あの長老たちは、まだ自分たちの財産のためにそこにいる-10月21日 英語説教(その4)

Sanctuary Church Sunday Service 10 21 2018   YouTube.png

2018年10月21日 英語説教

翻訳:BAMBOOS

神様はますます大きな収穫、責任を与えます。その場合にこのような知恵が重要になります。(箴言21章)6節を見てください。

6:うそをつく舌によって財宝を積む者は吹き払われる息、死を求める者。

万物復帰で素晴らしいことが何かと言えば、子供たちが真実を伝えることができるということです。

聞いた話では時々、私は全てを知っているわけではありませんが、とにかく目標を達成して、手段を見出そうとする人たちが時々います。こういうことのためにお金を集めています、と言って嘘をつくということです。

(一人を指して)あなたはそれについて不満を漏らしていましたね。家庭連合がオーストリアかどこかでやっていたと。つまり青年に嘘をつくよう教えていたということです。

お父様は嘘をつけと言ったことはありません。どうしてそういうことを始めたかと言えば、彼らが官僚階級を作り上げて、集めたお金を取り上げていたからです。ここだけの話だと言って。それでどうなるかというと共産主義者になるのです。あなたたちは正義を追い求めなければなりません。

「うそをつく舌によって財宝を積む者は吹き払われる息」です。我々は子供たちを外に行かせて、「アフリカの癌患者のためにお金を集めています」と言わせたくはありません。それを実際しているなら素晴らしいことですが、本当のことではありません。

そんなことを言わせたくありません。嘘をついているということです。「うそをつく舌によって財宝を積む」ことです。そこから何を学ぶのでしょうか。手段を正当化することを学び、共産主義を学びます。

しかし彼らは外に行って「サンクチュアリ教会から来ました」と言って、パンフレットを渡しています。渡す時もあるし渡さない時もありますが。「教会のリフォームをするので、お金を集めています」と言っています。完全に自由です。花を買うのも買わないのも、何であっても全く100パーセントが人の判断次第です。時には「聞いたことがあるよ。物はいらないから寄付してあげよう」という人もいます。

また彼らは戦場があるということが分かります。悪い人たちに追い払われ、自分の方が賢いと感じさせようとする人や、「赤ん坊を殺せ」というばかげた哀れな人もいます。

しかしまた、準備された人たちにも出会います。文化を支持する人、憲法を支持する人、神様の国を支持する人、善良な人が自分を守る権利を支持する人がいます。外に出て行って真実を伝えることができます。「教会をリフォームするためにお金を集めています」と言って。中にはその教会を知っているという人もいます。以前のこの教会と関係があった人に出会った人がいました。

見てください。「うそをつく舌によって財宝を積む者は吹き払われる息、死を求める者。」それは韓氏オモニがやったことです。嘘をついて財宝を求めました。宣誓証言の中でも、これは胸の痛むことですが、誰もが本当のこととして自分で認めなければなりません。しかしこれは本当のことなのです。

彼女が利益と財産のためにお父様を50年間欺いていたと認めたのが分かります。DCの連邦裁判所の前で、自分の宣誓証言の中でそれがアメリカの法廷に記録されています。歴史的に全世界に晒されています。50年間嘘をついていたと証言しています。自分を神様にまで高めるというこの異端性を隠していました。彼女はもちろん知っていたのです。お父様は決してそれを取り上げないと。

「うそをつく舌によって財宝を積む者は吹き払われる息」です。韓氏オモニの「吹き払われる息(訳注:英語ではvanity:虚しさ、空虚と表現されている)」を見てください。それが彼女に急激な破滅を引き起こしました。家庭詐欺連合は非常にうまくいっていると言っていますが、内部でどれほど崩壊しているか見てください。今はもう何の基準も持っていません。どうして万王の王であるお父様を代表していると言うことができるでしょうか。同性愛が間違っていると言うこともできません。それが嫌悪すべきものだと言うこともできません。それだけ彼らが社会の奴隷になり果てたということです。

彼らは先駆者になることはなく、開拓者にはなりません。忘れ去られた蜘蛛の巣だらけの史実の中に吸収されるだけです。来世では地獄と同様の場所で終わることになります。完全に有罪と認定されます。全くの恥、審判、罰を受けます。

