文信俊、三代王の教育法を語る-キングズレポートから


キングズレポート 8/29/2017 より
  
二代王、三代王を訓練する。
 
私だけではなく真のお父様も私の相続者として選んだのです-これまた私が願ったことではありません-それが文進俊です。

信俊はある日、とてもいい訓練を受けました。芝刈り機を借りて草刈りをしたのですが、真面目に一生懸命働いて、2時間草刈りをして2ドル稼ぎました。子供たちはもちろん、この種の訓練がいかに恵みであるか気わかりません、もちろん上の息子もです。

これから先の人生で「どうせ、宮殿のようなところで甘やかされて育ったんだろう」と、周りから言われたとしても、「いいや、私の最初の仕事は1時間1ドルだった。君はいくらだった?」こう言えるではないですか。

子供たちが草刈りをしたのはニューウェル・ファーム(ニューヨーク州)、よその土地です。私たち(サンクチュアリ)とは関係のない所です。もちろんそこの人は知っていますが。そこに子供たちは出かけて、5~6時間草刈りをしました。ここに来た当時、子供は12、3歳だったので、雇い主は1時間5ドルあげたいといったのですが、「いや、今は1ドルで十分です」と私は言いました。

1ドルを稼ぐことの意味を知らないばかりか、1ドルのありがたみも知らなかったのです。貴重な1ドルと見ることができない。しかしそれで生涯自慢できる権利を得ました。子供たちにはわかりませんが、お父さん(私)が与えたものでした。私がそれを与えたのです、なぜなら、将来、恵まれたときのことを考えてのことです。

人が、彼らに向かって「どうせ生まれつき恵まれてたんだろう」と言ったとしても、返す言葉がありません。もちろん恵まれた環境に生まれてダメになる人間も確かにいます。しかし恵まれた環境に生まれながら、懸命に働かされることもあるのです。

普通、裕福な家庭はそのようなことはしません、文化が違うのです。むやみに働かせて、汚れ仕事などさせません。必ずしも裕福な家庭だから甘やかせるとはいいません、ただ、子供に重労働はさせないといっているのです。そういう階層ではないと思っているのです。そういう仕事は人を雇ってさせます。

しかし天一国文化は重要です。天一国では、裕福だろうと貧しかろうと、平和軍、平和警察から免除されることはありません。泥まみれになって血を流し、不快な思いをすることも貴重なのです。裕福な少年、少女、貧しい少年、少女、関係ありません。お互い訓練するのです。
その意味で、平和軍、平和警察は、国民を平等化させるものであり、悪なるプレデターが生まれることを防いでくれる。人を食い物にする、弱者を食い物にするプレデターを防ぐのです。

弱い人を見ては、あいつなら、簡単に利用して搾取できる・・・プレデターはそうするというのです。しかし弱い人を見るとき、彼らがいかに引っ掛かりやすいかということに気付きます。弱いと危険なのです。洗脳されやすくなる。この人たちを強くしなければならないと思います。

この違いが分かりますか。彼らを弱いままにしておくと非常に危ないのです。彼らが強くなれるように何か手助けしようと思う、偏桃体が正常に機能するように。
この違いはとても大きいのです。

私はたぶん、若い頃から格闘技の世界に入ったので、労働者だからどうこうという偏見を持たずに来ました。だから肉体労働も苦にしません、これは子供たちも知っています。しかし同時に自分の子供にもそれをさせなければなりません。子供にも肉体労働させるのです。そしてお金を稼ぐ。草を刈りながら泥まみれになっていました。悪戦苦闘しながら、刈った所も、ひどい状態だった(笑)。

とうていプロの仕事とは言えませんが、だんだん上手くなりました。泥まみれ、汗まみれになって働くことを学び・・・しかしこれはそれほど難しいことではないでしょう。
決して厳しくはない。どれほど子供が甘やかされているのかという話です。

じっさい機械を押すだけで機械が刈ってくれるのです。いや、草が前に引っ張るので押す必要もない。だから難しい仕事ではないのです。ただ単調で退屈です、それに夏は暑い。にもかかわらず、子供に不快な思いをさせることもいいのです。そういう不快な中で成し遂げることを学ばせるのです。そうすることで彼らは強くなるのです。一日中、ゲームをさせるのではなく。

翻訳:管理人

関連動画


にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

たとえ死の陰の谷を歩むとも-キングズレポート・ハイライト10.31

神のみ言は、暗く険しい道を照らす光

翻訳:管理人

あなたの御言葉は、わたしの道の光
わたしの歩みを照らす灯。 わたしは誓ったことを果たします。あなたの正しい裁きを守ります。 わたしは甚だしく卑しめられています。主よ、御言葉のとおり命を得させてください。(詩編119:105~107)

