2019年3月3日英語説教

2019年3月3日 日曜礼拝 英語説教

翻訳:BANBOOS

聖句に行きましょう。先週はあまりにも縛られてしまって、聖句まで行きませんでした。(別のことに)打ち込みすぎてしまいました。最初からすぐに聖句に行きましょう。マタイ23章ですが、とても重要です。

ほぼ全体でキリストご自身が語っておられる長い章の1つです。ですから、とてもユニークな章です。私の縮小版の聖書でも約2ページに渡るほど長いです。赤い字はイエス様が語られている部分なのですが、ページのほとんどが赤くなっています。興味深く、また力強い章です。

とてもたくさんのことが・・・今日神様は我々にみ言を準備しておられますので、これを読んでいきましょう。強力なみ言です。23章を一緒に読みます。

 1:そのときイエスは、群衆と弟子たちとに語って言われた、2:「律法学者とパリサイ人とは、モーセの座にすわっている。3:だから、彼らがあなたがたに言うことは、みな守って実行しなさい。しかし、彼らのすることには、ならうな。彼らは言うだけで、実行しないから。4:また、重い荷物をくくって人々の肩にのせるが、それを動かすために、自分では指一本も貸そうとはしない。5:そのすることは、すべて人に見せるためである。すなわち、彼らは経札を幅広くつくり、その衣のふさを大きくし、6:また、宴会の上座、会堂の上席を好み、7:広場であいさつされることや、人々から先生と呼ばれることを好んでいる。8:しかし、あなたがたは先生と呼ばれてはならない。あなたがたの先生は、ただひとりであって、あなたがたはみな兄弟なのだから。9:また、地上のだれをも、父と呼んではならない。あなたがたの父はただひとり、すなわち、天にいます父である。10:また、あなたがたは教師と呼ばれてはならない。あなたがたの教師はただひとり、すなわち、キリストである。11:そこで、あなたがたのうちでいちばん偉い者は、仕える人でなければならない。12:だれでも自分を高くする者は低くされ、自分を低くする者は高くされるであろう。13:偽善な律法学者、パリサイ人たちよ。あなたがたは、わざわいである。あなたがたは、天国を閉ざして人々をはいらせない。自分もはいらないし、はいろうとする人をはいらせもしない。14:〔偽善な律法学者、パリサイ人たちよ。あなたがたは、わざわいである。あなたがたは、やもめたちの家を食い倒し、見えのために長い祈をする。だから、もっときびしいさばきを受けるに違いない。〕15:偽善な律法学者、パリサイ人たちよ。あなたがたは、わざわいである。あなたがたはひとりの改宗者をつくるために、海と陸とを巡り歩く。そして、つくったなら、彼を自分より倍もひどい地獄の子にする。16:盲目な案内者たちよ。あなたがたは、わざわいである。あなたがたは言う、『神殿をさして誓うなら、そのままでよいが、神殿の黄金をさして誓うなら、果す責任がある』と。17:愚かな盲目な人たちよ。黄金と、黄金を神聖にする神殿と、どちらが大事なのか。18:また、あなたがたは言う、『祭壇をさして誓うなら、そのままでよいが、その上の供え物をさして誓うなら、果す責任がある』と。19:盲目な人たちよ。供え物と供え物を神聖にする祭壇とどちらが大事なのか。20:祭壇をさして誓う者は、祭壇と、その上にあるすべての物とをさして誓うのである。21:神殿をさして誓う者は、神殿とその中に住んでおられるかたとをさして誓うのである。22:また、天をさして誓う者は、神の御座とその上にすわっておられるかたとをさして誓うのである。23:偽善な律法学者、パリサイ人たちよ。あなたがたは、わざわいである。はっか、いのんど、クミンなどの薬味の十分の一を宮に納めておりながら、律法の中でもっと重要な、公平とあわれみと忠実とを見のがしている。それもしなければならないが、これも見のがしてはならない。24:盲目な案内者たちよ。あなたがたは、ぶよはこしているが、らくだはのみこんでいる。25:偽善な律法学者、パリサイ人たちよ。あなたがたは、わざわいである。杯と皿との外側はきよめるが、内側は貪欲と放縦とで満ちている。26:盲目なパリサイ人よ。まず、杯の内側をきよめるがよい。そうすれば、外側も清くなるであろう。27:偽善な律法学者、パリサイ人たちよ。あなたがたは、わざわいである。あなたがたは白く塗った墓に似ている。外側は美しく見えるが、内側は死人の骨や、あらゆる不潔なものでいっぱいである。28:このようにあなたがたも、外側は人に正しく見えるが、内側は偽善と不法とでいっぱいである。29:偽善な律法学者、パリサイ人たちよ。あなたがたは、わざわいである。あなたがたは預言者の墓を建て、義人の碑を飾り立てて、こう言っている、30:『もしわたしたちが先祖の時代に生きていたなら、預言者の血を流すことに加わってはいなかっただろう』と。31:このようにして、あなたがたは預言者を殺した者の子孫であることを、自分で証明している。32:あなたがたもまた先祖たちがした悪の枡目を満たすがよい。33:へびよ、まむしの子らよ、どうして地獄の刑罰をのがれることができようか。34:それだから、わたしは、預言者、知者、律法学者たちをあなたがたにつかわすが、そのうちのある者を殺し、また十字架につけ、そのある者を会堂でむち打ち、また町から町へと迫害して行くであろう。35:こうして義人アベルの血から、聖所と祭壇との間であなたがたが殺したバラキヤの子ザカリヤの血に至るまで、地上に流された義人の血の報いが、ことごとくあなたがたに及ぶであろう。36:よく言っておく。これらのことの報いは、みな今の時代に及ぶであろう。37:ああ、エルサレム、エルサレム、預言者たちを殺し、おまえにつかわされた人たちを石で打ち殺す者よ。ちょうど、めんどりが翼の下にそのひなを集めるように、わたしはおまえの子らを幾たび集めようとしたことであろう。それだのに、おまえたちは応じようとしなかった。38:  見よ、おまえたちの家は見捨てられてしまう。39:わたしは言っておく、『主の御名によってきたる者に、祝福あれ』とおまえたちが言う時までは、今後ふたたび、わたしに会うことはないであろう」。 

