まもなく大漁の日が来ます―キングズレポート・ダイジェスト

Ready for the Massive Fish(2018/11/09)

翻訳:ANNE

神様は数百万の世界中のクリスチャンを準備されておられます。
国境をまたいだ上流階級によって抑圧され、踏み付けられてきた人たちです。もちろん左翼の上流階級のことです。

神様はマグロを丸ごと準備されておられます。
カジキマグロのような、どんなものであろうと。わかりますか?

天国のお父様は釣りをされておられるのです。
そしてまもなく大漁の日が来ます。大規模な収穫の日が訪れます。

現在起こっていることについては(まだ)気ままに語ることができません。ただ申し上げたいのは、皆さんの祈りが大きな力になっているということです。

祈りの精誠があったからこそ大きな役事をもたらしているということだけは確かです。

篤実な信徒の祈りによってキリストと共に歩み、裏切ることなく、炎の中にあって更に信仰が篤(あつ)くなる力がありました。

今、全ての人の上に聖霊の御力が降りそそがれていますが、既に収穫の準備は整っているのです。信じられないほどに。
我々が、かつて経験(目撃)したことも無いくらいのことが……ここまでです。
これ以上は言えません、いいですね?

しかし皆さん、いろんなことが急速に変化します。

戦いは続きます。政府にはびこる左翼、共産主義者、政治的サタン主義者がここペンシルベニアでも一つの小さな争いで勝ちました。上手くできたもので、そのことでさらにもっと不安が高まり、ペンシルベニアのアベル的な主権を唱える皆の尻を叩いています。のんびりしている場合じゃないと。

終いには、ジョージ・ソロスはテロリスト集団にもっと資金をつぎ込み、更に激しく保守主義者に攻撃をしかけます。
「なんてことだ、やつらは何て危険なんだ」と保守は気がつきました。やつらの思い通りにさせるわけにはいかないと。

それで彼らは「鉄の杖の王国の祭典 The Rod of Iron Festival」を待ち望んでいます。
神様が準備してくださっています。神様が整えてくださいます。
人も用意されています。

収穫に間違いはありません。
キリストのための決定に間違いはありません。
人びとはキリストの王国を強く願っています。

ですから、恐れないでください。心配しないでください。
代わりに、神を信じてください。主を信じてください。

聖書に記されているように、主を信じてください。
自分の考えに頼ろうとしないでください。

全てを認めて受け入れるならば、主はあなたの行く道を整えてくださいます。

これこそ、今の私たちにくださった福音です。

キリスト教を共産化する目的で、偽者の教師が偽(いつわ)りの預言を多く広めています。
ちょうど家庭詐欺連合も共産主義になったように。

悲惨なサタン的な天一国憲法をみてください。
邪悪な、邪悪な世界中を占める全体主義。
権力に飢えた気味の悪い悪魔たち。徹頭徹尾、悪に染まっている。

真のお父様の血統(を守るもの)と比べてみてください。
お父様の王権と私たちが発表した天一国憲法、男女を守り人類を守り最大限に権利を保障する。王と王妃として昇格します。

片方は奴隷で片方は自由という・・・比較にもなりません。わかりますか。

アベル的、主権的なキリスト教徒が、天一国憲法を受け入れる準備が整っています。
そして主の再臨を熱望しているのです。

この第一歩が正義の一歩となるのです。プロテスタント教会が正義の王冠を受け入れる準備ができているのです、皆さん。

全て整って、私が皆さんに言うべきことはこれです。

覚悟ができていますか?

神様が用意されている驚くほどの刈り入れの、準備が出来ていますか?

もしもまだなら、

備えよ、備えよ、備えよ、備えよ、備えよ、備よー!!!

これは辻説法です。(笑)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

 

神の王国のため立ち上がる者―キングズレポート・ダイジェスト

2018/12/21 に公開

翻訳:ANNE

The Only Man for God

対抗するために立ちあがることが出来る、地球上でただ一つの勢力です。具体的には何のために戦うといえば、夫のため妻のためであり、強靭な家族のためであり、絶対「性」を守る結婚であり、保守の価値のためであり、全てお父様が先頭に立って戦って来られた内容です。

庶民を脅かす捕食者どもから守るため実質的に戦って来られたのです。わかりますか?
神の王国と共にお父様の王国と共に立ちあがる人びとの、この星でたった一つの体、それは福音派クリスチャンなのです。世界中の大勢のキリスト教会の人々がその位置に立っています。キリストの体として立ち上がっています。

左翼の過激的テロ行為を阻止するため。覆面をした進歩主義と言いながらその実態は文化的マルクス主義者、社会主義/共産主義者、この世界を征服しようと企む鬼のような悪魔的サタン的集団です。

しかし、良心的な人々が出てきました。ブルーカラーの労働者から始まったのです。生きていくために労働する人たちから始まったのです。ヨーロッパの例にしても上流階級の巨大デジタル・技術(企業)エリート、、ハリウッドの下で踏みにじられながらも、じっと我慢をしてきたその人々です。それらによって子供達が取り去られ、離婚率がウナギのぼりになりました。以前にも話しましたが。

工場を閉めて仕事を奪えば肉体労働をするたくましい男性が誇りを失うのを、グローバリストや中央政府、共産主義者は承知の上です。そして妻が夫を粗末に扱い見くだすようになり。男性が稼げなくなるに応じて離婚率の上昇を見る事ができます。特に肉体労働を要する工場勤務の男性の給料が下がり、離婚率が上がっています。

興味深い事に、家庭が子供を持つ割合は減りません。つまり、子供が生まれても離婚するか、未婚のまま出産し、片親で育てているのというのです。とくにシングルマザーに新しい男性がいる場合、児童虐待の危険率が最も高いのです。お父さんお母さんといる子の11倍も高いのです。わかりますか?

政治的サタン主義者はこのことを知っていて、強い男性を弱体化さるために非産業化を進めたのです。仕事を通じて体を使い男性がたくましくなれる、健全な生活を送れるような職場を取り上げる必要があったのです。

だからこそアメリカは強かったのです。中産階級の男性達は肉体を使って働いてこれました。年収80,000ドル(約870万円)ドル稼げたのです。わかりますか?

