ブラウン牧師はキリスト教を新しいレベルに引き上げた-AR-15を手にした牧師たち キングズレポート9月14日より

9月14日キングズレポート 

ブラウン牧師はキリスト教を新しいレベルに引き上げた-AR-15を手にした牧師たち

少しインスタグラムを見ましょう。
フロリダ州タンパのブラウン牧師と仲間の牧師さんたちです。
なんと、ここでも何かが起こっています。

Rodney Howard Browneさん  rodneyhowardbrowne  • Instagram写真と動画.png

ブラウン牧師はもちろん銃の愛好家です。「神は銃器を愛し給う」といっているくらいです。ブラウン牧師が自分の(インスタグラムの)ページで写真をあげています。ちょっと下に・・トミーガンを持っている写真があるでしょう。ブラウン牧師が私宛に動画を送ってくれました。その動画を再生してみましょう。

マフィアの口調をまねながら

「仕事を片付けなけりゃならないが、ジョーイとルイージとビニーを送るから奴らで以後とは片付くだろう」

ブラウン牧師です。マフィアっぽく話しています。これに私も短いビデオを返しました。車の中だったので大きな声で「気にしなくていいぜ、ルイージ、気にしなくても」といって。いやあ、おもしろい。
他の写真も送ってくれました。彼の教会の牧師全員が写っています。牧師全員がAR-15ライフルを持っています。(国進様が献品したもの)こんなふうにメールに書いていました。朝受け取ったのですが。この牧師さんたちは一人もAR-15をもっていなかった。
それにさっき返事を送りました。「なんですって!共に王なのに鉄のつえを持っていなかったのですか!(ロマ書8:17)(黙示録2:27)」「それは冒涜ですよ…」ここまでは書きませんでしたが。「なんですって!キリスト教を再び勇敢にしましょう(make Christianity brave again)」

聖霊(Holy Spirit)がブラウン牧師に働いています。彼の指導者精神が、外的な「鉄のつえ」の相続を可能にしました。素晴らしいでしょう!

皆でブラウン牧師に拍手をおくりましょう。

彼の教会の牧師たちに力を与えました。ブラウン牧師の教団がますますキリストの共同の王(キリストの共同相続者)になりつつあります。「鉄のつえの王国」はキリストご自身が定められたものです。私が造りだしたものではありません。聖書に書いてあるのです。私が考え出したという人もいます、そう思っているのです。私が考え出したのではありません。聖書の内容です!
鉄のつえの王国は、2千年前にキリストご自身が「地上をこう治める」と定められたものです。へブル人への手紙13章にもこう書かれています。「イエス・キリストは、きのうも、きょうも、いつまでも変ることがない」。だから力強く、同時に慈悲と愛と義の神です。その性質は変わりません。突如として社会主義者の暴君に変わることはないというのです。
社会主義左翼の教会は願っているようなキリストではありません。彼らは社会主義を実現したいと思いビルダーバーググループやグローバリストの片棒を担いで社会主義化を推し進め、キリスト教の皮をかぶり、フェイクで偽りの教義を教えるのです。

しかしイエス・キリストは2千年前に鉄のつえの王国を教えられました。これが現実になろうとしています。主流派の巨大教会からテンプラー教会まで、すべての牧師が励まされ、霊感を受け、力を受けています。

内的な鉄のつえである、神のみ言だけではなく、外的な王国の武装具・・・イエス・キリストご自身が、これで治める、そしてこれを共同相続者に与えるとおっしゃった。

これに関しては残念ながら皆さんに選択権はありません。私が考え出したのではないからです。選択の余地がないのです。見たように、ブラウン牧師とその元のすべての牧師たち。一人残らずAR-15を手にしているのです。コメントを少し読んでみましょう。

私もコメントしました。「ホーリーゴースト!鉄のつえをふるう神の王国の共同の王たち!(ロマ書8:17)天から火を注ぎ来たらせよう!」

人びとは目覚め始めました。莫大な・・素晴らしいこと。

私は(国進様が寄贈した)AR-15を、誰かにあげるなりして手放すだろうと思っていました。ところがブラウン牧師は「誰一人、AR-15を持っていなかった」と打ち明け、今、牧師さんたち全員が手にしているのです。

神を賛美しましょう。ハレルヤ。聖霊で語る牧師たち、聖霊に満ちた・・異言を語る、ハレルヤを叫ぶ、聖霊に打ち倒されるペンテコステ派の牧師たちが皆、鉄のつえで武装しているのです!ハレルヤ!アーメンですか?

ハレルヤ!  ハレルヤ!

神に賛美を!ああ神の国にとって何という日でしょう!神の王国にとって何という日でしょうか。

彼らは箴言20章のライオン(しし)です。ブラウン牧師の姿を見てとてもうれしいです。主の働きに感謝し、神様に感謝します!

ブラウン牧師はキリスト教を新しいレベルに引き上げました。神様のみ言を新しいレベルに展開しました。ティムも、キングズレポートで以前いいましたが、三大王権との授受作用によって、知らず知らずのうちに、ブラウン牧師の教団が変えられたのです。私たちの教会が影響を受けたように、彼らの教団も三大王権に触れました。アーメンですか!素晴らしいことでしょう!

神に賛美を! ハレルヤ!               翻訳/字幕:Harry

ハレルヤ!のクリックを↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

ブラウン牧師はキリスト教を新しいレベルに引き上げた-AR-15を手にした牧師たち キングズレポート9月14日より」への3件のフィードバック

    • 「三代王権・サンクチュアリ教会、真の御父様に帰ろう!」のブログ主さんと以前「三大王権」と「三代王権」どちらが正しいのかについて話し合ったときに、ファンクラブさんが本部に確認を取って下さった内容を下にシェアします。

      「お父様ー亨進様ー信俊様の三代は三代王権。神様ーアダムー子女の三代は三大王権で、これは一般の氏族家庭にもあてはまります。(家庭盟誓の三大王権)当然、お父様ー亨進様ー信俊様の三代の三代王権も三大王権に含まれます。

      「三代」がいいのか「三大」がいいのか、それは文脈によります。
      天一国憲法で「三大」になっているのはお父様ー亨進様ー信俊様の三代だけではなく、万代にわたる王権なので三大になっています。
      なので、お父様ー亨進様ー信俊様の三代を指す時は三代王権、英語でもそうしたいときはgenerationsを使いますが、日本語と同じで厳密でなく、Three Kingship でお父様ー亨進様ー信俊様の三代を表すことも多いです」以上引用終わり。

      ここではあまりこだわらずに、意味が広くて響き(?)もいい「三大王権」を使っています。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中