8月12日英語説教「あなたは王国の王子、王女だ」(ゲスト)G.クック牧師(その2)

4 George Cook

翻訳:  BAMBOOS

2018年8月12日 日曜礼拝 ゲスト:ジョージ・クック牧師

第1コリント6章からです。先日ジャスティンのページにもこれを投稿しました。

1:あなたがたの中のひとりが、仲間の者と何か争いを起した場合、それを聖徒に訴えないで、正しくない者に訴え出るようなことをするのか。2: それとも、聖徒は世をさばくものであることを、あなたがたは知らないのか。そして、世があなたがたによってさばかれるべきであるのに、きわめて小さい事件でもさばく力がないのか。3: あなたがたは知らないのか、わたしたちは御使をさえさばく者である。ましてこの世の事件などは、いうまでもないではないか。4: それだのに、この世の事件が起ると、教会で軽んじられている人たちを、裁判の席につかせるのか。5: わたしがこう言うのは、あなたがたをはずかしめるためである。いったい、あなたがたの中には、兄弟の間の争いを仲裁することができるほどの知者は、ひとりもいないのか。

女性がリーダーだとすればおそらく・・・まあそれはさておき。

6: しかるに、兄弟が兄弟を訴え、しかもそれを不信者の前に持ち出すのか。7: そもそも、互に訴え合うこと自体が、すでにあなたがたの敗北なのだ。なぜ、むしろ不義を受けないのか。なぜ、むしろだまされていないのか。8: しかるに、あなたがたは不義を働き、だまし取り、しかも兄弟に対してそうしているのである。

私が言っている事は分かるでしょう。みんな私が話している事は分かっていますね。この人はもう1人ではありません。私も1人ではないからです。私が年を取った男であり、わざわざ馬鹿なことはしないということがすぐに分かるでしょう。そして彼がいい人だということを。そのメッセージはインターネットの向こうにいる人に対するものです。恥を知りなさい。恥を。終わりの日には聖なる正義の神様の前で答えることになるでしょう。「あなたがたを全く知らない。不法を働く者どもよ、行ってしまえ」と言われて、嬉しくはないでしょう。

今度はみなさんへのメッセージです。みなさんの兄弟、友として愛を持ってこれを話します。神様のみ言を読みましょう。お父様、私の口を清めてください。

読む前に。誰も死んではいませんよ。お葬式の時にしか聞かない聖句ですが。

(詩篇 23篇)
ダビデの歌
主はわたしの牧者であって、わたしには乏しいことがない。
主はわたしを緑の牧場に伏させ、いこいのみぎわに伴われる。
主はわたしの魂をいきかえらせ、み名のためにわたしを正しい道に導かれる。
たといわたしは死の陰の谷を歩むとも、わざわいを恐れません。あなたがわたしと共におられるからです。あなたのむちと、あなたのつえはわたしを慰めます。
あなたはわたしの敵の前で、わたしの前に宴を設け、わたしのこうべに油をそそがれる。わたしの杯はあふれます。
わたしの生きているかぎりは必ず恵みといつくしみとが伴うでしょう。わたしはとこしえに主の宮に住むでしょう。

ロッド(Rod)とスタッフ(staff(訳注:いずれも「つえ」の意味があるが、この聖句の日本語訳では前者は「むち」と翻訳されている)です。

(もう一度次の聖句だけ繰り返す)
たといわたしは死の陰の谷を歩むとも、わざわいを恐れません。あなたがわたしと共におられるからです。あなたのむちと、あなたのつえはわたしを慰めます。

みなさんも今まさに死の陰の谷を歩いているのだということを知っていましたが。それに気づいているでしょうか。なぜなら全く偶然にも世界がみなさんを嫌っているからです。知っていましたか。世界中がみなさんを嫌っているということに気づいたほうがいいです。みなさんが十字架を拾った瞬間に世界中に嫌われます。結婚を信じていますと言った瞬間。

みなさんの牧師とそのお兄さんを私たちの結婚25周年記念に招待できるのは光栄なことです。結婚してから25年より長い人はいますか。すごいですね。お膳立てした結婚(訳注:おそらくマッチング祝福のこと)はうまくいかなかったという話でしたが。

みなさんはこの聖句を知っていますね。

おまえは鉄のつえをもって彼らを打ち破り、陶工の作る器物のように彼らを打ち砕くであろう(詩篇2:9)

全体を読みましょう。

わたしに求めよ、わたしはもろもろの国を嗣業としておまえに与え、地のはてまでもおまえの所有として与える。(詩篇2:8)

考え方としては2種類の人たちがいるということです。アムイスラエル、つまり救いによってイスラエルに結び付けられた人たちです。それがみなさんです。そしてゴイム(ヘブライ語で異教徒を指す語)、(もろもろの)国、つまり救われていない人たちです。彼らの物はあなたの物になります。そのようになっています。そういう意味だと確信しています。

ここには「いと高き神」の息子や娘はいますか。1秒前に手を挙げなかった人たちが今挙げていますね。なぜなら説教を変える必要があるので。変えようと思えばすぐに救いの説教もできますが。ノートやパワーポイントもいりません。

みなさんが「いと高き神」の息子や娘であればこのようにおかしなことにはなりません。ところで私たちには共通していることがたくさんあります。怖くなる程です。私は何年もこう説教してきました。あなたが「いと高き神」の息子や娘であるなら、あなたの兄弟がイエス様であるなら、あなたは王国の王子か王女だと。牧師(二代王)は王と王妃という言葉を使っています。それは同じ意味です。永遠にメルキゼデクに並ぶ王家の祭司です。みなさんは神様が創造した全ての物の相続者です。相続者なのです。

そして「地のはてまでもおまえの所有として」・・・。「彼らを打ち破り」ここで最初の聖句に戻るのはその「彼らを打ち破り」がゴイムの国、つまり救われていない人たち、みなさんを嫌い、迫害し、新聞に極端な狂信者であるかのようなひどいことを書く人たちを指しているからです。彼らが非難する度に、私の机には文字通り握りしめた爪の跡が付きます。

「鉄のつえ」です。「おまえは鉄のつえをもって彼らを打ち破り、陶工の作る器物のように彼らを打ち砕くであろう」(ライフルの画像をスクリーンに表示して)現代の鉄つえです。ハレルヤ!誰かアーメンと言う人はいますか。

つづく

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村