「鉄のつえ」に戸惑う人へ 【参考動画】

*この動画のオリジナルは2014年8月29日にYOUTUBEのBarcroftTVで公開されたものです。翻訳・字幕:管理人

なぜ、そんなに銃と自衛に対して熱心になるかって?
それは何よりも私がキリスト教の信仰を持っているからです。

ジョン・コリア―は普通の牧師ではありません。
元海軍士官のコリア―は、グレンデール(アリゾナ州)、ウエスト・グリンウェイ・バイブル・チャーチの専属牧師です。アメリカの武装権の正統性を聖書に求めています。
私が所持している銃をすべてお見せするには時間がかかりますね。
よくいうジョークに「自分が持っている銃が何丁かを知っているなら、まだ足りない」というのがあります。

銃に対する愛情を家族で共有しています。フェニックス出身の福音派牧師のジョンは、妻と3人の子供と一緒に暮らしています。ジョン、15才、彼はNRA(全米ライフル協会)の初級講師の資格を持っています。

セイラ、12才、自分用のショットガンをもっています。

8才のアビー、誕生日に自分用のピンクの22口径クリケット・ライフルをプレゼントされました。

ジョンは、現在20以上の武器を所有しています。中折式のショットガンが3丁、グロック19ハンドガン、そして、サンディフックとコロラドの劇場の乱射事件で使われたAR-15です。

毎週日曜日には38才のジョンは教会で説教を行っています。

皆がうまく付き合っていけることを願っているし、みんないい人ばかりだと良いのにとも思う。しかし(現実は)そうじゃないんだ。イエス様が来られるときのような完璧な世界に入ることができるまでは、自分達を自分で守る必要がある。ルカ福音書22章36節でイエス様は「剣のない者は、服を売ってそれを買いなさい」といわれています。

ジョンの見方は教会ではよく理解されているようです。

小さな教会では、ステージの上で聖書を語る牧師さんよりも、近づきやすく親しみやすい牧師さんの方がいい。ジョンを知れば、銃に対する情熱も持っていれば、料理に対する情熱もある、それに家族に対する愛情も深い。私は彼のそういうところが好きだね。

しかしジョンの奥さんのローラは、夫の銃に対する愛着は信徒すべてから認められているとは言えない、と認めています。

夫の銃に対する姿勢が気に入らず、去る人もいます。教会に銃を持ち込むことが嫌なのです。そういう人たちは夫が教会の仲間たちと一緒に射撃練習に行くことも快く思っていません。

ローラは、銃に対する否定的な感情をもって育ってきました。しかし、ジョンが家族を守るために武器を買うと決めたときにそれは変わりました。

私が銃を撃っているときどんな気持ちですかって?
とても自信を持ち、安全を感じます。護身という意味では、私を傷つけようとする人たちに対して大きな力を得た気がします。

2006年からアリゾナ州で銃の隠匿携帯のライセンスを持つジョンは、子供たちが銃に触れることを注意深く制限しています。父親が監督しているときだけ銃に触れることができるのです。

一家は定期的に地元の射撃場に行きます。

次女(アビー):私の友達は、学校でも、よそでも、銃は本当に危険なものだと考えていて、銃を持っちゃだめだといいます。私は使い方をちゃんと知って、持ってていい場所といい時をわかってさえいれば銃を持ってもいいと思います。

長男(ジェイムズ):とても楽しいです。なぜ楽しいのか説明することは難しいです。走りまわるだけの鬼ごっこがなぜ楽しいのかというのと同じです。ただ楽しいというだけです。的に当たったかどうか見るのが楽しい。

長女(セイラ):学校の友達は、私が銃を持っていることは知りません。あまりそんな話はしません。教会の友達は全然OKです。みんな銃が好きだから。そう、学校の友達は知らないの。

サンディフックでの高校乱射事件では州の一部で銃の所持に対する反発が起こりました。
そのことは、子供たちに銃の知識を与えるという、ジョンの決意を一層強いものにしました。

サンディフック高校で起きた殺人や騒ぎでは、(犯人の)若者は母親の銃を盗むために自分の母親を殺しました。そして次の重大犯罪を行った。学校にもって行って25人を殺したのです。いつ止めたのか。警察の車が来た時です。自殺しました。なぜなら銃を持った善良な人(警官)が現れて待ったをかけたからです。警官が現れた途端に止めました。
善人の手にあるライフルは善です。悪人がその手にもつライフルは悪なのです。