 パリサイ人に対する強力で、厳しい批判のコメントです。この人たちは当時の宗教的な人たちでした。若い時私たちは、宗教的であることで清くなると思っていたかもしれません。いつも高尚なことを考えているように見せかければ、と。しかし神様はこうしたことについて警告しておられます。そのようなことをしてはならないと警告しておられるのです。当然ながら当時の宗教的文化を非難されているのです。

現代のカトリック教会の文化を考えてみてください。宗教的な雰囲気を装って、厳粛な儀式、長い衣服、教区民からの崇拝。しかし何が起きたかといえば、子供の性的人身売買があり、小児性愛が行われ、修道女に対するレイプも発覚しました。ティムがつい先日、キングスレポートで取り上げていました。そうしたことが明るみに出ています。

ひどく弱体化したサタン的な組織です。しかし、宗教組織として振る舞っています。ある種の聖なる組織であるかのようにふるまっているのです。現在のキリストの体(教会)には多くの問題があります。特に天使長とつながりがある場合です。すると、政府に乗っ取られてしまいます。結局は、組織の影響力から来る意思を実行しなければならなくなります。強制されるのです。

ですから、こうしたことはすべて警告だということが分かります。非常に重要なこと、神様の心情を燃え上がらせることは、我々が見せかけを取り繕おうとせず、人々の称賛を得ようとしないという意味で、純粋であるということです。神様に喜びを捧げ、喜びを捧げようとすることです。焦点が全く異なります。

こういう人たちはマーケットに焦点を当てています。みんなが彼らの祈るところを見て、みんなが彼らのことを尊敬するというようなことです。我々はそれに目を向けません。世の中から罵られ、憎まれ、非難されています。それは特に我々が鉄の杖のことを話しているからです。神様の王国がどのようにして悪を止めるのかを、聖書に基づいて話しているからです。王国のいたるところで。武装した社会と倫理的な社会によって悪を食い止めるのです。

そうしたことをするので、我々が悪く、過激だと言います。ごく最近・・・今週出た新聞記事で我々が取り上げられましたが、どういうものでしたか。パイク・カウンティ・クーリアを読みましたか。カートライト(下院議員)のイベントに我々がみな参加したからです。カートライトのところで、赤帽子が現れて騒ぎを起こし、ブーイングした、と。彼に挑むことができたのは素晴らしいことでした。それで何か、過激なムーン兄弟とか何とかそんなことを書いていました。1人は銃を製造していて、もう1人は銃を持って儀式をすると。その内容は本当のことですね。否定はしません。

