韓オモニの「宣誓証言」をみましたか -キングズレポート9月14日

韓オモニの「宣誓証言」をみましたか-キングズレポート9月14日

翻訳:Harry

韓オモニの「宣誓証言」をみましたか ?

オモニは霊的中身がない人のようでした。
悲しいことです。
 
キリストを捨てると抜け殻のようになってしまう。魂も喜びも神様に対する情熱も失う。ただ残るものは自己崇拝、自己崇拝。
質問に答えることもできなかった。自分でも話す内容の滑稽さ加減に気づいている。自分が神であり、独生女、メシアだというのですから。
それを(相手の)弁護士にも言えなかったのです。
オモニは質問にまともに答えることができませんでした。
自分でも普通の人なら滑稽に感じると思ったからです。
もちろんクリスチャンは馬鹿げていると思う。

スタジアムの行事も失敗しました。
ブラジルで3万人動員しようとしていました。お金で動員して、キリスト教の牧師たちとコンサートを計画していました。
神霊とキリスト教会がわれわれと共にあることをねたんだ彼らは、「そんなことは簡単だ。キリスト教会にお金を払ってクリスチャンを集めればいい」と考えたのです。

どうなったかというと、がら空きのスタジアム。
聖霊に満ちた、本物のクリスチャンは彼らに付いていかない、一緒に参加しない。
お金で動くフェイクな牧師だけです。聖霊に満ちた本物のクリスチャンはそんなことはしません。接触する人の中に神の霊を感じないと、御手の働きを見ないと動きません。

アーメン。

サンクチュアリが多くのキリスト教会の人々とつながるのを見て、「あんなものは容易いことだ」と思って、やってみたら惨めにも失敗しました。3万人の会場に3千人足らずの参加者。会場はがらがらです。その理由は、韓オモニが独生女という異端を宣言するというニュースが出回ったからです。バビロンの淫婦のような異端、自分が神だといい、神々の門(バビロン)を開いた、そして自己崇拝。とんでもない異端です。

オモニはそれをキリスト教会が受け入れるべきだと思っている。どれだけ惑わされ、虚しく霊的に死んだ女性であることか。血肉を受けた実の母の姿を見て、霊的に死んだ母を見てどれほど哀しく悼んでいることか!オモニが自殺するのではないかと心配しています。
何カ月もの間、頼みに頼みました。頼み続けたのです。顔を合わせ私に(独生女を)語る時、その度に頼みました。「お母さん、どうかそんなことを言わないで下さい、お願いですから」

韓国ドラマのように、抱きすがるように「そういう事をいうのをやめてください」と・・その度にオモニは私を払いのけて、私の頭を叩きました。まったくひどい状態でした。

オモニは自分でも気づかないうちに、霊的自殺を図ったのです。私が目にした姿はあまりにも・・満ちていて・・・悲しいことでした。皆さんもわかるでしょう。

ますます多くの人がこのことに気づいています。多くの人が自分たちの堕落を悟って家庭連合から救い出されています。迷い出て異端に陥っていたことに気が付いたのです。神様に背を向けて裏切っていたことを。

いま刈入れのときが来ました。目を覚まし、救われた人びとが波のように押し寄せています。韓国からの情報では、家庭連合にいる人がたった2時間で目覚めて、友人たちに悔い改めて戻るように証しているそうです。彼らは悔い改めています。もちろん堕落の事実を認めています。
地獄に行くよりは・・といって戻ってきています。地獄に行くよりは、主とともにいるのなら、といって。彼らは霊的生命を真剣に考え始めています。

私から見れば冗談のようです。相続者、後継者の私をあざけり、嘲笑し、バビロンの異端に立ちはだかる私を気違いだといっていたのですから。それが正気に戻りました。
すべてが崩壊しているのです。内部抗争、陰口、互いの陰謀とスパイ活動にあけくれている。互いに闘っている。がつがつと盗れるものは盗ろうと。地獄、悪の蜂の巣のようです。

大きなスタジアムに行っても誰もこない。満杯にしようと強く動員しても、さまざまな空疎な死んだ魂しか席にいない。彼らは死んだものです。会場にいるのはゾンビだけ。神霊も聖霊も、神の火も、人の魂を生かす火も、終わりの日に神の刈入れのための炎もなにもない。
聖霊が注がれない。

何もない、死と、空虚だけ。そこに行って、韓オモニがステージに上がり、そして降り、家に戻って「ひどかった」と言いました。

彼らも心の内ではわかっているのです。神様の霊が有罪を宣告しているからです。神の力がそう宣告しているのです。

ハレルヤ!

人びとは目覚め始めています。霊に撃たれるのです。聖霊の宣告、霊的な矢に射られている。
自分が神様に背を向け裏切り、反逆者、邪悪な悪事を行う者だと悟り始めています。
二代王を批判し、あざ笑い、呪い、その死を願った者たちです。その彼らが、自分たちこそ悪でいまわしいものであったことに気付いています。私がやってきたことは彼らを傷つけ、自分の母に害をなすためではないことに気が付きました。真実を話したに過ぎません。もしあなた方が邪悪でいまわしいことをしているなら、真実は地獄のように響くでしょう。

誰かがそれをしなければなりません。特に、後継者、相続者、万王の王の唯一の正統な相続者、後継者がそれをしなければならないのです。

アーメン。

私は自分に託された仕事をするだけです。天にいる私の父、私の内にあるイエス・キリストにただ忠実であろうとしています。

アーメン。

だからこそ聖霊がすべての肉の身に降り注ぐのです。聖霊が降り注ぎ、神の人は霊に満たされる。魂は刈り取られ、神の霊が人の心を燃え立たせる・・アメリカの建国の父たちがいうように。

復活のときを見ることができます。人びとは神秘的な力によって導かれています。

この間も一人の女性が聖霊の導きにより、電話してきました。サンクチュアリの信徒になりたいといって。軍にいた女性のようです。若い女性のようですが、詳細はまたわかるでしょう。私の何かを見て聖霊に動かされた、礼拝に行きます、私は退役軍人です・・といっていました。このようにアベル型クリスチャンが目覚めています。

世界の始まりに先立って保護する者、鉄の杖の仲間です。このような人びとが活動を開始し、聖霊に触れています。魂の収穫のときがきました。人類の救いのときが来たのです。

ハレルヤ! ホサナ、ホサナ!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中