スーパーエリートは「分断-統治」の戦略を使う-8月13日英語説教「王国のカオス」(その3)

Sanctuary Church Sunday Service 2 08 13 17 YouTube (2)

KINGDOM CHAOS 王国のカオス 2017/08/13

翻訳:管理人

ビルダーバーグ・グルーブやダボス・グルーブのスーパーエリートも批判できません。
ロスチャイルドもソロスも駄目です。彼らこそ人種が違うのです。建設現場で働いて普通に道を歩いているとはまるっきり違います。イスラム国ISISのごとく・・・奴らは争いを先鋭化させて、人種戦争を起そうとしているのです。3年前に予告しました。

ひとたび文明を破壊して人々が良心をなくしたら、神の子としてのアイデンティも神様との関係をも失ってしまうでしょう。超絶したものと関係を失う。そして動物の本能の世界にまで落ちるのです。奴らの計画通り人種間戦争へ。シャロッツビルの現実は、あの地域は分厚い民主党支持層の土地です。市民の80%は民主党に投票するのです。だから超全体主義的な地域だともいうことができるのです。そこに比較的小さい白人民族主義者がデモ行進します。彼らはトマス・ジェファソンの像を撤去するなと叫んでいたのです。ヴァージニア州はそれを撤去しようとしていました。結果的には合衆国憲法に奴隷制を終わらせる一文を入れた人です。ジェファソンはアフリカでのように奴隷を鎖でつないだりしていません。アフリカでは同じ民族の人間を捕獲してアフリカから奴隷貿易で売買していました。アラブに、そして西洋に向けて。

黒人の奴隷保有者が奴隷を売っていました。もちろん奴隷制は悪であり罪です。それ(アメリカの奴隷制度)によって憲法修正条項が付け加えられ、連邦準備制度(FRB)を呼び込み。アメリカの崩壊が始まったのです。

(シャーロッツビルでは)80%の超左翼の連中がいて、そこで狂気の出来事が起こることは皆知っていたのです。1980年代の証拠があります。KKK(キュークラックスクラン)は奴隷解放以前から民主党がそれを工作していました。KKKのトップのグランド・ドラゴンと呼ばれた人物はCIAの工作員でした。それは80年代から90年代にかけて主流メディアでも流れていたニュースです。(KKKは)CIAの活動をしていたのです。政府機関のCIAが。その彼らがリベラルな街にやってきて、そこに完璧に洗脳されたリベラルの若者たちが集まってきます。自分たちは、自由と市民権のためにいいことをしてると思っている。実際は世界最悪の全体主義者のために活動しているのも知らずに。ジョージ・ソロスから日当1万円を受け取って。ソロスは国を破壊しては利益をかっさらっていく男です。100か国ほど経済的内部爆発させています。その廃物で富を蓄えてきたのです。

そこに火薬箱のような人が集まり。火花が一つ上がれば爆発です。ところがバークレーの時のように警察は一切手出ししようとはしません。警官も命を失いました。それは痛ましいことですが、実際彼らは行動しなかったのです。現場の写真も動画も見ましたが、警官は突っ立ったままで見ているだけで何もしようとはしませんでした。まさにバークレー事件の時と同じです。リベラルの町でリベラルな市長。いや、リベラルというよりも全体主義者です。独裁者です。バークレーでもそうでした。自由なスピーチは認めない。デモも暴動につながるから禁止。

