【写真】 亨進さまの近況  

rjh64

康お母様も一緒

ffsh

NRA幹部のテッド・ニュージェント。政治化するフロリダ銃乱射生き残り高校生に対して数々の強烈な批判を加えている

Hyungjin Moonさん rodofironministries • Instagram真と動画Hyungjin Moonさん rodofironministries • 写真と動画sfsffnng

fwfeg

右の二人は「プレス」のタグをつけているのでどこかのインターネットメディアか

Hyungjin Moonさん rodofironministries • Instagram写と動画Hyungjin Moonさん rodofironministries • Instagram写真と動画247

433

以上、王様のインスタグラム、「rodofironministries」より

154.png

ダラス(テキサス)のサンクチュアリメンバーと

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

ポリティカル・コレクトネスは文化を蝕む癌細胞-チャールトン・ヘストン

チャールトン・ヘストン氏(Charlton Heston, 1923年10月4日 — 2008年4月5日)がNRA(全米ライフル協会)会長時代にブランダイス大学で行った講演から。

(動画の4:40まで)翻訳:管理人

ポリティカル・コレクトネスは文化を蝕む癌細胞

ほんの数週間前に、NRA(全米ライフル協会)の事務局長で、私の良き友人でもあるウェイン・ラピエが大統領(クリントン)の銃に対する政策についてテレビの全国放送でかなり率直な意見を述べました。それに対して個人的にも公的にも徹底的に叩かれました。

過去8年間、クリントン大統領はあらゆる銃規制を勝ち取ろうと奮闘してきました。本当です。しかし同時に、政治的な理由で、2万2千もの連邦政府の銃規制法を徹底的に執行することを拒み続けてきました。すでに法律書に記されている法律です。

ウェインは、銃で重罪を犯したものを厳しく起訴することが唯一の有効な方法、銃による殺人を半減させる方法だと語りました。

バージニア州リッチモンドでそれが上手くいきました。プロジェクト・エグザイルです。犯罪歴を持つ者は誰でも捕まったときに銃を所持していた場合、犯罪を実行したかどうかにかかわらず強制起訴、5年の刑を科す、司法取引はなしというものです。

このきっかけは、リッチモンドで勤務する勇敢な若き連邦地方検事補でした。ある夜、帰宅すると、娘がテレビの前に座って銃を撃ち合うドラマか何かを見ていました。娘はこう尋ねました「お父さん、誰かこれを何とかできないの?」

彼は「父さんならできるよ」と答えました。そして彼はNRAの支援を受けて成し遂げました。NRAは約1億円拠出したのです。必ずこのやり方なら上手くいきます。今、リッチモンドでは銃を振りまわす犯罪者は減っています。

クリントン政権がやらない資金提供を、NRAが実行しました。
「大統領による民間の銃対策への妨害は、かえって銃による暴力事件を許しているように見える」と言ったときウェイン・ラピエは本当のことを言ったに過ぎません。

もはやその言葉はウェインの意図したところからかけ離れたものになりました。メディアが2週間というもの連日、寄ってたかって彼を悪者扱いし、あざけり、中傷し続けました。他方でクリントン政権を検証することは一切ありませんでした。

実際、大統領は惨めなまでに銃器に関する連邦法を実施する意志に欠けています。善良な人間が、ポリティカル・コレクトでない言葉を吐いた、と言ってあげつらうことの方が、事実を掘り起こして文化的な闘争の犠牲者を救い出すことよりもよほど簡単です。

私に言わせるなら、ポリティカル・コレクトネスは暴政です。礼儀を装った暴政に過ぎません。メディアによるウェイン・ラピエの十字架刑の酷さに私は言葉を失いました。しかし同時に、声を限りに、この私たちの文化を蝕む文化的癌について発言しなければならないという、私の決意を一層堅固なものにしました。

