統一教会の母-「王国の戦争」8月20日(その2)英語説教

Kingdom Wars August 20 2017 Rev. Hyung Jin Moon Unification Sanctuary Newfoundland PA on Vimeo (1)

KINGDOM WARS 王国の戦争 2017/08/20

翻訳:BAMBOOS

姜先生がこちらに来られたとき、初めて公の場で証しをされました。私たちはお父様が下さった肩書きで、姜先生を紹介しました。それは統一教会の母という肩書きです。

これがなぜ重要であるかと言えば、マタイによる福音書12章でイエス様が話しているからです。それはイエス様の母親と兄弟がイエス様に会おうとしたときのことです。イエス様が何と言われたでしょうか。
「わたしの母とはだれか。わたしの兄弟とはだれか」
それで何と言われたでしょうか。
「だれでも、わたしの天の父の御心を行う人が、わたしの兄弟、姉妹、また母である」

それが重要な点です。すべての目的は父に向けたものです。

真のお父様は姜先生に「統一教会の母」という肩書を授けたのです。また真のお父様は、日本に派遣した3人の女性指導者の中で、姜先生に信仰の代表者としての立場を授けました。その女性たちは教会で最も先輩の方たちです。韓お母様がお父様と聖婚されるずっと前からおられる方たちです。その3人の中で姜先生を信仰の代表者とされました。お父様は姜先生が受けた信仰の教育を信頼していました。

姜先生は謙虚な方であり、傲慢な人ではありません。自分の立場を鼻にかけることもありません。とても謙虚な方なのです。

黙示録における重要人物がその女性です。王妃は明らかに若い人たちにとってのお母さんのような存在です。しかし、もっと年上の人たちにとって、もちろん王妃は二代王の王妃ではありますが、一世全体にとっての母の立場ではありません。草創期から土の小屋でお父様と共に生活したような母の立場ではないのです。

すべてを捨てて来られました。養子にした息子からも縁を切られたのです。そのようなことに関係なく、真のお父様のために立ち上がらなければならないというのです。そしてここに来られました。荒野に来られたのです。

このことを祈ってみたのです。「お父様、どうか徴(しるし)を与えてください」と慌てて祈りました。「姜先生の誕生日はいつでしょうか?」「どの月に生まれたのか知りたい」と。そうすればどの星座の生まれか分かります。そしてそれは、陽暦10月1日、陰暦8月20日でした。それは天秤座であり、正義のはかりのようなものです。義の女性です。

それで、アジアの占星術ではヘレニズムの時代に使われていた回帰線より25日遅れています。すると、姜先生は天秤座と乙女座の星座の月の狭間にあることになります。ちょうどその中間にあります。

私たちはもちろん、姜先生が非常に重要な摂理的役割を果たされていることを知っています。誕生日も乙女座と天秤座に非常に近いことになります。

また、姜先生の名前の意味は何かといえば、姜氏族の姜は、羊の下に女という漢字です。興味深いと思いませんか。子羊の女、または羊飼いの女です。私も知りませんでしたが、最近気づいたことです。子羊に服従する女。子羊とはキリスト、キリストの血統を象徴します。

ですから姜先生は重要な役目を担っています。9カ月前にパレスに入りました。9カ月間毎日、子供を守り、王を守ってきたのです。三代王を守っていました。王の王について証ししてきました。実体的に妊娠しているということではもちろんありませんが、霊的には母としての務めを果たしてこられたのです。子供を守って。

自分を称賛しようとせず、自分を王座に着かせようとせず、万王の王の王権を称賛してきました。

お互いに祈り合うようにお願いしましたが、もう一度そのような気持ちで聖句を読んでみると、私たちは姜先生のために祈らなければならないということです。なぜならもうすぐ戦争が起ころうとしているからです。内戦であるとか、実体的なことだけを言っているのではありません。非常に大きな霊的戦争が起ころうとしています。本当にすぐに起ころうとしています。

聖句を一緒に読んで、主要な標的がどこなのかを分かって欲しいと思います。そのような気持ちでもう一度読みましょう。

「また、大いなるしるしが天に現れた。ひとりの女が太陽を着て、足の下に月を踏み、」

その女性は文字通り太陽と月を身にまといます。話すことはすべてサン&ムーン、つまりサンミョン・ムーンです。姜先生と話すと、いつもお父様のことばかりです。人の前に立てば、いつも証しをされます。

「この女は子を宿しており、」
9カ月の状態です。姜先生は私たちと一緒に9カ月前にパレスに入りました。

「見よ、大きな、赤い龍がいた。それに七つの頭と十の角とがあり、」
家庭詐欺連合の作ったばかげた最高会議が何人か知りませんが、7とか10といった数であっても驚きません。

「その尾は天の星の三分の一を掃き寄せ、それらを地に投げ落した」
「女は男の子を産んだが、彼は鉄のつえをもってすべての国民を治めるべき者である」
私たちが若者に平和警察、平和軍の訓練をしている写真を見たことがあるでしょうか。泥だらけで叫びながらやっていました。いつか見てみてください。私はAR-15を持っていました。タクティカルベストを着て。ARを見てみれば、それは鋼鉄でできています。

天一国の市民は、キリストとつながりを持っています。その国には鉄のつえがあります。共産主義者、社会主義者、悪魔の勢力が暴力に訴えようとする場合に、それに直接対処するためのものです。私がどれほど非難を受けたか知っていますか。二代王が恐ろしいAR-15と50口径ベオウルフを持っていると言って。皆さんもたくさん非難を受けたのですね。