国民には言論の自由があり、好きな意見を述べることができます。それはいいが、暴動になっても当局を責めるなというわけです。そしてバークレーで焼き討ちがあったとき、

ほら、だから、だからいわないこっちゃない。悪い子たち。リベラルな市長の言うことを聞くべきだったのだ。

自由な言論はあらかじめ検閲されるべきだった。われわれに逆らうデモは違法とすべきだった。

こんなことになってしまった・・

あなた方のせいで、バークレーは火の海だ。バークレー市長の言うことを素直に聞くべきだったのだ。

シャーロッツビル市長の言うことを聞かないから・・・

BLMが歩き回っていたのです。ジョージソロスに金を握らされた者たちがうろついていました。戦争を起こす気満々の輩です。デモ参加者は決められたコースを歩いていました。そこに左翼の気の狂ったゴロツキのような者たち、忍者のような黒づくめでやって来たのです。写真にも写っています。デモ隊を狙っていました。それを警官が誘導していました。そこをデモ隊が通り抜けたのです。メディアは白人民族主義者だとか白人至上主義者だとか言っていますが、確かにおかしな人間も混じっていましたが、ほとんどはごく普通の保守派の人々で、トマスジェファソンの像の撤去に反対していたのです。メディアは白人至上主義者の運動だといっていました。あの人びとはその仲間ではありません。トマスジェファソンが暮らした街だから像の撤去に反対していたのです。ここで車が反対する人々の中に突っ込んでいきます。石を投げている人もいます。運転手は逆上して突っ込んでいきました。いいですか。もちろん政治的暴力は非難しますが、BLMなどソロスから活動資金をもらっている者たちが攻撃されたときに限って、CNNは24時間、繰り返し取り上げ、報道します。

ああ、白人至上主義者がはびこっている!国を乗っ取るかも知れない!国家規模の脅威だ!緊急事態省は今こそ対処すべきだ!ヴァージニアでこんなことが起こった、緊急事態宣言を発令すべし、戒厳令を引くべきだ。抗議活動は禁止にすべき、これが国民の安全のためである。あなたのためだ!

これはレポーターのフェイス・ゴーディです。カナダからレポートに来ていました。歩いているとき車が突っ込んできました。一人が死んで、19人が負傷しました。これはテロ事件です。真実は何でしょう。双方のテロリストが、間の一般人を挟んで犠牲にしたのです。いつもそうです。

左翼が「ほら言ったでしょう、キリスト教徒が問題だ。主権が問題だ。自由を信じる者が問題だ。」

これは昨日起こったことですよ。都市での暴動です。お父様が私たちを荒野に送られた理由が分かりました。二代王が荒野にいる理由を今知りましたが?同じ日にヘリコプター事故もありました。車はまた逆走したのです。もちろんこのような事がアメリカで起きるべきことではありません。しかし来るべきものが来たということです。

霊的感性をもった人は、来るべきものが来たと悟るでしょう。もちろん自体はこれに留まりません、もっと悪化するでしょう。今来るべきものは連続的に集中的にあらゆることがあらゆる場所で同時に一気に起こるのです。恐るべき秘密です。災いの処方です。
だからいわないこっちゃないあ
トランプ大統領はもちろんこれを非難しています。私は毎日「トランプ大統領のために祈りなさい」「大統領のために祈りなさい」と言い続けています。

トランプ大統領は地上の巨大な悪の勢力の90%を相手にして闘っているのです。真っ向から戦いを挑んでいるのです。最大のならず者カルテル、地上最大の犯罪組織、そして彼も彼の家族も生き延びなければなりません。

この瞬間に全員で非難しなければならないにもかかわらず。BLMやムーブメント.ORGがこんな事件を起こしても、バークレーに火をつけても、CNNは弁護しているのです。

「このような事が起きた理由は理解できる」などと言って。

下院議員のマキシー・ウォーターズは「もっとこういうことが必要だ」と言っています。この者たちは気違いでサイコです。家族も子供も誰のことも考慮していないのです。権力しか見ていません。詐欺連合と同じ精神構造であり、神を裏切った者たちと同じ精神構造だというのです。悪魔に魂を売った者たち。

彼らは人種戦争を起そうとしています。この写真のイメージを大々的に起こそうとしているのです。南部連合の旗をもった白人と彼らと争う黒人とヒスパニック。

Sanctuary Church Sunday Service 2 08 13 17   YouTube (5).png

黒人もヒスパニックも平和に暮らしたいというのに!これらの人々に落ち度はありません。
来る日も来る日もテレムンド(スペイン語放送局)やその他のプロパガンダニュースの流す情報に晒されているのです。「白人は悪だ」「白人は悪だ」と繰り返し頭に叩き込まれています。