ですからもちろん我々は彼らに真実を叫びます。たとえ彼らが我々を嘲り、蔑んでも、また我々のことを、卑劣で、憎しみに満ちていて、ヘイトスピーチをしているとか反LGBTだとか言ったとしても。彼らは、自分たちが100パーセント文化マルクス主義者であることをさらけ出しています。

「うそをつく舌によって財宝を積む者は吹き払われる息、死を求める者」。彼らは生命を求めていると考え、財宝を求めていると考えていましたが、実際には死です。破綻します。彼らには死しかありません。若い洗脳された子供たちを強化するために、全てがうまくいっていると見せかけようとして、もっと大きなショーを、もっと大きなスタジアムでやります。しかし全ては無駄です。何億ドルも浪費しています。負債がもっと大きくなります。全て幻想です。若い人たちはひどく洗脳された死人です。霊的には死んでいます。大衆文化に対して身売りしています。それが彼らの神になっているからです。

また彼らは、神は取るに足らないものだと考え、正義は取るに足らないものだと考え、「手段を正当化するものだ。世の中そういうものだ」と言い、文字通り腐敗したアジアの独裁者になっています。結局手段を正当化するという同じ文化的な考えです。韓国、中国、北朝鮮。彼らはみな同じ文化的思考パターンを持っています。共産主義的な思考です。

アメリカにはそういう文化的感覚はありませんでしたが、今はあります。

第7節です。

7:神に逆らう者は自分の暴力に引きずられて行く。正義を行うことを拒んだからだ。

見てください。最終的に何が起こるかというと、自分自身を強奪します。この陰口をたたく指導者、官僚が様々な権力グループに分かれてお互い戦っています。お互いに裏切り合っています。韓氏オモニにこの人をクビにさせ、あの人をクビにさせます。

今彼女は孤立して、もっと小さなグループの、博士号を持った思考停止の若い男性に全ての権威を与えています。統一運動の歴史的背景の中で何の尊敬も受けていない人物です。全くのお笑い種です。彼女のまわりにいるあの長老たちは、まだ自分たちの財産のためにそこにいます。しかし、教会の中で何の経歴もないそのばか者にひれ伏さなければならないのです。どこかの大学の博士号を取った、灰皿にでもキスする人物です。ばかげた話です。

つづく

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

正義を追及するのは容易な道ではない-10月21日 英語説教(その3)

Sanctuary Church Sunday Service 10 21 2018   YouTube.png

2018年10月21日 英語説教

翻訳:BAMBOOS

良い父親はこういったことであなたを育てます。あなたを愛しているからであり、あなたがレイプされたり搾取されたりすることを望まないからです。あなたに強くなって欲しいのです。あなたに弱くなって欲しくないからです。いつか王と聖職者になって、主権を持ち正義によって統治して欲しいと思っています。青年たち、アーメンですか。

次の21章を見てください。

21:王の心は、主の手のうちにあって、水の流れのようだ、(主はみこころのままにこれを導かれる。)

今日はアノインティングがあふれています。天からアノインティングがあふれおりてきています。

「王の心は、主の手のうちにあって」。王国の王と王妃として、我々の心は神様の手の内にあるということです。神様に捧げられています。神様の命令を実行しています。

1:王の心は、主の手のうちにあって、水の流れのようだ、主はみこころのままにこれを導かれる。2:人の道は自分の目には正しく見える、しかし主は人の心をはかられる。

興味深いではないでしょうか。人は自分を正当化しようとしていますが、神様はその心をはかられています。人は心に疑問を抱きます。神様は聖霊を与え、懲らしめのとげを与えると聖書にはあります。我々は聖霊によって罪を感じます。なぜなら我々の心はもはや石ではなく、肉にされているからです。

すると神様を傷つけた時に感じることができます。罪の呵責を感じることができるのであり、それは良い罪悪感です。それによって我々は神様に悔い改めたいと思うようになります。「ああ、それは申し訳ないことだ」と。

罪悪感が必ずしも悪いものではないということを知っている人は何人いますか。罪悪感は重要なものです。誰かを傷つけると罪悪感を覚えます。罪悪感が我々を悔い改めに駆り立てます。

