2019年6月16日英語説教(3-完結)

「エズラとエルサレム再建」

説教:文亨進二代王

翻訳:BANBOOS

公立学校で洗脳されて、悪魔のウソ、政府のカルト、同性愛のカルト、トランスジェンダーのカルト、小児性愛のカルトを信じるようになり・・・・そういった狂ったたわごとで子供を低下させようとすること――それは古来のものであり、現代からのものではありません。

そういう宗教はとても古いものです。同性愛の結婚や両性愛を支持するような行動。こうしたセックスカルトはとても古いものです。古来のものです。何も真新しいことはありません。本当にひどく古いのです。

リストに挙げられている人たちを見てください。妻を手放さなかった人たちです。

人道主義的に「神が家族をばらばらにしている」と言います。しかし神様はゲームで遊んでいるのではありません。PRしようとはしていません。CNNに対してマーケティングしてはいないのです。神様は戦争状態にあります。ご自分の子供たちの生き残りのために。

ですから血統がとても重要なのです。あなたは誰の血統にありますか。キリストの血統にありますか。サタンの血統にありますか。選択は2つしかありません。2つだけです。3つ目の選択はありません。

・・・たくさんの選択肢があるように思わせますが、キリストを受け入れないカテゴリーにたくさんの選択があるだけあり、すべては同じ父親です。キリストを拒否してサタンの血統を受け入れる方法にたくさんの形式があるということです。そこに導く多くの体制、宗教、思想があります。そちら側にたくさんの道があっても、全ては神がいないという1つの場所につながります。

それは深刻なことであり、恐ろしいことであり、本当の戦争です。ですからその家族を分けなければなりませんでした。1番目にそうするなと言われました。2番目に彼らはとにかくそうしました。3番目に行いに対する結果があります。

これは我々にとってもとても深刻なことだと私は思います。今日は長く続けません。早く終わらせて、さっと昼食を取ってコーヒーでも飲みましょう。しかし全員をそこに連れていきたいです。その場所で祈りましょう。

今日はつるはしでの作業は始めません。しかしまた、そこに行ってここにいる全員が時間を持ちます。全員が祈りを書き、それを聖句と結びつけます。自分の好きな聖句でも何でも構いません。

しかし重要なことは真の父母様に対する感謝であり、特にここでは真のお母様に対する感謝です。聖霊の導くままに何でも良いです。それから穴を掘って小さな岩の芸術作品を作ります。小さな円筒でも、山をかたどった物でも何でも構いません。行ってデザインすれば良いでしょう。

石を集めるのは祈りの心で行います。自分自身をそれに対して備えます。神殿ではありませんが、真の父母の記念館です。

何週間か前に見せたビデオを思い出してください。私が引用したバイブル・プロジェクトのビデオで、サタンとか悪魔についての内容です。アダムとエバが王冠を付けて園にいたのを覚えていますか。それに気づいたでしょうか。驚くべきことです。

キリスト教はいつアダムとエバを王と王妃として話したことがあったでしょうか。あるいは最低でもそう描いたことが。いろいろな本を見てみても王冠はありません。

興味深いのはこの時代に人々が目覚めているということです。主権。王権。キリストが我々を解放した自由です。「あなたの冠がだれにも奪われないように」。我々を、地上を統治する王と聖職者にしました。羊飼いのような市民でありまた武装しています。

これらの教会はそれを聞きたくありません。バイブル・プレジェクトの最新のビデオでも、アダムとエバを復帰させました。OKです。新しい人間が作られ、そこには園があります。そして裸で小川のそばでただ遊んでいます。結構です。あなたは妻とデートしたいと思い、小川の中で裸になりたと思います。それも結構です。

あなたが神様との間でやることをとやかく言いません。しかし鉄の杖はどこでしょうか。聖書では神様の王国を鉄の杖の王国として説明しています。そこでは神様のその市民が鉄の杖で諸国民を治め、陶器師の器のように粉々にするとあります。1度だけではありません。それは神様の王国の明確なビジョンです。武装した社会です。