神様のみ言は私の道を照らす光、そして神が導かれた険しい蕩減摂理の道を照らす光。それだけ険しいかといえば、山岳の地形だというのです。聖書には、山あり谷あり・・とあります。そして山頂がある。人は気づきませんが、谷と頂きにブッシュクラフトの根本原理があります。谷と頂きはブッシュクラフトの本質です。ブッシュクラフト、木工作業、金属加工…これは話がそれますからやめておきましょう。

神様が私たちをこの道に送り、後に続くように命じられました、自分の十字架を担いで、そして狭き道を歩くのです。そこに灯が必要でしょう。昼とは限りません夜もあるからです。

たとえ死の影の谷を歩むとも・・そこは死に取り囲まれている、災いと艱難と苦難に、迫害に囲まれている、キリストの後を行こうとするなら、私たちはその道を歩むのです。しかし、灯が必要です。もちろん我々はその道を進みます、神様との関係性があるからです。しかし、また、祈りだけでは神様とはどのようなお方であるか忘れるかもしれません。だからみ言が必要なのです。み言が思い出させてくれます。われわれは忘れやすいのです。み言は神様が誰か教えてくれます。自分が誰に語り掛けているのかを。話しかけている相手を。関わっている方を。

思い起こしてください。私たちはあまりにも神様を忘れてしまいます。とくに感情に圧倒されるとき、苦難にぶち当たるときなど・・ちょうどヨブのように。ヨブは神を忘れ、神様を呪いこそしませんでしたが、神様に向かってつぶやきました。不平をいいました。全身を病に侵され、家族も死んだのです、彼は神様がどのようなお方か忘れてしまいました、自分が話している相手を。そこで神は私が誰であるか思い出しなさいといったのです。

私はすべてを造った。天に星を散りばめ、プレアデス星団も造った。すべての草木、植物も私が造った。我が子よ、私が誰か思い出しなさい・・・。そのことが重要なのです。
もしわれわれが神様の正しいおきてを守ることを誓い、かつこれを実行するなら・・・神様の正しいおきてを守り、敬えば、神様の正義の定めとともに立つならば、われわれが詩編作者のように悩み苦しむとき、「主よ、み言葉に従って、わたしを生かしてください(119:107)」

神のみ言はわれわれを生かすというのです。単なる道を照らす灯ではありません。
私たちを「生かす」とあるのです。「生かす」とは「若返らせる」ということです。「元気づける」「激励する」ということ。ともかく、神様は歴史的な道に導かれました。歴史的探究の道、歴史に課された務めともいうことができます。彼(キリスト)を追い求めるのです。
(われわれに)課された務めはキリストを追い求めることです。キリストこそ私たちが追い求めるべき道なのです。歴史的路程とは本源的追跡だというのです。究極的な追及、究極的な探求、そういうふうに神様、天宙の創造主を探し求める。

科学でも(創造に関わった)ある知的存在を認めざるを得ないでしょう。前回、反物質と物質が対消滅するとき外的な力(エネルギー)を放出するという話をしました。インテリジェントな存在、それをウイリアム・クレイグ(博士)が推し進める弁証学によると、神様、キリスト教のいう神だというのです。

その論によると、創造主は時間を超越しているがゆえに永遠、物質を超越しているがゆえに非物質的であり、この世から出たものではなく宇宙を超越し、物質を超越している。超物質的であり時間を超えた存在-だから永遠である。この全物質を創造するほどのとてつもないパワーを持っている。すべての物質を超えた力をもっている。すべての物質を創造する能力を持つ全能者である。

時間を超越した存在であるとともに、人格をもつ方であり非物質的で、時間を超越し計り知れないパワーの持ち主である。

そして数学やすべての構造を創り出す計り知れない無限の心を持っておられる。この宇宙を創り出すための条件が極めて精妙に調整されていたことが科学で明らかになっているのです。巨大な知性の持ち主であるというのです。それと同時に人格を持っておられる。また、無から時間空間を創り出された。

神の人格において重要な特徴の一つは、自由に選択できる能力をもっていることです-好きなことを選んで行う。意識の根源的な特徴のひとつは、感覚することだけでなく、「選ぶ」ことができるということです。しようとすることを選択するということ。

(神様は)物質がない所に物質をつくることを選択し、時間・空間の創造を選択し、時間がないところのある一点で時間を創造された。極めて深遠な話ですが、真実です。

弁証学では伝統的にこうした結論、神様の属性を中心にしてあらゆる面を論じています。これがキリスト教の伝統的な神観でした。そこにイエスが人であることを加え。また神の証明として、人であるイエスが死んで、生き返ったことを示す。この復活をめぐる話は、イエスがただの人間、ただの預言者でなく、神様の肉を持つ実体であることを示しているのです。