それがアメリカの現実でした。税率も低い、それこそ所得税も無く稼いだ分だけとっておけたのです。

ですからもちろん、世界中のみんなが来たがりました。ここで一生懸命に、アメリカに馴染ん
で少しでも身を粉にして働くならば、富を得られたのです。伝統的な仕事をして街を整備することもできました。電気技師、大工、配管、土建、警官など何でもしながら、低税率で年収 6、7、8万ドルを稼ぐことができました。20世紀になる以前には、所得税徴収はありませんでした。

ですから、驚くべきことにそれは素晴らしい王国のような状況でした。皆がアメリカは神の王国であるとみたのです。しかし持続しませんでした。憲法を壊して。奴隷制の罪の中で行われた憲法修正の過程がサタンを忍び込ませる小さな穴を開けさせてしまったからです。

しかし神の王国では、その穴は閉じられます。そして私を助ける人は称えられるようになり再び誇りとなります。

ですからトランプ大統領は素晴らしいのです。(神の王国の)建設を率いているからです。ブルーカラー労働者のため、前面に立って戦っています。体を張って、愛する妻と子供達のために立つ彼らのために。真実の人です。

彼らのために立ち上がった結果、鉄鋼業が再稼働し、製造業が再開し、炭鉱が再開し、石油採掘再開しています。

なぜそれが良いかというと、男性達が仕事につけるからです。収入もきちんと得られます。それもただ単につまらない頭だけ使ってコンピュータおたくがお金を稼ぐようなものではなく。実はそのようなベータメールが、女性を惹きつけることができるよう仕組まれているわけですが。

アルファメールのような強い男性を女性に引きつけたくないのです。なぜなら肉体労働するので強くたくましくなり、武装するようにもなるからです。

肉体労働する人は殆ど保守的です。
大怪我をするかもしれませんから無茶はできません。わかりますか?
体を使って仕事をする男性はおおよそ保守的です。昔からはっきりとした事実です。

頭がいいと思っている、ほとんどの無能な子らの小さなピンクの脳で、世界を滅亡させることができると思い込んでいます。共産主義によって最もおかしくなってしまった、イカれた秀才たちが。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

韓オモニの「宣誓証言」をみましたか -キングズレポート9月14日

韓オモニの「宣誓証言」をみましたか-キングズレポート9月14日

翻訳:Harry

韓オモニの「宣誓証言」をみましたか ?

オモニは霊的中身がない人のようでした。
悲しいことです。
 
キリストを捨てると抜け殻のようになってしまう。魂も喜びも神様に対する情熱も失う。ただ残るものは自己崇拝、自己崇拝。
質問に答えることもできなかった。自分でも話す内容の滑稽さ加減に気づいている。自分が神であり、独生女、メシアだというのですから。
それを(相手の)弁護士にも言えなかったのです。
オモニは質問にまともに答えることができませんでした。
自分でも普通の人なら滑稽に感じると思ったからです。
もちろんクリスチャンは馬鹿げていると思う。

スタジアムの行事も失敗しました。
ブラジルで3万人動員しようとしていました。お金で動員して、キリスト教の牧師たちとコンサートを計画していました。
神霊とキリスト教会がわれわれと共にあることをねたんだ彼らは、「そんなことは簡単だ。キリスト教会にお金を払ってクリスチャンを集めればいい」と考えたのです。

どうなったかというと、がら空きのスタジアム。
聖霊に満ちた、本物のクリスチャンは彼らに付いていかない、一緒に参加しない。
お金で動くフェイクな牧師だけです。聖霊に満ちた本物のクリスチャンはそんなことはしません。接触する人の中に神の霊を感じないと、御手の働きを見ないと動きません。

アーメン。

サンクチュアリが多くのキリスト教会の人々とつながるのを見て、「あんなものは容易いことだ」と思って、やってみたら惨めにも失敗しました。3万人の会場に3千人足らずの参加者。会場はがらがらです。その理由は、韓オモニが独生女という異端を宣言するというニュースが出回ったからです。バビロンの淫婦のような異端、自分が神だといい、神々の門(バビロン)を開いた、そして自己崇拝。とんでもない異端です。

オモニはそれをキリスト教会が受け入れるべきだと思っている。どれだけ惑わされ、虚しく霊的に死んだ女性であることか。血肉を受けた実の母の姿を見て、霊的に死んだ母を見てどれほど哀しく悼んでいることか!オモニが自殺するのではないかと心配しています。
何カ月もの間、頼みに頼みました。頼み続けたのです。顔を合わせ私に(独生女を)語る時、その度に頼みました。「お母さん、どうかそんなことを言わないで下さい、お願いですから」

韓国ドラマのように、抱きすがるように「そういう事をいうのをやめてください」と・・その度にオモニは私を払いのけて、私の頭を叩きました。まったくひどい状態でした。

オモニは自分でも気づかないうちに、霊的自殺を図ったのです。私が目にした姿はあまりにも・・満ちていて・・・悲しいことでした。皆さんもわかるでしょう。

ますます多くの人がこのことに気づいています。多くの人が自分たちの堕落を悟って家庭連合から救い出されています。迷い出て異端に陥っていたことに気が付いたのです。神様に背を向けて裏切っていたことを。

いま刈入れのときが来ました。目を覚まし、救われた人びとが波のように押し寄せています。韓国からの情報では、家庭連合にいる人がたった2時間で目覚めて、友人たちに悔い改めて戻るように証しているそうです。彼らは悔い改めています。もちろん堕落の事実を認めています。
地獄に行くよりは・・といって戻ってきています。地獄に行くよりは、主とともにいるのなら、といって。彼らは霊的生命を真剣に考え始めています。

私から見れば冗談のようです。相続者、後継者の私をあざけり、嘲笑し、バビロンの異端に立ちはだかる私を気違いだといっていたのですから。それが正気に戻りました。
すべてが崩壊しているのです。内部抗争、陰口、互いの陰謀とスパイ活動にあけくれている。互いに闘っている。がつがつと盗れるものは盗ろうと。地獄、悪の蜂の巣のようです。

大きなスタジアムに行っても誰もこない。満杯にしようと強く動員しても、さまざまな空疎な死んだ魂しか席にいない。彼らは死んだものです。会場にいるのはゾンビだけ。神霊も聖霊も、神の火も、人の魂を生かす火も、終わりの日に神の刈入れのための炎もなにもない。
聖霊が注がれない。

何もない、死と、空虚だけ。そこに行って、韓オモニがステージに上がり、そして降り、家に戻って「ひどかった」と言いました。

彼らも心の内ではわかっているのです。神様の霊が有罪を宣告しているからです。神の力がそう宣告しているのです。

ハレルヤ!

人びとは目覚め始めています。霊に撃たれるのです。聖霊の宣告、霊的な矢に射られている。
自分が神様に背を向け裏切り、反逆者、邪悪な悪事を行う者だと悟り始めています。
二代王を批判し、あざ笑い、呪い、その死を願った者たちです。その彼らが、自分たちこそ悪でいまわしいものであったことに気付いています。私がやってきたことは彼らを傷つけ、自分の母に害をなすためではないことに気が付きました。真実を話したに過ぎません。もしあなた方が邪悪でいまわしいことをしているなら、真実は地獄のように響くでしょう。

誰かがそれをしなければなりません。特に、後継者、相続者、万王の王の唯一の正統な相続者、後継者がそれをしなければならないのです。

アーメン。

私は自分に託された仕事をするだけです。天にいる私の父、私の内にあるイエス・キリストにただ忠実であろうとしています。

アーメン。

だからこそ聖霊がすべての肉の身に降り注ぐのです。聖霊が降り注ぎ、神の人は霊に満たされる。魂は刈り取られ、神の霊が人の心を燃え立たせる・・アメリカの建国の父たちがいうように。

復活のときを見ることができます。人びとは神秘的な力によって導かれています。

この間も一人の女性が聖霊の導きにより、電話してきました。サンクチュアリの信徒になりたいといって。軍にいた女性のようです。若い女性のようですが、詳細はまたわかるでしょう。私の何かを見て聖霊に動かされた、礼拝に行きます、私は退役軍人です・・といっていました。このようにアベル型クリスチャンが目覚めています。