神様が銃をどう見ておられるか。
ただの道具に過ぎません。

ジョンはこれからも神様への信仰と、銃に対する信念を、信徒の群れに広めていくでしょう。

「ジョン、イエス様が来られたから今日から銃はもつな」と誰かが言い、本物のイエス様だということを納得させたなら、今日すべての銃を手放します。私にとってキリストが第一なのです。しかし、イエス様はそうは言われないと思いますね。「ジョン、お前は神の似姿に造られた、だからそれを守るのだ。賢い方法でそれを守りなさい」とおっしゃるでしょう。
そして現代の銃こそ、そのための最善の手段です。

参考になったという人は
クリックを↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

ディープステートが私たちに注目している 3月18日―鉄のつえの王国9(その4:完結)【英語説教】

Kingdom of the Rod of Iron 9 March 18 2018 Rev Hyung Jin Moon Unification Sanctuary Newfoundland PA on Vimeo

鉄のつえの王国9 2018年3月18日

翻訳:BAMBOOS

(記事の続き)
「マイアミでMBAを取得する際に、ジャスティン・ムーン氏は小さく強力なピストルを考案し、それがKahr K9となった。試作品はあっという間にヒットし、1995年に銃の製造を始めたとムーン氏は述べた。2011年のニューヨーク・デイリー・ニュースの記事によれば、カー社は5千丁のK9をニューヨーク市警察に勤務外用として販売した。ところが後に引き金が軽すぎるという理由で、携帯を止めるよう命令が下りることになった。

アルコール・タバコ・火器及び爆発物取締局(ATF)の統計によれば、ペンシルベニア州には数十の銃メーカーがあり、中にはわずかな数の銃しか製造していないところもある。ノンサーバーランド郡のあるメーカーは、若い銃ユーザー向けに作られた小型のライフルに特化しているが、2016年に49,000丁を超えるほどしか銃を販売していない。ムーン氏は数年でいくつかのメーカーを何社か買収したが、親会社のセイロに統合させている。ATFの統計では、セイロは2016年に4万丁以上の拳銃と9千丁以上のライフルを生産した」

それから抗議活動について説明しています。いくつかの抗議団体の1つです。

「グレイガート氏はトミーガン・ウェアハウスから14マイル離れたミルフォードに住んでおり、韓国と日本の歴史の修士号と博士号を持っている。彼はムーン家のことを良く知っている。ショーン・ムーン氏の教義は危険だと考えており、兄がポコノでAR-15を製造するのではないかと心配している。

グレイガート氏は言った。『ここはアサルトライフルを称賛するにはふさわしい場所ではない。これらの武器は人を撃つために設計されたものだ』」

独裁者を撃つために設計されているのですが(笑)。それからイギリス兵のような人を。だからこそ建国の父はそれを使うのです。ジョージ・ワシントン、トーマス・ジェファーソンはあなたのようなイギリス兵に向けてそれを使うのです。

「ムーン氏はAR-15について話をした後、自分の事務所に戻った。すると2人の女性がトミーガン・ウェアハウスのガラスケースの中に並べられた拳銃の前をゆっくりと歩いており、立ち止まって店員が自己防衛のために勧めたモデルを手に掴んだ。女性たちは軽さに驚き、そのうちの1つを『セクシー』と表現した。彼女たちはポコノの住民だったが、最近の嵐とそれによる停電の後、不法侵入の報告に悩まされたという。店の壁にかけられた大きなテレビの1つではインフォウォーズという、陰謀論を広めている右翼放送局が放映されていた。

62歳のエビ―・アセンシオさんはこう言った。『私たちは自分たちだけで森の中で暮らしています。周りには誰もいなくて、何か起きても警察が対応するまで30分かかるでしょう』

外にはにわか雪が降る中、ジャスティン・ムーン氏の改造ジープが置いてあった。ルーフテント、プロパンガスのタンク、スパインボードを備え、何が来ても駆け抜けることができるのだそうだ」

最初の記事には「ゾンビがうろつく世の終わりが来ても」と書いてありましたが、取ってしまいました。記事を修正したのです。残しておくべきでした。その方がもっとかっこよかったので。リベラルは「ああ、なんて野蛮な・・・」と考えるのです。しかし保守派はみな、「やったー。いいぞ」と。

