父様が本当にメシアであり、そのみ言葉を重要と思うのなら、このみ言葉こそ最も重要なみ言葉ではないでしょうか。だから六世代み言葉を信じていれば完成するなどと納得するのは矛盾しています。亨進二代王がいつも言われるように、王の位置は自分で決めたものではなく与えられたものです。これは私たちの行いに由来するものではないのです。純粋に神様の賜物であり、ここで、お父様に選ばれた、などとと言って誇っているのではないのです。「お父様はあなたを選んでいません、残念でした」などと言いたいのではないのです。私たちはただお父様のみ言葉を皆さんと共に地上で尊重したいのです。だからここにいるのです。

(二代王)
5%の責任分担があります。お父様はその責任を私にくださいました。私はその5%を果たさなければなりません。もちろん私が失敗しても摂理は継続します。王妃も同様に三大王が王位を継承するとき彼女の責任を果たさなければなりません。責任分担があり、自由意志があるのです。しかし、あなたの質問を正しく理解しているならば…郭グループも三代王権は必要ないと言っています。韓オモニも王権は必要ないと言います。ただみ言葉だけで十分だというのです。そういいながら、自分の都合のいいようにみ言葉を選びだしたり、切り捨てたりしているのです。自分達に好ましいみ言葉を選んでいるのです。すなわち郭グループであれ異端者であれ違いはないのです。どちらもお父様の家に入ることはできません。この(質問内容)ようなことを言う者も同じです。

「モーセの律法があるから、われわれにはイエスは必要ない」とかつてユダヤ人が主張したことと同じです。同じことをしているのです。決して「必要ない」ことなどないのです。イエス様が絶対的に必要であることはキリスト教徒なら皆知っています。イエス様を抜きにして神様の下に帰ることなどできないのです。イエス様が必要です。イエス様は王国を創建し、王権を立てられました。地上の実体的な王国をみ言葉と共に。み言葉と王権は切り離すことができません。人が選べることではありません。お父様はそうされませんでした。自分の好きにはできないのです。もしそうするのなら、異端を選択したということです。すべてあなたの選択次第です。

翻訳:管理人
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

「家族とその血統のために自分が何をすべきか考えなければならない」国進ニム5月27日質疑応答から(その3)

自由な社会は長続きしないのです。本当に悲しむべきことはこれです。
われわれの先祖が聖書的歴史期間を通して自由と自律の憲法を掲げて、このアメリカ合衆国を建てるために働き続けてきました。ここまで何百万という人々がこの国のために命を懸けたのです。それを相続した人々は、先人の労働と犠牲のおかげで、この国にみのった実を享受してきました。しかし相続したその価値を貴重に思わなかったのです。それが大きな問題です。世代を超えるということが。ただで手にした実を尊ぶようにどのように子供を教育しますか?独裁ではなく自由を選んだのは「私」です。父から受け継いだものの価値を受け継がせていくこと本当に試練であり難しい問題です。

それは神様の創造以降、アダム、エバを通してできなかったことなのです。彼らは神様から相続した価値を理解できなかったばかりか、それを駄目にして、僕(しもべ)に与えたのです。しかしその僕はそれを世代を継いで相続してきました。聖書的意味でこれを見るなら、最初に与えられた祝福はアブラハムに与えられたものでした。自分が創造主から与えられた祝福の価値の意味を父として子孫に伝えることができたという意味で模範です。

アブラハム家庭が勝利した、第2世代、第3世代へと続くこの祝福の伝承、イスラエル民族にまで確保したこの祝福の伝承。これこそ私たちが家庭をもつときから抱える大きな挑戦です。夫婦間の理想の関係だけではなく、その価値を血統を通して両親から子供に伝承するのです。

アブラハムは、イサクとヤコブをとおして勝利者となりました。だから、神様はその三代を一つとみなしました。なぜなら地上で時間を超えて権威が継続するためには世代を超える権威と責任の伝承が必要だからです。それに成功しなければ血統は、終わってしまいます。

そこが個人であること、神様の真理と愛をもつ善なる個人であることと、天一国の王になることの違いです。主権を考えてみたとき、それは個人的な自由だけではありません。主権は血統を通じて次世代また次世代に伝承していくものです。

だから今、王様があなた方に王冠をかぶりなさいという時、皆さんは神様から頂いた祝福を自分一代で消費するのではなくどうやって次世代に伝えるべきかを考えなければなりません。だから「私」だけの問題ではないのです。王国の王になりたいと思う人、すべてが相続について考えなければなりません。

(質問者)あなたがおっしゃる、自由とその伝承について考えました。いま子供たちにその価値をどうやって教育したらよいか今一つよくわかりません。無償で与えるものですから、幼い子供はその価値を理解できないのではないでしょうか?