主よ、どうか、わが口の自由による(自由意志に基づく)さんびの供え物をうけて、あなたのおきてを教えてください。(詩編119:108 英語直訳

この自由の讃美、自由意志(freewill)に注目すべきでしょう。選択の自由があります。

105 あなたのみ言葉はわが足のともしび、わが道の光です。

聖書を読まなければなりません。

明け方、あるいは夜半に、道を歩くとき明かりがどれほど必要ですか-とくに山道を進んでいるときには。これが霊的探究の道であるなら尚更に明かりと地図は欠かせません。(明かりと地図)それは神のみ言です。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

9月8日のキングズレポートで江利川会長が報告したこと【日本語】

途中のエルダー氏の英語/韓国語通訳と李サンヨル協会長の発言の部分は管理人による編集でカットしています。韓国の兄弟姉妹の皆さんは、下のオリジナル動画で2時間20分~ご覧ください。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

すべての暴君に愛をこめて-話題の写真(KING’S REPORT)から

ようこそ、キングズ・レポートへ
私は天一国二代王、ショーン・ムーンです。

ティムも知っているように、この間、ある写真をフェイスブックにアップしました。
フェイスブックページで見つかります。
タキシードっぽい服を着て、白いワイシャツに蝶ネクタイを結んでいました。覚えていますか?

P380(KAHRの自動拳銃最小モデル)と、黒のスパイダルコの(ミリタリー)ナイフをもってポーズをとりました。その時の衣装にぴったり合っていたからです。

その時の写真を見せてくれますか。私のフェイスブックページに載っているはずです。

これが大騒ぎを引き起こしたそうですね!バカバカしくて私はフェイスブックを見ていませんが。ピエールも驚いていました。

家庭詐欺連合が大騒ぎです。面白いのはサタン側の人々は、誰かが「武器」をもっていると強烈に拒絶反応を起こすことです。なぜ拒絶反応を起こすのかというと、「武器」そのものを制御していると見せて自分を善い人に見せかけたいからです。自分たちは武力を用いたくないと・・・その代わりに圧倒的な政府の権力機関に任せて奪わせるのです。家庭詐欺連合の性質がよく現れています。

あの、狂ったフェミニズム、男性嫌い、お父様をヘイトする魔女たちが、わめき散らしているのです・・この写真を見て・・・。

おもしろいですね。写真をもっと出しましょうか。もっとキーキーいいますよ。さらにヒートアップしてわめくことでしょう。わめく程いい、というのです。

「主権」を愛する者たちは、その「主権」を周りの人にも広げようとします。これを素晴らしいと思うのです。つまり、周りの人たちが、ポリティカル・コレクトネス(言葉狩り、見かけ狩り)や、不要な罪の意識、また世間の攻撃、服従させようとする攻撃に対して立ち上がることが素晴らしいと。

「いや、自分は自分の家族を守る手段をもち続ける!自分たちが作ったいかなる国にも頼らない。お前のような独裁者を倒すため、必要とあれば命を懸けて戦いもするという多くの仲間がいる。」

すると彼らは骨の髄まで恐怖を感じるのです。

写真が出ますか?

蝶ネクタイをつけた私、二代王です。銃のコミュニティに所属しているので銃を携帯しています。それに黒のスパイダルコ(ミリタリーナイフ)。ネクタイの裏に潜んでいます。
小さな「お化け(モンスター)」です。

翻訳・字幕:管理人
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

「文在寅は自分で王冠を被りました」KING’S REPORT 5月9日【日本語字幕版】

(李相烈会長)ありがとうございます。

こうして韓国は活動してきました。サンクチュアリから国のために戦い、津波のような左翼のプロパガンダと闘ってきたのです。左翼支配は大学やメディアなどの有名人らすべてを道具に利用して、すべての歯止めを引っこ抜いて韓国を自滅させ、社会主義へのらせん降下を始めました。経済はますます駄目になるでしょう。中国、サタン側により結びつくことでしょう。恥ずべき現実です。悲しむべき事実です。神様が準備された祝福と、お父様が築いてこられた基盤のすべてが失われました。

1人の女性の虚栄心のために。

1人の自己陶酔、自己中心的な女性のために。主を裏切り、神様に背を向け、神とあがめられるように自分を台座に置き、とてつもない異端と堕落をもたらしました。エバよりひどい。
堕落した異端と反逆の真の代身者である女性です。その不名誉の醜聞は永遠に残るでしょう。

政治権力やお金ではない、(母)その人を愛する息子が、この道を進むことを必死で止めたのです。ミクロの世界での出来事がマクロ(世界)に及ぶことを知っていたからです。サイコと自己陶酔、権力の渇望、支配することに対する不正な悪魔の欲望を追い求めたのです。実質的に再臨主を消し去っているのです。自分がメシアだと主張し、6千年摂理歴史の実だ、独生女だ、神だ、救世主だと主張しながら・・破壊者、異端者になったのです。