「ショーン・ムーンは全く同じようなジープを持っている」(笑)

ペンシルベニアで最大の新聞社です。彼らはただ称賛しなければならなかったのです。頭のおかしいムーンがどうやら銃カルトのようで、洗脳キャンプをやっていると。そんなことはありません。我々は、王になって欲しいと願い、武器を持って欲しいと願い、自由と主権を求めているのです。

支配するためにここにいるのではありません。教会の会員登録さえしていません。みんなが自由であって欲しいと願い、ここに自由な関係と神様の愛で、自由に集まっています。ここでは国の支配する教会のようにやろうというのではありません。みなさんの生活を支配するつもりはありません。ここでは聖句を学び、一緒に集まって神様に栄光を捧げているのです。私たちがやっているのはそういうことです。あなたの生活を支配することになど関心はありません。私の方も支配しないでください。

「ショーン・ムーンは全く同じようなジープを持っている」知っていましたか。お父様の最初の車は、軍放出品のジープでした。ラングラーのスティックシフト(マニュアル)のジープでした。キングモビールにお母様を乗せて最初にこの辺でドライブした時に、「あのジープを思い出す」と言っていたのです。彼女はあのスティックシフトが好きなのです。それはまさに本当の女性です。

(34:43)(後半)
(ウェイコー事件の動画視聴後)
1993年でさえ左翼政府は完全に軍国化していました。これは続いてはいませんが、あの行事がヒラリー・クリントン政権下で行われたいたらどうなっていたか、想像してみてください。私の言っている意味が分かりますか。神様はトランプ大統領を、この国の一時的な救済として準備されました。

そして今ニュースになっているのは、彼がヒラリー・クリントンを追求しているということであり、マケイブ(FBI副長官)はクビになりました。ジェフ・セッションズ(司法長官)は今動き出したようです。ヒラリー・クリントンと犯罪一家を追求し始めるでしょう。素晴らしいことです。ロック・ハー・アップ(彼女を刑務所へ)!

これが現実なのです。アメリカ人は否定できません。政府は余りにも行きすぎました。これがその証拠でした。25年前のウェイコーです。しかし、ヒラリー・クリントンと新たな左翼が入って来ていたら、アメリカはずっと早く悪化していたでしょう。そういうわけで彼らは、鉄のつえをそれほどにまで恐れるのです。

もし普通のクリスチャン、善良な心を持った人たちの偏桃体の機能が正常であるなら、あらゆる場所でプレデターたちが今にも侵入しようとしていて、トランプを弾劾しようとするか、暗殺でも何でもして排除しようとするなら、直ちに彼らがやってきて世界政府を樹立しようとするでしょう。

しかし1つだけ、それを完全に妨害するものがあります。それはキリスト教が、神様の人々を守り、神様の王国とユダヤ・キリスト教をイスラム過激派、過激な共産主義や社会主義、全体主義者と独裁者、そしてあらゆることを完全に支配することだけを求める政治的なサタン主義者から守るための、鉄のつえによる統治の責任について理解するならば、ということです。

もちろん、我々の共同体でさえこう言う人がいるでしょう。「ウェイコーのようになったらどうするのか」と。そもそも私たちは中央集権の組織ではありません。1つの屋敷に住んではいません。それぞれ別の家に住み、個人の資産を持っています。自分の家を持ち、自分の銃を持っているのです。社会主義や共産主義のユートピアのような運営はしていません。社会主義や共産主義のユートピアを求めてはいないのです。

あらゆる宗教が作っているユートピア社会はほとんどいつも、社会主義的なシステムです。みんな分かっているように、私たちは全く社会主義者ではありません。誰もがお互いに起業家となることを支持しています。人々が豊かに繁栄して成功し、王国を持って欲しいのです。そこにはクリスチャンの正義の王と王妃がいます。父が完全であるように。また神様を愛し、隣人を愛します。

なぜならそれが答えだからです。それがイスラム過激派の侵入に対する答えだからです。それがサタン主義の左翼の侵入に対する答えなのです。それが、通貨泥棒によって国をスパイし支配しようとする世界の金融カルテルの侵入に対する答えです。それが答えです。

