私は17才で自信をもって祝福を受けました-9月23日 英語説教(その3)

sunday service 092318 YouTube

2018年9月23日 英語説教

翻訳:BAMBOOS

1:08:46
神様は言われました。「神のみこころは、あなたがたが清くなることである。すなわち、不品行を慎み」。

それらの力のネットワークは全て姦淫(不品行)によってつながっています。少年たち、君たちの弱点はセックスです。君たちの過ちではありません。それは克服すべき弱点だということです。

神様が力と権威を与えれば与えるほど、権威と責任を恵むほど、誘惑する女とサキュバス(夢魔)がやって来て君たちを破滅させようとします。多くの場合彼女たちは君たちを破滅させるために敵に雇われています。脅迫して、君たちの写真を撮り、ビデオを撮ります。

成長する時、神様に成長させられる時に特に注意しなければなりません。もっと危険になるからです。

そのために王国は崩壊します。姦淫のために。サキュバスは知っています。敵は知っているのです。ですからサキュバスを送ってきます。サキュバスを知っている人はいますか。ギリシャ神話で英雄を殺す者です。ですから気をつけなければなりません。

祝福を受けたら自分の妻だけのカサノバにしかなれません。あらゆる恋愛の腕前を使って、超遊び人になれるのは妻との間だけです。腕前を持っていない人は妻のために腕を磨かないといけませんよ。

こういうことは起こります。神様の恩恵を受け、高められるとそれだけ悪魔や悪霊も現れます。悪魔や悪霊は必ずしも男ではありません。女の悪霊もいます。知っている人はいますか。手を挙げないで(笑)。

ですから世俗的なサタン世界で、女性はみな悪いことはできないとか、何でも管理できるとかいうのは、あなたに植え付けようとしている嘘です。地上の地獄を作り出します。

「女性は悪いことはできない。いつも正しい。悪いことをするのはいつも男だ」(と言いますが)悪いことをする女性はたくさんいます。知っている人はいますか。手は挙げないで(笑)。

彼らは高い質の女性を質の低い女性と混同させたいと思っています。混同させたいのです。全てを愛するようにさせたいのです。違います。質の低い女性はみな、質の高い女性から利益を得るのです。すると誰もが女性は悪いことができないのだと思わざるを得なくなります。

しかし文明を滅ぼすことがあります。なぜなら社会主義に投票する人が2倍いるからです。ピュー研究所の調査結果です。未婚の女性は共産主義の民主党に2倍投票しています。独身男性の2倍です。

結婚した女性は違います。彼女たちは資産を守り、夫の資産を守り、子供を守らなければなりません。すると自分の気分が良くなることだけを考えられないようになり、自分の家庭の資産を守ろうとするようになります。もっと思慮深くなり考えるようになります。

お父様が私たちに早くから祝福を下さったのは人類に対する贈り物です。若く子供を持つのは安全なだけでなく、恵みでもあります。それは人々が責任を持つようにさせるからです。十分に備えていれば責任を持って結婚の祝福で成功を収めます。

婚活バーで相手を探そうとする40歳、50歳の人より20年も前に受けたのです。私が受けたのは17歳の時です。(青年たちを見ながら)今みんな気まずい顔をしています(笑)。私は17歳で受けました。ハレルヤ!

君たちの中のほとんどの人よりも若いです。17歳の人は誰ですか。お父様は私が17の時に祝福してくださいました。普通の17歳と比べると私は高いレベルでした。自慢ではありませんが、高いレベルだったのです。同じ年齢の他の人たちは、自分は結婚したくないなどと言っていましたが、それは彼らのことであって私は違います。

「私はうまくいくのだ」「私の未来を君たちが決めることではない」「私は結婚に成功する」「結婚で勝利する」と言って。「私が結婚するのでみんな嫉妬している」と。それが17歳の時の私の態度でした。100パーセントです。17歳で自信を持っていました。

神様なしに、アノインティングなしにそのような自信を持つことはなかったでしょう。私は今39歳で40歳近いですが、17歳でとても確信がありました。負けることはありませんでした。

そのような正しい考え方を持つことはとても重要です。それを信頼するということです。私は、「誰を選んでも構いません。好みは全く持ちません。どんな性格でも人種でも、女性だったらそれだけでいいです」と言いました。17歳でそのような確信を持っていました。

またそれが自分自身の力ではないと分かっていました。それは恩恵のようなものであり、アノインティングでした。それが祝福された結婚だと捉えていたのです。分かるでしょう。王妃と。作り話ではありません。我々は君たちととても親しくして、訓練もしてきました。3年間近くで見ていればどういう状態か良く分かるでしょう。結婚生活が良いかどうか分かります。さらに子供たちはいつも一緒に生活しているのでもっと詳しく分かります。とても質が高いのです。

5パーセントの努力もあります。しかしアノインティングがあります。神様のアノインティングを信頼しています。我々は気にしません。こんな人でないと、あんな人でないと、と条件を付けることはしません。そのようなことをすれば神様のアノインティングをだめにしてしまいます。

神様はみなさんよりも良く知っています。だから神様に適切な人を選んでもらうのです。

20歳くらいでも全く聖霊の確信を持たない人がいます。これをしないといけない、あれをしないといけない、とやっています。40歳になって、「もまだ準備ができていない」ということになります。それは準備をしなかったからです。それが信仰を持ち、信頼するということの意味です。

準備ができていないと思うかもしれませんが、準備できていないということではありません。神様はその過程を通してあなたをその時に成長させます。正しい心からの態度を持っている限りは。また神様の祝福が信頼できるものであり、それが呪いではなく祝福であり、自分は勝利するのであり、サタンが何をしてきても神様の力で克服するのだと理解するなら。

そしてあなたが持っているものに世界を嫉妬させます。あなたはそのような力を心に持っており、神様との合意でそれを発揮します。世界はそれに抵抗できません。あなたを傷つけ、引き裂こうとします。しかし弱いのでできません。

ディープ・ステートはトランプを引き裂こうとして、自分たちには力があるので彼を弾劾し、何でもできると考えています。見てください。光が彼らを照らすと吸血鬼のように弱くなります。

光が照らされれば「あー!」ともろくなります。陰では大きくなりますが光が来ると・・・。弱いのです。世界もそのようなものです。ですから神様のアノインティングを持つ人を、聖霊によって触れることのできる人を恐れます。ですから信じるなと言います。偽物だと。それはあなたに弱くなって欲しいと思うからです。

つづく

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村