首謀者はヘイトを無くすのではなくむしろそれを煽っている「鉄のつえの王国」本翻訳 第4章(後半)(その9)

鉄のつえの王国      文亨進  著

第4章   左翼ファシストの西側への脅威    

The Leftwing Fascist Threat to the West

 

多数から一つへ?         E Pluribus Unum?

アメリカ建国のビジョンは、その国章に刻まれています。「E Pluribus Unum」。その意味は「多数から一つへ」。人種、宗教、国籍が何であれ、「生命、自由及び幸福追求に対する侵すことのできない権利をもつ」という保証のもと、皆がアメリカン・ドリームへの参加を歓迎されるのです。

マーチン・ルーサー・キングの有名な言葉に、人は「肌の色によってではなく、人格そのものによって評価される」べきだ、というものがあります。

「多様性」を意識するあまり、左翼は国章のモットーを「一つから多数へ」と逆にしています。彼らのポストモダンの「多文化的な」言い方をすれば、建国の理念は単に「白人男性の特権」をごまかすためのものだ、といいうことになります。彼らの見方では、私たちは一つではないのです。私たちは、「多様な」人種の集合であり、増加の一途をたどる、人種/性別/トランスジェンダー/LGBTQのグループなのです。そして政府の権力を使って「平等」を押し付け、かつての犠牲者から奪い取ったお金を再分配させることを求めているのです。

全米の大学で広く使われている言葉に「白人の特権」というものがあります。テキサス州立大学の学内新聞の論説には「あなたの(白人の)DNAは忌まわしいもの」の見出しで「合衆国で白人であるということは人種差別者の権力システム永存させてきた構成概念だ」とし、記事はこう続けています。

texas univ your DNA is an abomination Google 検索

「白の死は全員にとって解放を意味するだろう・・・それが成るまでは、これを覚えていてほしい:あなたたちは存在すべきではなかったから、私は憎む。あなたたちは地球上の支配的機構であり、あなたに出会った他のすべての文化をその内で殺す深い淵だ。」

しかし、アメリカがもしそのような白人優位主義の怖ろしいところであるなら、どうしてこれほど多くのアフリカ人、アジア人や、ラテン・アメリカ人が、ときには命懸けでこの国にやってくることを望むのでしょうか。世界のそれらの地域から移民してきた第一世代が何世代もアメリカで住み続けている平均的アメリカ人よりもいい暮らしをしているのはどうしたことなのか。おそらく、彼らはアメリカの大半の大学生が知らないアメリカについて何かを理解しているのかもしれません。それは、アメリカで一生懸命働くならば本国では想像もできないようなチャンスに出会うことができるということです。

確かに、どの国にも多数派にはそれなりの特権があるでしょう。日本にいる日本人もそうでしょうし、中国に住む中国人もそうでしょう。またアメリカに住むヨーロッパ人を祖先に持つ人々にも言えるでしょう。しかし、民族ベースの政治論信奉者たちは「少数民族」であるアメリカ在住のアジア人の平均所得が他の民族を抜いて最高の、81000ドルで、「白人」を33%上回っていることをどう説明するのか。

神が世界で最も自由が豊かな国として祝福して下さった国を蔑むように教え込む大学に自分の子供たちを行かせるかどうかについて、私はじっくり考えることにしたい。

 

反ファシズム      ANTIFA

全米各地で開かれた「反ファシスト」の集会で、黒い服を身に着け、共産主義のシンボル「鎌(かま)と槌(つち)」を派手に描いたスカーフで顔を覆ったANTIFAというグループのメンバーたちが、横断幕を掲げて行進しながらアメリカ人に「白人至上主義を倒せ」と叫んでいた。この「ANTIFA」という名称は、普通「反ファシスト(anti-fascists)」や、「反ファシストの活動(anti-fascist action)の省略したものと思われがちですが、じつはAntifaschische Aktion(反ファシスト行動)という、1930年代に活発だったドイツの共産主義運動からとったものです。下の写真の中央ではANTIFAのデモ隊が共産主義のシンボル「鎌と槌」の入ったケープをまとっているのが見えます。

antifa hammer and sickle cape Google 検索

作家で映画製作者のディネシュ・ドゥスーザはこう指摘しています。

「・・自称反ファシズムと、ファシズムの間の密接な関係は、ANTIFAの主要なスポンサーであるジョージ・ソロスの知られざる一面に見出すことができる。ハンガリー生まれのソロスは、その抜け目ない世界的投資と為替操作で億万長者になった。ソロスのクォンタム・ファンド(訳注:ヘッジファンドを運用するジョージ・ソロスが総帥を務める投資会社)は世界最初の民間ヘッジファンドのひとつだ。ソロスは200程の左翼グループの主要な支援者であり、その中にはプランド・ペアレントフッド、ムーブオン、ブラック・ライブズ・マターなどが含まれる。