答えは王国で鉄のつえによる統治を行うキリスト教であると、彼らは分かっています。だからこそ彼らは、わずか数百人が集まっただけで非常に恐れているのです。その数百人はキリストを愛し、神様を愛し、隣人を愛し、鉄のつえという装備品を持ち、見せつけました。ところでそれは、素晴らしいクラシック音楽の中での儀式でした。

軍隊の制服やカモフラージュ柄ではなく、美しいローブと金の王冠、そして金色の鉄のつえもありました。美しいクラシック音楽。それがさらに恐ろしいというのです。それはこういう理由です。もしキリスト教が、これが自分たちの受け継いだものの一部であり、自分たちの文明の一部だと理解するなら、またそれらは止めることができず、イスラム過激派によって侵略できず、子供を食べることを求めるサタン主義者によって侵略できないのだと理解するならば、ということなのです。侵略されることはありません。

そういう理由から、彼らはこの小さなグループを非常に恐れるのです。嘘ではありません。ディープステートの機関がたくさん私たちのことに注目しています。100パーセント分かっていることです。疑問の余地はありません。

世界で22億の人がこの話を聞きました。鉄のつえのことを聞きました。新しい語彙を耳にしました。それがペンシルベニア州のニューファンドランドから解き放たれたのです。

私たちが話しているのは市民に力を与えることです。人権のことです。善良な人たちが自己防衛することができるようになることです。またその文化、文明、家族、子供、孫のことです。

我々は売られたり、人身売買されたりしません。気違いのトップの人々に支配されることはないのです。その人たちはいつも支配しようとするプレデターであり、よだれを流した狼です。夕食に何が出るか投票している2匹の狼。

そういう理由でキリストの王国は民主主義にはなりません。それは社会主義者によって乗っ取られてしまう可能性があります。若者を洗脳し社会主義者や共産主義者に投票するようにさせるのです。神様の王国は民主主義ではありません。衆愚政治にはならないのです。神様の王国には神様の法律があり、社会主義や共産主義、左翼主義、つまり政治的なサタン主義が支配することはできません。

しかし、だからこそ私たちは、ウェイコーのことを忘れてはいけないのです。彼らが何を信じていたのか正直に言って私には分かりません。しかし問題はそこではありません。問題は、彼らには合衆国憲法第1条の権利(表現や宗教の自由)と、合衆国憲法修正第2条の権利(武装の権利)があったということです。それなのに虐殺されました。

それは左翼の下でこの政府が軍国化されていたからです。それがいかに危険なことであるか見てください。それは全ての人にとって直接の脅威です。クリスチャンが何もしないで突っ立って、「あれはそういう仕事に過ぎない」「いずれにしても地獄に行く」など言っていれば、次は自分の番になるのです!馬鹿者!

あのような小さなことにあれだけのことをするというなら・・・。あなたをカルトと呼ぶのです。オバマ政権下でやったのはそういうことです。福音派のクリスチャンを国内テロリストと呼んだのです。誰にでも行えるならあなたにも行えるということです。

共に立ち上がるか、それとも離れて吊るされるか。カルトと呼びたければ呼べば良いです。しかし、ウェイコーのようなことが誰にでも起こって欲しいと思うのであれば、あなたは悪魔です。サタン的な悪魔です。神様と信仰者たちを支持していないのです。

リベラルは本当に馬鹿なので、あのようなことで逃げ切れると思っているのです。政府はいつでも自分たちにも向かってくるということが分かっていません。本当に愚かです。歴史を全く知りません。歴史を読んでください。必ずあなたたちにも向かってきます。

天聖経348に行きましょう。

親子の関係は、何についていうものですか。これは血筋が連結されたものです。父という言葉の中には愛が介在しており、血筋が介在しているのです。直系の子女になるためには、愛によって一体とならなければなりません。血筋によって連結されなければなりません。 血は、生命を構成するものです。父母の伝統を受け継いだ生命をもつのです。何によってですか。愛によってです。

最後には1つの善なる人々、善なる市民が王と王妃となり、神様を愛し隣人を愛します。平和が地上に訪れる時、悪魔と狼は追い払われ、悪は人類に対する犯罪に対して罰を受け、悪のエリートは裁きを受け、心の貧しかった神の人々は今や神様の王国を受け継ぎ、キリストと共に権威と善と力、そして正義を持って立ち上がることができる時です。いつまでも永遠に。アーメン。アージュ。
 
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村