最後に、ここにいる壮健な若者たちにやってもらいたいことがあります。どのような問題も両面で考えてほしい。そして権威を疑う勇気を持ってほしい。ビル・クリントンやダン・ラザー、ジョージ・ブッシュやアル・ゴアの言うことを鵜呑みにしないで、新聞の大見出や選挙演説、そしてテレビのニュースを額面通り受け取ることなく、その背後に深く潜むものを読み取ることをしてほしい。誰も信じてはいけない。マイケル・ジョーダンであろうとデニス・ミラーであろうと、このチャールトン・ヘストンの言うことも。

なぜなら誰にも先入観や偏見があるからです。皆さんはそのレトリックをよく調べ、かき分けてその一言一言の重みをよく調べ、測った上で自分で結論を出すことです。

2000年ブランダイス大学にて

いいねと思ったら
クリックを↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

二代王と国進様が参加するNRAの年次総会と展示会について

 二代王様の遠征に対する祈祷のお願い

皆様、日々の聖業、誠にお疲れ様でございます。
さて、2代王様はじめPAの食口たちは、今日ハリスバーグ市で行われた「銃規制反対集会」に参加され、ラリー・プラット氏と会食をされた後、NRAコンベンション(ガンショー)に参加される目的で、テキサス州ダラス市まで車で行かれます。康お母様もご一緒と伺っております。
往復約5000キロ(10日間)の道程をご無事に勝利されるよう、お祈りの協助をさせていただきましょう。
王様の動向をお知らせしながら、お願いとさせていただきます。

日本サンクチュアリ協会 総会長  江利川安栄  (2018/4/30)

日本サンクチュアリ協会HPより

スライドショーには JavaScript が必要です。

2018年5月4日金曜日(現地時間)の年次総会を皮切りに5日(土曜)、6日(日曜)と3日間にわたってNRA(全米ライフル協会:アメリカ最大の銃器愛好市民団体)の展示会がテキサス州ダラスで開催されます。

文亨進二代王の御家庭とともに文国進様の御家庭も参加されます。

(KARH銃器製造会社も出展)

Ji yea Park Moonさん kahrqueen • Instagram写真と動画

KAHRアームズも出展

トリビア

映画ベン・ハーや十戒で有名な俳優チャールトン・ヘストン氏(Charlton Heston, 1923年10月4日 – 2008年4月5日)は1998年から2003年までNRA会長を5期務めた。

2013CharltonHestonPA-5834200300713-2

クリントン政権の下で銃規制を強く進めようとする副大統領アル・ゴアにむかって、NRA総会(2000年)で叫んだセリフ

from my cold, dead hands!

(死体となった私の手から奪うまで、銃は渡さない!)
このセリフは、名優だけに、当時日本でも話題になった。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

「国家」は絶えずお父様を迫害した-4月29日「鉄のつえの王国14」英語説教(その3)

Kingdom of the Rod of Iron 14   April 29  2018   Rev  Hyung Jin Moon   Unification Sanctuary  Newfoundland PA on Vimeo.png

4月29日「鉄のつえの王国14」英語説教

翻訳:管理人

結局、社会はサイコパスと、そうでない人に分けられるということです。
社会の下層にもサイコパスはいるし、中流層にもサイコパスは存在しる。上流階級にももちろんいます。ジェフ・べゾス(アマゾン創業者)をご覧なさい。2つの目が別方向を向いています。狂気を感じさせる笑いを浮かべ、人の首でも叩き折るようなロボット犬を連れて散歩しています。気がおかしい・・気違いです。

トップ層にサイコパスは存在します、しかしトップ層だけでなく、あらゆる階層にいるのです。あたかも互いに、フェロモンを送り合って同類をひきつけ合う動物のように・・「ハイエナたち集合せよ!世界征服のためまとまるのだ!」。

しかし福音が説かれるとき、いかに福音がそれらを破壊するか分かります。王国の福音は実現する王国を語ります。それは権威主義的王国、全体主義などすべての人類歴史を通して抑圧と苦難を繰り返したものにとって代わるのです。いやというほど何度も何度も、同じ罠に繰り返しはまってきたというのです。まるで一世代に一回、スローモーションで起きる車の事故をみるようなものです。
大惨事です。