「別に白人ともうまくやっているし、母親も白人だ」などと言っても、「違う!お前は、黒人、あるいはアジア人。白人の友などいない。あいつらは悪で、お前もやられてしまうぞ」。

統計的に言うなら白人に殺される確率が一番低い。私を白人主義者だと呼びますか、残念でした。私は白人ではありません。

科学です、統計です。

この写真のようなイメージを宣伝してばらまいているのです。このイメージをまき散らせ!人種戦争だ。すべての問題は人種問題にある。

神を愛する普通の人はそんなことは気にしません。第三次世界大戦など望んでいないのです。隣人を殺したいなどとは思わないのです。まともな人生を願っています。家族を愛し、侵略者から家族を守る。神様を礼拝する。

スーパーエリートは知っています。かつてアフリカでも、あるいは国連でも、どこであろうと、中国にアヘン戦争を仕掛けたときも、どこであっても「分断-統治の戦略」を使うのです。信仰で分断し、人種で分断しありとあらゆる方法で線を引きます。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

奴らは内戦を開始した-8月13日英語説教「王国のカオス」(その2)

Sanctuary Church Sunday Service 2 08 13 17 YouTube (2)

KINGDOM CHAOS 王国のカオス 2017/08/13

翻訳:管理人

彼らの作戦行動の全貌をみることができます。しかしトランプに勝つことはできないでしょう。たとえ、シリコンバレーやハリウッドの有名人を巻き込んだとしてもロスチャイルド銀行団や、ソロスがことごとく資金を出したとしても、あらゆる過激派と手を組んだとしてもトランプを打ち負かすことはできません。地球の最悪の中の最悪な連中、文字通り独裁的で権威主義的な政府やUNなどの組織は国際共産主義を支援しています。

気候変動を口実に世界の貧しい人々に税を課そうとしているのです。最悪です。完全に吸血鬼的で寄生虫のような悪魔階級、略奪階級が全世界を破壊し犯そうとしている。そうするにはまず強きアメリカを倒さなければなりません。ヒラリー・クリントンはその方向に行こうとしていました。ロシアとつながっていました。ヒラリーがウランをロシアに売ったのです。また数千億ドルというお金をあの中国から受け取っていたのです。数千億ドルです。カリブ海の貧しハイチの人々のためだといって集めたお金もその93%を自分のために働く連中に渡しました。ウィキリークで知ることができます。狂ったサタンの所業です。

ここで今日、サタンの所業について語るつもりはありませんが、これも何かの刺激になるでしょう。これは現実です。現実の生きた人間です。ヒラリーはマリーナ・アブラモビッチの所でバカバカしい偶像に精液と血を注ぎかけ、自分の血で文字を書き、日々の健康のために精液と血のジュースを飲もうといっているのです。愚かしい狂気です。そのビデオも見ましたね。自分の腹部に五芒星を刻み、それを芸術だと主張しています。腹の避けた血まみれの人間の形のケーキをつくり、その周りで愉快そうに笑っている。そしてそのケーキを食べている。その内臓のあらわになった人間の形のケーキを食べているのです。それらの人々は精神錯乱に陥っています。それだけでおさまりません。悪に魂を売り渡したのです。サタンの権能と一つになっているのです。ハリウッドスターのニコル・キッドマンはある一流プロデューサーたちの話をしていました。キッドマンは彼らが小児性愛者のサークルが世界を支配していると話したといいます。サタンのサークルです。BBCのドキュメンタリーを見せましたね。ある少女が数十回もレイプされ、11才で6回も妊娠し、胎児はすべてサタンの儀式に用いられたのです。サタンの儀式中にその赤ん坊を殺してその肉を食べたというのです。
私が気でも触れたというのなら、その人が狂っています。これは現実です!私のミスではありません。皆さんが現実を見たくないか、見ようとしないだけの話です。人はサタンが現実に存在することを信じたくないのです。相対主義の心地のよさを味わっているようですが。良きことがすべて、愛がすべてだと言いながら、実は決してそうなっていません。