ソロスはまた、自称、反ファシスト・グループにも支援している。今年、ソロスが支援する団体アライアンス・フォー・グローバル・ジャスティスは、リフューズ・ファシズムに関係する戦闘的なチンピラどもに5万ドルを寄付している。
ソロスは単に何かの活動に資金を投入しているだけではなく、破壊的暴力援に援助しているのだ。ソロスの、特有の衣装を身に着け、棒切れを振り回す戦隊はまさに私設軍だ。イタリアの黒シャツ隊や、ナチの突撃隊と同じように、金で雇ったチンピラの傭兵をつくり出した。ソロスの戦略は十ないし数百のグループを送りだして、どれが一番効果的か見極めるといいうものだ。投資資本の市場からお金を借用して、私に言わせれば、ソロスは金で雇ったチンピラをつかって「ベンチャー暴力」を行使している。」

ドゥスーザは、1998年CBSの60ミニッツ(アメリカの人気ドキュメンタリーテレビ番組)でソロスにインタビューに注目する。その中でソロスは十代の頃ハンガリーでユダヤ人の資産と所持品を没収するのを手伝ったとき、何の罪の意識も感じることはなかったと語っていました。ドゥスーザはこう結論します。「ソロスと左翼による自称、反ファシズムは詐欺行為だ。なぜなら彼らが闘っている相手、ファシストなど存在しないからだ。彼らの活動で、走ズムを見つけるとするなら、それは彼らの活動そのものがそれだ。」

メディアは左翼の語るものが辺りによろこんで加担し、そのファシスト的傾向を覆い隠しました。ユーチューブは、最近、南部貧困法律センターにその「ヘイト監視リスト」に入っている他のチャンネルと共にサンクチュアリのユーチューブ・チャンネルを停止しました。

停止されたリストには元大統領候補や、アメリカ合衆国住宅都市開発省長官のベン・カーソン、それにソマリア生まれの男女同権主義者アヤーン・ヒルシ・アリなども含まれています。アヤーン・ヒルシ・アリは、イスラム世界での女性の権利を唱え、強制的結婚、名誉(暴力)殺人、子供の結婚、女性器切除に異を唱えている人です。

南部貧困法律センターの「ヘイト監視リスト」には、家族調査評議会やルス・インスチチュート、アライアンス・ディフェンディング・フリーダムや、自然な結婚を支援する団体、アメリカの人権宣言に保障された信仰の自由を支援する団体も含まれているます。南部貧困法律センターは悪意をもって、南部民主党がその創設に関わったクー・クラックス・クランなどの正真正銘の人種差別団体と同列にそれらの団体を扱っているのです。

作家で、フィランスロピー・ラウンドテーブルの副会長でもあるカール・ジンスマイスターはこう説明しています。

「自分と意見が異なるものを黙らせる、これは最もアメリカ的でない。厳密な討論と、誠実な話し合い、考え方の、オープンなやり取り、これがアメリカのやり方だ。しかし自由な思えと言論が、耳障りのいい名前を付け、その悪辣な意図を隠した団体によって脅かされている。その団体とは南部貧困法律センター(SPLC)だ。」

ジンスマイスターは南部貧困法律センターのリーダー、マーク・ポトクが支持者に語っている内容を撮ったビデオを指摘しています。

マーク・ポトク「・・・マスコミはわれわれが「ヘイト団体を監視する」と言っているが・・・私ははっきりいっておきたい。われわれの人生の目的は、それらの団体を壊滅すること、完全に壊滅することだ。」