王国の福音が説かれるとき、支配階層やその他の階層を動揺させ、激怒させます。ここでビデオを観ましょう。この哲学者が私の大のお気に入りであることは皆さん知っているでしょう。彼は無神論者ですが、非常にキリスト文化に対して肯定的な意見を持っています。彼の動画の中でも有名なものです。

(動画視聴)(Stefan Molyneux

ステファン・モリニューのビデオです。素晴らしいですね。とても知的に国家のことを説明しています。彼の言葉を使えば国家は基本的に「サタン」です。

国と癒着したキリスト教は別ですが、キリスト教に対してはとても肯定的に見ています。左翼や教化収容所と化した公立学校では、教師は生徒たちにこう教えます「宗教がみんなの心を抑圧している。自由であることを許さない」と。あるいは(抑圧しているのは)「伝統」だ、「両親」だ、「両親がみんなを昔ながらの因習に押し込める」などと。しかし教師は「国家」についてはひとことも言いません。決して言わないのです。

国家が力を得るとき比較にならないほど邪悪なものになります。皆さんを支配し、資産を奪い、監視して搾取します、強制的に。もしそれが嫌なら監獄に送られて死ぬほかありません。宗教にあっても急進的イスラム主義のように政治システムを組み込んだ神権政治もあります。そこから全体主義に向かうのは明らかです。(動画の)はじめに言った言葉を覚えているでしょうか。

国が健康や安全な水、食料を保障してくれるから、と思い違いしている人がいる。農業に従事する人も牧畜に安全な水や餌や薬を与えていますよ。ここにいる若者たちもちょっと考えてみて下さい。学校でこういう話を聞きましたか。大学で聞いたことがあるでしょうか。

決して聞くことなどないのです。

彼(ステファン・モリニュー)も指摘するように、教育機関としての大学も支配の一環、人間を飼い慣らす手段の一つに過ぎないのです。国にすべて依存しているではないですか。

すべての大学は-アメリカではとくに-連邦政府の補助金(助成金)をもらっているのです。お金が欲しいのです。そして政府と結託することで、人々からお金を取り上げることを非道徳的だと思わせないようにしている。土地を細分化し、職業選択の自由もあたえて、自由だと思わせるトリックも使って。

社会で成功するにつれて、人々からより多くのお金を奪い、さらに、どんどん出世していくと所得税は1%以下になるというのです。この国で所得の60%もの税金を納めている人もいるというのに。

国家というシステム、中央権力がイエス・キリストを殺害し、迫害し、追い回したのです。そのシステムが真のお父様を追い詰めて捕らえました、訪れたすべての国が!

「国家」が絶えずお父様を迫害したのです。もちろん国が実質的に運営するキリスト教会のクリスチャンによる迫害もありました。それは最前線で人々を支配する組織に過ぎません。例えば政治的ファシストのもとで、アル・シャープトンがやったように。
基本的にはジョエル・オスティーン(アメリカの説教者)の教会もそうです。共産主義者のイエスを教えているのです。

お父様は憎まれました。北朝鮮政府に投獄され、韓国政府にも、日本政府からも(入国禁止)、そしてアメリカ政府に投獄され、訪れる国の政府によってことごとく迫害されました。

「政府」がお父様を捕らえたのでした。イエス様と同じ、どこに行っても中央権力機構、中央政府を混乱させたからです。

王国の福音は大きな破壊力を持っています。彼らから見るとき、それは大きな「悪」に見えます。なぜなら(福音は)大きな収益を生み出す人間牧畜化にストップをかけ、それを妨げるからです。では、その家畜その牧畜が正しく教育されて、その人間奴隷農園の姿を知り、その目的を知り、なんとAR-15まで持ったとしたら・・・彼らは想像するだけで気が狂うというのです。

つづく

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

國進ニムの修正2条支持集会でのスピーチ(日本語訳)

 
 
洋介さんがアップした動画を日本語に訳したものです。ただ、会場のスピーカーから拾った音源なので聞き取りにくい部分もありましたが、大筋で問題ないように気をつけたつもりです。少し微妙な部分もあるので記事にするのはやめようかと思いましたが、常にどのような時にも、お父様を証される国進様の心情に打たれ、皆さんにシェアしたいと思い直し、ここにアップします。

