2019年3月17日英語説教(1)

2019年3月17日 日曜礼拝 英語説教

翻訳:BANBOOS

(前略)

明日は聖和式でもありますが、同時にプリム(訳注:エステル記の主人公である王妃エステルにちなんだユダヤの祭日。2019年のプリムは、3月20日の日没から21日の日没までとされています。どういうわけで2日早い日をプリムとしているのかは不明です。)の日でもあります。エステル記2章17節から行きましょう。

概要を話していきますが、まず17節から始めましょう。

ここでの王とはペルシアのアハシュエロス王のことです。

17:王はすべての婦人にまさってエステルを愛したので、彼女はすべての処女にまさって王の前に恵みといつくしみとを得た。王はついに王妃の冠を彼女の頭にいただかせ、ワシテに代って王妃とした。

エステルはユダヤ人の女性です。王はエステルを見て恋に落ちました。それから何が起こったかは、3章、4章でわかります。

3章に飛びますが、ハマンという人が大臣に昇進します。ディズニーのアラジンの映画を覚えていますか。ジャファーという大臣が出てきて、王を洗脳して全てを支配してしまいます。それと同じことがここでも起きます。

ハンメダタの子ハマンという人が昇進して、アハシュエロス王の下でペルシャ帝国の大臣になります。エステルのいとこが、彼女を養子にして自分の子供として育てていました。

宮殿である計略が発覚します。2章21節に戻りましょう。

21:そのころ、モルデカイが王の門にすわっていた時、王の侍従で、王のへやの戸を守る者のうちのビグタンとテレシのふたりが怒りのあまりアハシュエロス王を殺そうとねらっていたが、22:その事がモルデカイに知れたので、彼はこれを王妃エステルに告げ、エステルはこれをモルデカイの名をもって王に告げた。23:その事が調べられて、それに相違ないことがあらわれたので、彼らふたりは木にかけられた。この事は王の前で日誌の書にかきしるされた。

今度は3章4節に飛びます。

大臣となったハマンにモルデカイは敬礼しませんでした。ユダヤ人だったからです。神様を裏切りたくないからです。するとハマン大臣は怒りました。それでモルデカイを殺そうとしました。エステルも。

5:ハマンはモルデカイのひざまずかず、また自分に敬礼しないのを見て怒りに満たされたが、6:ただモルデカイだけを殺すことを潔しとしなかった。彼らがモルデカイの属する民をハマンに知らせたので、ハマンはアハシュエロスの国のうちにいるすべてのユダヤ人、すなわちモルデカイの属する民をことごとく滅ぼそうと図った。

(略)

それからハマンは、アハシュエロスを説得してユダヤ人を虐殺させようとします。彼らが問題のある民族で、危険な人々で、反抗的だからです。

ペルシャに囚われの身になっているユダヤ人の残存者に、途方もない危機が迫ります。すべては宮殿で起きたモルデカイの事件のためです。彼らは知らなかったでしょうが、突然大きな刀が自分の首に掛けられようとしていました。非常に深刻です。ユダヤ人を皆殺しにしろ、ということです。

今度は7章を見ましょう。宴会の席に王様とハマンはエステル王妃を伴って参加しました。彼女は王の最愛の女性だったので、王妃の冠を授与されていました。

2:このふつか目の酒宴に王はまたエステルに言った、「王妃エステルよ、あなたの求めることは何か。必ず聞かれる。あなたの願いは何か。国の半ばでも聞きとどけられる」。 3:王妃エステルは答えて言った、「王よ、もしわたしが王の目の前に恵みを得、また王がもしよしとされるならば、わたしの求めにしたがってわたしの命をわたしに与え、またわたしの願いにしたがってわたしの民をわたしに与えてください。 4:わたしとわたしの民は売られて滅ぼされ、殺され、絶やされようとしています。もしわたしたちが男女の奴隷として売られただけなら、わたしは黙っていたでしょう。わたしたちの難儀は王の損失とは比較にならないからです」。 5:アハシュエロス王は王妃エステルに言った、「そんな事をしようと心にたくらんでいる者はだれか。またどこにいるのか」。 6:エステルは言った、「そのあだ、その敵はこの悪いハマンです」。そこでハマンは王と王妃の前に恐れおののいた。 7:王は怒って酒宴の席を立ち、宮殿の園へ行ったが、ハマンは残って王妃エステルに命ごいをした。彼は王が自分に害を加えようと定めたのを見たからである。

まるで映画のようです。ハマンは見えないところではジャファーのようでしたが、今度はあーと嘆いて命乞いをします。サタンは捕まるとこういうことをします。

それから彼が何をするかというと、王妃エステルに自分の命を救ってくれるよう頼むのです。

(略)

王は出て行き、ハマンは王妃にすがります。彼女の足に平伏して、足に口づけするようにしながら、今にも短剣で刺そうとしているのです。しかし、弱さを見せた瞬間・・・もし王妃が失敗すれば、彼女が死ぬだけでなく同胞もみな死んでしまいます。一瞬の弱さで民族全てが死んでしまうのです。

もし真のお母様が韓国で、数人の姉妹から真実を聞かされていたら、みなさんが経験したのと同じ葛藤に見舞われていたでしょう。なぜなら、決断を下さなければならないからです。

姦通者と夫が混じり合うことはないからです。善と悪が混じり合うことはないからです。同じベッドで寝ることはできません。

韓国でそうした圧力と迫害がありました。突然悪魔が、ちょうどハマンのように、「姜(康)夫人、やめてください。全てを失うことになります」と言ってきます。家庭連合はやめなさいと言って止めようとしました。ハマンと同じです。

「二代王は死んでしまうのだから放っておきなさい。とにかく何もできないのだから」「ここにいれば宮殿があり、シルバータウンがあり、アメニティーも整っていて3食十分に食べられます」「年金があって毎月数千ドルもらえます」「すべて失いますよ」

彼女(エステル)も同じ戦いをしなければなりませんでした。

真のお母様は90歳でその戦いをしなければなりませんでした。それは大変なことです。

真お母様は韓国で最初の弟子でした。お父様は教会の母と呼ばれました。文字通り、真の母となるのに最もふさわしい女性でした。際限なくご自身を前線に置いていました。それでも、もっと若く美しい韓オモニの陰に隠れていました。

康真のお母様は身体的にすごい美人だったわけではありませんでした。6フィートもあるミス・コリアではありません。カーの王妃はミス・コリアですが(笑)。康お母様はまさにドワーフのようです。体の小さい女性です。ものすごい身体的な美を与えられてはいませんでした。

しかしその精神は巨大です。信仰は巨人のようです。人々を救おうとしてどれほどの愛を示されたかというと、パゴダ公園で6年以上辻説法を毎日続けられたほどでした。

光州でも、全ての初期の教会も彼女によって始められました。何の基盤もない時です。

(つづく)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中