世界の始まりに先立って保護する者、鉄の杖の仲間です。このような人びとが活動を開始し、聖霊に触れています。魂の収穫のときがきました。人類の救いのときが来たのです。

ハレルヤ! ホサナ、ホサナ!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

「崩れゆく家庭連合と神様の計画」 9/6/2018 キングズレポートより

「崩れゆく家庭連合と神様の計画」 

9/6/2018 キングズレポートより 【日本語字幕】

4分31秒 翻訳・字幕:Harry

私たちの教会の伝統の中で、ほとんどの若者たちは政治的な知識を全くもたずに育ってきました。だからみな共産主義者、社会主義者、左翼になるのです。韓オモニもどうしようもありません。トップのオモニが共産主義者、左翼なんですから。
かえって事態を悪化させるでしょう。世俗的なサタン文化に飲み込まれるということです。自分で言っておきながら笑えます。

この点を理解して下さい。不倫と堕落は、別の神をあがめることから始まります。いま家庭詐欺連合で起きていることを見てみなさい。文字通り別の神を祀(まつ)っている。韓オモニは自分を神としている。偽りの女神といったところです。

家庭連合がリベラル化しています。しかも急激に。急激な世俗化と、坂道を転がり落ちるような性的堕落。

公平に言いますが、韓オモニは同性愛に賛成するとは思いません。

しかしオモニがつくり出した相対主義的な文化、男性格の父親に対する敵意と憎しみ。遅かれ早かれフェミニズム運動に合流するでしょう。そして政治的に「同性愛」「LGBTQ」の運動と結びつくでしょう。完璧に提携するというのです。根っこがつながっている。分かつことのできない同盟だというのです。

共産主義者のお仲間と、社会主義者のお仲間。別々の犠牲者の群をかかえて同じ道を歩いている。わかりますか。

そういう悪魔の文化をゆるすと、他の悪魔文化のグループがみんな寄って入ってくる。そして群を荒廃させる。もちろんすでに起きていることですが。

公平に言います。オモニ自身は、同性愛を勧めたり支持したりすることはありません。なぜなら男性に対する根深い憎しみを抱えているからです。お父様に対しても、父なる神様までも汚しているのです。オモニがそうすることで、神々のための「門を開いた」のです。バビロンは「門を開く」という意味です。彼女は他の邪悪な神々を招きいれる門を開いたのです。

だからいま過激な・・とくにウエスタンの祝福二世の堕落の有りさまをご覧なさい。「同性愛反対」というものはほとんどいないのです。文字通り誰もいない。それに毎日どこかで誰かが、「自分はゲイだ」とカミングアウトしている有り様です。

これらの「堕落した祝福二世」たちはそのカミングアウトを見て、「なんて勇気があるの」「素晴らしい」「何と言っても愛が一番」などとたわごとを言って好意を示している有り様です。

これがそのまんまの家庭連合の状態なのです。何と悲しむべきことでしょう。地獄に行くことを自分でも知らないのです。もちろん同情しますが、人間には自由意志があります。彼らは自制心を失っています。

そこで神様は御自分を開かれて、招いておられるのです。
誰を?

家庭連合を(サタンの)「エサ」としてまいて、見返りに福音派キリスト教会を真のお父様、神様の王国と一つにされようとしているのです。(家庭連合よりも)ずっと大きな魚です。

神様の霊が信じられないような動きを準備されています。神の聖霊が注がれ、とても大きな福音派教会とつながろうとしています。神様の役事は驚くべきものです。

他方で、現在起きていること、神様ご自身が祝福したご自分の民が破壊され、今や呪われた民になってしまったことは神様の悲しみに違いありません。

しかし神様の大きな計画は、キリスト教徒が選民となり、彼らを最前線に引っ張り出す必要があります。そこで一緒に神の国を造り上げるのです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

保守系キリスト教牧師から韓鶴子氏へのメッセージ(8月25日キングズレポートから)

ジョージ・クック牧師のメッセージ 2018/8/25

少し聖書の話をしていいですか。
神様からメッセージを授かりました。
この話をしたいのです。
兄弟の多い中で末の息子が・・・創世記37章3節にはこうあります。

ヨセフは年寄り子であったから、イスラエルは他のどの子よりも彼を愛して、彼のために「彩りある衣(a coat of many colours)」(ジェームス王欽定訳)をつくった。兄弟たちは父がどの兄弟よりも彼を愛するのを見て、彼を憎み、穏やかに彼に語ることができなかった。

KingsReport 8 25 Pastor Cook   YouTube.png

私は自問しました。弟が「彩りある衣」を身に着けている場所を見たぞ。
ただそれを見た瞬間、聖書のこのページが浮かんだのです。ヨセフのことは知っています。鍵を握る、一家を救うために非常に重要な鍵を握った人でした。

多くの困難を超えました。ヨセフの前半生は相当厳しいものでした。
荒野に一人捨てられて、奴隷として売られ、ボテパルの妻には罠にはめられるなど、散々な目に遭っているのです。しかし苦難の期間を過ごしたからこそ自分の血族全員を(エジプトに)招き入れることができたのです。もしヨセフがいなければ、もし末の息子のヨセフがいなければ、多くの兄たちはどうなったか・・「彩りある衣」を着た弟がいなかったら。

ここでひらめきがあったのです。
誰の悪口も言いたくありませんが、人を挑発もしたくありません。それでもあえて言うとするなら、もめごとに首を突っ込むとしたら、ポットをかき回すのにカヌーのパドルをつかいます。(笑)

テモテへの手紙第1を読んで思ったのですが、ティモシー・エルダー第1の手紙です。(笑)12節から14節です。

12女が教えたり、男の上に立ったりすることを、わたしは許さない。むしろ、静かにしているべきである。
13 なぜなら、アダムがさきに造られ、それからエバが造られたからである。
14 またアダムは惑わされなかったが、女は惑わされて、あやまちを犯した。
15 しかし、女が慎み深く、信仰と愛と清さとを持ち続けるなら、子を産むことによって救われるであろう。(テモテへの手紙一2章)

もちろん教会に女性が必要ないなどと言っているのではありません。教団に女性も必要です。しかし頂点に立つこと・・・教団の頂点に立つことは、頂点(手で三角を作って)分かりますよね。どのキリスト教団でもその頂点に立つことに関してはパウロの教えの通りです。頂点は男性でなければなりません。

また生まれた順番が、生まれながら有する権利を定めることもないのです。
あなたはその仕事をなすために確かに神様から選ばれたものであるかもしれないけれど、ここに今この動画をこっそり見ている人々へのメッセージがあります。あなた方はこそこそしたやり方で盗み見でもするように小さな情報を得ようとしているかも知れません。

私はあなたにこういいましょう。創世記50章にあなたに捧げる聖句があります。17節です。

「お父さんは亡くなる前に、こう言っていました 17『おまえたちはヨセフに言いなさい、あなたの兄弟たちはあなたに悪をおこなったが、どうかそのとがと罪をゆるしてやってください』。今どうかあなたの父の神に仕えるしもべらのとがをゆるしてください」。ヨセフはこの言葉を聞いて泣いた。やがて兄弟たちもきて― 