(国進ニム)
問題は自分が一生かけて努力してきたものをどうやって子供に伝えるかという問題が最大のポイントです。子供に関していえば、あなたは自分の血統を王として、自分が選択しなければなりません。自由意志と責任をもって自分が築いた財産を、(子供たちのうち)ジョンに与えるか、ジェイか、それともジェーンなのか・・・あるいは自分の責任を放棄して、子供たちに平等に分けるというか。世代を超えて主権を発展させる家庭になるか、一代限りの主権で終わる家庭になるかのそれが境目です。

つまり、一つの子供に対するテストです。しかし最後には、霊界に行くのだから、あなたは選択しなければなりません。

(質問者)
もし子供たちに全く平等に分け与えたとしたら、価値を理解できずに社会主義的に引き込まれるのでしょうか?

(国進ニム)
そこがポイントです。あなたが父親として、これが一番簡単だからといって、子供たちの位置や個性を考慮することなく「皆、平等に与える」といえば、誰が自分の血統として相応しいかという選択を放棄することになります。

ここで、少し困った立場に置かれたことを自覚しますか?ここが主権と主権なしの違いです。王であるのか、僕、奴隷であるのか。選択です。難しい選択です。一生を通して、家庭、国家建設などに向けて選び続けなければなりません。どのように子供に相続させるか、子供たちをどう評価するか、どう判定するかという選択までしなければならないのです。子供たちの徳をいかに測りとり、判定するのか。

主権を話すのは簡単です。責任を語るのも容易いことなのです。神の国で王になると話すことも簡単なのです。しかしその役割を責任もって成し遂げることは、もっと難しいのです。

堕落世界を見るとき、法律が人々をどういう道に押しやっているのかが分かります。基本的に法律は、遺産は子供たち全員に分けて、一人に集中させないようにしています。他の国でも、アメリカでもそうです。また基本的に、自分が蓄えたものを、退職後の生活で死ぬまでにすべて使い果たさせようとしています。99.99%の人にとって社会はそういう風に仕組まれているのです。その理由は何でしょうか。平等主義の原理、すべての国民に機会を与えようとする動機からきているのでしょうか。違います。

そのような法律は後付けで作られたのです。王を欲しない、一家の血統をもたせたくないある勢力が存在するということです。世代を超えて気づかれる財産を、散財させたいのです。アメリカ社会でさえ、現在の法体系では、本当に裕福な者には法の抜け穴があって、いくらでもあるその抜け穴から、税金も取られずに実は一人に富を集中させることが可能なのです。上手く遺産対策をすれば。基本的にシステムがそういう風に、人々が世代を超えて富を蓄積することができないように設計されているのです。だから人々の大半は神の国の王権に参画できないのです。わずかな人だけが、弁護士を大勢雇って次の世代に富を相続させているのです。それによって、ごく少数の一族が世界の人々の命運を握るなどということができるのです。だから一般の人々が相続や後継に関する決定と選択を難しくする法律こそ根本的に世界の人々の害になっているのです。それでは社会が良くなりません。

だから私たちがコミュニティとして、神様の王国創建について考えるとき、それは避けて通ることのできない問題だというのです。どうやってその法律を変えていくか。いかにして普通の中流クラスの人々が賃金奴隷になることなく、現実の主権者となることができるのか。次世代が富を相続できなければ、主権者とは言えません。

(質問者)音が小さくて聞こえない

(国進ニム)
相続税もあれば、贈与税などあらゆる税があって、人に何かを贈りたければ税を払わなければならないこともあります。様々な分野で、国民が財産を子に譲ろうとすると、政府がそれを取り上げる仕組みがあります。しかし信託法や国家計画をよく理解して、国の先を行くなら、そのような税のしくみを回避することも可能です。