堕落人間たちの上に神の呪いと審判をもたらしました。天の大きな賜物と尊き宝を地獄と交換しました。宝はピラミッド組織でも地位でも権力でもありません、それは主です。

彼らはクーデターを起こすとともに地位と権力に3年間しがみつき、今崩壊しています。
家庭詐欺連合が崩れるにとどまりません。道徳的権威は全くのゼロ。権力の淫婦、売春婦たちが支配し、文字通り内から崩壊しているのです。その勢いは急速に加速しています。人々はお父様の権威のもとに戻ってきています。なぜか。

お父様の権威はすでにくだされたからからです。私にです!
再臨主、キリストの相続者、後継者、代身者です。
自分が選んだのではありません。
お父様が選ばれたのです。
それが私です。

私が何か素晴らしいことをしたせいでも、私がそれを望んだわけでもありません。
お父様が私を選ばれたのです!

自分の思いで主張していないのは私一人です。
ティム、そうでしょう。

悲しむべき日、マクロ(国家、世界)もミクロの出来事にしたがいました。
韓お母様が本性を現わし、世界を奴隷化するという欲望を現わしたのです。

情けない悪なるサイコで、ナルシストの「最高委員会」、
世界の人々に対して絶対権力を持つというのです。
ゾッとする悪夢のような、反理想郷的、悪魔的、地獄の王国です。そこを目指したいのです。それが公式見解だというのです。

今日マクロでも宣言がなされました。文在寅は自分で王冠を被りました。洗脳された民、特に2千年以降に生まれた若者たち、マルクス主義者の大学教授に洗脳されたものたち。彼らが左翼、共産主義者に投票し、国を乗っ取りました。もはや困難になった韓国経済、政治、国民。

今後ますます性の相対化が進むでしょう。ゲイやバイセックス、トランスジェンダーが取り入れられ、拡がるでしょう。腐敗と堕落が進行するでしょう。うめく国家と天使長権力のもとで。さらに福祉国家化が進み、政府に支配されるでしょう。夫から妻を引き離し、離婚が増えるでしょう。家庭崩壊が増大するでしょう。膨大な予算を投入して見栄えは良くするが遅かれ早かれ崩壊することは目に見えています。結局は談合とロビー活動で国民から多額の税金を奪うでしょう。力ずくで税金をとるのです。そうして天使長の力を増すのです。地上でもっとも悪魔的な中国共産党と手を組んで、中国の属国になるのです。トランプと三代王権との結びつきを弱めるのです。

韓国のために祈ります。

特に勇気を持って戦ったサンクチュアリの兄弟姉妹のために。彼らの闘いは・・戦いはいつも勝てるとは限りません。負ける戦いもあるでしょう。だからその戦いが不名誉だということはないのです。

サンクチュアリの兄弟姉妹の皆さん!信仰の闘いをよく戦いました。しかしまだ戦うべき戦いは残っています。彼らは闘いました。彼らだけが前に出て闘ったのです。保守革命を先導したのです。ソウルに集まる五百万人の革命の真っ只中にアメリカ国旗を持ち込んだのは彼らです。なぜか、それは彼らが三代王権につながっているからです。彼らは指示を受け、それを自分の国で実行したのです。彼らは宣布し、神様は奇跡をみせてくださいました。
「あとのものが先になり、先の者があとになる」、その歴史的事件の最中に見せて下さったのです。
兄弟姉妹がひっくり返したのです。彼らは旗と「アメリカとの同盟が破れ、中国の属国になってしまう」という横断幕をもって最前列に出ました!そんなことをつくりだすことができません、誰かにお金を出しても無理だというのです。彼らは国家の代表として戦ったのです。闘いはたとえ勝てなかったとしてもです。いま彼らは最も祈りを必要としています!祈りと支持を必要としているのです!神様のみ旨と神様の霊とともに動かなければなりません。安全な場所に行けるように。

文在寅がその位置につけば、私が何度もいってきたように、アメリカ軍の存在は弱められ、アメリカ兵を追い出すことでしょう。その時こそ、血統を守るときです。家族を守るのです。
ちょうどユダヤ民族が征服された時そうしたように。この後、また李協会長と話します。

翻訳・字幕:管理人
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

「地上の王国から主権と権威を取り戻す」KINGS REPORT 5月5日

驚いたことに、今の韓国でも、ある兄弟に奇跡が起こったといいます、啓示を受けたというのです。

私が、代身者、相続者、後継者、天一国二代王として自分の席に座りなさい!そうしないとその空席をサタンが取る、と話すのを聞いたとき、強力な神様の啓示を受けたというのです。