ヨセフの兄たちは本当にひどいことをしたのです。ほんとうに悪事を働きました。だから心底ヨセフを恐れているのです。彼には兄全員を殺せる立場にいるのですから

― 18 やがて兄弟たちもきて、彼の前に伏して言った、「このとおり、わたしたちはあなたのしもべです」

末の弟の眼前で起こったことです。一番下の弟(訳注:一番年下はベニヤミン)は、悔恨の情を表す悔い改めの心情を目の前にしたのです。これがいま、こそこそこの動画をチェックしている人々です。

19 ヨセフは彼らに言った、「恐れることはいりません。わたしが神に代ることができましょうか。20 あなたがたはわたしに対して悪をたくらんだが、神はそれを良きに変らせて、今日のように多くの民の命を救おうと計らわれました。21 それゆえ恐れることはいりません。わたしはあなたがたとあなたがたの子供たちを養いましょう」。彼は彼らを慰めて、親切に語った。

さて、ひっそりとある場所でこっそり動画をチェックしている人よ(家庭連合を指す)、そもそも最初からそこにいるべきではない教団トップの女に従う者たちよ、もしも、その女性が多くの兄弟の末の息子の所に来て「私は恐ろしい罪を犯しました。許しが必要なのです。ここに王国の残りがあります。これは皆あなたのものです。私はあなたの疑いようのない権威のもとに身を置きます。」と言うのなら・・。

ここで私は約束します。もしこの取引が壊れても私は痛くもかゆくもありません。外部の人間として外から見ているだけなのだから。二つ目、私はあなたの末の息子をよく知っています。彼は許す心を持っています。しかしあなたはまず悔い改めなければなりません。悔い改めなければならない。真実を話すのです。貧しい生活を恐れてはいけません。養われることでしょう。どうですか、私のいうことがはっきり伝わったでしょうか。

翻訳:Harry

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

青年キャンプの方向性について キングズレポート7月20日から

「洋介のブログ」に紹介されていた部分の日本語訳です。

キングズレポート7月20日 青年キャンプの方向性について

青年キャンプはもっとブートキャンプ(軍の教育・訓練プログラム)のようなものにしなければならないと思います。そういう中身の濃い、期間はだいたい1週間位で、ごく短期間のものです。ここにアメリカ中から若者が来るし、世界から多くの若者がやって来ます。彼らも王が行うNINJAたちのトレーニングについて話は聞くのですが、キャンプの中にその要素がないのでそれを体感することができません。

まあ今回のキャンプの規模は小さいのでそれほど問題ではないのですが、次回は必ず、私が実際に青年達を訓練している内容を盛り込みます。圧縮されてコンパクト、またコンパクトであるが中身の濃いブートキャンプに似たトレーニングです。

キャンプ(修練会)を行なうとき、あまりにも知識中心、延々と講義をするスタイルをとる傾向があります。それは心理学的、社会学的な現実を無視したものです。すなわち子供たちの80%から90%は、ビデオゲームに熱中する’脳死‘ゾンビであるという現実です。(笑)
本当にこういう状態です(スマホをのぞきこむジェスチャー)。男も女も、現代ではそうだというのです。彼らは「知的」ではありません。頭を使う講義を1日何時間も聞きたいとは思わない。

それは過去の一世の時代の古い形のものです。参加した大半の一世は今よりもっと知性的でした。しかしその割合は減っています。若者の80%から90%は知的なものに関心を示しません。知的なものから刺激を受けないのです。

だから次回は必ず、知的内容を減らします、かならずしも知的内容が悪いとは言いませんが。

私たち(子女様)も数多くの修錬会に参加した経験があります。そこで1日に何時間もの講義を受けました。そこまで長いものではなかったですが、それでも毎日何時間も講義を受けたのです。しかし何一つ覚えていません。それらの講義で頭に残っているものは何もない、ゼロです。

誰かが「女性の胸」がどうしたなどと話していたことは覚えています。それだけです。まあ、子供が覚えていることなんてその程度のことです。(笑)十代のその時のことを思い出しても何も思い出せません。

(一世が)信仰をそこで見出だすということと、(二世が)信仰の中で育つということは、決定的に異なるのです。カトリック、プロテスタント、無神論,何でもいいのですが、一世が、そこに幻滅して、ここ(統一教会)に来て、原理に出会って「これはすごい!」ということになったとしても、二世にそれを押し付けるのは無理です。かれらはカトリックの親も、無神論者の両親ももったことがないからです。

子供たちが(修練会)に参加するのは、親が強制するから、「参加すれば変わるから」と押し出すからです。

今回の参加者も素晴らしい若者たちでしたが、NINJAに行っているような本物の訓練をしてあげることができなかったことが少し悲しい。次回は必ずそれを行ないます。だから若者たちにこう言います。

今回のトレーニングはわりとやさしく、軽く済んだけれど、次はちょっとハードにするからね。(笑)

こういう通過儀礼はとても大切なのです。現代ではもう通過儀礼などやらないのです。一人前の男になったことを証明したり、その強さを示す、耐え忍ぶ厳しいものなど何もありません。
森に入って独りで生き抜く、生きるために虎や熊を捕まえたり、サーベルタイガーを捕まえて生き延びるということなどありません。

若者はそんなことはしないというのです。甘やかされ、スポイルされ、現代社会に暮らす限りは豊かでいられるのです。韓国も日本も豊かな国ではありませんか。世界の基準から見ればアメリカは超豊かな国なのです。そういう特権を得て、甘やかされ、辛いことをしない。しかも苦しいことを成し遂げる人が受ける称賛だけは欲しがる。

完璧に思い違いをしています。ナルシスト、勘違いした自己陶酔者です。

現代の若者にとってとても重要なことは、平和警察・平和軍訓練のようなものです。なぜなら平和警察・平和軍の訓練の中心はマーシャルアーツ(格闘技)であり、またこれが有効なのです。戦闘訓練です。戦闘訓練を通して自分がどれほど脆弱かを知ることができるからです。もう、本能的に闘争・逃走反応の恐怖に至る実存的レベルで、それを知るというのです。
生の恐怖、恐れを感じるのです。

皆さんがこれまで体験したことがないものです。掛け値なしに恐怖を感じる世界。

平和警察・平和軍訓練のどちらもくだらないといっている若者たち、自分が強いふりをして自分に関心を引き、何かしらをこなして自分がタフだと思っている。それらすべては惨めな結果に終わるでしょう。自分よりも若いが謙遜な者にコテンパンに打ちのめされるのです。文字通り、ぶっ飛ばされる。(笑)

それが素晴らしい経験になるのです。日常と人生まで変えるでしょう。永遠に変わる。
何故なら、自分がどれほど弱く、幻想の中で生きていたのかを永遠に悟るからです。しかも仲間が見ている目の前で、打ちのめされるのです。いかにタフに振るまっていても、いかに注目されようと意識してきたとしても。見せかけの反抗的態度をとってきたとしても!そんなことで戦う力を得ることはできないのです。ゼロです。

だから格闘技、戦闘訓練は若者たちを最も平等にしてくれます。勤勉で物静かな謙虚な者こそ輝くことができるのです。大口をたたく者、周囲の目をいつも気にしている者、自分を英雄のように思っているおろか者は決して輝くことはできません。仲間全員の目の前でぶっ飛ばされて床を這うしかありません、自分の弱さと幻想を白日の下に晒しながら。

これが必要なのです。素晴らしい社会を築くためにはこれが必要です。怠惰なナルシスト、勘違いして周囲の関心を引きたがる者たちが注目され、脚光を浴び、力を得るところに良い社会ができるわけがありません。強力な文化など造ることができない!傲慢で、自己陶酔的、マリファナ常習者かのような、うぬぼれに満ちた子供たちは、サタンの文化を造るのです。
これは最悪です!

