最後の瞬間の守りとして、善良な人は自分を守る権利を持っています-6月18日英語礼拝(その2)

Kingdom Defense   June 18  2017   Rev. Hyung Jin Moon   Unification Sanctuary  Newfoundland PA on Vimeo.png

王国の防衛 Kingdom Defense 06/18/2017

 

私たちはもちろんもっと悪くなると知っていました。9月23日は黙示録にあるサインが天体に現れる日です。NASAの星座のコンピュータープログラムをみなさんに見せました。聖書で教えているように並ぶということが分かっています。女性、乙女が太陽を着て足の下に月を踏み、12の星の冠をかぶるのです。

私たちは聖句の中でそれが中間の期間であって、そこから良くなるのではなく悪くなるのだということを知っています。それはまた獣の印が出てくるときでもあります。私たちがそれに関連する物や、物を買って取引する能力に影響のあるマークの様なものを9月に見ることがあれば・・・。それが何なのかは変わりませんが、重要なのは私たちが今重大な時にあるということです。

人々が暴力に煽られて文字通り議員が暗殺されそうになりました。これは共和党議員に対する暗殺未遂ですが、ホワイトハウスの一歩手前のことだというのです。それは普通の市民を狙ったものではありません。それでも十分悪いことですが、大統領の一歩手前まで来ているということなのです。

敵によってその人を知ることができます。トランプを憎む人々はみな、中央集権の全体主義の、狂った独占主義者です。彼らは人々を貧しくして、自分が神々として崇められることを望み、無神論者であるばかりでなく悪魔崇拝者です。

ロンドンでのビル火災については口にすることもできません。ところでこのラマダン期間中に殺された人の数は記録的な数に上っています。明白なことにラマダン中に人を殺せばアッラーからのポイントが2倍になるというわけです。狂っています。しかしそれがイスラムのテロだと言うことができません。イスラムテロの90パーセントはイスラム教徒を標的にしているのです。大部分はイスラム教徒を殺しているというのですから、彼らこそこのような人々に反対すべきなのです。

現実や発言、考えを支配するのはまさしく全体主義国家です。もちろん彼らはオバマとヒラリー・クリントンを次のアメリカと世界の大統領にすることを実現したかったのです。アメリカをヨーロッパのようにして。ヨーロッパの人たちは分かっているでしょうが、ヨーロッパはもう崩壊しつつありますがそれでもヨーロッパではうまく行っていると(言っています)。

「フランスではテロリズムが80パーセント減った」「No-Goゾーン」「スウェーデンでレイプ率が最高に」
良くやりました。
「ビルダーグループとダボスグループを信じている」
素晴らしい。良くやりました。
そしてもちろん彼らはそれをアメリカでやりたいのです。そして彼らはそれを感じ、味わうことができ、自分の口に入れたでしょう。ヒラリー・クリントンはそれを味わうことができたでしょう。彼女がヨーロッパのようにこの国を所有するところでした。

ヨーロッパでは言論の自由がありません。政府の悪口を何か言ったり、イスラムテロだと言ったりすれば、ヘイト・クライムで逮捕されます。犯人の名前がムハンマドやアリで「アッラーフ・アクバール」と叫んでいたとしてもイスラムテロと言うことができません。彼らの預言者も軍隊の活動家であり、800から900のユダヤ人の首を切ったのに。それがイスラムの歴史の本流です。現実を見ることもできません。

今は厳しい危機的な時です。彼らが思想的な戦いに敗北したからです。そしてもちろん最後の、真の性質に訴えようとしています。それはつまりすべてを焼き尽くし、皆殺しにしてしまうことです。「全体主義の国が持てないなら、みんな殺してしまおう」と。

寛容はどうしたのでしょうか。オバマの政府を尊重しなければなりませんという講義はどうなったのでしょうか。「保守派のみなさん、クリスチャンのみなさん、あなたたちは大統領を尊重すべきです」と。それはどうしたのですか。過去8年間彼らはアメリカ人にありとあらゆることを講義してきました。何を言って良いのか、何を信じて良いのか、何を飲んで良いのか。ニューヨークで大型サイズのコーラに市民の健康のために規制を掛けました。キチガイじみた管理です。彼らは全く、目が飛び出て、狂って、血に飢えた管理キチガイです。狂っています。

そういうわけで最後の瞬間の守りとして、善良な人は自分を守る人権を持っています。植物が毎日自分を守っているのと同じです。虫は動物が食べようとすると毒を作って顔に吹きかけます。それは自然権です。私たちは自分たちと仲間を守ることができます。それは善良な人が戦いを、戦争を求めているということではありません。彼らは平和を求めています。自分たちの生活を続けて豊かになって、道徳的に幸せに暮らしたいのです。時には子供たちを外に連れて行き、映画を見たり公園に行ったりして、普通にしたいのです。

彼らは、国の最高の地位について自分たちがいかに力を持っているかについて笑い声を上げているような、人を管理することに飢えた吸血鬼ではありません。そのような人々は狂った精神異常者です。彼らは大学という社会主義者のキャンプで吹き込まれた弱虫の追従者を従えて、文字通りの内戦を実際に始めたいと思っているのです。完全なキチガイです。完全に錯覚した人々です。

