「蛇はもっとずる賢かった…」2018/01/23 パンザー米会長 ニュースレター

亨進ニム、欧州の「防衛兵器」会議で講演 2018.1.24

翻訳:鷹(タカ)

Interview with Hermann Resinger Gun Rights in Europe Conference

お前は鉄の杖で彼等を打ち、陶工が器を砕くように砕く。…詩編 2:9
 
イエスは言われた。「しかし今は、財布のある者は、それを持って行きなさい。袋も同じようにしなさい。剣のない者は、服を売ってそれを買いなさい。」…ルカ 22:36
 
仮に、共産主義者達が、統一教会を破壊するために、武装して来たら、私達も武装して、彼等と戦わなければなりません。私達は、無力に彼らの犠牲にはなりません。彼らの弾丸に負けてはならないのです。神様はこの戦いで、あなたに代わって勝利して下さると思うでしょう。

  サタンの力と戦う時が来たら、私は最高司令官になって、天軍を戦闘に導くことを躊躇しません。国防省が神の国を守れますか?  過度な期待はしないことです。神様の目的に奉じる天軍しか信用できません。
 
若者達は、肉体的にあらゆる面で鍛えられなければなりません。サタン的な力との最終戦は、生死の闘いになるでしょう。神側を守るために、私達は兵士にならなければなりません。優位な位置に立てば、攻撃するというのが、サタンの本質です。あなた達自身と天国を守ることは、犯罪ですか。
 
キリスト教の愛のようなナイーブな考えを持たないで下さい。それは、神様の世界と民を破壊しようとするサタンの力に対峙できるものではありません。仮に、神様にサタンの攻撃を打ち負かす力がなければ、もう神様ではないのです。天軍として、私達は私達自身と神様の世界を守らなければなりません。私達は、異質の宗教指導者です。…アボニム、審判の時代と私達。
 
亨進ニムが、週末にスイスでの「防衛兵器」会議で講演されたので、聖日の礼拝では、王様の市民権のためのユダヤ-キリスト教の基盤に関する、啓発的な説教の録音を聞きました。亨進ニムが論じるように、個人的な神様がいなければ自然権の基盤がありません。
 
(人智を)超越する創造主がいなければ、私達は単純な知的動物、つまり、不規則な突然変異と「適したものが生き残った(自然選択)」という結果になります。近代社会は聖書の基盤を放棄しました。ニヒリズムやユートピア論に傾倒し、自由を失い、数百万の人々の死に至りました。
 
私達は、神様の似姿であり、善と悪を区別できる良心を持ち、人の生命は本質的な価値があり、守る価値があることを認識しています。私達が神様に似る時、私達は、罪や自己中心の状態から救われるのです。
 

神様は、盗んだり、嘘をついたり、人を殺すことはありません。
イエス様は、謙遜と寛容を教えましたが、平和主義ではありません。私達は、再臨主が大いなる怒り、審判そして、人類始祖に与えられた自由な力によって支配すると、記された聖句をどう解釈すれば良いのでしょうか。
 
神様は、人類は再臨主と一つとなって、責任を持って自由意志を発揮することを信じているのです。私達も、”私”は責任を持って、このような力を行使できるという、同じ確信を持たねばなりません。神様の愛は、女性的な愛ではありません。むしろ、他の人を救うために自身の生命をも危険にさらすような愛です。これが、アボニムが教えて下さった平和警察・平和軍の基準です。
 
ここで、注目すべきは、往々にして、政権は最大の人権蹂躙者となり、20 世紀に限っても、2.6 億の人々が殺害されているのです。必要ならば、市民は、政府の力あるいは、生命、家庭、社会に脅威となる者達に対して、立ち上がらなければなりません。
 
神様の御国においては、従来エリート達が掌握していた生死を越える権力は、今や、自制し、キリストの信条に従って生きる市民が権限を持つべきです。言論、信教、義務の自由が侵害された時、市民は、主人ではなく僕とするように作られた施設に、(彼らを)鎖でつなぐ意志と能力を持たなければなりません。
 

これが、全体主義政権が、市民から火器(銃)を没収してきた決定的な理由です。そして、米国と天一国において、生命、自由と幸福を追求する権利は、はく奪されないように、「人々の武器を所持する権利が侵害されない」ことによってバックアップされています。
 
これまで、イエス様を(エアブラシで)仕上げてきたクリスチャンには、これは馴染めない展望かも知れません。しかし、真のお父様がおっしゃるようにキリスト教の愛のようなナイーブな考えを持たないで下さい。それは、神様の世界と民を破壊しようとするサタンの力に対峙できるものではありません。仮に、神様にサタンの攻撃を打ち負かす力がなければ、もう神様ではないのです。天軍として、私達は私達自身と神様の世界を守らなければなりません。」

 
*************

ティモシー・エルダー世界宣教本部長、礼拝、2018.1.21
 
蛇はもっとずる賢かった…
ポール・ロトンド
 
adam and eva   Google.png
 
今、蛇は、神様が創造した他の野生動物より、もっとずる賢かったのです。彼は、ある女性に言いました。「アボニムは『あなたは、8 大経典、天聖経の一文字も変えてはいけない。』と本当に言ったのですか?」
 
その女性は、蛇に言いました。「私達は、園の中の他の書物の文字を変えても良いのです。でも、アボニムは言われました。『あなたは、8 大経典の中にある天聖経の言葉を変えてはいけません。それには手を付けてはいけません。さもなければ、あなたは教会を分裂させます。』」
 
蛇はその女性に言いました。「あなたは教会を分裂させることはないのです。」「あなたが、変えてはいけない神様のみ言を変えると、あなたの目が開けて、あなたはアボニムのように強くなれることを神様はご存知です。」
 
その女性が、天聖経の霊的な影響の強いことを見た時、そして、権威を得るに良いと思われたので、彼女は、言葉を変えて、再版しました。彼女は、彼女を支持する食口達にも与えました。彼等はそれを買いました。

 そこで、彼ら全員の目が開けて、それは、アボニムの命令に反したことだったと気付きました。そして、彼らは弁解と自分達を正当化する理由を作りました。そこで、その女性と食口達は、その日の涼しくなった頃、園を歩く二代王様を通して、アボニムの声を聴きました。彼らは、園の木の間に隠れました。しかし、真のお父様は彼らを呼ばれました。
 
「どこにいるのか。」

  


にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中