南部貧困法律センターの背後の首謀者は、ヘイトを無くすのではなくむしろそれを煽っているのです。

Google 画像検索結果 https 2ndvote com wp content uploads 2017 08 splc logo png

南部貧困法律センター

このような「マッカーシズム(訳注:1950年代にアメリカ合衆国で発生した反共産主義に基づく社会運動、政治的運動)的な」戦術ゆえに、南部貧困法律センター自身が地球上で最も大きな左翼ヘイト団体とみなされるべきでしょう。

これもユダヤ・キリスト教的価値を嫌うジョージ・ソロスや他の金持ち左翼が資金援助しています。南部貧困法律センターの攻撃に同調するグーグル、YOUTUBE、フェイスブック、ツイッターなどによる、アメリカ建国のビジョン、すなわち小さな政府のビジョンを支持する保守系団体への攻撃は、自由を愛する者たちの背筋を寒くします。

4章終了

翻訳:Harry

つづく
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

8月26日英語説教「弱く、ナルシストで自分勝手・・それは韓オモニの問題です。」(最終回)

Sunday Service August 26 2018 Rev Hyung Jin Moon Unification Sanctuary Newfoundland PA on Vimeo

2018年8月26日英語説教

翻訳:BAMBOOS

みなさんは、結婚と関係性の内なる秘密を明かされた立場にあります。どうすれば惑わされないかということです。先行した多くの人にはそれがありませんでした。だから自分の目には彼らが最高の物を持っていないように見えるからと言って裁かないでください。彼らは最善を尽くしましたが、多くの場合道を間違えてしまいました。神様のみ言に従いませんでした。いろいろなことに誘惑されました。それは君たちとは関係のないことです。

君たちのお父さん、お母さん、おじさん、おばあさんも関係ありません。神様は君たちを勝利のために位置づけました。君たちの祝福は祝福されます。青年たちは言ってください。私の祝福は祝福される、と。そのように言っても自己中心的ではありません。自分の家庭でそれを宣言しなければなりません。自分の家庭で所有権を持たなければなりません。アーメンと言えますか。

所有権を持たなければなりません。悪魔に心にうそを植え付けさせてはいけません。挫折や失敗も。傲慢、うぬぼれ、尊大さも。君たちには力があります。主を喜ぶことによる力があります。信仰を追い求め、主のみ言に従えば祝福を受けます。実に簡単なことです。私たちは複雑にしてしまっています。自分の方法で主を賛美し、お互いに思いやりを持ち、お互いに石の心ではなく優しい心を持てば、問題を解決できます。結婚生活で問題があれば、神様に頼って解決できるということを知っている人は何人いますか。

からしだね程の信仰でも山を動かせると語られています。問題はそれを信じるかどうかです。それは彼に掛かっているのではなく君たちに掛かっていることだからです。

謙遜になろうとするなら、神様は最も悪い心を変化させて正すことができます。聖書には「その悪い道を離れるならば」、とあります。離れなければなりません。その約束を果たさなければならないのです。そして「私の顔を求めなさい」と。「そうすれば罪をゆるし、そのちをいやす」と言っています。しかしそれには、悔い改めの心が必要です。

どんな状況にあったとしても、祝福を受けていなくても結婚していなくても、独身で祝福を願っているかもしれませんが、どのような状況であったとしても、神様が主導権を握っており、神様には計画があるのだということを理解しなければなりません。自分の考えに頼ってはいけません。神様のみ言に頼らなければなりません。

神様を愛するようになるほど、神様は豊かに祝福を与えます。

2つの星が北に向かっています。または2つのコンパスが北を指しています。あなたはそちらが北だと確信しています。そのようなナビゲーションを理解している人はいますか。ブッシュクラフトをする人や軍隊にいた人は知っているでしょう。

夫と妻が同じ方向を指している時、彼らは同じ場所に到着します。ハレルヤと言えますか。それはちょっとおかしな話ですが、考えてみればその通りなのです。コンパスが間違った方向を示していたら、離れ離れになります。ですから、あらゆる山、苦難、海、谷にもかかわらず、方向性、北を向くといった方向性と目的が重要です。神様は山や谷があると保証していますが、またこうも言っています。「たといわたしは死の陰の谷を歩むとも、わざわいを恐れません」。

しかし神様と共にいなければなりません。神様がいると確認できなければ、不安を感じるでしょう。崩れ落ちるように感じるでしょう。自制が効かなくなるように。抑制できなくなるからです。