もちろんそういうわけで、建国の父からすべての男女、子供までが命を守る者でありました。NRA(全米ライフル協会)はクー・クラックス・クランから自分を守れるよう黒人に力を与え、ライフルを与えたのです。私たちは知っていますが、彼らはNRAの本当の歴史を教えようとしません。彼らは黒人がクー・クラックス・クランに殺されないようにするために武装させていたのです。

彼らが何も知らない罪のない子供たちの心に、国の教育者としてこのような嘘やプロパガンダを吹き込んでいることは信じられないことです。非常に大きな欺瞞です。

この写真を見てください。1960年代のものです。お父様はここにいませんがお父様が作られた会社です。最初に作った会社は空気銃の会社でした。人々が射撃のスポーツを楽しんで武器の使い方を理解するようにするということです。なぜならお父様は地獄の中で暮らしていたからです。全体主義の中で生きておられ、彼らはお父様を殺そうとしていました。国境を越えて来ながら、狂った共産主義カルトがいつ何時南下してくるか分からなかったのです。なぜなら神様の王国は単に霊的なものではないからです。「御国がきますように。みこころが天に行われるとおり、地にも行われますように」とあるように実体的なものでなければなりません。

19060031_1194892880620724_5222791441930538178_n

もちろんこのような写真を隠そうとしてきましたが、持っていた人がいたのです。見てください。男性も女性もいます。1960年代のアジアで、それは衝撃的です。なぜならアジアの人々は洗脳されてしまっていて、銃を見ると衝撃的なストレスを感じるからです。彼らは価値がなく二流だと洗脳されてきました。この姉妹を見てください。あれは江利川さんではないですね。似ていましたので(笑)。江利川さんの写真があっても驚きませんよ。

お父様がライフルを持って狩猟をされている写真がたくさん出てきました。彼らの嫌いな写真です。このような写真がなければ良かったと思っているのです。赤い帽子ですね。MAGAと同じでしょうか。私にはわかりません(笑)。フランスの方からもらったものです。

しかしこれはとても重要なことです。なぜならこの国で暗殺未遂がおきて脅威を感じているからです。クリスチャンが自己防衛の役割を理解することが絶対に重要なことです。自分を守らなければならないとすれば絶対に不可欠なことです。

このデニス・プレガーのビデオを見てみましょう。6番目の戒律、「殺してはならない」についてのものです。

(デニス・プレガーのビデオの要約:「殺してはならない」という十戒の戒律は、元のヘブライ語では「殺害(Murder)」という意味の単語が使われており、「殺す(Kill)」とは意味が異なる。「殺害」とは人間を不正に不法に殺すことであり、自己防衛など正当な理由がある場合とは異なる)

ラツハッ、「殺害」です。「殺す」とはまったく違います。これは非常に重要な話です。教会ではしてくれませんが、それは馬鹿げたことです。なぜなら、とりわけ大きな暴力事件が起こり、狂った人が議員を暗殺しようとしているような状況や、トランプのシールを車に張っていたら撃たれるような状況においては、人々は準備の必要があることを理解しなければならないからです。

これはジョージ・ソロスがアメリカで作り上げた狂気です。このような世界に私たちは今生きています。ですからこのような教会で話をすることは、絶対に不可欠なのです。なぜなら私たちのすべてが、世界的に見ても、自分たちの生命や他人の生命を守らなければならない状況になるかもしれないからです。ですからそれを話し合うだけでなく深く探求することが絶対に重要なことなのです。

これはイエス様の絵に対してコメントを入れたものです。
「『イエス様ならどうするだろうか?』と尋ねられたら、テーブルをひっくり返して鞭で人を追い立てることもあり得ることをその人に思い出させなさい」というものです。イエス様がそのようなことを行うこともあり得るのです。あなたを鞭で追い立てるかもしれません。ところで彼は自分で鞭を作りました。

聖書に出てくるこの場面についての平和主義者の反論の1つとして、古い翻訳や異なる翻訳を採用しているのだというものがあります。例えば彼は鞭を作って羊と牛を追い出したのだと言うのです。ある翻訳では彼を平和主義者にしているのです。人を追い立てたのではないと。キング・ジェームズ版を見るなら、もちろんそれが権威ある翻訳なのですが、彼はすべての人を鞭で追い出したとあります。そこに羊と牛も含まれていました。ヌンチャクのように。イエス様はヌンチャクのような鞭の訓練もしていたのです(笑)。

このような論争がクリスチャンの平和主義と正戦論と間に実際にあります。正戦論はもちろん戦争を制限するために作られました。正戦論という言葉は好きではありませんが、伝統的にそのように呼ばれています。それで戦争をできるだけ制限して時が来たら戦わなければならないということです。

平和主義者は、旧約聖書でモーセやダビデに対する命令のことを持ち出されるといつも問題になります。すると彼らは、それは聖戦だと言うのです。聖戦は問題ないが正戦は問題だと。平和主義者の側にも言い分があって、例えば彼らはパウロのことや初期の300年ぐらいまでの教父は平和主義者であったと言います。ニカイア公会議のことを挙げて、軍人は洗礼を受けるべきでなく、後ろに着席すべきだと言うのです。

しかし、もちろん彼らにも問題があり、論争があります。多くの平和主義者は再洗礼派のようなところから来ており、社会から隔絶したコミュニティでした。

しかし、それとは反対に「イエス様は私たちに世界の隅々に行ってキリストの福音を広めるように命令し、イエス様自身が旅行するときは自分の剣を持たなければならないと言っているのだ」と言っている人もいます。

つづく

翻訳:BAMBOOS
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中