王様の推奨するビデオ講義「独生女と三代王権」BYパンザー会長【日本語字幕版】第6回

8回シリーズの第6回目です。

真に賢く教養ある人は、学問をすればするほど人間の知識の限界に気が付く人です。そういう人が本当に賢明な人なのです。

「誰も私を教育していない」これは実際、愚かな言葉です。最も愚かな言葉です。なぜなら我々はすべての人から学ばなければならないからです。2番目に、お母様が言った言葉、「独生子が独生女を教育したとは言えない」。実際は、「独生子に教育された」などと言われるのは侮辱だと言っているのです。

ここで私の問いは、どうしてお母様は夫である神の子、メシヤ、キリストに教育されたことを侮辱だと思うのか、ということです。私の妻はいろいろと多くのことを私に教育してくれます。私も家内を教育できていればいいのですが。

これは異常な発言です。まるで何かを認めたくないか、何か怒りを感じているようです。何か引っかかっているようです。

2013年8月24日、私が初めてお父様に出会った時、私はすでに摂理歴史も蕩減復帰摂理も知っていました。お父様に出会った時にすでに、すべてを知っていたというのです。原理を学んだことはないが既にすべて知っていた・・・お父様は再臨主と成功するためには絶対に私の力が必要であった。

私はお母さまが準備された方であることは否定しません。お父様も、お母様は準備された人だと言っておられます。お母様を讃美し、お母様を愛され、特別な女性だと讃えられました。
お父様はどう言っておられるでしょうか。

「聖婚祝福式の後、7年間はお母さまを天の教育で育てる期間であった。」

お父様はこう語っておられます。しかしお母さまはお父様から教育されたと思っていないかもしれません。私は思うのです。「私は誰からも教育されていない」。「誰からも」とはどういう意味でしょう?「誰もいない」とはどういうことなのか。このお母様を教育したNOBODYとはいったい誰でしょう?それはこの方(お父様)です。

2012年1月18日に天正宮で金孝南の主礼で結婚式が行われました。お母様と「神様」との結婚式です。そこにお父様はおられませんでした。お父様はこのことを知るやいなや
麗水から戻られて、翌朝、訓読会をもたれました。お父様は激怒されて、お母様と幹部たちに「絶対服従」を誓うように指示されました。

ここで1月19日の訓読会の非公式のメモを読みたいと思います。非公式だと言って軽んずる人もいます。私もそう思います。この問題を重く受け止める人は・・・非常に重要な問題です・・・2012年1月19日にお父様が何を語られたのか。

家庭連合のすべての指導者は私と共に、この日お父様が語られている無編集ビデオを検証しましょう。バルコム会長!ウィルソン博士!私と共に訴えましょう。この日のビデオを公開して、お父様の語られた内容を隠さずありのまま聞きましょう。すべての人に分かるように。

メモを読みます。私たち皆にとって重要なことです。
2012年, 1, 19(木)天正宮訓読会この日もいつもと同じように、訓読士の訓読が終わり、続いてお父様のみ言が始まった。珍しくもみ言の焦点は、お母様だった。率直な表現で、参加者全員が聞くにきまり悪いほど、お母様に対して、これまで我慢して来られた、口惜しさの集中砲火そのものだった。その内容は以下の通り。
“お父様とお母様が、別々”ではなく、ひとつなのである。
お母様はお父様のための足場であり、ご飯を食べて付いて回ったからといって、良しとされるものではない。
 別々に動いては滅んでしまう。
お父様が呼んでも返事しないお母様と共にする者は、清算の対象である。
安州(お母様の故郷)と 韓氏(お母様の名字)は、自慢してはいけない!
そんなことをしては、真の母になれない。

お母様が独自路線を行っている。小鬼だ!
お母様は、お父様とは違う別の道を行っている。
お前たち(お母様に追従する子女様と、側近幹部、および教会の指導者のこと)も全員、お母様と一団となって違う道を行っている。こいつら!
そんなお母様に従う者は小鬼だ。こいつら!
お父様が必要ないと思っている者は角のない小鬼だ。こいつら!

神様だけが孤独なお父様と共にいる。
お父様の周りには誰もいない。
“お父様の話を聞かず”、お母様が”私の言葉を聞きなさい!”とするのは、”ルーシェル” よりももっと恐ろしい存在だ。
私は今、一人だ!息子も、娘もいない!
お母様に従うこいつら!……………..
孝進が生きている時 –
「お父様がかわいそうだ。お母様はなぜお父様のみ言を聞かないで、自分の方式でするのか?」と私に言ったことがある。

今日、宣言する。
お母様は今からお父様に絶対服従しなければならない。

このようなみ言を語られた後、お父様の隣の席に座っておられたお母様をテーブルの前に呼ばれ、お父様を見つめて立たれるようにし、最前列の椅子に座っていた幹部4人に出て来させ、お母様の後に、二行に並んで立たせ、訓読会に参加したすべての食口と共に手をあげて、絶対服従を誓わせ、お母様に再度、返事をしなさいと、急かされ、「はい!」と答えをお聞きになった後、みんなに両手を高く上げて、拍手をさせて、お父様のみ旨とは何か確認させる、特別な役事をされた。、

これは非常に、痛々しい状況でした。それでもお父様はお母さまを救おうとされたのです。正しいことをするように導かれました。隠そうとしても、お父様は何が起きているか知っておられたのです。

お父様に無断で行われた、2012年1月18日の「結婚式」の結果、10日後に迫っていた聖誕日に行われる予定だった完成級の聖婚祝福式をキャンセルされました。そしてさらに1年お母様に一体化する期間を与えられたのです。またこの「結婚式」のために、お父様は7月下旬の「国王印」公開も拒絶されたのでしょうか。御聖和の数週間前のことです。

ここでお父様がお母様と金孝南が進める「国王印」公開を拒否される理由を語られるビデオを見ましょう。

「今のところまだ王印の主人がいません。なぜか、まだ夜の神様と昼の神様が闘っている。」

昼の神様を象徴するお母さまと、お父様が代身する夜の神様がいまだ闘っているとお王様はおっしゃるのです。

次の驚くべき映像です。2012年7月16日アベル女性UN大会でのみ言です。原稿を読まれていたお父様が突然、驚くべき発言をされました。映像です。

「オモニを私が育ててきたよ。オモニはいません。文総裁の妻の位置もいません。自分勝手にやっている!自分勝手に!」

お父様はこの後スピーチを続けられました。

2015年12月6日
「世界に70億の人がいます。私に出会うことがどれほどのことでしょう。私が祝福家庭を生みました。」

誰か忘れていないでしょうか。

2017年2月25日、1200人の大学生の前でこう言いました

「私は57年間、この道を一人で歩いてきました」

これは奇妙な発言だと思いませんか?いいですか。もし、お母様が「お父様は私を導き助けるため、成し得る限りのことをされました。そうして私を育て助けて下さったのです。しかし、お父様も干渉できないことがありました。それを私一人で越えなければなりませんでした。それに不平は言いません。」こう話されたとしたらどうでしょうか。しかし、そう語られません。

3月31日(2017)、40日前に、こう語られました。
「全人類の中で神様を父だと知っていたのは私とイエス様だけです。」

これも驚くべき話です。このようなことをお母様が語るとは。
キングズレポートで姜先生の証を聞いたことのある人ならわかるでしょう。姜先生はお父様の韓国での最初の弟子です。一回の中で語るお父様のお話、証の量と心情は、お父様の聖和後のお母様のスピーチすべて合わせたよりも多いでしょう。

翻訳・字幕:管理人
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中