トランプ大統領-全人類に対する神の愛の贈り物から始まった

12月1日のアメリカのクリスマスツリー点灯式

「クリスマスの季節にアメリカを代表するクリスマスツリー(the National Christmas Tree.)に点灯する真の動機は、イエス・キリストにある」トランプ大統領は宣言した。

「合衆国大統領として、アメリカと世界にたいして最大のメリークリスマスを最終的に祝えることは私にとって最高の名誉だ」
「アメリカの国民は建国当初から、クリスマスが祈りと礼拝、感謝と善意、平和と新生の時期であることを知っていた。」
「キリスト教徒にとって、(クリスマスは)聖なる季節であり、私たちの主、救い主イエス・キリストの聖誕を祝うことである。」

「クリスマスの話は、2000年前、ある、父と母と幼子と、とてつもない贈り物-すなわち全人類に対する神の愛の贈り物、から始まった。」

「どんな信仰をしていようと、イエス・キリストの誕生とキリストの信じられない生涯の物語は人類歴史の進路を永遠に変えた。今日、キリストの生涯の影響を受けないものを見ることができないほどで、それは芸術、音楽、文化、法律、世界中のあらゆる人の聖なる尊厳に対する敬意、すべてに浸透している」

「毎年、年を経るごとに、クリスマスの真の精神は、私たちが何を所有しているかに関わるのではなく、私たちが何者かということに関わるものなのだ。私たちそれぞれが神の子であるということ。それが毎年この時期における喜びの真の源泉であるということなのだ。」

「今日の素晴らしい式典の間、このことこそ私たちは記憶していなければならない。互いに助け合い、互いに愛し合い、心と世界に平和を求めるということ、それがこの時期の喜びの真の源なのだ。」

HELLO CHRISTIANより

翻訳:管理人

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中