文在寅は全くの共産主義者-11月4日英語説教(その2)

Sunday Service   November 4  2018   Rev  Hyung Jin Moon   Unification Sanctuary  Newfoundland PA on Vimeo.png

2018年11月4日 英語説教

翻訳:BAMBOOS

最も彼らが恐れることは、人が善悪を識別し、ウソと真実を識別できるようになることです。トランプ大統領が、メディアのエスタブリッシュメントに解体用の鉄球を食らわせようとしているのはそういうことです。なぜなら、彼らのウソは自由なインターネットの中では持続しないからです。人々が様々な異なる見方を取ることができます。

彼らが形成しようとする主流の論調に反論することができるのです。CNNやMSNBCといったジョージ・ソロスが支援する大きなエスタブリッシュメントと戦うことができます。自分でユーチューブにアップして彼らと戦うことができます。また軍隊のように集まっている人たちもいます。もちろん、トランプ大統領が「フェイクニュースだ!とてもフェイクニュースだ!」と言って呼びかけました。

フェイクニュースというのは侮辱だと言われて、じゃあ、「とても」フェイクニュースに変えよう、と言って(笑)。素晴らしいですね。叩きのめしてしまいました。彼らは非常に腐敗し、非常に傲慢になり、非常にエスタブリッシュメントになり、非常にうぬぼれています。あなたを支配していると考えています。あなたの権利をはぎ取り、銃を取り去り、主権を取り去りたいと思っています。そうして彼らに従うように。

この人たちは、ホームスクールをなくして、子供に公立の洗脳教育を受けさせたいと考えるのと同じ人たちです。ばかげています。主権を取り去ろうというのです。ヨーロッパのようにしたいと思っています。

ヨーロッパは今もっとアメリカのようになりたいと懇願しています。クリスチャンがドイツの田舎の女性と話をしていました。彼女は食料品店でトランプ大統領についてこう話します。「トランプは私たちドイツ人を救います」。ドイツの田舎でのことです。トランプは主権のために立ち向かっています。それは自分の人格を超えているのです。何かのために立ち向かっており、主権のために立ち上がっています。

ボルソナロのことを見てください。ブラジリアン柔術(BJJ)コミュニティの人たちがみな興奮しています。BJJのブラジルの教授や講師がみなツイートしています。「サイボーグ」と呼ばれるファイターなど、強い男たち。大変な努力をしてベルトを勝ち取った人たちです。サッカーのワールドカップの試合のように騒いでいました。ボルソナロが勝ちましたが彼は主権のために立ち向かっています。

ラテンアメリカにその火が着き始めています。人々は政治家を追い出しています。国を取り戻すのです。ブラジルはラテンアメリカでは大きな国です。南アメリカ全体に新しい波を起こす可能性があります。

もちろん彼らがひっくり返したのと同じ全体主義に取って代わられてはいけません。フランス革命には問題がありました。1つをなくしてまた別のものになります。ですから王国の憲法が必要です。なぜなら、彼らが滅ぼしたものになることが許されないようにしているからです。ですから神様の憲法は強力なのです。いったん権力を手にしたら、正義が不正になることを許しません。誠実さを保ち、バランスを課します。自分たちがまさに抵抗して戦っていたものにならないようにするために。

もちろん、転換の時、人々が奴隷所有者に対抗して立ち上がる時には、それが大きな危険になります。その危険とは、道徳的に優れた立場に立たずにただ権力のためだけに実行するなら、悪となってまた全体主義政権が到来することになるということです。捕らわれた人たちを自由にするという目的のために行わなければ。

神様の栄光のために行うということです。人権のためですが、国連によるものではありません。あれは世界規模の共産主義です。主権国の人権。国連はそれを許可していません。彼らが土地を所有して我々は借りるだけです。彼らにとっては有利な取引です。好きなように税金を掛けて。それは王と王妃に対する扱いではありません。

