亨進様の「組織論」

これは2012年12月2日に、指導者たちを前にアメリカ、ベルベディアで行われた聖日礼拝説教。 文亨進様は当時、世界会長兼、アメリカ会長。(韓鶴子オモニから完全に追放される約3カ月前)

2分58秒

文亨進会長 聖日説教 12月2日 2012年   YouTube.png
翻訳・字幕: Harry

亨進様 組織論 2012-12-2

こちらを見てください。とても重要なスライドです。
地区牧会者にはすでに見せました。

一見すると、馴染みのある、四位基台のグラフです。
上に神様と真の父母様がいて・・・さあ、よく見てください。
横的関係に注目するなら、普通ならどちらが主体的位置ですか?
とくに、韓国のリーダー達、他のリーダーも、どうですか。

本部が主体ですか、本部が対象ですか。
いつもなら本部は主体の位置にあります。
しかしこのスライドでは異なっています。
主体の位置に何がありますか。
主体の位置には地方教会、地区があります。それには理由があります。
いったいどうして地方教会と地区が、主体の位置に置かれているのでしょうか。

なぜなら、ここ(地方教会、地区レベル)でメンバーが生まれ、再び生き、救いを得るからです。本部に直接こないのです。地区の最前線にこそ新たな人が参加するというのです。そこで生命が誕生し、また再生するのです。

一方、国の本部は対象の位置にあります。このことは本部が粗末な扱いを受けていいという意味ではありません。ああ、おまえは対象だから怒鳴りつけてやる、それは違います。
奥さんは対象的位置ですが、だからといって、ストレスのはけ口として酷使したり怒鳴ったりしてもいいと思いますか。それはできないというのです。

もしもそうすれば、大きな問題が生じます。そうでしょう。

つまり、主体、対象の関係は平等です。
役割は異なりますが、価値は等しいのです。

尊敬、尊敬、尊敬して、そのなかで、地方教会と本部が授受作用するのです。

中央本部にいるわれわれは、支援にまわるのです。あれこれをせよと命令するのではなく。

現場(地方教会)で新しいシステムを発案し、新規の計画、新しい伝道スタイル、こういうものが出てくるように本部は現場を助けるのです。彼ら(地方)にはそれをする自由があります。

そして国の本部はそれを支援するのです。そして(本部の)カウンセラーがよく相談に乗り、コミュニケーションを良くとって、しっかりと継続的に授受作用の流れを造るのです。本部は地方教会と地区に対するそういう支援に熟達していかなければなりません。

だから密接につながっているのです。

それが互いの尊敬の中で効率良く行えるように、本物の授受作用を行うとき-。神様と真の父母様を中心にしてそうするなら。統一運動は飛躍的に拡大します。根が深くなるのです。木の根は地中を縦に伸び横に大きく広がります。

アーメン。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

亨進様の「組織論」」への2件のフィードバック

  1. キン斗雲 の発言:

    ハリーさん、み言葉ありがとうございます。
    み言葉の一部だけ利用して都合よく人を讒訴すると、知らないうちに神様不在になってサタンに似ます。
    そうならないように、み言葉の全部を読みます。

    アージュ

    いいね: 1人

  2. Ariake の発言:

    亨進様が2012年にこのような組織論を語っておられたとは驚きです。神様と真の父母様を中心として地方教会と中央本部が主人と僕の関係でなく、主体と対象の関係で尊敬を土台として授受作用していく組織。お父様が「花や木を見なさい。末端に花や実が実るだろう。そういう組織を作るんだ」とおっしゃたと会長から聞きましたが、まさにその通りの組織論です。会長は日本サンクチュアリをそういう組織にしたいと言われています。中央の支援や協力関係のなかで実を実らせる地方教会。新しいシステムの開発。新しい伝道スタイルの開発。そのために9/10を地方に残す献金システム。まだまだ地方教会の実力、人材が足りませんが、目指す方向ははっきりしました。

Ariake にコメントする コメントをキャンセル

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中