ですから神様への私たちの依存と目的は非常に重要です。若い青年たちが祝福を受けて結婚する時、それは途方もなくハイレベルになります。ここにいる人たちはハイレベルの祝福を受けます。ここにいるのはとてもハイレベルの祝福を受けた人たちです。

ですから祝福を受けた時、自分たちの祝福について宣言しなければなりません。弱くてはいけません。その祝福とその霊的雰囲気の主導権を握らなければなりません。それを所有しなければなりません。それがアージュの意味です。これを所有します。それがアージュの意味であり、わが主という意味もあります。あなたが天に報告を行うときに、自分の名前の印鑑を押します。これを所有するというような意味の印鑑です。「これを報告しました。これを所有します」と。

こういったこと全て聞きましたが、結婚して最初の日にケンカになります(笑)。1日目でなければ次の日にケンカになります。2日目でなければ3日目です。何か言い争いのようなことになります。

男の子たちは神様に忠実に、純潔を保ち、姦淫を犯さないようにします。自分を清く純粋に保ちます。傷や欠点。あなたたちが完璧だということではありません。性的な純潔を守ります。それは配偶者に与えることのできる最大の贈り物です。

しかしその一方で純潔であるために・・・自分を守ることは困難ですが戦い抜いたことは勝利であり、祝福にふさわしい、すばらしい基盤です。あなたが聖別された祝福を受けるために、神様の戒めに従い姦淫を避けたことは最小限に評価することではなく、とても重要で強力なことです。

しかしまたそのように行い、信仰的にやってきたのは良いことですが、またプレイボーイではなく、女たらしでなく、女性を食い物にする愚か者でなかったので、女性の気持ちが分かりません。あるいはそれが異なるものだということが。

姉妹たちは何も言わないでいてください。口を閉じて答えないでください。大人の男性も答えないでください。この男子たちだけです。結婚している大人は答えないでください。日本の学生たちに尋ねた質問があります。

私はこう話していました。「男の子たちは人前で見苦しくないように着こなし方を学ばなければならない」といったような話をしました。それからスタイルが重要であるとか、妻をデートに連れて行くといったことが大切だというような話をしました。男の子たちにこう聞きました。まずベルトについて、ベルトには何を合わせるのかと聞きました。大人は答えないで。うちの子供も知っているので答えないで。立派なスーツを着ている時のことです。なぜ笑っていますか。男の子たち。知らないのですね。スーツを着る時、ベルトは靴と合わせます。

女性の靴は何と合わせますか。姉妹たち答えないで。考え込んでいますね。この男の子たちはどうして全く知らないのでしょうか。日本の子供たちに靴に何を合わせるか聞いた時、1人は靴下と答えました。3インチとか4インチのヒールを履いてどうやって靴下と合わせますか。基本的なルールはバッグに合わせるということです。知らなくても悪いということではありません。

男の子たちは素晴らしい若者です。遊びまわらず、いちゃつかず、自分を純粋に保っています。豊かな才能があります。姦淫を犯しません。みだらな行いをしません。ポルノを見るのは罪だと分かっています。それは悪いことだと感じています。それから解放される必要があります。

しかし重要なことがあります。自分を純粋に保っていたので、女性について何も知りません。それはひどいことではありません。考えてみてください。悪くはありません。いつでも学べるからです。良い指導者がいれば学べます。アーメンと言ってください。しかし問題は、女性たちが「パパ」社会に、世の中について何でも知っている男の子にしか魅力を感じないように洗脳されてきたということです。しかし世の中について何でも知っている男の子たちは、純潔を保っていません。遊び人であり姦通者です。人を悲しませる者でありそれがかっこいいと思っています。また女性たちがそれをかっこいいと思うように洗脳しています。なんとひどい、愚かなことでしょうか。

ここにいる男の子たちは誰もが訓練を受け、質が高いです。この中の1人と結婚しても女性について全ての繊細な所をまだ知りません。彼女たちは間抜けと結婚したと思います。どうして女友達のようでなく、自然に私の感情を読み取ることができないのか。慰めて欲しいのにどうして慰めることができないのか。答えは簡単です。彼は女の子ではないからです。女性を期待しています。なぜなら女性のドラマ、女性のポルノで全てみせていることだからです。

