獣が海から上って来る―10月15日礼拝説教「七年患難の後半」(その1)

サンクチュアリチャーチサンデェーサービス、10月15日。 洋介のブログ

10月15日説教 七年患難の後半 Post Mid-Trib

翻訳: BAMBOOS

今日は患難時代中期の後のことについて学びましょう。黙示録12章については取り上げました。私たちが今経験していることです。9・23の星の印は人類の歴史で初めてのことです。実際に天に印が出たのです。女が太陽を着て足元に月、十二の星の冠、そして星座が同時に。歴史上なかったことです。2千年前の預言者ヨハネが書いたときそれはまだ起きていませんでした。未来を予見する準備がありました。私たちは今それを経験しています。2017年9月23日にそれが起きました。

キリストの肢体である人々(訳注:クリスチャン)はみな、「携挙の日だ」「携挙されるのだ」「イエス様が再臨する」と言いますがまだそこにいます。その日に何が起きたか分かっていません。

それは天宙的な転換の日だったのです。天地(人)真の父母様の完成レベルの祝福があったことを私たちは知っています。とてつもない天宙的な転換が大気の中で起きています。黙示録12章を取り上げてきました。章の最後のところを思い出して欲しいのですが、その女性が産んだ子供が鉄の杖を持って国を支配するとありました。そして蛇が来て女を滅ぼそうとしたことを思い出してください。そして地上に洪水が起こり、水浸しになったというのです。興味深いことに特にアメリカで前代未聞の自然災害が起きています。次から次にハリケーンに襲われました。

トランプ大統領はマクロ世界のレベルでこの国を主権国家へと戻すためにできる限りのことをやっています。そして中でも、ランド・ポールが背後で支援しているに違いありませんが、オバマケアの廃止を始めるために大統領令を出したのはすばらしいことです。ライノー(名ばかりの共和党員)がずっと(オバマケア廃止を)阻止しようとしているからです。大統領は約束を守り続けています。

マクロ世界の神の主権も本当の力を得つつあります。活動し始めているのです。ジョージ・ソロスのような巨大な金融資本家に買収されてしまった人たちに歩み寄ることができるのだということが分かってきています。すでに反対勢力のために働いています。彼らを妥協させることができます。彼らに打ち勝たなければならず、トランプ大統領はそのために前進しています。途方もないことが起きています。

今日は13章、そして14章まで行きます。とてもたくさんの内容を取り上げることになります。急いで13章に行きましょう。実際、しばらく前にも13章をやっています。13章を読んでいくつかコメントしてから14章に移りましょう。

(ヨハネの黙示録 13章)
「1:わたしはまた、一匹の獣が海から上って来るのを見た。それには角が十本、頭が七つあり、それらの角には十の冠があって、頭には神を汚す名がついていた。2:わたしの見たこの獣はひょうに似ており、その足はくまの足のようで、その口はししの口のようであった。龍は自分の力と位と大いなる権威とを、この獣に与えた。3:その頭の一つが、死ぬほどの傷を受けたが、その致命的な傷もなおってしまった。そこで、全地の人々は驚きおそれて、その獣に従い、4:また、龍がその権威を獣に与えたので、人々は龍を拝み、さらに、その獣を拝んで言った、「だれが、この獣に匹敵し得ようか。だれが、これと戦うことができようか」。5:この獣には、また、大言を吐き汚しごとを語る口が与えられ、四十二か月のあいだ活動する権威が与えられた。6:そこで、彼は口を開いて神を汚し、神の御名と、その幕屋、すなわち、天に住む者たちとを汚した。7:そして彼は、聖徒に戦いをいどんでこれに勝つことを許され、さらに、すべての部族、民族、国語、国民を支配する権威を与えられた。」

大きな力について言っています。国々に対する力を持つ巨大な獣。部族、国と言語、多くの文化と国です。巨大な獣です。甚大な力を持っています。

「8:地に住む者で、ほふられた小羊のいのちの書に、その名を世の初めからしるされていない者はみな、この獣を拝むであろう。9:耳のある者は、聞くがよい。10:とりこになるべき者は、とりこになっていく。つるぎで殺す者は、自らもつるぎで殺されねばならない。ここに、聖徒たちの忍耐と信仰とがある。11:わたしはまた、ほかの獣が地から上って来るのを見た。それには小羊のような角が二つあって、龍のように物を言った。12:そして、先の獣の持つすべての権力をその前で働かせた。また、地と地に住む人々に、致命的な傷がいやされた先の獣を拝ませた。13:また、大いなるしるしを行って、人々の前で火を天から地に降らせることさえした。14:さらに、先の獣の前で行うのを許されたしるしで、地に住む人々を惑わし、かつ、つるぎの傷を受けてもなお生きている先の獣の像を造ることを、地に住む人々に命じた。15:それから、その獣の像に息を吹き込んで、その獣の像が物を言うことさえできるようにし、また、その獣の像を拝まない者をみな殺させた。16:また、小さき者にも、大いなる者にも、富める者にも、貧しき者にも、自由人にも、奴隷にも、すべての人々に、その右の手あるいは額に刻印を押させ、17:この刻印のない者はみな、物を買うことも売ることもできないようにした。この刻印は、その獣の名、または、その名の数字のことである。18:ここに、知恵が必要である。思慮のある者は、獣の数字を解くがよい。その数字とは、人間をさすものである。そして、その数字は六百六十六である。」