ここに現実がやって来ました。ちょうど中間の時期、物事は最悪に向かって進みます。しかも急激に悪化するでしょう。今でも大概ですがもっと事態は悪化するでしょう。二日前の出来事を知っていますか。

シャーロッツビル(バージニア州)での出来事です。皆さんが眠っているとは思いたくありませんが、特に若い人たち。一日中インターネットで遊んでいると、バカバカしいビデオゲームに洗脳されてしまいます。世の中で何が起きているか分からなくなるのです。

奴らは内戦を開始しました。

保守派のスピーチを遮り、保守的な考えをもっているかどうか検閲しはじめました。ダイヤモンドや絹のように貴重な黒人のトランプ支持者への資金援助をストップしました。彼らを悪魔のように描く報道が95%です。皆さんが知らなくて私が知っていることで私を責めないで下さい。自慢しているのではないのです。神の人々も時にとても鈍感になります。頭を鉄の棒で打って目覚めなさい!

(デイリーメイルの記事を読みながら)
「白人民族主義者の集会で、反ファシストの群衆に車が突っ込んで、女性1人死亡、19人が負傷・・・」

これがアメリカで今起こっているのです。昨日(8月12日)のことです。
時が経つのが早すぎて日にちも忘れてしまいます。カレンダーにキングズレポートのスケジュールを書き込むほどです。

この筋書きを見てください。この争いはずっと以前からあったものです。

訳注

米南部バージニア州シャーロッツビルでは、南北戦争の南部側将軍の像撤去をめぐり、今年4月からクークラックスクラン(KKK)などの白人国家主義者たちが抗議集会を重ねていた。そしてついに12日には、極右側と抗議する側が衝突し、女性が一人と警官二人が死亡、多数が死傷した。

今、たまたま転移して、沸点に達したということです。今この出来事を見ていますが、実は、左翼は何年も前から人々に暴行を加えてきているのです。去年一年間だけでも、ジョージソロスが資金提供している「ブラック・ライヴズ・マター」運動、ムーブオン・ドット・オルグ、オープン・ソサイエティ、そして「女性の行進」の首謀者であるリンダ・サーソン、これらは政治工作グループです。国家の敵だというのです。私やあなたの敵であり、神の国の敵なのです。そこに金を流しているのが世界でも最悪のサタン主義者(ソロス)です。
自分でユダヤ人だといっていますが、14才から18才までヒトラーのために働いていたといいます。ユダヤ人を捕まえては強制収容所に送っていたというのです。

あまりに狂っているので理解できないでしょう。狂気の沙汰です。過去何年、「ブラック・ライヴズ・マター」運動では警官がガソリンを入れている時に後ろから頭を撃ち抜きました。またチャイナタウンにいって中国系警官を撃って逃げました。しかしCNNもMSNBCも一切報道しなかったのです。一言も言わない!「ブラック・ライヴズ・マター」運動(以降、BLM)はサウス・オースティンでは、「豚は揚げるとおいしいように、警官も殺すのがいい」と叫びながら歩き回っていたのです。映像が残っています。これも一切、報道はありません。ラ・ラザという組織は普通のヒスパニック社会を震撼させました。ラ・ラザ(la raza)とは「人種」を意味します。急進的な人種主義組織です。普通に働いて稼いで家族を養うことを願う普通のヒスパニック系の人々をマフィアのようにいたぶっています。奴らは平気で人を路上で殺すのです。MS-13(米国最悪のギャングMS-13と呼ばれるマラ・サルバトルチャは、1980年代に中央アメリカからの移民によってロサンゼルスで結成された。4月にトランプ大統領が徹底した排除を宣言した)は人の首を切り落とし、空中につるしてヒスパニックの人々を恐れさせているのです。これらをニュースは報じようとしません。