男性が女性らしくなればなるほど、ますますそれを求めるべきだと考えるように仕向けられます。そのドラマというポルノを観れば、男の子たちは女の子のようです。化粧をして、長髪で男性用のハンドバッグを持って、鶏のもものようにやせ細った脚で。スクワットや全力疾走をやったことがありません。ボディービルをやっている人もいるかもしれませんが、実戦で役に立たない「水の」筋肉です。「水の」筋肉と比べて戦闘の筋肉がどのようなものか知っていますか。本物の格闘家やレスラーが「水の」筋肉のボディービルダーをどれだけ早く倒せるか知っていますか。

間違ったやり方で教えられて、間違ったことを求めるように教えられています。自分たちを損なうような人を求めるように教えられています。非常に完璧な計画です。自分を食い物にするような人に女性が魅力を感じるように仕向けています。人生をめちゃくちゃにするためです。そして心理学的にダメージを受ければ受けるほど、その子供たちはますます悪くなり、文明が劣化します。そのほうが支配しやすいのです。それがサタン主義にとって都合が良いのではないでしょうか。

しかし神聖な男女が正しい期待を持っていれば。結婚しようとしている女性たちは、夫は女性ではないということを理解してください。彼は男性です。そして彼を通して神様はあなたを成長させようとしています。もっと立派な人間になります。

一方男性も同じです。妻との関係は道場のようなものであり、訓練所のようなものです。それを通してもっと思いやりのある男になります。自分の女性的な面に触れるのだと言う人たちがいます。男性は女性的な面を持っていません。だから妻が必要なのです。妻が私たちの女性的な面です。私たちは女性的な面は持っていませんし、欲しくありません。妻が女性的な面です。2人が一体となります。主を喜ぶことが私の力です。神様に賛美を。

(中略)

ときどき小さい男の子に年上の姉妹たちの訓練を助けるよう頼むことがあります。彼女たちは力とスピードの差を感じます。それが重要なのは、女性たちが肉体的な力によるものではないと理解する必要があるからです。だから鉄のつえに対してアレルギーになりません。鉄のつえの王国。それに対してアレルギーになりません。自分の手足でやれるとは思えないのです。

手と足で戦う方法を知っている恐ろしい男がいます。二代王が強いと思うかもしれませんが、そういう男たちは私を圧倒します。私は惑わされません。ですから若い人たちにも、武器の技術も教えています。武器に対して主管するためです。なぜか。最終的に悪魔は知っているのです。誰が武力を使用する支配権を持つのか。それは善良な誇りある若者となるのか、それとも狼となるのか。それは大きな問題です。

共産主義、社会主義。政治的サタン主義は全て武力を誰に与えるでしょうか。善良な誇りある若者ですか、それとも狼ですか。狼です。貪欲で自分勝手で自己中心的な、資源を追い求める熱狂的な支配好きの者たちです。

しかしそのために、全体主義者とサタン主義者にとっての最大の恐怖は、キリスト教が再び勇敢になることです。キリスト教を再び偉大に!イエス様のみ名を高く掲げ、鉄のつえの力を持つのです。攻撃的な戦争やいじめのためではありません。ただ人々を、キリストの信奉者を守るためです。最も尊く価値のある救われた人々、他人を支配したいと思わない人々を守るためです。

彼らは人々を救いに導きたいと思っています。全ての人を神様の王国に入れたいと願っています。人々を抑圧したくありません。なぜなら私たちを抑圧から解放したのはキリストだからです。それなのに、キリストが私たちを抑圧から解放したというのに、なぜ他人に抑圧のくびきを負わせたいと思うでしょうか。アーメンと言えますか。

私たちは自由を受け取りました。奴隷のくびきからの解放を受け取りました。それなのになぜ、向きを変えて他の人たちを抑圧したいと思うでしょうか。それは悪魔です。

そのため他の多くの人が、君たち若い子供は鉄のつえを扱えないと言います。おかしな防止やバッジを身に着けた政府の職員が、他にそれを扱えて信頼できる人がいると言ってきます。そして彼らは何も悪いことをしないし、間違いを犯さないし、天使よりも神聖なので信頼しなければならないと言います。だから全ての力を渡しなさい。あなたには扱えません、と。それを恐れなさい、と。これが悪魔のプロパガンダです。

(中略)