これは願うものではありません。まさに家庭詐欺連合がやっていることです。

詐欺連合のキャンプは、飾り立てた、カリスマを装う、気の抜けたものです。決して努力を前面に出さず、ちょっとカッコよさげにするために反抗的な味付けもしている。

これはいうまでもなく大人たちの脚色ではありません。無意識のうちに若者たちのコミュニティの中から生じるものを、甘やかせ許しているに過ぎない。

若者、特に少女たちは、謹厳実直で努力する男ではなく、こういったベータ型のプレデターに惹かれるのです。人の注目を集めようともしない、派手に飾り立てることもない、大口を叩かず、しかし、プレデターを打ちのめすことができる男ではなく。

文化の創造は簡単なことではありません。私の周りに来るものは、直に訓練を受けることで、ある種の文化を学びます。

見せかけだけの、自己陶酔に浸った、カリスマに憧れるバカな愚か者はいかなる栄光を得ることもできません。私はそういう者たちをぶっ飛ばします。その顔をマットに沈め、絞め技をかけます。その者たちが、私の周りにいる謙遜で努力を惜しまない頑健な若者たちに、その主役の座を譲るように。

Newfoundland Sanctuary Church   ホーム.png

翻訳:Harry

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

A&E ドキュメンタリ番組への反応-キングズレポート6月20日より

2018年6月19日午後10時(東部時間)にA&Eのサンクチュアリ教会についてのドキュメンタリ-番組が放映されました。

Cults and Extreme Belief Full Episodes  Video   More   A E.png

ご覧になりたい方はクリックを。クリックするとA&Eのサイトにリンクします。(ただし有料)

これを受けて翌朝6月20日のキングズレポートでは、KINGティム・エルダーとKINGグレッグ・ノルが番組放映後の様子等について話をしました。

ティム(エルダー)
(リマを)読みながら、メールを眺めていたのですが、教会に今朝来たメールです。届いたメールから判断すると、きのうの放送を私は観ていないのですが、エリザベス・バーガスは、私たちを圧倒的に支持してくれたようですね。(笑)いや、届いたメールから判断するとそうなりますよ。批判的なメールは一つだけです。それも(19日の)夜の10時5分に届いたものです。

グレッグ(ノル)
番組が始まって5分後だ。

ティム
パソコンを立ち上げて、文章を打ち込んで送信する時間を考えると、番組が始まって30秒後に内容を書き始めたとしか考えられません。まあ、とにかく批判的なメールはそれ一つです。
ある女性のメールです。

「あなた方の信仰がとても気に入りました。アラバマの教会にもあなた方のような信仰が必要ですね。狂った人たちがあなた方の教会にどんな批判を押し付けてきても、頭のおかしな批判に耳を貸さずに、素晴らしい信仰と活動を続けてください。皆さんはカルトではありません。あなた方の教会を信頼しています。そのうち、ここ(アラバマ)にも一つ教会ができることを願い祈っています。」

これがまず一つです。たくさんあるんですが、このメールは朝の4時に届いています。住所を見るとペンシルバニアにお住まいの方のようです。ほとんど寝ておられないのではないでしょうか。

グレッグ
YOUTUBEで一晩中観ていたんでしょう。

ティム
メールのタイトルが「この神聖な教会の存在を教えてくださった神様に感謝します」です。

「私はこの教会を知ることができたことを私は大変恐縮するとともに光栄に思っています。皆さんについてのA&Eのドキュメンタリーに感謝します。すべてにおいて皆さんが正しいです。私も同じような使命を受けて長く活動しています。これが私のライフワークになり、最も貴重なことになっています。・・」この後にこの女性は、電話番号を2つとメールアドレスと住所まで書いてくれています。そして数分後にまたメールを送ってくれました。
どうも火が付いたようです。

グレッグ
聖霊ですね。

ティム
2度目の内容は・・・同じ内容を2度、送信したようですね。
思うところ、エリザベス・バーガスは、この教会を支持しているようです。(笑)
違いますか?

グレッグ
彼ら(A&E)の観点では、私たちのことを、銃器を中心にした右翼の狂信的団体として叩きたかったようですが、結果として伝わったことは、この教会が、主権と憲法、特に修正第1条と第2条に対する強い信頼と確信を持っているということ、「幸福な弱い奴隷」でなく「強い主権をもつ市民」にならなければならないということ、これが伝わったようです。その部分が上手く視聴者に伝わりました。王様の話から、いくつか素晴らしい引用も出していました。
だから、主権的な人、強いアルファ・クリスチャンなどは「ああ、この人は全く正しい」と共感したでしょう。しかし、左翼の立場から見ると、「ああ、これはWACO(ブランチダビディアン事件)の再現だ・・と思ったことでしょう。(笑)

(番組に出た)サミー・パクやテッド・ホーズの立場はそうです。番組はテッド・ホーズを大きく取り上げていました。自分の兄弟があやまって銃で母親を撃ち殺したことでいかに心に痛みを感じてきたかということを大きく取り上げていた。しかし、現実問題としてこれは銃器の安全について子供に教えてこなかった両親の責任でしょう。この事故(事件)ではそれがしっかりできていなかったということです。(テッド・ホーズの家庭では)安全教育をすることなく子供たちに銃をオモチャのように与えていたのです。少なくとも私の見るところではそうです。詳しいことは知りませんが。

番組の最後の方では、ティムもしっかり映っていましたよ。必ず観てください。(笑)ティムも、王様もとてもよく伝わっていました。ギデオン(ラウチ)の不意をつく場面もありました。A&Eは、本当は彼の不意を突いたわけでもないのですが、そこは都合よく編集してギデオンが正しく伝わらなかった、そこに少し憤りを感じました。

とにかく昨夜は国進ニムの家で、みんなで(A&Eの番組を)観たのですが、皆が大変うきうきしながら、熱気に満ちていました。笑いも絶えなかった。番組は銃を悪者にはしていませんでした。反銃器というわけではなかった。どちらかといえば銃器は役立つ、というふうに報じていました。エリザベス・バーガス自身が、ウェイン・パイク郡を車で走っている時に、「この辺りでは、すべての家庭が銃を所持しています」といったときにわれわれは「それも1丁だけではありませんよ」と付け加えました。