新しい心理学のやり方では、「罪悪感を越えなければなりません」「罪悪感のせいで本当に病気になってしまうのです」などと言います。「罪悪感のせいで痔や癌になります」と(笑)。

罪悪感は時には大切な場合もあります。何か間違ったことをしたら罪悪感を覚えなければなりません。それが神様の霊による罪の認定です。間違ったことをすれば罪悪感を覚えさせます。自分の過ちを神様に告白させます。自分の過ちを認めさせます。なぜなら、聖書にあるように我々の心が悪いからです。

我々の心は常に正当化しようとします。見てください。「人の道は自分の目には正しく見える」。常に正当化しようとしています。

けれども優しい心でこの悪を認識することができます。それゆえに聖霊によって罪が認定されます。そして跪いて熱心に悔い改め祈りをします。というのも、心を、神様の鼓動を感じることができるからです。神様が不愉快になる時に感じることができます。

神様は泣いていないかもしれませんが、あなたのお父様が不愉快である時には分かるのです。自分の第六感で感じることができます。「お父様は今私に対して喜んでいないようだ」と。ですから「主は人の心をはかられる」です。

3節を見てください。

3:正義と公平を行うことは、犠牲にもまさって主に喜ばれる。

正義を追及すること。正義を追及することです。そして悪を裁きます。これが神様に喜びをもたらします。なぜなら我々は自分の喜びを追及しているのではないからです。多くの場合、正義を追及すると嘲られ、軽蔑され、憎まれます。正義を追及しようとすると愛情がないといって責められるのです。正義を追及するのは容易な道ではありません。慈愛も、です。容易ではありません。

なぜなら正義を追及する時、これは間違っている、これは正しいと言わなければならないからです。優柔不断であってはならないのです。

それは、「お父様がアメリカに来たのはそこが火事のようだからだ」「お父様は医者のようなものであって、薬を与えている」というようなものです。

馬鹿者!(聞き取れず)火に油を注ぐようなものです。お父様はその火を消すために来ました。ですから同性愛を厳しく非難したのです。なぜならそれが、その全ての下に眠っている深いサタン主義と小児性愛を覆うものだと知っていたからです。それが今現れています。

4:高ぶる目とおごる心とは、悪しき人のともしびであって、罪である。5:勤勉な人の計画は、ついにその人を豊かにする、すべて怠るものは貧しくなる。6:偽りの舌をもって宝を得るのは、吹きはらわれる煙、死のわなである。7:悪しき者の暴虐はその身を滅ぼす、彼らは公平を行うことを好まないからである。

社会主義を見てください。彼らはあらゆるものを裁くことを拒否しました。そして全てを多文化主義、相対主義のやり方で利用します。そうして自分たちのプランテーションで、ゲットーのグループをできるだけ得ようとします。そしてそれを兵器化して窃盗の不道徳と国に対する強制力を取り入れます。

また生産者から盗み、資源を没収します。彼らは困窮者に与えるという嘘をつきます。90パーセントは官僚に、超エリート階級に行きます。あらゆる規制と課税控除を通して。自分たちが利益を得るのです。わずかなものだけが彼らのプランテーションにあるべき「困窮者」に与えられます。

今黒人社会は、武器を携帯する権利を受け入れる勢いの最も盛んなコミュニティの1つとなっています。彼らは今、左翼のプランテーションにうんざりしていると語り始めています。インナーシティ(都市部の貧困層のいる地域)はますます経済的に機能不全に陥っています。犯罪者に対して自分を守ることもできません。犯罪者の管理下で生活しているようなものです。

ハーレムのシングルマザーは、どうやって3人の子供たちと一緒に、午前3時にやって来る襲撃者から身を守ることができるでしょうか。彼女はどうしたらいいでしょうか。襲撃者が3人だったらどうなるでしょうか。だからカーのK9かトミーガンが良いでしょう。そのためベッドの横に置いておくのです。

もし十分な人がそうすれば、十分な人がそれを持てば、社会で一般的に、また犯罪者の中でも知られるようになります。「大変だ。この人たちはベッドの近くにトミーガンを持っている。安全ではないかもしれない」。それには100万もの例は必要ありません。少しで十分です。

つづく

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村