2019年5月19日英語説教(3-完結)

衝撃:「教父たちはみな中絶反対者だった」

文亨進二代王 説教

翻訳:BANBOOS

(略)

この問題について著名な科学者の言っていることを見てみましょう。

「最初の月に赤ちゃんの心臓は1分間に約113回拍動する。8週までに腎臓、肝臓、脳、肺が全て機能し始める。指とつま先は離れて外性器が形成される」

それが2カ月です。2カ月でも女性が妊娠に気づかないことがあります。そういう経験をした人はいますか。

「ペンシルベニア大学の小児科と産科のアルフレッド・M・ボン・ジョバンニ教授は、自身が受けた初期の医学教育で人間の命が受胎の時に始まると学んだと述べた。『私は、人間の命は受胎から大人になるまでずっと連続して存在しており、この期間のどの時点であっても妨害することは人間の命を絶つことになると考える。私はもはや、こうした子宮内の初期の段階の発達が不完全な人間である――言い換えると思春期の劇的な出来事が起きる前の子供が人間でないと示す覚悟はない。これはどの段階であっても人間の命である』」

これはペンシルベニア大学の小児科、産科の代表的な教授の話です。

「2017年3月にアメリカ小児科大学は声明を発表した。『主要な人間についての生物学的研究では、人間の命が受胎時に始まることが確認されている』」

これは生物学者であって、必ずしもクリスチャンではありません。無神論者や不可知論者もたくさんいます。これは科学的で著名なアメリカ小児科大学の話です。

「人間の命が受胎時――受精時に始まることが確認されている。受精時に人間は、成長と発達のために適切な環境のみを必要とする、遺伝子学的に明確で個体化した接合体としての生きた人間の有機体、ホモサピエンスという種の一員として現れる。成人の段階と接合体の段階での個人の違いは、外形の違いであって性質の違いではない。この声明は、個別の人間の命が始まる時の科学的証拠に焦点を絞っている。」

それが2017年にアメリカ小児科大学から出されたものです。

あなたは狂信的だ、聖書を信じる差別主義、白人至上主義者だという人たちは、非科学的で未調査で、無学で、無知だということです。

科学が聖書の話に追いついていることがわかるのです。

(略)

人間の保険福祉の用語にサタン主義が隠されています。科学的用語でサタン主義を隠しています。それは政治的サタン主義とも言います。本当の悪魔崇拝者をこの世に作り出しています。

このようなことに我々は対抗しています。我々が父のみ旨を行おうとする時、それに対抗しています。たとえその場に行くだけのことであっても、赤ちゃんを救うことになるかもしれないだけでなく、サタンに対抗しているのです。

悪魔は「今日はだめだ」と言わせます。「やることがあるから」と。毎日プランド・ペアレントフッドの前に行ってそこに住むことはできないでしょう。でも何かやってみるのです。

祈ると同時に何かやるのです。そこに行こうとしている女性たちのために祈るのはどうでしょうか。あなたのために祈ってもいいですか、と。少しだけ情報が載っている小さなチラシで女性の心が変わるかもしれません。

彼女は困惑するかもしれません。たくさんの偽情報が吹き込まれているかもしれません。アメリカ小児科大学や産科医が言ったことを聞いていないかもしれません。彼女は知らないかもしれないのです。いやこれは女性の権利だ、と洗脳されているかもしれません。子供だけではなく人類の虐殺に加担していることを理解していないかもしれません。自分を動物のようにして自分を非人間的に、非文明的にしているのかもしれません。

これは戦いです。

しかし調べてみると、クリスチャンの立場が理不尽なものではなく、非科学的でもないというのは興味深いことではないでしょうか。それは左翼、共産主義者を怒らせる立場でしかありません。というのも力を奪うものだからです。女性を支配できれば票を支配できます。票を支配すれば権力を支配するのです。

ですからこの鉄の杖の文化はとても重要です。それが羊飼いの文化を作り上げるからです。羊飼いが何をするでしょうか。羊飼いは群れの最も弱い者をオオカミに食べさせるでしょうか。いえ、その者を最も守ります。

毎年春にエルサレムで羊飼いが外に出て行くのは羊が赤ちゃんを産むからです。そこで羊を徹夜で守らなければなりません。オオカミが腹を空かせて待ち構えているからです。

ですから羊飼いは徹夜して赤ちゃんを産ませてそれを守らなければなりません。聖書にあるようにその頃イエス様が生まれました。

(略)

王国の文化では女性は力が与えられます。姉妹たちは弱くありません。それでも彼女たちは神様を畏れ、自分たちの仕事と人類に対する愛において謙虚です。しかし同時にとても危険でもあります。オオカミを退治し、撃退できます。羊飼いのようになります。

父は娘が自分を守れるようになって欲しいと思うでしょうか。それとも無力であってほしいでしょうか。略奪者の前で。非常に単純なことです。

鉄の杖の王国とはこういうことです。武装した市民の王国。鉄の杖で国々を治め、陶器師の器を粉々に砕くと聖書にあるように。またそこは人々がキリストの下で暮らすような社会でもあります。

(以下略)

2019年5月19日英語説教(3-完結)」への2件のフィードバック

  1. ローズマリー の発言:

    なぜお父様の御聖和前は
    胎児には霊人体がないと
    UCでは言われていたのでしょうか。
    家庭連合では今でも、胎児には霊人体が、ないと思いこんでいますよね?

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中