「大統領の席に座りなさい」というものです。

どちらかと言えば韓国の地方に住むごく普通の兄弟なのですが、彼は決意して祈りに祈ったそうです。どうすべきか沈思黙考して考えをめぐらしたのです。

すると神様の霊は韓国のホワイトハウス、青瓦台で三代王権に仕える何か象徴的な条件を立てるように導かれたそうです。

しかしどのようにそれが可能でしょうか。青瓦台にも、大統領にも何のコネもないのです。
ところが彼の町にハリウッドから映画の撮影に訪れていて、そこに青瓦台のセットが建っていたというのです。そこで彼はそこに旅行者のように訪ねていき、もちろん三代王権の写真を携えて-一緒に彼の王冠も持っていったそうです。

青瓦台セットの大統領の席に三代王権と王冠をもって象徴的に腰かけて、その写真を送ってくれました。少なくとも神様の要請に応えた印です。神様の奇跡です。彼が神様に背中を押されて行ったことは、王国を取り戻すことの象徴的行為でした。

なんと素晴らしいムーブメントでしょうか。お父様の権威のもとにあるすべての人々が、王冠を被ることから始める。

彼らのうえにはいかれた丸坊主の相続者、後継者がいて、文鮮明師の後継者であり王冠を被っているのです。スーツまで来ています。そうそう、あのカッコいいタクティカルジャケットを見せてあげたいですね。5千円位でとても機能的です。あんないいものがあるなんて信じられません。

中国製でした。中国全体主義政府は憎みますが中国人は本当に愛しています。
教義を無理やり教え込まれ、抑圧され、打ちすえられています。

何の話でしたか?

そう、神様から押された動きだということです。われわれの王国を取り戻すという話です。外的なものから内的なものへ。全員が立ち上がって自分の王位を求めるのです。それと同時に、可能な場所なら、自分の所有を守るために修正第2条、武器を持つ自由を行使して、自己の領地に主権を確立する。

人権と自由と責任の思いの中で心と魂を動かすのです。将来、天一国と呼ばれる王国のために!皆が王冠を被る姿を想像して下さい。この世に対する権力構造にたいして権威をもって、将来、神の国が到来することを語る。

凄い!

素晴らしいことです。

聖書(黙示録)では4番目のラッパから7番目のラッパにいきます。この世の王国に対して返還要求をだすのです。

英国人でもない英国王室について言っています。もともとはドイツのウィンザー家の流れを汲みます。サクス=コバーグ=ゴータ家の系統です。イギリスのフィリップ王配が昨日、ニュースに出ていましたが全くの悪魔のようです。見た目もリアルな吸血鬼のようです。まさにドラキュラ伯爵です。この見た目もドラキュラ伯爵のような王配はヴラド・ツェペシュの子孫です。フィリップとチャールズ皇太子のどちらでしたか?

チャールズ皇太子がヴラド・ツェペシュの子孫でしたね。このスーパーエリート、悪魔の写真を見てください。ドラキュラ伯爵の絵を描くか、映画を撮るときこの人を選ぶでしょう。その人そのものだからです。血統がヴラド・ツェペシュにつながっているのです。ツェペシュ(1430頃 – 1476頃)はトランシルバニアの血に飢えた王、君主でした。彼をからかおうとして言っているのではありません。この人は実際にこう言ったのです。「生まれ変わるのならウィルスになりたい。そうすれば人口増加を防げる」。その文章を出してください。文字通り、ウィルスに生まれ変わり、人を殺すというのです。これが愛すべき君主の姿です。英国の君主の一人です。イギリス人ではありません。ドイツのサクス=コバーグ=ゴータ家の血を引く者です。トランシルバニアの血を飲む君主です。しかも子供の血です。

そもそもドラキュラ伝説の起こりは、実際に子供を殺しその血を飲んでいた王家、そこの女性たちは血を飲むことが美容にも健康にも良いと言って・・・

「もし私が生まれ変わるようなことがあるなら、殺人ウィルスになって戻ってきたい。そうすれば人口増加問題にも少しは役に立てるだろう」

愛あるフィリップ王配・・・

悪魔だ!

これを1988年、ドイツ通信社に語っています。

悪魔的、サタン的王たちです。中央集権政府で悪の世界に君臨し支配するのです。偽りの相続人であり、まったく違法な者たち、裏切り者です。権力のために魂を売る。

聖書はこの悪魔たちについて警告しています。彼らの王国は取り戻される。この世の王国はわれらの主とキリストの王国となる。世々限りなくキリストが支配する!アーメン。
これは全能の神と神がその権威を与えた人々の力である。

その時、その日。天一国で成就するのです。地上の悪魔たちも知らないその時、邪悪に光る眼のレーダーのもとで天一国は起こります。深い海の中からわき立つ泡のように。いまだ目には見えませんが、わき上がってきます。

神の民として万王の王、その王権とともに立ち、氏族メシア、王、王妃として、
地上の王国から主権と権威を取り戻すのです。

 

翻訳・字幕:管理人
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

「トランプ大統領が素晴らしいことをやってくれそうだ!」KINGS REPORT パートII5月2日


さあキングズ・レポート再開です。
今日は2017年5月2日。
天一国2代王、文亨進がお送りしています。

また、トランプ大統領が素晴らしいことをやってくれそうです!
「ウォールストリートの銀行を、解体することを考え中」!凄い!