(質問者)

世代から世代へと財産を受け継いでいけば、たとえ政府が「このお金は、これこれの目的に使う・・」といっても、それが必ずしも正しくないということを学ぶことができるように思います。個人の主権ということを重んじれば、誰が最も相続に相応しいか、そして家族全体を守ることができるのか。世代間の相続は、主権の価値全体をある世代の正しい人から次の世代の正しい人に受け継がせることのように思えます。

(国進ニム)
賢明な選択をするということはあなたの責任です。必ずしもすべてを一人に継がせることが必要だとも思いません。多くの子供がいて、一緒に働くことができるなら、相互の協力が可能なら、個人の財産というよりは事業をある割合でシェアすること、協調を継続できるなら、子供たちそれぞれに価値があるとわかるでしょう。しかしあなたが親としてその価値、功績を判定しなければなりません。

両親にとって、とても難しいことは、子供たちを見て、この子はあの子より優れているからこの子に多く相続させようと、決めることです。しかしそれは現実です。それぞれの子供はそれぞれ違った才能を持っています。家族とその血統のために自分が何をすべきか考えなければなりません。世代を超えて主観をいかに発展させていくか。相続させるものはお金だけとは限らなにのです。お父様にとってそれは、「真の父母の祝福」がだったのです。つまり祝福を与える権能です。本物の遺産です。  つづく

翻訳・字幕:管理人
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

3月26日質疑応答-民衆殺戮された人々の解怨についての回答(要約)文亨進様(日本語訳)

<民衆殺戮された人々の解怨についての回答の要約(亨進様)>

この世に生を受ける前に亡くなった子供たちの解怨により、エリートの小児性愛犯罪が暴かれ、トランプ政権発足後100日間のうちに米国内で1500名の小児性愛と人身売買関連の犯罪者が逮捕された。

この世に生を受ける前に亡くなった子供たちと異なり、民衆殺戮(デモサイド)された人々の中には罪を犯した人も含まれている。しかし、彼らもまた霊界において忘れ去られ、認識されていない非常に大きなグループである。

地上で解くことは天でも解かれ、地上で結ばれるものは天でも結ばれるとあるように、今霊界と地上界の間がとりわけこの力のブロックによって一つになっている。

霊界ではサタンが中央集権の権力と勢力を利用しているという現実が知られている。そして彼らはそれらの民衆殺戮を行う独裁者を打倒するために地上において子孫と共に働くことができる。サタンの武器はサタン自身を倒すために使用される。

聖書にも「すべてあなたを攻めるために造られる武器は、その目的を達しない(イザヤ54:17)」とある。悪魔は主権に対抗して武器を作り奴隷にしようとする。その本当の戦いは主権対奴隷制の戦いである。

だから、民衆殺戮を行う者たちにとっては(今回の解怨が)大きな問題になるだろう。

 

翻訳:BAMBOOS
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

3月26日質疑応答-文亨進様(日本語訳その2)

質問者:6マリアとお父様の路程はメシアの本来の路程であったのかそれとも二次的なものだったのか。

亨進様:

いいえ。新郎というのは再臨のキリストの中心です。キリストの再臨の際の立場は新郎なのです。ですからそれが絶対的に摂理の中心であることを理解しなければなりません。

10人の乙女から5人を入れるのが新郎なのです。ですからイエス様ご自身も新郎として帰ってくると言われました。ですからそれは絶対に再臨主の使命の中心だという事です。なぜなら再臨主の使命は神様の種と、神様の種から生まれる神様の家庭を定着させる事からです。神様の種であり精子です。ですからイエス様は男性なのです。イエス様は両性具有のような存在として来られません。

神の王国が作られその主権はこの地上を統治、支配し、この世のサタンの王国を倒して滅ぼさなければならないのです。それは絶対的に重大なことですから再臨主の立場は新郎なのです。

