神の王国は、聖書を読む質素な男女によって建設されるのだ-「豊かな王国」(その1)【英語説教日本語訳】

The Rich Kingdom   July 23  2017   Rev. Hyung Jin Moon   Unification Sanctuary  Newfoundland PA on Vimeo.png

The Rich Kingdom【豊かな王国】7/23/2017

翻訳:BAMBOOS
 
今日は「豊かな王国」についてお話します。「王国の豊かさ」にしたかったのですが以前そのタイトルは既に使いましたので逆さまにしただけです。

私たちはほとんどすべての王国の聖句を取り上げてしまいました。残りは黙示録の2つだけです。信じられないですね。今回はヤコブの手紙です。これは章全体が途方もない内容です。実際相互に関係しています。短いですが章全体を見ていきます。一緒に読んでいきましょう。

(ヤコブの手紙 2章)
1:わたしの兄弟たちよ。わたしたちの栄光の主イエス・キリストへの信仰を守るのに、分け隔てをしてはならない。2:たとえば、あなたがたの会堂に、金の指輪をはめ、りっぱな着物を着た人がはいって来ると同時に、みすぼらしい着物を着た貧しい人がはいってきたとする。3:その際、りっぱな着物を着た人に対しては、うやうやしく「どうぞ、こちらの良い席にお掛け下さい」と言い、貧しい人には、「あなたは、そこに立っていなさい。それとも、わたしの足もとにすわっているがよい」と言ったとしたら、4:あなたがたは、自分たちの間で差別立てをし、よからぬ考えで人をさばく者になったわけではないか。5:愛する兄弟たちよ。よく聞きなさい。神は、この世の貧しい人たちを選んで信仰に富ませ、神を愛する者たちに約束された御国の相続者とされたではないか。6:しかるに、あなたがたは貧しい人をはずかしめたのである。あなたがたをしいたげ、裁判所に引きずり込むのは、富んでいる者たちではないか。7:あなたがたに対して唱えられた尊い御名を汚すのは、実に彼らではないか。8:しかし、もしあなたがたが、「自分を愛するように、あなたの隣り人を愛せよ」という聖書の言葉に従って、このきわめて尊い律法を守るならば、それは良いことである。9:しかし、もし分け隔てをするならば、あなたがたは罪を犯すことになり、律法によって違反者として宣告される。10:なぜなら、律法をことごとく守ったとしても、その一つの点にでも落ち度があれば、全体を犯したことになるからである。11:たとえば、「姦淫するな」と言われたかたは、また「殺すな」とも仰せになった。そこで、たとい姦淫はしなくても、人殺しをすれば、律法の違反者になったことになる。12:だから、自由の律法によってさばかるべき者らしく語り、かつ行いなさい。13:あわれみを行わなかった者に対しては、仮借のないさばきが下される。あわれみは、さばきにうち勝つ。14:わたしの兄弟たちよ。ある人が自分には信仰があると称していても、もし行いがなかったら、なんの役に立つか。その信仰は彼を救うことができるか。15:ある兄弟または姉妹が裸でいて、その日の食物にもこと欠いている場合、16:あなたがたのうち、だれかが、「安らかに行きなさい。暖まって、食べ飽きなさい」と言うだけで、そのからだに必要なものを何ひとつ与えなかったとしたら、なんの役に立つか。17:信仰も、それと同様に、行いを伴わなければ、それだけでは死んだものである。18:しかし、「ある人には信仰があり、またほかの人には行いがある」と言う者があろう。それなら、行いのないあなたの信仰なるものを見せてほしい。そうしたら、わたしの行いによって信仰を見せてあげよう。19:あなたは、神はただひとりであると信じているのか。それは結構である。悪霊どもでさえ、信じておののいている。20:ああ、愚かな人よ。行いを伴わない信仰のむなしいことを知りたいのか。21:わたしたちの父祖アブラハムは、その子イサクを祭壇にささげた時、行いによって義とされたのではなかったか。22:あなたが知っているとおり、彼においては、信仰が行いと共に働き、その行いによって信仰が全うされ、23:こうして、「アブラハムは神を信じた。それによって、彼は義と認められた」という聖書の言葉が成就し、そして、彼は「神の友」と唱えられたのである。24:これでわかるように、人が義とされるのは、行いによるのであって、信仰だけによるのではない。25:同じように、かの遊女ラハブでさえも、使者たちをもてなし、彼らを別な道から送り出した時、行いによって義とされたではないか。26:霊魂のないからだが死んだものであると同様に、行いのない信仰も死んだものなのである。

ゆっくりと行きましょう。急ぐ必要はありません。

悪魔は・・・に対して・・・(※映像と音声の乱れ)・・・個人のレベルで・・・なぜなら王国は個人によって成り立っているからです。また国の教えがなされます。なぜなら王国が相続されるということを彼が話しているからであり、それは実際の国のことだからです。ですから聖句によって何層もの教えがなされるのです。神様は聖句を通して語られています。