興味深いことにはその数字は600と、スリースコア(訳注:英語で60を表す語。引用された聖句の英語の原文では666を”Six hundred threescore and six”と記している)、と6です。スリースコアとは3つのスコアということで、スコアは20を表しますが、これについてはまたあとで説明します。

以前話しましたが、患難時代中期の後、多くの苦難があります。「獣が海から上って来る」とあり、あらゆる混乱が起きるということです。その海とは現在の東シナ海のことです。一年ほど前にも話しました。韓国が多くの苦難を受けることになると話していたのです。それは3年以上前から言ってきたことです。しかし昨年、黙示録13章について話したと思います。頭とヒョウについて。このような動物を意味する可能性がある国のことについて。覚えていますか。ヒョウはイランかもしれないと。大統領の今週の演説でもイランについて語ったのです。残念ながらサウジアラビアについては話しませんでした。イランのことだけ追求していました。もちろんイランも悪い独裁的な国ですが、サウジアラビアはもっと悪いのです。テロを支援しています。サウジアラビアを非難すべきでしたが、順番を調整しているのかもしれません。一度にすべて非難することはできませんので。

攻撃する順番を調整し、もっと優位な立場を得ようとし、オバマケアを廃止して、中産階級がもう一度選択できるようにし、州を越えてヘルスケアを買うことができるようにしています。本当にとてつもない変化です。ヘルスケアに携わる人の制限を解けば医者が再びお金を稼げるようになります。愚かなオバマケアシステムに依存せずに。医者はより良いサービスを提供できなかったので貧しくなっていました。オバマケアに従えばこういう薬を服用するようにと指示を受けることになり、あなたが死んでも彼らには責任がありません。ばかげたことです。トランプはそれを廃止しようとしています。

ヒョウについては中東のおそらくイランだろうという話をしていました。それが体です。そして今、ロシアと共謀しています。それは熊のことです。ロシアの国の紋章でもあります。興味深いことに足が熊だというのです。そして獅子の口です。北朝鮮のことだと示しました。朝鮮の人は自分たちの国、半島を虎だとみなしています。朝鮮半島が虎のような形を示している絵を見せたと思います。虎の頭が北(朝鮮)です。実際は半島の北東の部分ですが、そちらに虎の頭があります。朝鮮にライオン(獅子)はいませんので虎がライオンに当たります。

9・23後、一年のうちにここが最先端となる可能性があると分かっています。ここには大きな力が備わっていて、竜が背後から力を与えています。竜とは中国であり、中国は自分たちのことを竜だと言っています。一年前に話したことですが覚えているでしょうか。このような主要な国がこの獣の問題に関わっています。本物の怪物が海からやってくると考えているクリスチャンは一人もいません。そのように考えている人は一人もいません。トップレベルの解釈者から学術界、普通の人に至るまで、本物の獣がやって来ると考えている人はいないのです。それはある種の連合であって、地上に破壊をもたらす体を治めている連合体のようなものです。

十の角、七つの頭、十の冠。エリート階級の権力構造です。アレックス・ジョーンズはグローバリズムと呼んでいます。我々が政治的悪魔崇拝と呼んでいるものです。それは世界的な機構であって今週の自由社会の勉強会でも國進様が講義していました。それは、ファシズムも共産主義も同じものであるということです。その違いは、ファシズムは国家的共産主義であり、共産主義は世界的なものだということです。共産主義者は世界的な統治機構を持とうとします。ファシストの場合、例えばムッソリーニなら「イタリア人の国だ」と言いながら、実は基本的に同じ中央集権の天使長的な支配であり、国民は奴隷になるのです。一つは国家的なものでもう一つは世界的なものです。

それでこのような問題、様々な獣の問題があります。それで何に対して戦争を起こすのでしょうか。主権に対して戦いを挑みますが、どのような主権の文化でしょうか。主権のために戦う真の文明とは何でしょうか。それはキリスト教文明です。アベル型の主権であり、道徳、キリスト教の道徳、イエス・キリストの道徳、隣人を愛し他のために仕え奉仕し助けるような道徳に基づく主権です。また迫害する敵のために祈る道徳でもあります。子供を守る道徳です。石臼を首にかけて海に放り込んだほうが良いというのです。子供を守り、未亡人、弱者を守る道徳。これはみなキリスト教の道徳です。もちろんこのようなものの上に良い文明が作られます。