トランプは本当の支配者が誰か、知っているのです!
JPモルガンやゴールドマン・サックス、このロスチャイルドやソロスにつながる者たち。
最終的にすべてロスチャイルド家に結びついています。
(トランプ大統領は)銀行が問題であることを知っているというのです。

これは今に始まったことではないのです。アンドリュー・ジャクソン大統領(第7代)、民主党の大統領ですが、トランプ大統領はジャクソンが大好きなのです。大統領執務室に胸像を2つも置いているほどです。肖像画まで飾っています。

アンドリュー・ジャクソン大統領は一体誰と闘ったのか。何者を追い出したのか。
ヨーロッパの中央銀行です!

ジャクソン大統領はヨーロッパをよく観察し、ヨーロッパが中央銀行に乗っ取られる様子をつぶさに見たのです。ナポレオン戦争の最中にです!歴史を理解していました。ヨーロッパで何が起きたのか。ヨーロッパの落日はその通貨発行権を奪われたことに起因すること。
ひとたび、銀行家が通貨発行権を握り、紙幣を印刷して法定不換紙幣を量産しだすと、実際上すべてを支配できるのです。国家、政治家、政策、宗教、そのすべてをほしいままにするというのです。全国民が銀行の年季奉公人、借金奴隷になるほかないのです。

これは近代的なかたちの「征服」です!
ドナルド・トランプが立上り、ウォールストリートの銀行の解体方法を考えているのです。

ブルームバーグによると、ドナルド・トランプ大統領がウォールストリートの巨大銀行を消費者金融と投資銀行に分割する考えを温めているという。

このアイデアを国進兄さんも話していましたね。

これは天一国憲法にも定めがあります(エルダー氏)

銀行を上の2つに分け、いかなる銀行も1%を超えて市場を占有できません。

トランプを讃えましょう!大したものです!

「今それを考えている」とトランプ大統領は言った。「昔のやり方に戻したいという人たちがいる。だからそれを検討しているところだ」―トランプ大統領。株式市場は大統領のこのコメントで一時下げたが、また正常値に戻した。

ここで下げて戻しています。
トランプはFRB(連邦準備制度)も、ウォールストリートも、グローバル銀行カルテルも信用しないと言いました。

お前たちの植民地、全世界支配を破壊してやろうかどうか考えている・・と言っているのです。

CNBCニュースのツイート、
トランプ大統領の銀行分割を検討中との発言で一時下げたものの、ダウ(平均株価)はまた反発した

月曜日、大統領執務室でのブルームバーグ・ニュース記者とのインタビューで発言した・・・

ブルームバーグですって!

彼(トランプ)が選挙運動中に示唆したグラス・スティーガル法(1933銀行法)の復活について尋ねられ、そこでの消費者向け金融と投資向け金融との分離のやり方は1999年にビル・クリントン(大統領)によって撤廃された。

この考えは共和党の綱領にも入っており、2016年7月(トランプの)選挙対策委員長ポール・マナフォートが支持していた。

「オバマ―クリントン時代は大銀行に都合のいい法案ばかり通していたと思う。だから承知の通りウォールストリートのお金が全部、彼女(ヒラリー)に流れたのだ。われわれは小さな銀行と(ウォールストリートではなく)メイン・ストリート(小さな都市)をサポートする。」―トランプ大統領

これです!地方銀行、地方の主権です!すべての銀行が中央銀行の支配を受けています。グローバリストはつねに中央集権、政治的サタン主義を好み、通貨発行を支配し、通貨の関わり方まで支配しようとします。彼らがそれをやると皆、奴隷になるのです。なぜならお金を手に入れるためには1か所しか、行くところがないからです。一方、多数の競合する銀行があれば色んなところに行って、好きな取引ができるのです。見て回ることができる。それが中央に一本化されると一通りだけ。

権力の集中があるところ必ず腐敗の集中があります。資本の集中は権力集中の一形態です。だから銀行は小規模にして資本を分散させるのです。

サタンは背後で「権力集中がいい」と言っています。

天一国合衆国憲法で銀行の市場占有率を1%に制限していることには理由があります。

独占できないように・・・

その通りです。

私たちの国、主権国家には絶対的に必要なことです。
自由と繁栄の国に!
主権ある国家には。

また天一国憲法では商業銀行と投資銀行が分かれています。

トランプはそこを攻撃するのです。彼には分かっているのです。銀行に向けてそれとなく「また分割やろうかな」とメッセージを送っているのです。まだ手の内は見せません。しかしこれまでの大統領が約束してきたように「銀行を守る」とは言いません。すべて会社との約束には金銭が絡みます。それに対してトランプはすべて自分のお金で闘ってきました。どこの特別利益団体からもお金を受け取っていません。彼の選挙運動はトランプを大統領に当選させました!