黄色で強調した最初の部分から行きましょう。
「わたしの兄弟たちよ。わたしたちの栄光の主イエス・キリストへの信仰を守るのに、分け隔てをしてはならない」と言って、それから裕福な人と貧しい人の話を説明しています。これは非常に重要です。これが自由社会の中心のようなものです。

(※映像と音声の乱れ)・・・神様とサタンの違いです。これを見てください。神様、イエス様、そして真のお父様は、人類を信じています。見てください。「主イエス・キリストへの信仰を持ってはならない(訳注:英文の聖句の1節を直訳すると「分け隔てを持って・・・信仰を持ってはならない」となる)」とあります。

イエス様は裕福な人を信じているのでしょうか、貧しい人を信じているのでしょうか。人類を信じているのです。この裕福な人がどのような人なのか掘り下げていきましょう。なぜならお分かりのように裕福な人すべてが悪いわけではないからです。自由市場は善なる金持ちをたくさん生み出します。人に仕えることで利益を得ている人々です。独占とお金を盗むための政府との共謀によってではありません。それは全くの悪です。

重要な点は神様が人間を信じているということです。最初から人間を信じていたのです。力を持ったサタンと天使がダメな奴らだと考えていたとき、アダムとエバを信じていたのは神様でした。

サタンと天使長は、このばか者たちは何の力も持っていないと言っていました。「神様、彼らは私たちができることを何もできない。彼らは最低だ。アダムはだめだ。どうして彼にすべてを与えるというのですか。彼は一日中木の周りで走り回り遊びまわって、果物を食べ、釣りをしたりカエルを捕まえたりしている。豚と一緒に転がりまわってレスリングをしている。私たちがあなたと一緒に奴隷のように働いて作ったこのすべての美しいものをどうしてこの愚か者に与えるというのでしょうか」それは中央集権の政府が言っていることと全く同じだということに注目してください。

あらゆる中央集権政府は、「国民は愚かすぎて自分で判断できません。私たちには知性が必要であり、彼らに何をどのようにすべきで何を信じるべきか教える知的なマルクス主義、社会主義の教授の階級が必要です。そしてあなたの考え方が気に入らなければ検閲します」と言っています。

ピューディパイのことを知っているでしょうか。聞いたことがある人は?ブロンドのスウェーデン人でビデオ・ゲームのことを話す人ですね。彼のYouTubeチャンネルは180憶もの再生回数があります。彼は今年から、マクロ世界の愛国者たちを放送するようになりました。例えばインフォウォーズのアレックス・ジョーンズやポール・ジョセフ・ワトソンの動画を放送し始めたのです。

突然あらゆるメディアと政府が彼を嫌い、検閲しています。なぜなら彼らは自分たちが支配できない、自分たちよりも影響力のある発言を行う人を全て恐れるからです。ママの地下室でYouTube動画を作って180億の再生回数を記録しているピューディパイが、ドナルド・トランプを支持し始めたのです。そしてソロスやザッカーバーグ、そしてビルダーバーグの愚かな者たちが彼を検閲しようとしています。

この若者は決して完璧な人ではないでしょう。しかし彼は、「我々はCNNのメッセージを受け入れない。この中央集権の政府の言うことをもう信じない。彼らは納得のいくような説明をしていない」と言っています。ポール・ジョセフ・ワトソンのほうがもっと説得力があると言って彼を出演させています。

彼がそれをやればやるほどフォロアーにもっとシェアされて行き、もう彼らはその話を止めることができないのです。それは何かといえば、中央集権の政府は全く無能であり、全くの泥棒だ、彼らは小児性愛ネットワークだといったことです。それを止めることができません。

それは古典的な天使長です。権力を集中させ、独占し、普通の人から盗むために政府と共謀します。そして彼らは、一般の人を信じることができません。この例での貧しい人のことです。すべての人は基本的に貧しく、エリートは残りの5パーセントです。寡頭政治の体制であり、帝国主義であり、完全に中央集権のローマの体制です。それは農奴制の体制であり、無能なビルダーバーグ・グループがネオ封建制と呼ぶものであり、5パーセントの人がすべてを、あるいは国全体を所有して他の人は全員が農奴、つまり奴隷だというものです。

これがイエス様の時代に人々が暮らしていた体制です。ですから貧しい人と言ったときには、それは普通の人のことなのです。普通の人には何の機会もありません。そのような体制の中では機会が与えられないのです。

