キリスト教は今の現実に対処できるか-鉄のつえの王国10-3月25日【英語説教その1】

Kingdom of the Rod of Iron 10   March 25  2018   Rev  Hyung Jin Moon   Unification Sanctuary  Newfoundland PA on Vimeo.png

2018年3月25日 鉄のつえの王国10

翻訳:鷹(タカ)

今日のみ言です。鉄の杖の王国10です。

聖書のみ言です。

御国の福音
・マタイ6:9-13 天におられる私達の父よ、御名が崇められますように。御国が来ますように。御心が行われますように、天におけるように地の上にも。私達に必要な糧を今日も与えて下さい。私達の負い目を赦して下さい、私達も自分に負い目のある人を赦しました様に。私達を誘惑に遭わせず、悪い者から救って下さい。
・マタイ6:33 何よりもまず、神の国と神の義を求めなさい。そうすれば、これらのものはみな加えて与えられる。
・マタイ7:21 私に向かって、「主よ、主よ」と言う者が皆、天の国に入るわけではない。私の天の父の御心を行う者だけが入るのである。
・マタイ10:7 行って、「天の国は近づいた」と述べ伝えなさい。
・ルカ4:43 「他の町にも神の国の福音を告げ知らせなければならない。」私はそのために遣わされたのだ。

なぜ私達は、王国を語り、鉄の杖を語るのでしょうか? それは、イエス様が定めた福音だからです。十字架の死と復活に対抗するものです。でも、イエス様ご自身は、神様の王国の福音を描きましたが、聖句から分かるように、私の言葉を信じなければ、聖句を見なさい。彼が福音を定め、このように祈りなさいと言われました。つまり、御国が来ますように、地においても天においても。

メソジスト派のような主流のキリスト教会は、御国は地上には、決してできないと教えていますが、信じられますか? ティム (本部長) のお父さんは、メソジスト派の宣教師として、家族と共に日本に居たのです。メソジスト派は、御国は聖霊によって来ているから、地上には来ないと言っているのです。
カトリック教会は、小児性愛者を保護し、巨大な世界銀行を有しているバチカンの本部が御国だと言うのです。これらが、キリスト教会の主流です。プロテスタント圏も国のキリスト教も、御国が来るとは言っていません。霊的な王国のみが来ると言っているのです。

ロマ書13章のように、国と地位にいつも従順であることを、教えています。神様が権威者の地位を立てたからです。神様は、不正で不義な指導者に従いなさいとは言っていません。聖書は、不義に対して、立ち上がらなければならないと言っているのです。

キリストは祈りをされました、そして、地上の御国は、天上と同じようにとあるのに、どうして、御国は地上には来ないという教派があるのか、分かりません。全体的に聖書に合っていません。断じて、信じられません。御国は地上に来るのです。聖句を信じ、神様のみ言を信じるなら、御国は地上に来ます。

イエス様は言われました。日々正しく祈りなさいと。キリスト教の主要会派がそのように考え、それが世界中のキリスト教文化圏の人達、いわゆる西洋の人達、クリスチャン達に伝わり、彼らは生き生きと暮らすことも、聖書を学ぶこともしないことは、驚きです。彼らは、聖句を見ることもなく、共通のあるいは文化的なことが、基準になると考えています。聖句には、はっきり、御国が地上に来ると書いてあります。

マタイ6:33には、まず、神様の国と義を求めなさい。そうすれば、これらのものはみな加えて与えられる。と書いてあります。クリスチャンとしてまず御国と義を求めなさいと。

マタイ7:21には、「主よ、主よ」と言って、日々、主を讃え、毎週礼拝する(日曜は安息日ですから、土曜に)者が、あるいは、公称クリスチャン、つまり、「私はイエス様を信じていますから天国に行く」という者が天国に行くのではないのです。

私達は、キリスト教の気分の良くなるだけの「ダイエット・コーラ」のようなキリスト教界に慣れてしまっています、聞くに良いことだけを聞きたいし、現実の世界の話、つまり、売春婦や獣姦者、ホモは罪であるという聖句は聞きたくないのです。

カナダでは、実際、(公共機関が)聖書を引用することを禁止してしまいました。。国がそうしているのです。国は神様ではありません。しかし、国に力があれば、崇拝を強いられるのです。

政治的なサタン主義体制の国には、偽りの神様が居て、皆さんに小さいクッキーを与え、空から落ちてくる小さい小切手を与え、そういう政治家に投票すると、大きな福祉国となり、大衆からもっと奪うのです。全体として不義です。政府の基本的な徴税は不義です。

質問をします。誰かから強制的に何かを取ることは良いことですか? 誰かが、強姦犯のように、行って、欲しいものを力づくで奪うことが正しいですか? 良いことですか、悪いことですか? 悪いことですね。
泥棒が来て、頭に銃を突きつけ、財布を渡せと言うのは、良いことですか、悪いことですか。明らかに悪いことです。それは、正しいことではなく、神様のキャラから来るものではありません。神様の本性から来るものではありません。

