亨進二代王、ダラスからのメッセージ(キングズレポート5月8日)

キングズレポート・ダラスより2018年5月8日

翻訳:管理人  *聞き取りにくい箇所がいくつかあり、少し抜けているところがあります。

皆さん、NRAのガン・ショーは、信じられないような素晴らしい時間でした。
これまで数週間、強く、お父様に祈ってきました。それは来年の行事について、次の祝福式などについての祈りです。どうかお父様導いて下さいと。

左翼メディアは寄ってたかって潰そうとしてきます。全世界からです。世界の著名なメディアが酷評し、徹底的にこきおろし、潰そうとしています。聖書はサタンのことを盗み、傷つけそして殺し、破壊すると書いています。

世界で最大の権力を持って(人々を)傷つけそして殺すものは一体何でしょう。不道徳な盗みのシステムをもつものです。やはり中央権力、中央集権政府です。常に文明を破壊し人々の生命を奪うものはなんですか。やっぱり中央政府です。どうして政治サタン主義が、繁栄を蝕み、完全に破壊するのか・・。

(NRAのガン・ショーでの写真を見ながら)ああなんと凄いことだったでしょう。アベル型クリスチャンたちともっと深い結びつきを得るその方向性を与えてください、どうすればそれが実現するのかと祈ってきました。そこにNRAの展示会があり、神様の霊はこれほどまでに強力にNRAの大会への参加を促されたのでした。

神は道を整えてくださると聖書にあります。キリストは歩みを照らす灯です。これは素晴らしいたとえです。神様とキリストは全体をすぐには見せてくださいません。行く道がどうなっているか見せてはくださらないのです。目的地が見つかることは分かっています。あなた(神様)の御国は来たり、御心はなされます。

しかしそこに到達するまでの、道は分かりません、暗闇の中を歩いています。わたしたちの戦いは、血肉に対するものではなく、もろもろの支配と、権威と、やみの世の主権者、また天上にいる悪の霊に対する戦いである。(エフェソ6:12)まさに闇があり、支配者がいます。グローバリストがおり、政治サタン主義者がおり、ジョージ・ソロスやヒラリー・クリントンなどの「エリート」が存在します。

これらの悪に加え、ハリウッドやメディア、シリコンバレーなど科学に関しても。まさにわれわれを文字通り監視する獣です。アルゴリズムを駆使してわれわれが何をしたいか、何を買いたいのか、何に関心があるのかを瞬時にして探り当てるのです。驚くべき獣のシステムです。人類全体がこの網(グリッド)の上に載せられているのです。

追跡しようと思えばすぐにでも可能です。このスマートフォンなどは実際、追跡装置です。また(電磁波)の放射装置でもあって、頭の中の癌が増えているのはそのせいです。脳癌、脳腫瘍です。いまは4G(通信規格の名称)ですが5Gになるでしょう。もうマイクロ波を浴びるというのです。放射線レベルです。マイクロ波は身に見えませんがそれはみんなの体を抜けて、ガンの原因となり腫瘍の原因になるのです。目に見えない放射線(高エネルギ-の電磁波)を浴びるからです。身体を破壊します。Wi-Fiも便利なものですが、目に見えない電磁波が身体を撃ち、傷つける。・・・

そのような、グロテスクで悲惨な世界、反ユートピアの獣の懐に入っている。われわれも、ああこれは便利だ、などといってはまってしまう。スマートフォンを持っているから地獄に行くとまでは言いませんが、やはり考えるべきでしょう。世界を連結する素晴らしい力を与えてくれます。(独裁政府などには)異なる意見を言うこともできます。だから共産テロ党はそれを使わせません。・・・完全にコントロールする党だからです。

この間、FOXニュースで、ジェン・バジーナがマーク・レビンに話していました。そのジェンがNRAからライブ放送をしているのを見ました。素晴らしい人です、元シークレット・サービスか何かです。彼がいうには、アメリカは、今の共和党は(実質的に)民主党であり、民主党は実質、共産党だといっていました。・・・民主党は絶対規制、絶対支配、絶対専制を目指していると。このような信じられない時代に生きているのです。

科学技術の祝福は他の為に生きている人にも報いを与えてくれます。しかし自由が侵され、左翼が、支配と統制をあきらめずに勝ち取ろうとしている。議論で負けるから自由市場を議論しようとしない。なぜななら彼らの最終目的地は、支配と絞殺、悪人は自由な開かれた場所で議論しようとしません。そこでは、最高の考え方が勝利する。

そしてキリスト教こそ最高です。神を愛し、隣人を愛する、これが最高の道だというのです。

議論の会場・・・ディベートのアリーナでは、キリスト教の考え方を証し、強化するのです。キリスト教の基礎。すなわち創造主、神が存在すること、すべての物質を超越した神様がおられること、時間をも超えて、永遠の存在であられる。全宇宙を想像されるとてつもない力を持っておられるということ。

ある(極小の)特異点からビッグバンで宇宙は始まりました。宇宙のすべての物質、時間はそこから存在し始めたのです。とてつもなく巨大な宇宙です。無数の銀河を含んでいます。それらのすべてが特異点に凝縮されていた。そのすべての情報が特異点に凝縮していた。それほど全知全能のお方が、愛の方でもある。

地球上に生命が誕生するためにはとてつもなく精妙で緻密な初期条件が必要だったのです。そういう生命を支える宇宙の存在、それを見ても善なるお方であることが分かります。

そういう科学の発展はキリスト教を強めるのです。その倫理観を打ち破ることができるものはありません。歴史的にも、キリスト教は権力を分散した時、最も倫理的な社会を創り出しました。それが今や、堕落した組織ゆえに中央集権国家となりました。国家の不道徳や不義を覆い隠す殻文化になっています。これを権力分散するとき、ひとびとは力を感じ、神様との繋がり、良心との繋がりを得させるのです。神様の王国の憲法とのつながりを持つとき・・それは鉄のつえで治めるということです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村