そして次に、悪の審判です。3番目は王の王です。ですからお父様は6マリアの摂理を通して新郎の立場を確立されましたが、その後祝福と三日行事を通してすべての新婦がキリストと一つになり、それによって夫は天使長から神様の息子になり、息子が父の種を運ぶようにその種を運ぶのです。ですからそれが完全に中心であるという事です。もちろんお父様はやはり新郎として結婚の中心に立つのです。夫はそれを中心として妻と関係し父に栄光を捧げます。なぜなら今彼は息子になるからです。そしてその結婚の誓いから、堕落したエバが復帰したエバになり夫を称えるのであり、夫は新郎、真のアダムとなります。

そして2番目の段階は悪の審判です。天使長の世界は特に政治的な悪魔崇拝として現れておりお父様は悪魔主義、また共産主義と呼ばれ、それはサタンの悪の源として認められるものです。そしてお父様はそれを審判されました。

そのような明確な内容はキリストの体(キリスト教会のこと)には存在していなかったことを私たちは知っています。なぜなら解放神学の運動があってプロテスタントもカトリックもイエス様は共産主義者だと教えていたからです。それはイエス様がサタンであると教えるようなものです。

お父様が来られてサタンの王国を明らかにし審判され、神様の王国からサタンの王国を分立されたのです。そしてもちろんお父様は王権を確立されたのであり、それは地上の神の王国なのです。

それらの3つの再臨主の責任はすべて成就され三代王権の摂理を通して継続しているのです。そして今世界中で主権の革命が少なくとも西洋では広がっているのが分かります。

質問者:サムエル・パクについての説明はありますか。

亨進様:

私たちは新郎の役割を理解していないからです。新郎はすべての堕落した胎を新郎と一つにしなければならないのです。それはとても単純です。すべての堕落した胎は新郎と一つにならなければならず、そのようにして堕落した胎が次の世代、二世、神様の子供を生むようになります。堕落した胎であったとしても。

ですからサミーも6マリアも問題ではなく、30億のマリアがいてキリストと繋がるようになっているということです。なぜなら彼女たちの胎が神様の子供を生むようになるためです。それが祝福であり聖婚の誓いと三日行事を通してすべての人が神様の血統に接ぎ木されるという事なのです。単に養子になるのではなく実子となるという事です。

質問者:メシアは他の誰よりもその教えを具現化していると考えられるでしょう。ですから姦淫をしてはいけないと教えるのであれば彼自身も結婚以外で関係を持つべきでないと考えるはずです。そうでなければ誰が彼の言うことを聞いて従うでしょうか。それをどのように説明しますか。

亨進様:

これは重要な事だと思います。キリストは他に類のない存在であり、他にはない使命を持っています。

例えば聖書には、イエス様が再臨するとき王国の他の人々を文字通り殺すとありますが、それは例えそれが成された後でもクリスチャンが自分の思い通りにただ殺し続けるべきだという意味ではありません。

キリストが来られるとき、彼は異なる役割と使命を持っており蕩減と十字架における勝利は、彼の信奉者と異なるだけでなくその後の世代とも異なっています。

彼が与える祝福は、神様がアダムとエバから与えた理想を果たすという点で明らかです。しかしお父様は、すべての堕落した人を、とりわけ堕落した女性をサタンから分立させ取り戻すために、蕩減の万の十字架を負わなければなりませんでした。

ですから相対者と結婚するときに彼女はサタンの血統にあるとしても、またあなたもサタンの血統ですが天使長から息子になってその息子を堕落した女性に与え、彼女もキリストの花嫁となることが許されるのです。

問題は、私たちはメシアが持っている使命を持っていないという事です。

イエス様は十字架を取りなさいと言いましたが、すべてのクリスチャンが文字通り十字架で死ななければならないのではありません。彼はその代価を払わなければなりませんでした。

それで私たちはもしイエス様と同じことをするのだとしたらイエス様と同じように十字架で死ぬのかというと、そうではないのです。なぜならイエス様は地上における神様の実体的な体です。ですから彼の十字架の犠牲というのは救いへの道を意味しているのです。

お父様も再臨主としての使命を果たし王国を建設しなければなりませんでした。そこでは神様の理想と神様の原則が明確に出されます。

それでその使命は完了し成されたので、いかなる王権も未来の祝福家庭もそれを例として使うことはできないのです。彼らはすでに原理を与えられ理想を与えられています。そしてメシアはその路程を歩み勝利しているのです。その路程は成就されたのです。