しかし、イエス・キリストの信仰、神様の信仰がどのようなものか見てください。私は時々お父様のことをじっくりと考えることがあります。なぜならお父様に仕えることはまるで映画の中で生活するようなものだったからです。一つ例を挙げれば、ある名節にあらゆる国の代表団がやって来て、イギリスの国会議員とジョージ・ブッシュ元大統領も参加し、アメリカの大統領との会談もあり、そして翌日にはボートに乗って、一般の漁師と一緒に10フィートの荒波の臭い水の中の魚に撒き餌をするのです。

ある時には清平パレスの大きな大理石の宮殿でこのようなイベントを行いながら、エンターテインメントも行って、マリオット・ホテルが食事の手配を行っていて毎回ステーキを、フィレミニヨンを持ってきていました。そして翌日には太平洋やアマゾンのジャングルの真ん中でマクドナルドを食べるのです。狂っています。

しかし、サタン世界には階級組織があり、天使長的な文化があります。ドナルド・トランプと全く同じように、ワシントンで何か行おうとするには、負の財産を取引するのだというのです。エリートと最高レベルで取引する際、通常の取引ではなく負の財産を取引します。なぜならそれらは全て政府や政府機関とのある種の共謀関係にあるからです。そのようなことがトランプに対してディープ・ステートで起きているのです。

ですから彼は物事を実行しようと、それらを取り除こうとしていますが、あまり早く実行したり、それらをあまり早く取り除いたりすることはできません。すると彼らは彼を殺しにやってくるのです。ですから彼は取引をして、交渉しなければならず、アサドと戦おうとかISISとは敵対しないというふりをしなければなりません。なぜならディープ・ステートがそれを望んでおり、ISISはペットのようなもので国務省やオバマなどを通して資金を与えてきたからです。ISISに何年支援してきたのでしょうか。ばかげた話です。アメリカ政府はISISに資金援助してきました。穏健派のシリア反乱軍と呼んでいますがISISに加わったという記録があります。まったく愚かでばかげたことです。

しかし彼らは大衆が非常に愚かであり、記憶力もなく、シリア反乱軍がISISの仲間に入ったという先週出た記事も覚えておらず忘れてしまっているのだということが分かっているのです。大衆が金魚以下の7秒の記憶力しか持っていないと分かっているのです。あることを話して次の週に反対のことを言っても大衆はそれを信じると分かっているのです。

お父様でさえこの世界で何かしようとするためには、彼らを集めて文先生と一緒に活動すべきだ、私の指示に従うべきだと言わなければなりませんでした。彼らと取引しなければなりませんでした。しかしお父様は最高レベルの人々を相手にする一方で、漁師たちと一緒に(釣りに)行くのでした。そこがご自分の家だと感じておられました。

それはもっとも快適なにおいのする場所ではありません。マイク・ロウが「汚い仕事(邦題:突撃!大人の職業体験)」という番組で漁師を扱っていました。最悪の仕事の一つではないでしょうか。撒き餌とか魚の内臓とか。

お父様はいつもそこに下りて、そのレベルに下りて行かれたのです。下りて行って釣りをされました。私はお父様が毎日、あるときは20時間もの間そのようにされるのを楽しんでおられたわけではなかったに違いないと思います。魚の腐った匂いがして足元はどこも血まみれになった荒れた海の上で、防水の作業着だけを身に着けて。

「主イエス・キリストの信仰」。イエスの国は普通の人によって相続することのできる場所です。國進兄さんが炉端でのすばらしいおしゃべりのときに話していたことはどんなことだったかと言えば、この王国は、つまりもっと広く言えば神の王国は、聖書を読む質素な男女によって建設されるのだということでした。

それは簡単なことです。なぜならその本を開くなら、それはあなたが動物だと言うことはありません。あなたが目的を持たない進化の流れの一部であって、ある種族の一員に過ぎないと言うことはないのです。もし、もっと高度な種族がやってきて全てを虐殺してもそれが進化なので問題ないなどと言うことはありません。聖書はそのようなことは言っていません。

聖書はあなたが政府の奴隷だとは言っていません。聖書はミシェル・オバマやヒラリー・クリントンがあなたの指導者となるとは言っていません。聖書では人は神様の似姿に作られたのだと言っています。そして私たちは宇宙を創造された神様の息子娘なのだと言っています。何度も聞いたことかもしれませんが、それは途方もない主張なのです。全宇宙の設計者である知的精神は現代の科学で証明されていませんが、すべて数学的であり幾何学的であり、設計されたものがあります。

あなたはそのような宇宙を創造した超越的存在の似姿として創造されているのです。無神論者はあなたのことを狂っているというでしょう。なぜならそれがそれほど壮大な主張であるからです。この大陸だけの創造主のことではなく、この海だけの創造主だけのことはではありません。私が言っているのは全宇宙の創造主のことです。あなたはその似姿として創造されているのです。それが天使長に対してどれだけ反抗的な内容かわかるでしょうか。