正当に伝わりました。お父様が二代王を正しく導かれました。

ティム
エリザベス・バーガスに感謝します。
ここで私が言いたいことは- われわれが今、原理でいう善悪交差の交点に位置しているということです。悪は右下がりに勢いを失い、善は右上がりに上がっていく。そこに上下が入れ替わる点があるということ。私たちはそこを超えたのかもしれません。お父様が善悪交差の交点まで導いて下さいましたが、今や、悪からの攻撃も「善なる効果」をもたらすようです。だからたとえこのようなドキュメンタリーを制作して、エリザベス・バーガスを送ってなんとか邪悪な宗教団体があるかのように世界中に見せて社会的非難を浴びせようとしても、その結果が善なる効果をもたらすということです。結局、番組の賛同者は番組開始後30秒で非難のメールを送ってきた人、この一人だったわけです。

番組を全部見た人たちは「ああ、これはすごい」「すごいところじゃないか」と。
アラバマからのメールを一つ読みましたが、ミルウォーキー(ウィスコンシン州)からも「ミルウォーキーにもサンクチュアリ教会はありますか」という問い合わせの電話がありました。他にもありました。

つまり攻撃しようと思ってそうしても、その攻撃自体、善を奨励する効果をもたらす。それが本当に痛快です。痛快です!

お父様がベルベディアで語られたみ言を思い出しました。「迫害がなくなる時が来る。そうなればあなたたちは訓練のために迫害してほしいと思うようになる。」こういうみ言でした。

その時がどんどん近づいているように思えます。もうそういう時にいるのかもしれません。

グレッグ
全くその通りです。王様と国進ニムを見ていると、迫害・・いわゆるネガティブな報道にたいする姿勢が素晴らしいと思います。お二人は、反対側のメディアも大歓迎だといっています。それを見ている私の方が元気づけられるのです。

いつも「ああ、否定的な報道だ、否定的な文書だ」などとびくついていますから。お二人は楽しんでおられるようです。
正しいクリスチャンはメッセージをきっと正しく受け止める。そして王様と共に立ち上がる、そう確信しておられます。今まさにそういうことが起きています。

ティム
他にもまだ読んでいないメールがあるんですが、「サンクチュアリ教会のメンバーになるにはどうしたらいいか」というメールをいくつかもらいました。それに対する的確な返事も考えておかなければなりませんね。昨夜のA&Eのドキュメンタリー放映後にそういうメールが増えています。

グレッグ
私もある女性から電話を受けました。A&Eの予告編を見て大変わたしたちに関心を持ったそうです。Rod of Iron ministry.org「鉄のつえミニストリ」のHPを紹介しておきました。

翻訳:Harry

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

国進ニム、学生時代の葛藤-キングズレポート5月8日から

上の動画・後半の翻訳です。
翻訳:管理人

私はインタビュアーにいいました。武力行使の権限の分散だと。

エルダー氏:(インタビュアーは)エリザベス・バーガス(テレビジャーナリスト)ですね。

Google 画像検索結果  https   pmcdeadline2 files wordpress com 2017 12 elizabeth vargas jpg w 605.png

エリザベス・バーガス

そう、エリザベス・バーガスです。彼女はなんだかんだと、(危険な)抜け穴を指摘したり、曲玉のような引っ掛け質問をしてきました。そのようなものに引掛かかりはしません。・・・「あの人たちは狂っている」と左翼リベラルが叫ぶのもいいでしょう。ただ、その左翼リベラルは、きわめて正常な保守的価値をもつ人たちまで「気違い」呼ばわりしています。

伝統的な結婚観を持っているというだけで「ヘイト」だというのです。左翼リベラルはトランスジェンダーや同性婚を支持しないと、狂ったよう怒るのです。

近い将来、小児性愛に反対すると、また狂ったように怒り出すでしょう。幼い子供に性的暴行を加えた者たち、そういう者たちを保護しようとしているのです。実際に活動家たちは「小児性愛(ペドフィリア)」で刑務所に入っている人は何も悪いことをしていないとまで言っています。これほどまでに正常さを失っています。

反対意見をいうだけで、やれヘイトだ、やれ偏屈だ、同性愛嫌悪症、トランスジェンダー嫌悪だと、レッテルを貼り、キャンペーンを張る。彼らにかかると何でもヘイトになるのです。神を信じることも、彼らにとってヘイトです。もはやアメリカではイエス・キリストもテロリストなのです!

極左の人びとにとっては、イエス・キリストを信仰する者はテロリストなのです。

JC」のマークを作って何をしているのかと思うでしょう。私たちはのマークを手で作ることで、イエス・キリスト(Jesus Christ)を表します。

もう一つ別の形もあります。C2です。これはキリスト、ナンバー2、(再臨主)を表します。格闘技のトレーニングをしているときも、平和軍と平和警察を象徴するハンド・サインをするのです。モデルは「神を愛し、隣人を愛する」です。そのほかにも天国の門、天のNINJA、そしてイエス・キリストと再臨主のすべての勝利の栄光を表すサインなどがあります。

これが中心であり、目的、権威、聖書には「神が私たちに与えてくださったものは、臆病の霊ではなく、力と愛と慎みとの霊です(IIテモテ1:7)」とあります。すなわち中心に神様、天の至高の神様、万能の神様を置いているということです。ここで(短刀)の写真に戻りましょう。

神様の霊の働きには驚くべきものがあります。もちろんそれはKAHRの始まりですが、お父様が造られた基台を祝福された国進兄さんが相続していることを本当に神様に感謝します。

国進兄さん自身が発明し(訳注:学生時代に銃の部品の特許を複数取得)、クリエイトして、ハーバード大学の学生時代にラリー・サマーズと葛藤しながら・・・兄さんは経済学部でしたからラリー・サマーズはそこの大ボスです。

だからしょっちゅう葛藤があったのです。

サマーズが摂理に貢献した点があるとすれば、それは国進兄さんの信念、すなわち、サマーズのような人びとは完璧に全体主義的、権威主義的支配に狂った人種だという見方への確信を強め、強固なものにしたことでしょう。
 
国進ニム、学生時代の葛藤-キングズレポート5月8日から – サンクチュアリ NEWS.png

*ローレンス(ラリー)・サマーズは、ハーバード大学教授、後にクリントン政権財務長官、世界銀行のチーフエコノミスト、ハーバード大学学長(2001-2006)。

* 国進ニムは1992年にハーバード大学経済学部をMagna Cum Laude(優等)で卒業。1993年にマイアミ大学でMBA(経済学修士)を取得した。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

亨進ニムの怪我の説明【日本語訳】

「洋介のブログ」でアップされた動画の日本語訳です。写真も「洋介のブログ」から。

2018年4月12日、天一宮のスタジオから二代王がライブで放送しています。神の王国の王、王妃の皆さん、おはようございます! 現在の時刻は午前6時47分です。

私が肋骨の筋肉に怪我をしたので、大声を出さないことを喜んでいる人もいるかもしれません。何と言えばいいのでしょう。まったくおかしなことであり、憤りを呼ぶものです。この様な、狂った、恥知らずで、あからさまな悪意は、自分自身の感情を煽るだけに過ぎないのです。愚かなことです。