今日、ペンス副大統領とトランプ大統領はホワイトハウスで地方銀行家のグループと会談し、ドッド=フランク法のような小さな銀行に不利な煩わしい規制を廃止することを誓った。
「皆さんは小さな、コミュニティ銀行かもしれないが、アメリカ経済成長にとって大きな大きなインパクトを及ぼす」とペンス副大統領が言うと、トランプ大統領は「コミュニティ銀行が強ければ、アメリカも強い」と付け加えた。

そのとおり!

これは凄いニュースですね。支配と中央化の根幹に迫るものです。政治天使長全体の資金源です。ワシントンに根深くはびこるネットワーク!文字通りサタンの心臓を突くものです。

翻訳・字幕:管理人
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

「だから私は言っただろう!」KINGS REPORT 5月2日

トランプがしてきたことを見ると、トランプは彼らの「総仕上げ」を叩き壊したのです。

彼らは不完全であるだけでなく「悪」なのです。喜んで人を欺いているのです。自ら進んで詐欺を行っているのです。違法であり、単に自称しているのでも不誠実なだけではなく、喜んで詐欺行為をしているのです。

これはミクロ圏でも同じことがなされています。彼らは私の登場をまっていましたが、そのバカバカしいイベントをすっぽかしてやったのです。偽りの、全体主義的、サタン的文書、彼らの「天一国憲法」を発表する道具にしようと私を待っていたというのです。

しかし私たちは無視しました。
すると、ああ、なんと、なんと・・・
お母さまのもとに来ないとは!

幹部たちは全員、韓オモニがお父様を裏切るだろうと見込んでいました、そして、お父様の影響を消し去る異端行為を助けたのです!

いまや天正宮を去る人々の大きな盾に私たちはなっているのです。「このようなことはなさらないで下さい。社会的自殺行為です」といった人間のクビをオモニが切ったあとの話ですが。

つい先週のことです。天正宮のある夫婦が、お父様に戻る祝福を受けました。その夫婦も「お母さまはお父様を消し去っている」といいました。だから私は言ったでしょう!このソシオパスたち!

もちろん彼らは罪人として帰ってくるのです。すでに救いから遠ざかり、神様の血統から離れた堕落人間として戻ることになるのです。それがどうしたというのでしょうか。それ以外の選択は地獄しかありません。完全に神様から離れてしまいます。罪人として、悔い改めながら戻ってきなさい。尻尾を巻いて、謙遜になって、深刻な罪を犯したことを自覚しながら、お金に負け、不忠を犯し、自己の責任分担において立ち上がろうとしなかった!不名誉で弱い人間、ソシオパス(社会病質者)としてサイコパス(精神病質者)を助けてきた。そして間違っていた!

しかしこれ以外の道は「死」しかない。天一国の法律ですべての反逆罪と扇動罪、自分の犯した国際的犯罪の裁きを受ける。天一国創建の後は、彼らのその国際的犯罪を裁判所で裁きます。毎週のように、恵まれたペースで人々が目を覚ましています。この不忠の盗賊、異端の群れを出た後、どこにも行くべきところがないことに気づき始めているのです。
まさにトランプが言ったように、何やら自分で自分をある位置につけ、違法なことを自発的に、積極的に(!)詐欺行為をおこない、嬉々として、悪行を行ってきたのです。積極的に「崇めろ、崇めろ」と言ってきたのです。その権限が無いにもかかわらず。

真のお父様の後継者、代身者はただ一人!お父様が任命されたのはただ一人!

私です!

真の父母の相続者にして後継者、代身者。自分で任命したのではありません!万王の王が任命されたのです! アージュ

翻訳、字幕:管理人
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

「中国が統一国家である限り朝鮮半島の統一はありえない」国進様の指摘 4-17-KINGS REPORT

 

名称未設定   YouTube.png

キングズレポート4月17日(月)から

きのう話の中で、ある人が韓国,北朝鮮の統一に関して聞いたとき国進兄さんが次のような鋭い指摘をしました。

韓国と北朝鮮が統一されるためには中国が分裂することが前提条件である。中国が統一国家である限り朝鮮半島の統一はありえない。韓国・北朝鮮間の外交が統一のための最重要な鍵とみる人が多いが、東アジア最大の地政学的超大国、中国を無視して考えることができない。中国が今のように、複数の勢力に分裂せず、単一の国家として存在する限り、韓国及び米軍との干渉地帯としての北朝鮮は不可欠である。