2018年4月30日 國進ニムの修正2条支持集会でのスピーチ

翻訳:管理人

ガンフリーゾーンではニューヨーク市よりも殺人の件数が多いのです。信じられるでしょうか。銃撃事件の98%がガンフリーゾーンで起きています。

教師も銃を持つべき時が来たのではないでしょうか。(拍手)

政府が大きくなるのは問題です。権力、国家権力はすぐに腐敗するからです。政治化した組織、FBIなどで起こっていることをわれわれは見てきました。

いま私たちはどのような国を子供たちに残すのか選択しなければならない岐路に立っています。平和と自由を尊ぶ国か、安全面に欠陥をかかえたシステムを相続させるのか。

建国の父がこの国を作ったとき、権利を、すべての国民の権利としてキリストと共にある王としての権利を法律に定めました。自分の資産を保持する権利、良心の権利、そしてこの2つを守るための武装権です。(拍手)

国民の生命、自由そして幸福追求の権利にとっての最大の脅威は、過去も現在も「政府」です。20世紀の大量殺人は、国家の肥大化した政府によってなされました。すなわち、国家テロ、共産主義、国家社会主義は、過去百年間に2億6千万人の命を、戦争のない平時にもかかわらず奪ったのです。同じ百年間に、犯罪で命を奪われた人の数は2千百万人です。要するに、犯罪者に殺されるその10倍の数の人間が自国政府に殺されてきたということです。(拍手)

私の父は共産国家の強制収容所で3年過ごしました。北朝鮮の死の収容所です。共産主義の脅威を体験した父は、武器を所持することの必要性を十分に理解し、そして韓国でいち早く防衛産業となる火器製造会社を創業しました。そして、父はここアメリカでワシントン・タイムズを立ち上げ、保守オルタナティブ・メディアの創始者となりました。(拍手)

父は、神を信じる人が銃を持つことで平和は存立すると信じていました。
そして息を引き取る最後の日まで、武装する権利を支持していました。

今アメリカのミレニアム世代の約半分が社会主義者だと言われています。
20年前のベネズエラは、南米の中で最も豊かな国の一つでした、アメリカと同じ自由がありました。しかし現在では社会崩壊に陥っています。ウゴ・チャベスの社会主義政府が立ったからです。知的で賢明な人びとが路上で殺されました。それでも人々は反抗できません、政府が、国民が武器を所有する権利を奪ったからです。

われわれは歴史から教訓を学び、議会に反映しなければなりません。政府に権力を与るべきではありません。私たちには銃が必要です、なぜなら政府や犯罪者は無防備な人々を前にすると、いとも簡単に抑圧できると思うからです。

私は憲法修正第2条(市民の武装権)を支持します。
そして父と同じように、自由を支持します。

ありがとうございました。

先駆者さんがチエニムのインスタグラムに上がっている動画を紹介して下さいました。感謝します。
 
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

ディープステートに飼い慣らされない自信はあるか-4月29日「鉄のつえの王国14」英語説教(その2)

Kingdom of the Rod of Iron 14   April 29  2018   Rev  Hyung Jin Moon   Unification Sanctuary  Newfoundland PA on Vimeo.png

4月29日「鉄のつえの王国14」英語説教

翻訳:管理人

たとえばナチスの時代にドイツに住んでいたとしましょう。
(現代をさかのぼる)過去50~60年間の悪の正体もまだ知らないものとします。
その社会の中にいるとして、ゆっくり、じわりじわりと中央集権が強まっていくことを想像して下さい。

政府で働いている人も知っているし、警官の中にも知り合いがいる。2、3年後には玄関の前に立ち、強制収容所送りを告げて、そこで殺そうとする人も(個人的に)知っている。皆知人でしょう。心の中で「あの人がそんなことをするはずがない」と言うかもしれない。

「彼の奥さんもよく知っている、カールの奥さんなら知っているし子供たちも知っている・・・」「マイケルの奥さんなら知っている・・・」

その人を知っているので、心の中で「このドイツで、そんなことが起きる訳がない。ドイツは近代化して技術も持っている、飛行機だってある・・・」と思うかもしれません。

 