残念ながらカトリック教会はその反対になってしまいました。ある程度はそのようなものを用いてはいますが、女神信仰を取り入れ中央銀行や中央集権国家を完成させています。そしてそのようなものは神の王国ではないのにそうだと主張するのです。20世紀を見てもあらゆるファシスト、独裁政権の仲間になっていました。カトリック教会はヒットラーを支持していました。自分たちと同じような組織と協調していました。そしてグローバリストの支配を促進しています。貧しい人に炭素税を掛けてすべての人に世界的な税金を掛けることができるようにしています。カトリック教会がそれを支持するとは狂っています。偽りの教皇がそのようなことをやっています。福音派のキリスト教文化は、主権の本質を理解する文化であり、神様との関係を理解する文化なのです。

数のことを話しましょう。非常に興味深いことです。獣の像というものがあります。
「小さき者にも、大いなる者にも、富める者にも、貧しき者にも、自由人にも、奴隷にも、すべての人々に、その右の手あるいは額に刻印を押させ」
これについては多くの異なる解釈があります。すべてを取り上げるつもりはありません。マイクロチップだという人もいれば、額の印ということで思想だという人もいます。それは外的なものではなく思想を取り入れることだというのです。額ということは頭脳に入れるということです。その思想とはグローバリズム、世界共産主義、世界政府、世界レベルの支配です。それはすなわち政治的な悪魔崇拝です。63206という数字という数字になるというのは興味深いことではないでしょうか。まるで冗談のような話です。グーグルでその数字を検索してみました。

「フェイスブックは文字の制限を63,206文字に増やす」という記事です。一体これが信じられるでしょうか。もちろんこのフェイスブックは共産主義者、中国と協調しています。ザッカーバーグは中国政府と協調して、西洋世界でも中国と同じような検閲を導入したいと考えています。文字通りインターネット上のゲットーに入れるということです。そして見てはいけないもの、言ってはいけないことなどあれこれ禁止して、国に反発することや中央権力に逆らうことは見ることも言うこともできなくするのです。もちろん保守的な価値観、銃の権利などを支持する人に対するネット上の検閲があることは分かっています。そしてこの馬鹿者たちはアルゴリズムの中に63206という数字を入れているのです。

(以下、記事の読み上げ)「古いノートパソコンでもう少し格闘してみた。フェイスブックの文字制限は現在63,206文字であることが分かった。それ以上入力すると『近況アップデートが長すぎます』というエラーメッセージが表示される。次のように書いてある。『近況アップデートは63,206文字以内でなければなりません。あなたはX文字入力しました』・・・
・・・ではこの63206という数はどこから来たのだろうか?フェイスブックのエンジニア、ボブ・ボールドウィンはこう説明している。『正確な制限値をオタクっぽいものに設定した。Face Boo K … hex(FACE) – K … 64206 – 1000 = 63206』」
どんな偶然でそのような数字になるというのでしょうか。ばかげています。まったく奇妙です。

おそらくここが世界で最大の独占企業の一つではないでしょうか。CIAとも情報収集で共謀していることが分かっています。黒い馬(の騎士)のために働いています。プロジェクト・ベリタスのチームがユーチューブやニューヨーク・タイムズの偏向を暴露していますが、おそらくフェイスブックもターゲットになっているでしょう。その数字が63206だと分かったのは非常に興味深いことです。彼らは左翼とリベラリズム、そして世界共産主義の思想を推進しています。

今週、ユーチューブのことがジェームズ・オキーフの率いるプロジェクト・ベリタスに暴露されました。フェイスブック、ユーチューブ、グーグルはもちろん共謀しています。ユーチューブには保守的な考えをブロックするアルゴリズムが設定されています。その隠しカメラで撮影されたインタビューの中で、トレンド動画は(閲覧の)数と関係なく彼らが選んだものだということを認めたのです。ユーチューブの最初のページに表示されるトレンド動画はまったくのでっち上げということです。見てもらいたい動画を選んでいるということです。それは自分で選択していると思い込ませるためです。そしてもちろん、保守的な動画は数を減らして遮断するというのです。5000万ビューになったら遮断してもう一度初めからやらせるのです。それで次は30万ビューになるということです。30万でも多いですが5000万ではないということになります。