しかし、政府が力を持ち、中央集権であれば、今日、私達はこのようなことを見ています。 彼らは、税金を取って何をしたいのですか? 皆さんの創造性、事業、考案、重労働、血汗涙によって稼いだお金、皆さんが愛する人々に奉仕し、お互いにウィン・ウィンの関係を作り、相互に有益な関係を世界と人々に作りたいから、成功と富を築き、もちろん神様の助けによって祝福され、彼の知恵によって、霊的に感じるこれらのものを貰って得たものを、持って来て良いと言う組織があれば、あなたは、富の40,50,60%でも私達に出すでしょう。

これは、あなたの労働権の延長です。血汗涙の延長です。そのために血と汗と涙を流して築いたのです。土地、事業など、外的な体があっても、来て、あなたのお金の30,40,50%を与える義務があると言われると、はいと言っても、徴税はいつも、自発的なものであると言って、私が所得税は払っていないと、IRSSWATが銃を持って来ないでしょうが、私には事業権はありません。

徴税は、強制的に行われます。払わないとスーツを着た見かけと言葉の良さそうな集団、イタリアや町中の暴力団と変わらないような集団です。彼らは、保護しているという名目で、米国のお金を取ります。暴力団が見かじめ料を取るのと同じです。国の安全を確保しているから、私達にはお金を払う義務があると言うのです。暴力団の心理、不法なカルテルの心理と同型で、政府が何時も関与しています。人間は腐敗しやすいし、中央集権になるとすぐに腐敗します。

行って好きな女性を力づくで奪う強姦犯や、町に出て、車だろうがシャツだろうが、何でも欲しい物を力で取る泥棒と公と称して、連邦政府の制服と変な帽子を被り、素敵なバッジを付けているので、公務と信じますが、彼らとはどういう差異がありますか? 彼らは皆さんの所に来て、皆さんが働いて、お爺さんが働いて、両親が働いて得た物、皆さんは相続人となっている、その物を力で取るのです。もし、皆さんが同意しないと、痛めつけられます。道徳的には何ら差異がありません。

私達は、左翼と新右翼が開いた、ソロスや国際銀行家の悪玉への送金を停止することを指摘する必要があります。彼らの望みは、中央集権を自分達が牛耳り、人を支配することです。

銃規制は、銃に関するもことではなく、人を支配することです。罪のない人々を非難し、父親のいない家庭の子や不安定な人達を薬物で精神的に錯乱させて、罪に陥れるのです。

さて、重要なポイントは、多量銃撃殺傷事件のラリー、バージニア州の技術銃撃者は、父親のいない家から出ていると言うことです。社会学的な統計では、父親のいない家庭がどんなに破滅的かを物語っています。社会学的に最も危険な要因は、児童貧困の増大、教育率、将来の結婚維持など、全てが父親不在の家庭では、破壊されています。父親が居る家庭では、決定的に危機的状況です。

これらの銃撃犯は全員、父親のいない家庭出身で、薬物依存者です。彼らは精神的に病んで、薬物を使っています。選択的セロトニン (神経伝達物質) 抑制の精神薬で、彼らはセロトニンをブロックして、ホルモンによって怒りの衝動を操作して、睡眠を支配して、体に取り込まれて、殺人の衝動が起こります。このような薬物で、自殺が起こり、殺人の傾向が出ます。薬物は、体内で、怒りと感覚を抑えるセロトニンの摂取を阻みます。

問題があるのに、主要メディアは誰も取り上げません。いつも、銃を問題にしていますが、違います。精神的に錯乱した人達のことです。銃は命のない物です。飛んだり動いたりしません。地表に置けば、動いて、飛んで行って、皆さんを撃ったりしません。頭の悪い無生物です。何もしません。誰かが後ろにいる時だけ、動いて、操作されます。

数日前に起こったメリーランドの銃撃事件では何が起こりましたか。善良な男性が、悪い男を銃で阻止していたら、誰も殺されなかったのです。亡くなった人は何をしましたか。偶発的に亡くなった人達は病院に収容されました。生徒たちの亡くなった所で、犯人はどのように亡くなりましたか。

3週間前に起こったパークランドの事件とは何が違いますか。17人が亡くなり、誰も撃ち返せなかったのです。何人の生命が助かりましたか。米国疾病管理予防センター(CDC)の国家安全会議(NSC)の報告では、オバマ大統領の下での調査ですが、全ての左翼は、ナチス協力者であるジョージ・ソロスの支援を受けています。

CDCによる連邦政府の統計は、50万から300万の生命が、銃器によって助けられていると伝えています。共産党の政権はそれを知って、発表もシェアもしていません。彼らのストーリー全体が、崩れるからです。銃を増やせば、犯罪が増え、銃が悪いと言います。欧州や北朝鮮のように支配しているのです。

「金正恩を崇拝する」と叫んでいる太った中国人の男を知っていますか。顔も金正恩そっくりで。頭を短くして韓国風アフロヘアーで黒いスーツを着て、眼鏡をかけて、マンハッタンを歩いています。頭がおかしい人です。そうやってブルックリンも歩いています。すると通行人は「ああ、最高指導者だ!」と言って駆け寄る。スクリーンショット-2017-10-23-22.57.17気がふれています。

つづく

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村