重要なことは、神様が警告しているということです。キリストの体に警告しています。というのも、我々は哀悼のイベントで起きたことを目撃したからです。あらゆる宗派の人が3千人も集まりましたが、カトリックのオールバニ教区はそのイベントを支持しなかったのです。情けないとは思いませんか。まさに弱体化したサタン的組織の実体を示すことです。赤ちゃんを殺すことに反対だと言っているかもしれませんが、支持しませんでした。

カトリックの司祭をそこで1人見かけたと思いますが・・・。もしかしたらカトリックの団体の中にはそうでないところもあったのかもしれません。

これは明るみに出つつあることです。ペンシルベニアのレポートでは、50パーセントの司祭が子供に性的ないたずらをしていました。50パーセントですよ。それがどんなにひどいことか分かりますか。しかもこうした小さな町の地域では、もちろんとても強力なのです。

オールバニでも大きな大聖堂があり、スクラントンでも同様です。とても強力でお金がたくさんあります。政治家を買収して犯罪を隠蔽しています。しかし今は哀悼の時ではなく、終わりの時です。そうしたことが全て明るみに出ています。

しかしまた、家庭連合のような組織も同じです。彼らもパリサイ人のような偽善者です。実際は内的には聖書の言うようにヘビです。死人の骨で満たされています。神様の願いには何の関心もありません。欲しいのは地位と権力です。組織のことすら関係ありません。

彼らは我々を攻撃しまくっています。それで我々ももちろん今反撃しています。彼らが家庭連合に留まって守ろうとしていると思うでしょうが、そのようなことは気にしていないのです。本部で働いている人たちは気にしていません。気にしているのは月給のことだけです。あまりそのことは話すことができません。今係争中ですので。

ともかくそれが信仰を追求する場合の症状です。宗教性の中に紛れ込む場合があります。神様との関係性からいつの間にかそういう状態になることがあります。それを追求し、他人を喜ばそうと、他人に良い印象を与えようとします。誰もがその罪を犯していますが、我々はそれに気づかなければなりません。自分たちがそれをやっているということを。そういうことをしているのであれば、こうした神様のみ言は、聖霊による有罪判決を与えるものです。我々に思い起こさせるものです。

みなさんがパリサイ人のようだという意味ではありませんが、我々もそうした傾向を持っています。そうした欲求が頭に浮かぶ場合があります。神様のみ言によって、自分たちが清められ、思い起こされます。それは神様に対する鍵である関係性です。

今日我々はもうすぐ自然の中に入ります。氷の水の中に入ります。そうは言ってもケガをして欲しくありません。ですからそれについて慢心を持たないでください。「彼女が2分やったから私も2分やらなきゃ」と言わないでください。すると心臓発作を起こすことになります。そういうことはしないでください。

何か心臓の状態が悪いのであれば、それについて祈る必要があります。条件的に足を入れるだけにしてください。若者たちは寒さに持ちこたえることができます。しかし、50代、60代、70代の人や、心臓に異常がある人は、気を付けてください。条件をしたければ、足を入れるだけとか、つま先だけでもいいのです。

それで何か証明できるということではないのです。そうではなく、神様を喜ばそうとしているだけです。子供っぽく思えるでしょうが、実際信仰とはそういうものです。神様に喜びをもたらそうとしているのです。主の喜びが私の力です。そこから力が出てきます。神様を喜ばせるところから。

我々がこういうことをする時、神様は自分の子供たちがもっと強くなり、能力が高まり、自立するのを見るのがとても好きな父親であり、それを大喜びします。我々が自由に何か行動する時、困難なことをして挑戦する時・・・。普通人は氷水の中に飛び込みません。真冬に水の中に体をいれることはしません。しかしそうする理由は、自分に挑戦し、そういうエピジェネティックスを解放するからであり、神様が与えた潜在能力があるからです。こういうストレスに対抗することができます。

そして神様は、訓練して強くなることのできる、最高の自然環境を与えています。自分に恐怖を抱かせ、殺すこともできるようなパートナーと一緒に訓練すると本当に強くなるからです。死ぬこともあります。凍傷になることもあれば、死ぬこともあります。しかしそういうパートナーと訓練すると、人生で他のことを克服する方法を学びます。心と精神が強くなるのです。