しかし、しばらくは大きな声を出して怒鳴ったり騒いだりするのもままならない状態です。

私のために祈ってくださった皆さん、お見舞いのカードを送ってくださった皆さんに感謝します。

あれは不思議なことでした。ジョジョ師匠とトレーニングをしている最中に肋骨と筋肉が2度はじけるような感覚がありました。その時、肋骨が折れたか、または負傷したと思いました。
違和感はあったものの一週間過ぎて大丈夫だと思って、フランシスコと軽い練習をおこないました。私がフランシスコの後ろからはがい絞めしていたとき、肋骨が2度はじけたのです。その時まちがいなくどこかを痛めたことがわかりました。

息を吸うたびに、強烈な刺すような痛みを感じるのです。すねを骨折したときにも感じた痛みなのでこの刺すような痛みの意味がわかりました。同じような鋭い痛みを感じたのです。これは(医者に)見せなければならないと思ったのですが、ありがたいことに、骨折はしていませんでした。

お医者さんは、「骨を巻いている筋肉組織が裂けている」といいました。それが鋭い痛みの原因です。(いまは)裂けた筋肉もまた、くっつき始めているのを感じます。人間の体の再生力には驚きです。

もちろんただじっと待って静養しているのではなく、足繁く針治療に通っています。今まで何度か世話になっているところです。行くたびに、20本以上の針をあばらに刺すのです。とくに長い針なのでずいぶん奥まで刺します。

29694452_10156326242484886_2454521953934104287_n.jpg

2回目の時だったか-長い針を押し込んだときに、なにか泡のようなものが2つはじけるのを感じました。それが良かったのです。

医者が言うには、体の中の固まった血が血液循環を妨げている、それがひいては体に良くない影響を及ぼす。もちろん針治療の目的の一つは血液凝固を防ぐことです。韓国語でいう瘀血(オヒョル)です。放っておくと酸素で処理できずに毒性を持つようになる、血の塊を取り除くのです。

だから20回も針で刺されることで、数本は刺したまま、あるものにはひねりを加えるやりかたで。2回目に行ったとき、長い針をまるで縫い針のように動かしていました。ある程度刺しては、角度を変えてまた刺す。角度を変えて捕まえていく。その感覚は受けたものでないとわからないでしょう。刺された針をねじったり、回したりする。でもそれが素早い効果を生みました。

2つの泡がはじけるのを感じました。おそらく凝血がはじけたのでしょう。
同じ場所にずっと座っていることも苦痛だったのです、2時間ほどの間、常に姿勢を変えなければならなかったのです。同じ場所に座っているよりはまだ立っている方がましという状態でした。

とにかく、皆さんの祈りとお見舞いのカードに感謝します。
時間とともに、ゆっくりと確実に良くなりつつあります。
怪我をした時の悪い癖で、すぐ落ち着かなくなってトレーニングを再開し、また痛めて2か月安静ということがこれまでもありました。だから今度はしっかりと治療して、最低ひと月、2カ月の方がいいかもしれませんが、トレーニングをしないように心がけます。再発すればまた2カ月できないのですから。これまで同じことを何度も繰り返しました。トレーニングが好きなので、なかなかこれ(安静にすること)が難しいのです。

今回の傷が治るまでは決意してそれを守り、他の活動、もっと負荷のかからないものをやっていきたいと思います。

どうか今度は私が心を強く持って、その誓いを守ることができるように祈りで協助してください。子供たちや王妃と一緒にマットで転がる誘惑に負けないように・・・。(笑)
 
  
翻訳:管理人 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

YOUNG TURKSを見よう!3月2日キングズレポートより

3月2日キングズレポートより

翻訳・字幕:管理人

キングズレポートへようこそ。天一宮からライブでお送りしています。
神の国の王、王妃の皆さん、おはよう。現在の時刻は6時22分。

カタールがお金を出し、アルジャジーラが支援する-ところでカタールはISIS(イスラム国)とテロにも資金を提供していました-YOUNG TURKSという極左のYOUTUBE番組が式典をレポートしているのを見ましょう。このビデオの再生回数は現時点で11万8千483回です。

では見てみましょう。

銃による暴力事件で大きな騒動となっている今、この行事の映像を皆さんと一緒に見てみたいと思います。ペンシルベニアの教会、世界平和統一聖殿で行われた「誓約式」です。そこで信徒が新たな誓いをし、その大半は銃を持っている。そうして皆が大いに楽しんでいます。

われわれが「楽しんで」いるんだって。(笑)

・・・AR-15は神から与えられたもので、それを取り上げることは彼らの
宗教的信念に反するのだそうです。AP通信によれば、「王冠を被った信徒はAR-15ライフルをしっかりつかんで、聖なるワインを飲み・・・

「しっかりつかんで」(笑)

・・・近くの小学校は生徒の安全を懸念して授業をキャンセルしました・・・

それは違う。これは嘘の報道だ。フェイクニュースだ、フェイクニュース。
校長先生はテレビ報道に対してはっきりと、教会の式典に関しては何も心配していないが、メディアが子供にインタビューしたり、騒動を起こすのが心配だ、といっている。まさに君たちのようなメディアのことだ。
学校側は公式声明としてはっきりと「式典は心配していない」といっている。このイスラム急進派の援助国カタールがお金を出してアルジャジーラがスポンサーのYOUNG TURKSという番組のフェイクニュース。

エルダー氏:この番組はイランの支援を受けています。

イランの支援ですって!イランから支援を受けている。
教会では、銃に弾を入れず安全面には気を使ったようですね。AP通信によると銃は皆、弾が入っていなかったそうです。しかし教会の外には抗議活動をする人がいて、その中の一人は・・・

ふむ、確かに5人いましたね。この反対者たちは完全に人種差別者です。神を畏れる人たちから武器を奪い、貧しいアジアの人たちを武装解除するというのです。自分を守るという人権を行使しようとする人たちからそれを奪おうとしている。

銃を崇拝しているのではないのだ。この愚かな者たち。

エルダー氏:
抗議デモをした人には感謝しないといけませんね。さらにニュースの話題を提供してくれました。

しかしこれで自分達がいかにいかれているか、洗脳されているかをさらけ出しました。人々の自衛権には目もくれません。貧しいアジア人や黒人が自分のささやかな土地を守るという権利を。どうしようもない偏見をもつ、白人至上主義者です。どうせ、全員白人でしょう。かれらは哀れなアジア人や黒人やアメリカ先住民が自分と自分の王国、主権を守るための銃を持つことが許せない。どうしようもない偏見に満ち満ちた白人至上主義者だということです。

人々が自衛の能力を持つことを認めない。50エーカーの土地を守るにもAR-15のようなあるいはそれ以上の能力が必要です。それがなければ物理的に(守ることは)不可能です。ここでも、白人至上主義者たちのヘイトメッセージ、執念深さを見ることができます。これは法を順守する善き市民、王、王妃であって、土地と財産を守るという神様から与えられた権利をもつ者たちに対するものです。地球上のサタン世界の王たちがすべて持っている権利ではないですか。

この甘やかされた偏見に満ちたいかれた白人至上主義者たち!白人の特権をチェックしろというのだ、この狭量な者達!貧しいアジア人が自分を守るのか許せないのだろう。アメリカ先住民が自衛権を持つのが許せない。善良な白人のキリスト教徒たちが自衛権を持つのが許せない。神の王国が自分たちのものでもあると理解する黒人が自分を守る権利をもつことが許せないのだろう。だからこんな反応をする。実際の力、パワーをもつことに反発する!

