世界の権力の中心で小児性愛者のネットワークを作っていることが分かる-国進様・質疑応答(その6)5月27日

(質問者)

少し話は変わりますが、現在の政治状況について、2日ほど前のモンタナでの選挙活動で起こった事件が大変興味深いと思っています。(保守派の)有力候補が、(リベラルで)ネガティブな新聞記者を殴りつけ、押し倒しました。世間は当選させるなと言いましたが、結局当選しました。

まあ、これが(保守の強い)モンタナであったことが幸いしましたが、私の質問は、将来の選挙を見通したとき、ドナルド・トランプは大きな支持基盤をもっていますが、「アメリカを再び偉大にする」というビジョンのもと多くの人が一つになってはいますが、民主党は相変わらず妨害活動をしてそれも汚い手を使っています。多くの人が喜んでいる政策もすべて否定しています。これを見ている支持者がリベラルな民主党から離れると思いますか?

(国進ニム)
いまの民主党は破滅(死)への悪循環に陥っていると思います。何が起こっているかというと、オバマのもとで彼らは国家反逆罪を犯しました。アメリカ合衆国に対して積極的に反逆の罪を犯しました。その証拠は山ほどあります。

彼ら(民主党)から見ると・・・トランプが大統領として1年もたてば効果的に政府を把握するでしょう・・・そうなると彼らは皆、牢屋行きです。だから最初の半年間にトランプを追い出さないと、彼らは全員刑務所に入ることになるでしょう。実際にもうそれが始まっているのを見ることができます。フェイスブックのニュースによると、国務省の役人が一人、ジェフ・セッション(司法長官)によって国家反逆罪で起訴されたといいます。これからますます大規模になっていくでしょう。

またそれと別にトランプ大統領が行っていることは、アメリカ中の小児性愛者の検挙にゴーサインを出したことです。(拍手)

そこからどうなっていくと思いますか?大勢の小児性愛者がワシントンにはいます。民主党員の中に大勢の小児性愛者がいるのです。そういうことからトランプが本気で自分達を捕まえようとしていることを悟ったのです。文字通り、縄をかけて牢屋に入れようとしています。いま彼らは生きるか死ぬかの闘いをしているのです。多くのメディアの人間も小児性愛者のサークルに入っているでしょう。カトリックの法王も忘れてはいけません。深く掘り進むとえらいことになりますよ。(笑)

私達にも皇太后(韓氏オモニ)がいることを忘れてはいけません。

どんどん捜査が進んで大規模になると、世界の権力の中心で小児性愛者のネットワークを作っていることが分かるでしょう。それだけでなく、現実にサタン崇拝を実践している者たちであるということがわかる。
それはそうでしょう。だからお父様はこの世の中心にサタンがいるとおっしゃいました。世界の指導者はサタンだと。ごく一般御普通の人たちは、アメリカ国民の80%は「アメリカは偉大な国だ」「ここにはサタン主義など存在しない」というでしょう。アメリカの外的な豊かさはどこから見ても素晴らしいでしょう。しかしその豊かさの根は、相変わらずサタンが握っているのです。サタンの世界です。いまだ神の国にはなっていません。神様の世界になるためには権力の中心が変わらなければなりません。小児性愛者から神の人に。

翻訳・字幕:管理人
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中