それと同じことが今、ここ(アメリカ)で起きているのです。トランプ大統領に対しても、とんでもない反抗叛乱を企てるディープ・ステート(闇の政府、国家内国家)の存在があります。反対に回り、トランプ大統領を洗脳しようとしています。政治的に葬ろうとしているのです。トランプ大統領を引きずり降ろしてネオコンに引き込もうとしています。そうして無意味で狂気の、果てしなく続く戦争を始めようとしているのです。とどまることのない戦争です、ローマ帝国もこれで崩壊しました。

DIG056223_1._SX1280_QL80_TTD_

戦争、戦争、戦争、そして搾取。しかしディープ・ステートの中にも善人がいます。
もちろん90%もいる訳ありませんが。

数週間前にここで見せた、アレックス・ジョーンズのインタビューのなかで、ジョエル・スカウゼンがこう言っていました。

「自分もわからないが、(良識派は)半分いるか、60%いるか、30%かもしれない。彼らがネオコンの計画に反対するのだ。ひょっとしたら60%が指示に従うかもしれない」。

彼らは銃器所持者や福音派キリスト教徒を強制収容所送りにするかもしれない。それは40%かもしれない、割合の問題です。
軍隊にいる人はよくこういう言い回しをします。「さあね、5%か10%か、よくわからんね。」

しかし、人は(ディープ・ステートに)ちょっと捻られるとどうなるか。将来のキャリア、老後の年金など絞られたら・・「なら、すべて失うぞ」と言われたら・・・あっという間に人びとはどこかに消えてしまう。

「息子のマイクのことを思えば」とか「妻も子もいるし・・路頭に迷わせるわけにいかない・・自分は命令に従おう」「法に従おう」。普通の人はそうしてしまうというのです。

実際、現在、今を生きている者は、邪悪な権力システムが自分を抑え込んできても、「何を!」といって立ち上がり、反抗するのは難しいのです。そういうことができるのはごくわずかです。

(聴衆のピエールさんに向かって)なんですか?ワイマール憲法の下のドイツがナチス政権に移行するのに国民の95%が賛成したですって。あなたの記憶ですね、この人はヨーロッパ出身なので知っているでしょう。ピエールがこう言っています。95%だと。彼はヨーロッパ出身ですから本当でしょう。こういうことがヨーロッパで起きたというのです。

良き大衆は多いのです。政治サタン主義の中央集権志向が問題なのです。大きな磁力のような力で権力を好む者たちを引き寄せます。その権力を使って今度は他人から資源を搾取する。これが問題です、パラサイトにとっては引かれる磁石なのです。邪悪な者たちを引き付ける磁石。いくらいいスーツを着こなしたとしても、ちょっとしたエリート気分でワシントンDCのスターバックスでコーヒーを飲んでいたとしても、内側は惨めで悪臭を放つ悪に満たされている。あなたやあなたの家族を殺し、修正2条を支持する者たち、「神話」を信じるクリスチャンを排除してもいささかも良心が痛まない。

「トールとゼウスの神話」ですか、彼らは(キリスト教を)こう呼んでいるのです。

福音が届くのは、文化マルクス主義が線引きするような階層分けされたものではなく、自分の心を失わない者、権力に魂を売らない者たち、彼らにこそ福音は届くのです。サイコパス(精神病質者)やサイコパス的傾向をもつ者たち—-例えるなら「自分はこの秘密結社、陰謀団にもぐり込んでもっと権力を得よう」などという者たち・・・ソシオパス(社会病質者)も「年金のためなら」と同様に振る舞います。

自分はこの巨大な権力組織、ビルダーバーグやジョージ・ソロスなどの下で2番手でも3番手でもいい・・お金さえ手に入るのなら。五つ星レストランで食事をしたり、毎日スタバに行ければそれでいい・・。人はほんとうに小さな動機付けで動くものです。

ショッピングに行って、20万円ほど使うことさえできれば・・などと。月一回ショッピングに行って、美味しいものを食べて・・。ディープ・ステートがそれを許してくれるなら従うというのです。

つづく

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村