8月12日英語説教 「彼は父親に選ばれた息子です」(ゲスト)クック牧師(その1)

Sunday Service August 12 2018 Unification Sanctuary Newfoundland PA on Vimeo翻訳:BAMBOOS

2018年8月12日 日曜礼拝 ゲスト:ジョージ・クック牧師

(二代王)
クック牧師をご紹介したいと思います。知っているとは思いますが、知らないと言うなら今までどこにいたのでしょうか(笑)。私たちが、少なくともジャスティン(國進様)が、クック牧師と初めて会ったのはNRAショーでした。もちろん牧師は昔からのNRAメンバーであり、生涯を通じて(米国)憲法修正第2条の支持者でもあります。また牧師としても、キリストを信じる者は武装する必要があるのだと全く公然と語る、非常に数少ない牧師の1人です。

恵まれたことに彼はここからわずか40分ほどの距離のペンシルベニアのバンガ―に住んでいます。近くにいる人はニーアマイア・センターに行けば彼に会えます。ストラスバーグの近くです。すばらしいコミュニティの人たちが住んでいます。

そればかりか彼は60歳になったところですが、ベンチプレスやスクワットで400ポンド(約180キログラム)とか600ポンド(約270キログラム)を持ちあげます。素晴らしい事です。男の中の男です。神様に愛されています。クック牧師を迎えて今日の説教をお願いしたいと思います。Sunday Service August 12 2018 Unification Sanctuary Newfoundlaon Vimeo

(クック牧師)
ここにいるみなさんに祝福を。祝福を。祝福を。説教を始める前にお話ししますが、私の娘がそこに来ていて、私がやりすぎたら注意してくれることになっています。みなさんの多くとはソーシャルメディアでフレンドになっています。私とフレンドになっている人はいますか。

私は写真が好きです。みなさんの笑顔を見るのが好きです。前向きな様子を見るのが好きです。世界全体が浮かない顔で、疑ったり、不平を漏らしたりしています。「彼をどこかにやってしまおう」「私が賞を取るはずだったのに」「応援した候補者が負けてしまった」「社会主義ですべて解決する」そんな話を聞くと落ち込みます。

それでどんどん続けているとインスタグラムでこの國進がコロラドをジープで回っていたわけです。ここにいる私の妹は素晴らしい絵を描いています。テレビでダンスをする人たち。素晴らしいことです。

ニーアマイア・センターはわずか38マイルのところにあります。背景をある程度説明したいと思います。私は夢を見ました。主が私にこの酒場を買いなさいと言ったのです。長い話なので私のブロードキャストを聞いてくれればきっと分かるでしょう。それで酒場を買いました。妻と二人で酒場を買いました。その酒場を売ってくれた男は私にその酒場のことを色々と話していました。私は「聞いてください。この場所を買ったら初日にバラバラに壊して運び出し、燃やしてしまいます」と話したのです。彼女は小さな子供でしたが酒場の片づけをしました。4歳ぐらいだったのでどう言っていいか分かりませんでした。私たちはバラバラに壊して燃やしてしまいました。神様の家に変えたのです。そして変わりました。

私はニーアマイア・センターで、自分は独りぼっちで戦っていると考えて過ごしてきました。それは私たちが自由を信じるからです。自分たちの思い通りに礼拝する自由を信じているからです。自分の望む場所で礼拝する自由。

私の教会にはソファーがたくさんあります。それは私がある日幻を見たからです。教会で人々がソファーに座っていました。なぜかと言えば神様の家だからです。アーメンですか。教会は神様の家であるはずです。

どういうことかと言えば、私が誰かの家に行って堅いベンチの椅子だったことはありません。誰かの家にスタジアムの椅子が置いてあったことはありません。ソファーがあります。神様の家なのですからソファーを置きました。入ってきて靴を脱いだらどうですか。音程を外して歌いなさい。他の人もそうです。

それから私は、銃で守る権利があると信じています。(返事が)そこの2人だけですね。私は、銃で守る権利があると信じています。どうもありがとうございます。自分に銃を向ける人の前でどうやって説教したらいいのでしょうか。殺されてしまいます。このような憲法修正第2条のことについてこう言われました。「銃の話をする牧師だ。素晴らしい事だ」と。私だけなのだろうかといつも思いました。

そしてニュースの記事を見かけたのです。何の話か気づいているでしょう。ほんの小さな宣伝をこんなに大きくして、「狂った韓国人の牧師のせいで過激なカルト信者が銃を持ってやってくるために、町全体が閉鎖されている。彼らは子供たちを皆殺しにするつもりだ」と。そんなような記事だったでしょうか。「人々は抗議している」と言って。私のところにも抗議者を送ってくれたらいいのに。

それでなぜこんなに遅くニュースに出したのだろう、という話です。おかげで私は行けないじゃないかと。(早ければ)私もここに来たでしょう。AKを持って行くのは私だけだったでしょう。ARを持っていないわけではありません。ただあのがっちりしたロシア娘が好きなだけです。

それからダラス(NRAガンショ―)でジャスティン(國進様)に会いました。私は聖書の勉強会をやっていて、彼は1万ドルの費用をかけて展示をしていました。彼は、ダラスで見知らぬ人に聖書の勉強会をやってあげるのは強盗ではないと分かってしました。彼はあの父親の息子だからです。その意味が分からない人はまた来週来てください。ここの牧師が説明するでしょう。

なぜならここの牧師はあの父親(Rev.ムーン)の息子であるだけでなく、父親に選ばれた息子だからです。今外部の人間から認められたということです。自分の父親に選ばれた息子です。彼の魂が聖霊によって突き動かされているということを、聖霊が証ししています。2秒彼と話しただけでそれが理解できました。また彼の父の霊的権威のマントが彼の肩に掛けられたのだということも。

私の首に掛かっているのはテンプル騎士団の十字架でありシェリアクの物でした。シェリアクは私たちのミニストリーを始めた司教でした。3年前に亡くなりました。昨日あなたのところで・・・私たちの伝統ではろうそくを灯して祈り、神様を賛美します。死んだ人の話をするのではなくこのようなことで神様を賛美します。

私はこの男性に叙任された時に彼のマントが文字通り、また象徴として私の肩に掛けられたことを理解しました。彼が亡くなった今、私がミニストリーを主導しなければなりません。偶然というわけではなく嫌っている人たちに対してもメッセージがあります。ミニストリーのマントは軽々しく身に着けるものではありません。また毎日自分には本当は必要ないものだと考えるのです。しかし、いずれにしてもここにあり、身に着けなければなりません。

ここにいない人たちに対して特別のメッセージがあります。今日私はある聖句を、みすぼらしい小さな事務所でこのメッセージを監視している人たち(管理人:FBI等のことか)のために読みます。誰のことか分かっているでしょう。あなたたちのためだけの特別なメッセージです。

つづく

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

8月12日英語説教 「彼は父親に選ばれた息子です」(ゲスト)クック牧師(その1)」への1件のフィードバック

  1. hide6500 の発言:

    お父様も昔、聖道騎士団から十字勲章を受けられましたが、家庭連合や顕進様派がいくら自らの正当性を主張しようと、世界中のまともな人々は亨進様しかお父様の正当な後継者として認めないことは、明らかです。つまり、サンクチュアリーは小手先の技術で家庭連合や世の中に迎合する必要はなく、ただ強く雄々しくあればよいのです。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中