それは主権の印です。天一国は主権国家です。神様の祭壇の前で生命、財産、および神聖な名誉にかけて誓ったものです。内外の敵を倒し滅ぼすことを求めて。中央の軍や警察はありません。しかし、天一国のすべての市民は王権の権利を持っています。すべての権利を持っていたのは、サタンの歴史では過去の王たちでした。天一国市民はそのすべての権利、義務を持ちます。私有財産の権利、領土、主権、武装して防衛する権利。武器に対する権利。中央の機関や権力に集中したものではありません。

アメリカで起きてきたことを見ても、今は社会主義者になってしまいました。鉄のつえ。預言者ヨハネが見たものはとても興味深いです。キリストとその共同相続者は鉄のつえを持って治めます。2000年前に見たことですがとても興味深いことです。それが、グローバリズムと主権と呼ばれるものの間で行われる本当に重要な戦いです。

誰が銃を持つようになり、軍隊を支配するようになるでしょうか。中央集権の天使長の官僚制が、堕落人間の歴史のすべてです。

「女は荒野へ逃げて行った」
姜先生が証ししていました。姜先生を止めようと警察を呼び、李会長が誘拐したと言っていたのです。空港に行くために文字通り逃げ出さなければなりませんでした。携帯電話で追跡されるといけないので電話を置いて行くようにしたのです。それで南の方に行ってから空港へと向かったのです。二代王に会うために。

姜先生は初期の弟子の一人というだけでなく、お父様が愛された弟子の一人なのです。女性の指導者の中では間違いなくトップです。組織とか団体とかそういうことではなく、信仰において信頼を受けていました。信仰の教育です。私たちがキリストに対して持つべき愛です。キリストを中心として、何よりも優先するという生活です。そのような使命を任されていたのです。それでお父様は「教会の母」と呼ばれたのです。

「女は荒野へ逃げて行った。そこには、彼女が千二百六十日のあいだ養われるように、神の用意された場所があった」
姜先生は自分がどこに連れて行かれるのか知りませんでした。ここに来たこともありませんし、私にも3、4年会っていませんでした。ベネズエラかどこかに行くのかというぐらいにしか分かっていませんでした。どういう状況なのかも知りません。100パーセント信仰によって来たのです。

もちろん、90歳ですからユーチューブも見ませんので、誰かがビデオで見せてあげたりしていたでしょう。それでずっと姜先生を手伝ってビデオを見せてあげると衝撃を受けられたのでした。そして二代王が正しい、韓お母様のやっていることは間違っていると分かったのです。そのようにしてやってきました。神様が準備した場所があったのです。「神の用意された場所」です。

李会長も他の誰も、入宮式がいつ行われるか知りませんでした。姜先生に伝えたのは数週間前のことでした。姜先生がどこに住むかも分かりませんでした。ティム・エルダーの家か、ローデスの家か、ジャマールの家か。そして私たちのところに住んでくださいと伝えたのでした。ですから、用意された場所があったということです。

そして天で戦争が起こるというサインが現れます(「さて、天では戦いが起った」)。霊的な戦争が既に起こっているのです。なぜならそれは一番最初から起きていて、女が荒野に逃げるときでさえ既に始まっていて子供を守っていたのです。

「ミカエルとその御使たちとが、龍と戦ったのである。龍もその使たちも応戦したが、勝てなかった。そして、もはや天には彼らのおる所がなくなった。この巨大な龍、すなわち、悪魔とか、サタンとか呼ばれ、全世界を惑わす年を経たへびは、地に投げ落され、」

ですから霊的な戦いは起ころうとしています。大塚のような家庭詐欺連合の人たちは、姜先生が韓お母様に毒を盛ろうとしていたと言っています。でたらめなことを言って騙そうとしているのです。本当にばかげた中傷です。そんな証拠がどこにあるのでしょうか。単にでっち上げようとしているだけです。なぜなら家庭詐欺連合は正当性を失っており、不当だからです。簒奪者であり、お金と地位を奪った者たちです。売春婦です。残ったほんのわずかな権力にしがみつき、わずかでもお金を盗もうとすることしかできないのです。なぜならすべてが砕け散って行こうとしているからです。そして底をついてしまうのです。永遠に続くと思っていたのですが、そうではありません。サタンに魂を売ってしまいました。

その時わたしは、大きな声が天でこう言うのを聞いた、「今や、われらの神の救と力と国と、神のキリストの権威とは、現れた。われらの兄弟らを訴える者、夜昼われらの神のみまえで彼らを訴える者は、投げ落された。兄弟たちは、小羊の血と彼らのあかしの言葉とによって、彼にうち勝ち、死に至るまでもそのいのちを惜しまなかった」
霊的な戦争という点において途方もない苦難が訪れます。トランプのことだけではなく、北朝鮮やイランのことだけを言っているのではありません。ミクロについて言えば、戦いがまた起きます。大きな戦いです。

「兄弟たちは、小羊の血と彼らのあかしの言葉とによって、彼にうち勝ち」
キリストの権威にある神様を信じる人たちは、この苦難をどのように乗り越えるかと言えば、「小羊の血」によってであるというのです。そして「あかしの言葉」です。王国の到来を証しするのです。
そして、「死に至るまでもそのいのちを惜しまなかった」とあります。

つづく

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村