青年と訓練と神様 9月9日2018英語説教(その2)

Sunday Service September 9 2018 Rev Hyung Jin Moon Unification Sanctuary Newfoundland PA on Vimeo

9月9日2018英語説教

翻訳:BAMBOOS

第1てサロニケの2章からです。一緒に読みましょう。

1:兄弟たち、あなたがた自身が知っているように、わたしたちがそちらへ行ったことは無駄ではありませんでした。2:無駄ではなかったどころか、知ってのとおり、わたしたちは以前フィリピで苦しめられ、辱められたけれども、わたしたちの神に勇気づけられ、激しい苦闘の中であなたがたに神の福音を語ったのでした。3:わたしたちの宣教は、迷いや不純な動機に基づくものでも、また、ごまかしによるものでもありません。4:わたしたちは神に認められ、福音をゆだねられているからこそ、このように語っています。人に喜ばれるためではなく、わたしたちの心を吟味される神に喜んでいただくためです。5:あなたがたが知っているとおり、わたしたちは、相手にへつらったり、口実を設けてかすめ取ったりはしませんでした。そのことについては、神が証ししてくださいます。

さあ見てください。ですから重要なのです。ですから特に青年たちが訓練を受けていれば、彼らは私のことを知り、私が愛していることが分かり、私がわざわざ技能を授けているということが分かり、私が自分たちに投入し、愛していることが分かります。青年たち、それであっていますか。私が愛していることが分かりますね。

だからと言って君たちをおだてまくって、嘘をついているわけではありません。それでは愛していることにはならないからです。君たちがダメな時は本当のことを言いますし、良い時には良いと言います。それは私が君たちのことを気にかけていて、君たちが現実的になり、力強く本当の権威を持つようになり、また将来本物の力を保持してそれを扱うことのできる潜在能力を持つようになって欲しいからです。

しかし興味深いことに神様のみ言を語る時、時々励ましを感じるようになると、人はそれに夢中になります。前回の日曜礼拝のことを考えてみると聖霊が非常に強力に働いて、とても勇気づけられるみ言でした。しかし世界のコミュニティ全体が励ましに夢中になって欲しいとは思いません。なぜなら私はみなさんを一方だけに夢中にさせることはできないからです。

青年を訓練する時、「良くやった!」「トロフィーだ!」とだけ言うことはできません。彼らは一生懸命やらなくなります。怠けるようになり、実力はそうでないのに自分が上だと考えてしまいます。惑わされてしまうのです。それは彼らの罪ではありません。誰でもそうだということです。

ですから神様のみ言を扱う場合も同じことです。そのためリマは何が得られるか分からないので強力です。悔い改めなさいというとても力強い聖句が与えられるかもしれません。またあなたは悪と罪に満たされている、というようなエレミヤ書が出るかもしれません。旧約の預言書が出るかもしれません。イエス様がパリサイ人に毒蛇の血統だ、蛇、悪魔と呼ぶところが出るかもしれません。

絵にかいたように素晴らしい励ましの聖句だけが得られるわけではないのです。キリスト教は光となるとかいったような。ダイエットコーラみたいなものです。このコーラを飲むと太りませんが癌になります。アスパルテームが大腸菌の糞だということを知っていますか。実際それは糞なのです。あなたは糞を飲んで喜んでいるんですよ、おめでとうございます。ダイエットコーラは普通のコーラよりはるかに悪いです。コーラは悪いですが、ダイエットコーラにはアスパルテームが入っていて、それは糞です。

神様のみ言は嬉しいことだけ、励ます言葉だけを伝えているのではありません。私たちはバシッと叩かれる必要がある場合があります。君たちが訓練をしている時のことですが・・・インスタグラムでロッドオブアイアン・ミニストリーの写真を出してください。見てみましょう。今回の訓練で少し叩き合いました。今週やった人はどれくらいいましたか。手を高く上げて。

サブミッション(極め技)とレスリングの訓練をするだけでなく、今回はお互いの顔を叩くというストレスを加えています。これは非常に重要なことで、柔術では多くの場合、殴ることとその防御に慣れていないと行き詰ってしまうからです。王妃が自分の娘に殴られています。そして少し反撃しました。(手を叩いて)パン、パン、パンという叩く音が聞こえています。少し熱中してしまって数日顔が赤く腫れて、目の周りにあざができる人もいます。しかし重要な訓練の1つです。

Sunday Service   September 9  2018   Rev  Hyung Jin Moon   Unification Sanctuary  Newfoundland PA on Vimeo (1).png

次の映像を出してください。とてもかっこよく映っています。普通はただかっこよく見えるものは出しません。彼らは若いのでうぬぼれやスタイルにはまってしまい、ただかっこつけようとするだけになることが分かっているからです。それでは質が下がるので良くありません。

スローモーションでかっこいいですね。こういったことだけをすれば、彼らはうぬぼれに仕え、うぬぼれを糧にしてしまい、自分たちについてかっこよく見せるために偽ったところを出すようになります。するととても悪い人になってしまいます。

群れのリーダー、ボスの狼が群れのスピードを生み出します。ボス狼が、ボスライオンがスピードを上げることができれば、群れの他のライオンはそのペースについて行きます。ボスが間違ってゆっくり行ってしまえば、最悪の事態になって問題が起きます。ですから武士道の規範や騎士道の規範といった戦士の規範を学ぶことがとても重要です。それは若者が訓練を受けて高い質の指導者になるからです。アーメンですか。

完璧だということではありません。彼らは依然としてたくさんの罪と、立ちふさがる障害と戦わなければなりません。しかし彼らにはそれを克服するための道具が普通の人よりたくさんあります。彼らにはそういった華やかな映像もありますが、このような(顔を叩き合うことのような)現実のこともあります。これはそれほど華やかではありませんが、はるかに現実のことなのです。青年たち、アーメンですか。ジャンプよりももっと現実的なことです。この訓練の方がはるかに現実的です。

(略)

9:兄弟たち、わたしたちの労苦と骨折りを覚えているでしょう。わたしたちは、だれにも負担をかけまいとして、夜も昼も働きながら、神の福音をあなたがたに宣べ伝えたのでした。

厳しい訓練は楽しいことではない場合があります。苦しい場合もあります。私たちは立ち上がって訓練し鍛えていますが、体が健康になるということばかりではなく、神様の命令(戒律)を実践しています。神様の最大の命令は神様を愛し隣人を愛するということです。すべての命令の元になっている最大の命令です。

心を尽くし思いを尽くし精神を尽くして神様を愛するということを理解するなら、隣人を愛するようになります。私たちが完璧で罪がないという意味ではありません。そういったことを目指して努力しているという意味です。この部屋に完璧な人は誰もいませんが、それに向かって努力しているということです。そのような超越した意味で、人間に全ての権利を与え、人間を自分の似姿として創造し価値を与えている神様を愛するという超越的な道徳として神様を愛すれば、自然と次の命令である隣人を愛するということになり、隣人を守ることを学び、それが子供に及び、妻に及び、夫に及びます。

つづく

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村