<略>

ice water submersion

二代王は10分20秒間、王妃は5分間、氷水に入ったそうです

お父様は・・・。自信を持って言いますが、私がおそらく世界で一番でした。私が何で世界一だったか言わなければならないとしたら、お父様と共にあることで世界一でした。國進兄さんですら私が一番だと言いました。それほどお父様とつながりを持つことのできた人はいませんでした。韓氏オモニでさえ。彼女はお父様に反抗し、とても否定的でした。

我々は一緒の時間を楽しみました。お父様のスケジュールに従うのは容易ではありません。しかし私はお父様と付き合うことができました。そして息子が総合格闘技や柔術ができるのを見て大喜びされました。首を絞められたり、失神したりするのを見るのが好きだからではありません。子供が強くなり、力を付けるのを見るのが好きだからなのです。

同じように神様も、我々に力を付けて欲しいと願っておられます。我々が恐怖の中で生活することを願われません。また我々が心を鍛え、精神を鍛えるのに利用できる環境を与えてくれました。挑戦的な環境を与えてくださっています。テキサスやカリフォルニアに我々を送られませんでした。ここには寒さがあります。

お父様も北朝鮮、定州で厳しい寒さを経験されました。実際これ以上のものです。緯度が同じです。こういう環境でお父様は育ったのです。ですから我々がそれを称賛すれば、お父様が天国から見られる時に「自分が子供の頃を思い出す」と言われるとは思いませんか。「あの普通ではない子供たちがみな、凍った湖に飛び込んでいるのを見ると子供の頃を思い出す」。そのように天国にいるお父様は我々を見られるのです。

生きたお父様です。我々がこういうことをして、それを恐れずに称賛すれば、お父様も楽しむことができます。我々はお父様に喜んで欲しいと思っています。お父様が喜ばれれば、我々の力になるからです。

(祈祷)

親愛なるお父様。この日を心から感謝いたします。マタイ23章でパリサイ人のようになってはならないことを、あなたとの関係性よりも宗教を追求してはならないことを、人から称賛を受けることを追求してはならないことを思い出させてくださり、ありがとうございます。そうではなく、あなたの息子、娘とならなければなりません。

あなたが与えてくださったものに感謝し、あなたとの関係を喜ぶ子供に。またあなたが相続してくださった神様の王国を走って楽しむことのできる子供に。また同時にそれを守り、防御するように。

これらは相互排他的なことではありません。お父様が天国から我々をご覧になる時、世の中が何と狂ったことをするのだと考える、ポーラープランジを我々が行う時、今日我々は喜びを感じたいと思います。我々はワクワクしています。そこでは恐怖に直面し、寒さの不快感に直面し、極寒の気温のストレスに直面する機会があり、それを、心情を和らげ、感謝の気持ちを築くための訓練のパートナーとして利用するからです。

お父様、ご報告したいのは、韓国でこれを行った若者がいて、彼らは、氷の中で凍えた時に、命に対してどれだけ感謝の気持ちを持ったかを私に報告してくれたということです。

我々を落ち込ませるためや打ちのめすためではなく、もっと強くするために、あなたが我々にストレスを与え、困難を与える時があることを知っています。またそれは、あなたが他にどんな贈り物を与えてくださっているかについて考えさせ、心の中に感謝の気持ちを築くためでもあります。

今日吹雪が来る前にこの機会をくださったことを感謝いたします。あなたが共にあることを感謝し、守ってくださっていることを感謝します。今日事故がないことを祈ります。また、全員が健康で強く、これを喜んで行うことができますように。

あなたの中に、言葉に表せないほどの喜びを感じ、主にあって喜びを感じることができると信じています。我々が中から、あなたが愛し、ほとんどの人生を過ごされた真の聖域に出て行く中で、お父様が共にあってくださいますように。我々の心が、外の聖域に行っても前進し続けますよう祈ります。

美しい園のアダムとエバのように、あなたと共に生き、あなたと共にあり、あなたと関り、被造物を共に楽しむことができますように。この日を心から感謝いたします。全ての賛美と栄光を捧げますので、今日の次の段階に進む中で共にあってください。全ての賛美と栄光を捧げ、あなたの尊い名前でこの祈りを捧げます。アーメン。アージュ。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中