いかれた左翼がそれを持ってもいい、政府が持つのはいいという。力による支配、これはカストロやマドゥーロ(ベネズエラ大統領)金正恩や習近平のような独裁者が持っていてもよいというのか、彼らは権力を崇拝しているのだ!
自分以外のもの、反逆する恐れのある者はすべて武装解除させて。

まったく愚かしい。自分達が白人至上主義者だといっているようなものだ。その通りだが。

抗議デモ参加者の一人はこう言っています。
「私は自衛のためのアサルトライフル、AR-15なんて必要じゃない。それは殺人のためのもの、大量殺人に使われるもの、以上。なに、それを祝福するだって?恥を知りなさい」

ああ、白人至上主義者がこういっています。愚かな白人至上主義者たちです。

・・彼らは昔からイカレタことをやっています。

あっ、これはチャンク・ヨーグルトではないですか。
チャンク・ヨーグルト!イランにそう言わされているのか。カタールやイスラム国に。
この番組はISISの援助国カタールの支援を受けています。

無神論者を装っているがイスラムのプロパガンダを宣べる者ではないか。いつもイスラムの政治宣伝だ。君の言うとおりだ、チャンク・ヨーグルト。ワインを大量に飲んでいた、だって(笑)。なめるほどの少量なのに、聖酒を。

ほんとに彼は情けないよね。「ワインを大量に飲んでいた」だって。
スプーンひと匙分ですよ。のど薬のほうがアルコール分は多いでしょう。ヴイックスヴェポラッブの方が多い。(笑)

のど薬の方が、アルコールが多い。
冗談はやめてほしい。適当もはなはだしい。自分で言っていることが分かっているのか。イランに行って資金でもねだってる方がいいんじゃないかい。

Thank God って、無神論者ではないのか。てっきり無神論者だと思っていたが。文化人種差別主義者、イスラム至上主義者だ。無神論的な君の「神」を我々に押し付けようというのか、チャンク・ヨーグルト。これはわれわれを痛く傷つける、君は酷いキリスト嫌悪者だ。われわれには避難場所が必要ですね。幸い、王冠とAR-15がある。神様から賜ったものです。

ちょっと考えてみて下さい。この場所で誰かが発砲したとしたら。つまり敵対するだれかやってきて発砲したら。全員死にますよ。

誰か敵対者がやってきて発砲したら全員死ぬだって?ここで論理的にみてみましょう。脳をプリントしたTシャツ(brain t-shirt)を着ています、自分は頭がいいというわけです。

エルダー氏:
彼は武装した警備に守られてスタジオに座っています。

そう、それはまったく適切な指摘だよ、ティム。武装した警備員に守られたスタジオで、そしてブレインTシャツを着ることでリベラルな前衛をアピールしている。盛りは過ぎているとはいうものの、若者たちは、チャンクは頭がいいと崇拝している。ブレインTシャツを着ているほどだ。だから彼のいうことは正しい、聞くに値するというわけ。このイスラム急進派支持国カタールとイラン、ヒズボラが支援する番組の司会者。

彼がアメリカ人に向けて話す資格はないと思いますね。イカレタ左翼は同じ体制を好んでいる。急進的な中央集権のイスラム急進派が願っている全体主義的なカリフ制、そこでは5才の少女に結婚させる、それに大賛成しているのだ、とくにトップ(スーパーエリート)が。

まったく狂ったおぞましい者たちだ。
同性愛嫌悪者や、トランスジェンダー嫌悪者、(これらは同性愛や性倒錯者に反対する者を非難する用語)のつぎには小児性愛嫌悪者という言葉が流通するでしょう。ここにもっていきたいのだ!

ニューヨークでは実際、ある集会で「小児性愛を批判するものは差別主義者だ」というプラカードを掲げていた!(小児性愛を)マイナーアトラクション症候群と呼んで、すでに他国で行われているように性交渉の(法的)年齢制限を下げようとしている。国連やNAMBLA(訳注:NAMBLAは未成年者の少年との合法的な性行為をする事を求めるアメリカ合衆国の組織)をみよ!国連のユネスコは5才児から性教育しようとしている。そうして中絶ビジネスを拡大して、一儲けしようとしている。あの黒人を絶滅しようとした白人至上主義者マーガレット・サンガーのような考えをもって。それはすべてジョージ・ソロスやロスチャイルドなどの白人至上主義者のグループが資金を出しているのです。そうして自分たちは(反対者に向かって)「人種差別だ」「人種差別だ」と騒いでいる。お前たちに金を出しているのは、世界最悪の白人サタン主義者なのだ。なぜ彼らを非難しないのか!

誰かが入ってきて発砲すれば、皆が一斉に発砲したと思う人間にそれぞれが発砲し始める。そうして汲善の大量殺人が行われる・・・

彼の話の筋道が分かりますか。AR-15をもった数百名のメンバーがいるところに、発砲者がいたら弾も入っていないのに皆が撃ち合って死ぬという。(王冠の弾丸に)雷管も火薬も入っていないのに。「大量殺人になっていたかもしれない」といっている。脳みそのTシャツを着るほどの賢い人間なのに。

イランとカタール、イスラム急進派、アルジャジーラがスポンサーの番組を信じろというのです。脳みそTシャツを着て、権威のある自分のいうことを信じろといっている。もう精神機能が停止しそうです。「はい、チャンク・ヨーグルトのいうとおりです」、「はい、チャンク・ヨーグルトのいうことを信じます」。弾の入っていないライフルで大量虐殺が起きるといっているのです。不審者が入ってきて発砲すると皆が撃ち合いを始めると。誰も銃の打ち方を知らないといっているのも同然です。銃を持っている者たちが無関係な人たちを撃つのですか。誰も銃の訓練を受けておらず、無茶苦茶になると。弾も入っていないのに。頭に弾丸ベルトをまいているからというのですか、火薬も雷管もないのに。

素晴らしい推理だ、チャンク・ヨーグルト。

 


 

YOUNG TURKS(ヤング・タークスとは文字通りには「若いトルコ人」だが、より一般的に、政治的改革や他の改革を扇動したり、反抗的傾向を持つ若者たち-の意味で用いられる)ビデオのヤングタークス ( TYT )は、ニュースと時事問題に焦点を当てたアメリカのニュース番組。2017年8月に、WndrCoという、選挙のたび毎回民主党に巨額の政治献金をしている企業から2000万ドルのベンチャーキャピタルを受けた。Wikipedia

Ana_Kasparian_and_Cenk_Uygur_hosting_The_Young_Turks_(26942061744)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村