2019年3月17日英語説教(1)

2019年3月17日 日曜礼拝 英語説教

翻訳:BANBOOS

(前略)

明日は聖和式でもありますが、同時にプリム(訳注:エステル記の主人公である王妃エステルにちなんだユダヤの祭日。2019年のプリムは、3月20日の日没から21日の日没までとされています。どういうわけで2日早い日をプリムとしているのかは不明です。)の日でもあります。エステル記2章17節から行きましょう。

概要を話していきますが、まず17節から始めましょう。

ここでの王とはペルシアのアハシュエロス王のことです。

17:王はすべての婦人にまさってエステルを愛したので、彼女はすべての処女にまさって王の前に恵みといつくしみとを得た。王はついに王妃の冠を彼女の頭にいただかせ、ワシテに代って王妃とした。

エステルはユダヤ人の女性です。王はエステルを見て恋に落ちました。それから何が起こったかは、3章、4章でわかります。

3章に飛びますが、ハマンという人が大臣に昇進します。ディズニーのアラジンの映画を覚えていますか。ジャファーという大臣が出てきて、王を洗脳して全てを支配してしまいます。それと同じことがここでも起きます。

ハンメダタの子ハマンという人が昇進して、アハシュエロス王の下でペルシャ帝国の大臣になります。エステルのいとこが、彼女を養子にして自分の子供として育てていました。

宮殿である計略が発覚します。2章21節に戻りましょう。 続きを読む