そして少しでも理性的な精神を持ち、犯罪の原動力を理解しているなら、それが、本当に猟奇的な犯罪を壊滅させて一掃するための唯一の方法であることが容易に分かります。なぜなら、悪を選択した人にとても制裁的な結果を与えることのできる市民がいるからです。それは悪を行いたい人に対する巨大な抑止力です。本当にそうでしょうか。社会学的データに100パーセント裏付けられています。

私が見せたビデオで、王冠をかぶった小さな人が父と母です。ビデオで見た人がそうです。それがどれほど深刻でしょうか。それが真の母です。

それは単に教会にいる神聖な人の墓地ではありません。彼女は完成したエバです。最後までにすべてを失った女性です。そして完全な忠誠を持ったまま亡くなりました。キリストに対する献身から外れませんでした。全てを危険にさらして失いました。(スクリーンに出された動画の場面を指して)そうです。それが真の母です。真の父です。

Bible Projectより

記念館は最高に素晴らしいものになるでしょう。しかし、明らかに我々は荒野にあって時間や資源が限られています。私は相続した物を奪われて戦っていました。戦いは続いています。

私は宣誓証言に行きます。1日に何時間ですか。10時間ですか。火曜日と水曜日、2日間です。閉じ込められます。祈祷チームを作ってそこに参加してくださり、感謝しています。みなさんが参加してくれて、私を支えてくれたら大きな違いがあります。疑問の余地もありません。みなさんの霊的な存在を感じて、危険に瀕しても強くなれます。

我々は背景を理解しなければなりません。お父様は再臨主です。言うまでもなく勝利に勝利を重ねますが、韓オモニが堕落して聖和が悲劇となりました。お父様に忠実だった息子たちは追い出されました。お父様が与えたものを全て奪われたのです。

そして小さなグループが現れます。それが我々のグループです。自分の背景を覚えておかなければなりません。生活で行き詰まっていてはいけません。少し振り返って、自分が神様の摂理の真ん中で何者であるか思い出してください。それともただ、日曜日だ、月曜日だ、この予定がある、この会議があると言って、ただ日々を死ぬまで過ごすのでしょうか。

それとも思い出しながら瞑想しながら、神様があなたに歩ませている道を行くのでしょうか。確かにそれぞれの歩みは見えています。しかし我々はどこから歩いてきたのでしょうか。どこに向かって歩いていくのでしょうか。この背景が重要なのです。本当に極めて重要です。

一緒に行っていくつかの計画を実行しましょう。それが記録となります。ヤコブがイスラエルの12士族を立てた時、彼は12の石を建てました。彼は何も持っていませんでした。しかし12の石は、キリストの降臨とその王国、そして人々がキリストの元に復帰されることを象徴していました。

地面から掘り出した12個のただの石です。大きなものではありません。クレーンやブルドーザーはなかったのです。おそらく数人で持ち上げられるような石でしょう。我々は聖句の中に前例を見ることができます。神様を信じる人が何も持たない時に、ただ故郷に帰ろうとして、自分たちが何のために戦っているのか覚えておくために、石で記念の物を作らなければなりませんでした。

聖句について瞑想しているとお父様は本当に強く私をプッシュされました。今日我々はこれに集中すべきです。青年たちは、日曜礼拝が早く終わったと言って喜んでいないでください。君たちも来るのですよ、ばか者。礼拝は終わっていません。親と一緒に来てその場所を見てください。みなさんの真のお母様が休んでおられる場所です。

今日は父の日ですね。するともっと完璧です。雨のことで不平を言う人もいるでしょうが、話したように気にしません。雨が降っていれば傘をさして。欲しかったら私のポケットからゴミ袋をあげます。穴をあけて。死ぬことはないので心配しないで。

もっと大切なことは歴史と摂理において自分たちのいる背景を理解することです。自分歩いている場所、立っている場所を理解してください。神様の力のない建物をただ作るのではありません。神様が住まうことができ、真の父母様が喜ぶことのできる建物と殿堂を作るのです。ですから我々がそこに行けば共に喜びを感じることができます。

お父様、真の父母様、神様に賛美を捧げ、そこに向かいましょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中