シリコンバレーの技術系大企業は、ハリウッドや小児性愛ネットワーク、リベラルの左翼の文化と共謀しています。ハーヴェイ・ワインスタインをはじめハリウッドの小児性愛ネットワークといったあらゆる悪が明るみに出ています。その頂点は悪魔崇拝者なのです。フェイスブックがそのような数字を入れたのは全くの冗談だと考えているのです。「獣の数字を入れてしまおう」と。ランダムにそのような数が得られるはずはありません。

潜入ジャーナリストが彼らのやっていることを完全に暴露しました。エスタブリッシュメントに、ビルダーバーグの支配者に魂を売ってしまっています。このザッカーバーグが大統領選挙に出ることを考えているのですから哀れな話です。この惨めなCIAの、けばけばしく飾り立てた、偏狭なシロアリ。まったくの負け犬です。

数日前、ジェームズ・オキーフとスティーブン・クラウダ―が言っていました。フェイスブックは独占していると。ユーチューブのような人々が投稿するようなところの組織も独占していると。個人のジャーナリストは自分たちの作ったものをFOXニュースに投稿できないのです。CNNにも投稿できません。ユーチューブやフェイスブックに投稿するしかないのです。それしか彼らの情報のプラットフォームはありません。そしてそれを支配しているのはエリートのごく少数のグループなのです。

ニューヨーク・タイムズは全くそれを捨て去っています。類人猿かグレムリンのように「自分がブロックしているが、誰にも言わないでくれ」というようなことを言っているのがカメラに収められているのです。全くばかげたことです。

それが63206と入力して分かったことです。その世界最大のソーシャルネットワーキング企業はアメリカのCIAの殺し屋グループと公然と共謀しています。そして公然と中国と共謀しているのです。地球上で最大の大量殺人者の一つです。16億のアジアの貧しい人々を牢獄のような圧政の下に置いています。

9・23の後にもその9日後・・・9は3の2乗であるわけですが・・・9日後にそれは32(訳注:「さんじゅうに」ではなく、「さん・に」)という数字が出てきます。銃撃犯が撃ったのは32階でした。犯人は23丁の銃を持っていて223(0.223インチ)の弾丸を撃ちました。そして犯人の住所が320です。まったくあきれた話です。

それから実在の組織が特にその数字を使っていて、それが322なのです。先週見せたでしょうか。私のフェイスブックに投稿したと思います。それがスカル&ボーンズというグループです。ロゴにその数字が書かれています。だれかiPhoneで検索してウィキペディアにある絵を見せてください。スカル&ボーンズの322という数字は、ウィキペディアでも公表されているようなことなのです。イエール大学のエリートの、学生秘密結社だということは誰もが知っています。(iPhoneを見せながら)これが公式のロゴです。322とあります。この人たちはふざけているのではなく、数秘学を知っています。数にそれぞれ意味と力があるということを知っています。このロゴを見てください。100年以上前からあるものです。1832年ですから約185年前です。悪魔主義者は様々な数秘術を使っているということが分かります。

ローデスが、月曜日のキングズレポートにザッカリー・キングが出演するように調整してくれました。26年間、悪魔教会の悪魔崇拝者幹部だった人です。プランド・ペアレントフッドがどういうところか暴露しました。それは悪魔崇拝者と魔女が、悪魔の儀式を行うために胎児を手に入れるために集まる場所だということです。自分の悪魔教会でそれを行っていたので暴露したのです。月曜日の番組でゲストとして出演しますので是非見てください。数秘術、象徴学、などについて質問したいと思います。今はカトリック教徒になっているそうです。もう一歩のところですね。明日のインタビューに期待できると思います。

今、明らかになりつつあります。悪魔崇拝者は数秘術に本当に熱心だということです。数に込められた神秘的な力を信じています。彼らはこういった数字を占星術的なサイン、宇宙の惑星の動きやパターンと組み合わせなければなりません。そうして力を最大に高めて儀式を行います。それは私やみなさんが信じるということではなく、彼らが信じていることです。それを本当だと信じているのは彼らなのです。だからそのような数字に熱狂しているのです。

322、32といった数字。ラスベガスの銃撃犯についてはこのように32、23といったものが分かってきましたが、更に音響学の専門家は、犯人は一人ではなく二人だと示しています。FBIの話は破綻してきています。音響分析の専門知識を持ち、法執行機関で銃の訓練を受けたことのある市民が「これは間違っている」「FBIは隠蔽している」と言い出したのです。

ディープ・ステートは最大のソーシャルメディア媒体のいくつかと共謀しています。フェイスブックもその一つであり、そこが63206という数字を使っているということは興味深いことではないでしょうか。彼らはすべてを支配していて、特定の考え方をしているとペナルティーを与えることができるのです。彼らは「あなたはフェイスブックでビジネスをしてはいけません」「あなたの収益を凍結します」と言うことができます。そのような高圧的なやり方がもう暴露されています。戦いは始まっています。

つづく

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中