トランプ大統領が徹底した排除を宣言。アメリカで最も恐れられるギャング「MS 13」の資金源は?   カラパイア.png

MS-13

CNNなどは一言も報道しません。ジョージソロスが資金を出している組織が無残にも警官殺しをしているというのに。全く馬鹿げた話で、呆れ返る話です。

これらは過去2年から4年間活動してきました。この風潮は(ヒラリー)クリントンと共にエスカレートし、ヨーロッパでエスカレートしました。白人というだけで、中絶しなければならず、人種差別だといわれるのです。白人というだけで悪者だ、ヒトラーだといわれる。こういうことが何年も続いてきたのです。

白人すべて罪人であり、特にキリスト教的価値観をもつキリスト教徒の白人はヒトラーの3倍危険だと罵ります。急進的ジハーディストが雪崩を打って押し寄せています。世界でも最も無茶苦茶になった国から。スウェーデンでは66か所以上の立ち入り禁止区域が設けられています。ロンドンだけでどれくらいイスラム法廷があると思いますか。6か所あるのです。1区域だけでこれです。スウェーデンの歴史上、強姦事件の数が最大になりました。金髪で青い目の女性たちがレイプされているのです。しかしそれすらあたかも感謝すべきだと、難民たちに共感せよという論調です。そう、お前たちは奴隷だから権利などないと。友達を読んでレイプされても黙っていろというのです。さもないと、「人種差別主義者」だといわれるのです。

人々はあまりに脳死状態がひどいので何も言わずそれを受け入れています。社会的にそのように条件付けされ、弱体化されてしまったのです。アイデンティティを奪われたのです。あまりにも哀れです。骨抜きにされました。そういうことが何年も続いて、いまアメリカだけでなくイギリスでも、5年経てば誰でも人種差別主義者だと呼ばれることでしょう。政府も何の対策もしないから、誰も助けてくれないから、ただ食卓に食事を並べるために普通に働いているだけです。やることなすこと人種差別だとけなされます。白人至上主義者だと呼ばれるのです。キリスト教だとさらに酷いことになる。特定のグループを何年にもわたって打ち続けてきました。自殺でもしてくれたら、その上に全体主義独裁者が居座ることができるから感謝だとまで言うのです。

もちろんある時点で限界点を迎えるのです。もう14才の子供をレイプするような移民、小児性愛者どもの犠牲になることは許さない。移民が近隣に来ることはまっぴらだと。そして部族主義に至る。白人と黒人の間に土手を築き、茶色と白の間にも、それがいいと。

その策を進めれば進めるほど、お馴染みの「分断して統治する」作戦です。古典的な戦略です。そこに訓練されていない脳死の主人たちが一列に並ぶのです。もちろん、ここで起きた暴力には反対するのは当然です。またいかなる政治的主張が持つ人々もアメリカでは街頭で集まり、非暴力的集会を開いて自分御考えを述べることは自由です。誰かに狙撃されることを恐れることなく、車でひき殺される恐れなくそうすることのできる社会だというのです。
ただ、右派だけが、RINO(名ばかりの共和党員)ではなく、リバタリアンや保守派のような人々だけが、人を政治支配したいと願わず、ヒトラーのようになりたくないと思っているのです。人は生きたいように生きればいいと。出会う人全員と意見が一致することなど期待もしない。自由と主権を欲し、子供たちが教条主義的な(公教育の)カルトにはまることを願わない。役人を崇拝しないし、政治家も崇めない。それを崇めるのが現代の「宗教」になっています。異端宗教です。そこからコミュニティを攻撃し、キリスト教徒を攻撃します。そして何年も何年も白人攻撃を続ける。世の中のどんなことでも白人が原因と言い、世界に7%しかいない白人にすべての問題の責任を押し付けているのです。すべて白人が悪いと。

勤勉な普通の白人、労働者は正直で誠実です。人種主義者などではありません。
いや、ビルダーバーググループやダボスグループなど、スーパーエリートは別です。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村