高い質のSWATチームのように協力し合う家族。それが強力な文明だからです。全てが完璧だということではありません。口論することもあります。しかし厳しく強いということです。

国や文明の中全体でそれがあれば、また配偶者とのハイレベルな関係性を持ち、子供たちが親を守り、親が子供たちを訓練すればどうでしょうか。共産主義ではなく、武器を取り上げるのではなく、彼らを神様のための偉大な守護者、十字軍にします。

それは韓マザーの問題です。・・・人々は弱く、ナルシスト的で自分勝手です。みなさんはそのような人たちと一緒にいたいとは思いません。彼らはそうなりつつあります。ここにいるのは十字軍になるべく訓練を受けて来たある世代の青年たちです。完璧だということではありません。欠点がないということではありません。自分自身の中の悪魔と戦う必要がないという意味ではありません。しかしハイレベルな祝福のための位置にあります。ハイレベルの夫と妻。ハイレベルのお父さんとお母さん。ハイレベルの子供を育てます。

幸せな結婚をしたい人は何人いますか。手を挙げてください。もちろんしたいのです。祝福は驚くべきことです。ハイレベルのお父さん、お母さんになりたい人は?世界はそれによって変化します。お父様は家族の単位について話しています。全体的に文化が世界を上回った時のことです。そこでは王権と主権が理解されます。平和警察・平和軍、鉄のつえの文化です。神を愛し隣人を愛するのに加えて。そして羊を飼うように守る文化。それが理解されます。

子供たちは力強く育てられ、その力に責任を持つようになります。自分勝手でナルシスト的ではありません。愚かなハリウッドのラップ音楽ビデオやハードロックのビデオなどを見てください。いつでも世俗的な音楽があります。いつでも、お金、お金、お金、お金、女の子、女の子、女の子、女の子・・・。全て中身は頂上のことです。それが頂点です。哀れでとても弱いです。

神様は驚くほどの贈り物の誓約を準備されました。それは何か。王権を持つことができ、権威に責任を持つように育てられることができます。正しく、道徳的になるように。そして王妃が与えられ、王妃なら王が与えられます。高い質の夫、高い質の妻。何という祝福でしょうか。ハレルヤ!何という祝福でしょうか。ハレルヤ!何という祝福でしょうか。何と素晴らしい贈り物でしょうか。

全世界が本当に願っても決して見ることのなかったものです。他の不適切な場所へと導かれていました。達成すると信じても決して達成せず、ただ苦労がどんどん大きく、心の傷がどんどん深くなり、苦難が大きくなるだけで結局破滅へと導かれます。しかし1人の人、1人の男性、1人の女性、1人の夫と妻、1組の力強く敬虔な親。世界が変化することができます。

神様がそれをどのように使うか知らないのでしょうか。この青年たちの1人。ハイレベルの結婚。ハイレベルの祝福。ハイレベルの親。彼らはニューヨーク・タイムズのベストセラーを執筆できます。世界中の何百万もの人々に影響を与えることができ、神聖な知恵を与えることができます。分かりませんよ。どのようになるか分かりませんよ。神様に誰かを触れさせることができるかもしれません。彼らが一晩のうちに神様の王国の増幅器となるかもしれません。神様のアノインティングはほんとうに強力です。

お父様が私たちに与えた相続財産を私たちが受け取ったら、恥ずかしく思うべきです。これは家庭詐欺連合がやろうとしていたことです。「あなたはお父様があなたに与えた遺産を全て受け取るつもりですか。なぜ私たちにあなたから盗ませないのですか」。まるで強盗から講義を受けているようなものです。強盗が略奪してから、「なぜ私たちに同情心を持たないのか。私たちの仕事だ。あなたの神聖な愛はどこだ。どうして家を略奪させないのだ」

「お父様の遺産を受け取りたいのであれば、自分勝手で、人種差別主義者であるということを知らないのか」(笑)。悪魔は嘘つきです。

君たちは気づいていようといまいと、アノインティングを受けています。使徒行伝の2章で何と言っているでしょうか。霊が分かれた舌のように彼らの上に火を点けました。彼らに火がついたのです。神様の霊は非常に厚く強力です。彼らは聖霊を受け始め、火を受けました。アノインティングを受け始めました。それは聖霊の贈り物として与えられます。

おわり

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村