朝鮮半島統一の現実的シナリオは中国が多数の勢力に分解することである。歴史的にも中国はその統一を維持するために戦争を起こしてきた。なぜなら力で他民族多文化を一つに束ねる必要があるからだ。そのために中央集権政府を維持してきた。そうすることで覇権拡大と帝国の維持が可能になる。

中国の権力中枢にいるサイコ、エリートは帝国主義者であり唐王朝を信奉する者たちであり中国が世界の中心であるという中華思想の持ち主だ。チャイナタウンは唐人通と呼ばれている。唐は7世紀から10世紀にかけて巨大な帝国を築きた。その帝国主義的、征服主義的性格は中国が小勢力に分裂でもしない限り必ずついてまわる。

翻訳:管理人
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

亨進様が読み上げたロイター記事「ペンス米副大統領訪アジアについて」

亨進二代王が4月14日のキングズレポートで読み上げられたロイターニュースの記事の日本語訳。

Vice President Pence heads to Seoul as North Korea tensions flare Reuters

高まる緊張の中、ソウルに向かうペンス副大統領

By Roberta Rampton | WASHINGTON
ペンス副大統領が日曜(16日)韓国を訪問する。北朝鮮の核開発をめぐって高まる緊張の中、同盟国に対するアメリカの支援の意志を表明するためのものだという。

以前から計画されていた副大統領のアジア歴訪10日間はソウル(韓国)訪問でその口火を切るが、それは予想される平壌の6回目の核実験の実施時期と重なることとなった。

トランプ大統領はこれ以上の挑発を抑えようと空母を送りその力を見せつけた。北朝鮮の核の野望をくじくため軍事オプションに加えさらに厳しい経済制裁も検討中だ。

ペンス副大統領は韓国の黄教安(ファン・ギョアン)大統領代行との会談(17日)の前日の日曜日は米韓両軍兵士とともにイースターを祝う予定だ。

「大韓民国と北朝鮮の弾道ミサイル、核開発をめぐって論議するつもりだ」とペンス氏の訪韓についてホワイトハウスの外交補佐官は述べる。

ペンス氏がソウルに降り立つ日は北朝鮮の最大の祝日である「太陽節」の翌日にあたる。訪韓時に北朝鮮、金正恩による核実験が行われる不測の事態に備えた計画をホワイトハウスはすでにもっているという。

「残念ながら、我々は驚かない。彼(金正恩)はどのみち核開発もミサイル打ち上げも継続するだろう」と補佐官は言う。また続けて-
「この(北朝鮮の)体制にとって問題はやるのかやらないのかではなく、いつやるかだ。われわれはそれに対抗するための準備が十分整っている。」

ペンス氏は東京、ジャカルタ、シドニーでも北朝鮮の「好戦的態度」について議論するという。それに加えて「自由で公平な貿易」についても対話がなされる予定だ。

トランプ氏は選挙戦を「アメリカ第一主義」を掲げて闘った。そこではアジアその他の貿易相手国に対しアメリカに不公平な措置を取っていると言ってきた。

オバマ大統領が交渉してきたTPP(12カ国環太平洋戦略的経済連携協定)離脱はトランプ氏が大統領として最初になした仕事だ。
「TPP離脱は太平洋地域からの撤退に見えるかもしれないが、実際はアメリカの経済プレゼンスは変わらない」-補佐官談。
火曜日(18日)からトランプ大統領と安倍晋三首相の求めに応じて経済交渉が行われる。今回の交渉は個別の産業についてというよりは先での具体的交渉の「枠組み」作りになるものと思われる。

ペンス氏はジャカルタなど行く先々のビジネス指導者とも会談をする予定だ。しかしインドネシア政府との間の懸案であるアメリカの主要鉱山会社フリーポート・マクモランなど具体的問題には立ち入らないと思われる。

「アメリカはインドネシアでの一般的なビジネス環境について話を交わす予定だ」-補佐官談。

(Reporting by Roberta Rampton; Editing by Michael Perry)
The King_s Report 4 14 2017 洋介のブログ

この記事を読み上げた後、亨進様は以下の点について語られた。

  • トランプがネオコン勢力(主に共和党主流派)に囲まれている。自分の政策を通すための取引の範囲をこえてネオコンに浸透、抑制される心配がある。
  • トランプ政権のアキレス腱はジャレッド・クシュナー、イヴァンカ夫妻だ。

(事実1:シリア攻撃の翌日にトランプの選んだゴーサッチ判事の最高裁判事への任命承認が共和党による強行採決で通った

翻訳:管理人
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村