質問者:これからは二世の時代となってきたと大人が良く言いますが、私たち二世はどのような道に進むのが一番望ましいのか。これかの進路について参考にしたいのでそれに対する具体的な仕事があったら教えてください。

亨進様:

あなたは死ななければなりません。私は二世についてこのような話をいつも聞きます。これはまったくの異端です。それはあなたを支配したいと思っている天使長によってあなたの上に置かれたものです。あなたが二世でありそれが偉大な世代となるということは関係ありません。

あなたが死ぬことでキリストが生きる場合にのみあなたは偉大だと言えるのです。ですからあなたは死ななければならず、そうすればキリストが生きるのです。あなたの世代がキリストに対して死に、キリストの意思とキリストの望みがあなたを通して生かされるなら良い世代になります。

自分の栄光や自分自身の愚かな世代を追い求めるならあなたはサタン的なのです。ですから二世にとって重要な事は死ぬことです。自分を高めることをやめて死ななければなりません。死んでキリストを生かしなさい。そうすればあなたに求められることと神様があなたに与えた贈り物の価値を持つのです。

このような話は沢山聞きました。あなたがそのように言われるのを聞いたら注意しなさい。それは天使長がおそらくあなたの自尊心を引き出そうとしているという事です。あなたが特別な世代であり、偉くなるためには彼らの言う事を聞かなければならないと信じ込ませようとしているのです。

そうではなく、あなたはキリストに対して死ななければなりません。そうすればキリストが彼の意思を実行するようにあなたを導きます。

キリストのために死ななければならないとは、自分をなくすという事です。神様があなたを通して生きて働くようにしてその道具とならなければなりません。

死ななければならないとはあなたの自尊心、ナルシシズム、栄光を求める願望といったものすべてが死ななければならないという事です。

若者はいつも多くの栄光を求めるのが問題です。そのために容易に誘惑を受け、容易に騙されてしまうのです。ですからそのような話を聞いたら注意して、もしかしたらこの人は天使長かもしれない、私に過剰な自尊心を持たせて騙そうとしているのかもしれないと。

自分で自分を高めようとするだけなら弱く脆いのです。少しでも躓くことがあると粉々に砕け散ります。ソーシャル・ジャスティス・ウォーリアーや頭のおかしいリベラルのように。彼らはとても弱いのです。

しかし、キリストのために死ぬ人は自尊心や自分の願望から抜け出て神様の答えを探し求めます。それは自分の命がどのように使われるかということであり、自分の栄光や目的ではなく神様の目的のためです。

彼らはもっと強くなります。なぜなら彼らは反対に会うときも神様のみ旨を追及するために困難や迫害を喜んで受けるというのです。ですからキリストのために死ぬならもっと強くなるのです。

天使長は、あなたはキリストのために死ぬことはできない、それはひどい話だ、自分が大切だと言うのです。愚かな有名人のカルトやメディアのプロパガンダもすべて自分、自分、自分が大切だと言うのです。それはばかげています。人生の中で反対に会うと砕け散ってしまうでしょう。

二世が特別な世代だとかいう話は沢山聞きましたが、それはまったく異端的なのです。それは堕落した二世の指導者たちによって広められたような事です。つまり力のブロックを作り出してお父様から分断し自分の縄張りのように支配するためにこの異端を広めていたのです。先輩の祝福子女が小さな縄張りのように彼らを支配できるという事です。

お父様は様々な世代について話をされましたが、決して自分を勝ち誇り、自分を大きく見せ、自己崇拝するような世代になるようには言っていません。しかし、私達の運動の中で全体が異端になってしまいました。

キリストのために死ぬという事、それこそが特別な世代だというのです。特別な世代というのは、そこから離れてキリストにその世代を所有させるのが神を中心とした世代なのです。

若者はまだ我が強く自己愛が強く、うぬぼれも強いので容易にその異端的な考えに誘い込まれてしまいます。ですから注意していなければなりません。誰かが助けてくれようとしているのではなく、あなたをある組織に深く入り込ませて支配しようとしているのです。

ですからそのような話を聞いたときは注意してください。

翻訳:BAMBOOS
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村