そして自由の主権は、神様を求め神様のみ言を読み、それを信じ、それを明らかにするために働く普通の人によって建設されます。

私は普通の人かもしれません。単なる武術の指導者かもしれません。ただの配管工かもしれず、それが何であっても私は神様の似姿として作られているということです。そしてワシントンの役人であろうとパイク郡の官僚であろうと、誰も自分がそうでないと言える人はいません。

それは頭がおかしいとかいうことではなく、その人は自分が誰か分かっているということです。それは直ちに彼が暴力的だとか誰かが彼を侮辱しているということにはなりません。それは、彼は自分が誰か分かっているということなのです。政府というグループやマフィアのようなものに屈しない人だということです。彼らはこの税金を払いなさい、あれをしないさい、これをしなさいと言っています。「子供を教化キャンプに送りなさい。情けをかけてやるから借金をしなさい。現代的で流行だから家庭を破壊しなさい。ケイティー・ペリーとマドンナに従いなさい」

ばかげています。そのような愚かなセレブ、ブラッド・ピットのような馬鹿な気取り屋には従いません。自分を素晴らしいと思っている愚かな共産主義者。もう50過ぎていて女性たちは嫌な男だと思っているのに。

セレブではありません。神様は普通の男性と女性にその王国を相続させます。あなたを捕らえることはありません。あなたをだますことはありません。家庭を破壊することはありません。ただ家族を養い道徳的にまっすぐな人になろうとするだけです。私たちはそのような人をつまらない人だとみなしています。「あの人はただの普通の人だ」と。女性たちはそのような男を負け犬、つまらない人と見なすように洗脳されています。しかし、そのような人が王国を相続するのです。

パレスでも私たちは子供たち全員に肉体労働をさせています。皆さん知っている通り私たちは造園作業をたくさん行いました。あるときは2トンもある危険な岩を移動させたことがありました。子供たちは人が来た時に座れるように小さなベンチを作りました。彼らは大工仕事をしたり、木の根を掘ったりしました。非常に重要なことです。大人がやってあげると言うことのほうがもっと大きな問題です。子供たちがこのようなことをやることでより強くなるのです。自分のことに気づき学んでいきます。何度も何度も同じことをしても飽きることがありません。自らを励ますのです。いかに不平を言わずに自分を励ますかを学ぶのです。

彼らは非常に重要な道具を学びました。精神性、勤労意欲。この子供たちは最初すべてに不平を言っていました。直接的な不平と間接的な不平があります。直接的なものは「なぜこんなことを」といったようなものです。間接的なものというのはふさぎ込んだ態度です。全員の活力を奪ってしまいます。全員が彼らによって力を奪われるのです。

他の人たちの活力を奪うのはやめなさいと彼らに言います。しかし子供たちはそのようなことを経験する必要があります。毎回愚かなことを繰り返します。教えるということはダイナミックなものだと思うでしょうか。それは何度も何度も同じことの繰り返しなのです。お父様は同じメッセージを何度も繰り返し語られたと思います。なぜなら人々が何度も同じ愚かなことを繰り返すからです。しかし彼らはそれを経験します。そして彼らがそれから逃げないようにするのです。なぜならそれが彼らに対する思いやりであり、役に立つことであり、将来彼らを傷つけないためなのです。

もちろん彼らは逃げ出すことができるだろうかと、文句を言いながら私たちの束縛を試そうとします。いろんなばかなことを言って。彼らを逃げ出させたらどうなるでしょうか。ただそれをもっと続けるだけなのです。そして結局仕事しながらも実際は全く別の王国を頭の中で作り上げてしまうのです。ですから若いうちに芽を摘んでおきます。早めに捕まえるのです。それが彼らを救うことになります。それで彼らは正直でいられます。

そして彼らが何回かそれを学べば、2回目3回目には錯覚の下で思い出すようになり、彼らの道徳観が変わるのです。彼らの働きぶりが非常に変わってきます。そして私はいつもお母さんたちを叱ります。なぜなら彼らが子供たちに不平を言わせて、そこから逃げるようにさせているからです。すべてではありませんがほとんどのお母さんたちがそうなのです。子供たちに好きにやらせて言わせておくと、それが循環してどんどん大きくなっていきます。なぜなら女性は衝突を求めないからです。論争を求めません。なぜそれがあなたにとって良いことなのか論理的に説明することを求めないのです。とにかくやりなさいと。しかしなぜこのようなことを学ぶ必要があるのか説明することは重要です。最も基本的な理由は、例えば他のすべてが失敗したとしてもそれでも彼らは仕事に就いて雇ってもらうことができます。肉体労働ができて、それを怖いと思わないのであれば。良い態度で行うなら仕事を得ることができます。それは保険になるのです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中