王と王妃にどうやって反対できるでしょうか。王と王妃には、政府ではなく神様に与えられた権威があります。国ではなく、愚かな知的階級のことではありません。彼らは自分で自分を道徳と真実の権威者に指定しています。そのためクリスチャンを嫌います。なぜなら道徳的に優れた立場に立っているからであり、悪に立ち向かっているからであり、例えば韓国で推進しているような社会主義者の計画を理解しているからです。

韓国では今ますます福祉国家を推進しています。国家予算の33パーセントが福祉に向けられています。するとそれに依存する階級が広がっていくだけです。人々が起業家などになろうという意欲が失われます。若者の情熱を吸い取ってしまいます。被害者意識のような話を信じ込まされます。

それと同時に韓国では、公共教育でフリーセックスの文化を推進するように指示が出ています。例えばある学校では、服装の規定について生徒が投票できます。スカートの長さとかを生徒が投票するのです。生徒が投票するなんて、どう思いますか。全く大きな疑問ではないでしょうか。

何も知らず、完全に洗脳され、何の実績もない幼い子供たちがどうなるか予想するには、博士号のための勉強を30年しなければならないでしょう。彼らは何のために投票すると思いますか。

韓国では妊娠すると転校しなければなりませんでした。基本的に異性と関係を持ったら追い出されるということです。昔はそうでした。しかし今は法律が変わりました。学校には退学にする権利がありません。つまり、売春を行う人が学校いて、そういった文化を広めても保護されるということです。

文在寅は全くの共産主義者であり、全くの左翼だということはもちろん分かっています。完全な社会主義者であり、韓国で権力を手にした最も急進的な社会主義者の1人です。そうしてフリーセックスの文化を増強しています。なぜならそれが最適な薬を与えることになるからです。あなたたちから政治的な力をもらう代わりにセックスを楽しんだらいい、ということです。若者はそれに飛びつきます。何を与えられているのか気づかず、政治的権力が奪われていることも気づきません。

彼らがあなたを不道徳にできれば、あなたを無責任にできれば、悪魔の嘘を信じ込ませることができれば、あなたが弱くなるからです。科学的に証明されていることです。複数の相手と関係を持てば長い結婚の関係を損ないます。結婚前に純潔を保っていてもうまくいかなかった例があるという人もいますが、だからといって統計全体とは違います。あなたが知っている一例が、全データを決定することはないのです。もちろん社会学的なデータがあります。複数の相手がいた場合、結婚の保持率は損なわれます。信仰や教会に行くかどうかといった他の要素も全て関連しています。

(中略)

韓国ではさらに悪化しており、そのように加速しています。もちろん社会は弱くなります。なぜなら社会で弱められるからです。強い家族のネットワークを持つことができません。ここは自分たちの土地だ、政府に権威はない、と言えるような主権を持つ個人のネットワークを持つことができません。

リベラル派の最先端の人たちが体制を受け入れるのは、自分たちが実際にとても弱いからです。体制を受け入れることで強くなると考えています。彼らはヨーロッパ、アフリカ、アジアで普通の人にどうすべきか話そうとはしません。彼らは神ではありません。

神の子として我々には自分を防衛する権利があります。主権に対する権利があります。現在の世界に現れて、サタンの王国の実を分かち合っているのは政府です。人間に主権がないと主張しているのは彼らです。そして彼らが主権を決定できるのだ、と。なぜなら特別なユニフォームと帽子を持っているから。ばかげています。

自由なインターネットが暴露しているのは、人々がそれらに光を当てることができるからです。それは良いことです。なぜなら、彼らがもし本当にあなたを愛しているなら、なぜあなたを弱くしようとするのでしょうか。なぜ不道徳を教えようとするのでしょうか。なぜあなたの人生に混乱を作り出そうとするのでしょうか。なぜ自分の軌道を損なうと分かっていることをやるように、いつも誘惑しようとするのでしょうか。

競争をしていて、ここから100ヤードのところまで行かなければならず、あなたが走っているとあなたを押しのけようとする集団がいて、あなたはバランスを崩しているのに「あなたを助けています」と言うようなものです。なぜ彼らを信じるでしょうか。彼らはあなたがエンド・ゾーンやエンド・ラインに入るのを止めているのです。

つづく

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村