「トランプ大統領が素晴らしいことをやってくれそうだ!」KINGS REPORT パートII5月2日


さあキングズ・レポート再開です。
今日は2017年5月2日。
天一国2代王、文亨進がお送りしています。

また、トランプ大統領が素晴らしいことをやってくれそうです!
「ウォールストリートの銀行を、解体することを考え中」!凄い!

トランプは本当の支配者が誰か、知っているのです!
JPモルガンやゴールドマン・サックス、このロスチャイルドやソロスにつながる者たち。
最終的にすべてロスチャイルド家に結びついています。
(トランプ大統領は)銀行が問題であることを知っているというのです。

これは今に始まったことではないのです。アンドリュー・ジャクソン大統領(第7代)、民主党の大統領ですが、トランプ大統領はジャクソンが大好きなのです。大統領執務室に胸像を2つも置いているほどです。肖像画まで飾っています。

アンドリュー・ジャクソン大統領は一体誰と闘ったのか。何者を追い出したのか。
ヨーロッパの中央銀行です!

ジャクソン大統領はヨーロッパをよく観察し、ヨーロッパが中央銀行に乗っ取られる様子をつぶさに見たのです。ナポレオン戦争の最中にです!歴史を理解していました。ヨーロッパで何が起きたのか。ヨーロッパの落日はその通貨発行権を奪われたことに起因すること。
ひとたび、銀行家が通貨発行権を握り、紙幣を印刷して法定不換紙幣を量産しだすと、実際上すべてを支配できるのです。国家、政治家、政策、宗教、そのすべてをほしいままにするというのです。全国民が銀行の年季奉公人、借金奴隷になるほかないのです。

これは近代的なかたちの「征服」です!
ドナルド・トランプが立上り、ウォールストリートの銀行の解体方法を考えているのです。

ブルームバーグによると、ドナルド・トランプ大統領がウォールストリートの巨大銀行を消費者金融と投資銀行に分割する考えを温めているという。

このアイデアを国進兄さんも話していましたね。

これは天一国憲法にも定めがあります(エルダー氏)

銀行を上の2つに分け、いかなる銀行も1%を超えて市場を占有できません。

トランプを讃えましょう!大したものです!

「今それを考えている」とトランプ大統領は言った。「昔のやり方に戻したいという人たちがいる。だからそれを検討しているところだ」―トランプ大統領。株式市場は大統領のこのコメントで一時下げたが、また正常値に戻した。

ここで下げて戻しています。
トランプはFRB(連邦準備制度)も、ウォールストリートも、グローバル銀行カルテルも信用しないと言いました。

お前たちの植民地、全世界支配を破壊してやろうかどうか考えている・・と言っているのです。

CNBCニュースのツイート、
トランプ大統領の銀行分割を検討中との発言で一時下げたものの、ダウ(平均株価)はまた反発した

月曜日、大統領執務室でのブルームバーグ・ニュース記者とのインタビューで発言した・・・

ブルームバーグですって!

彼(トランプ)が選挙運動中に示唆したグラス・スティーガル法(1933銀行法)の復活について尋ねられ、そこでの消費者向け金融と投資向け金融との分離のやり方は1999年にビル・クリントン(大統領)によって撤廃された。

この考えは共和党の綱領にも入っており、2016年7月(トランプの)選挙対策委員長ポール・マナフォートが支持していた。

「オバマ―クリントン時代は大銀行に都合のいい法案ばかり通していたと思う。だから承知の通りウォールストリートのお金が全部、彼女(ヒラリー)に流れたのだ。われわれは小さな銀行と(ウォールストリートではなく)メイン・ストリート(小さな都市)をサポートする。」―トランプ大統領

これです!地方銀行、地方の主権です!すべての銀行が中央銀行の支配を受けています。グローバリストはつねに中央集権、政治的サタン主義を好み、通貨発行を支配し、通貨の関わり方まで支配しようとします。彼らがそれをやると皆、奴隷になるのです。なぜならお金を手に入れるためには1か所しか、行くところがないからです。一方、多数の競合する銀行があれば色んなところに行って、好きな取引ができるのです。見て回ることができる。それが中央に一本化されると一通りだけ。

権力の集中があるところ必ず腐敗の集中があります。資本の集中は権力集中の一形態です。だから銀行は小規模にして資本を分散させるのです。

サタンは背後で「権力集中がいい」と言っています。

天一国合衆国憲法で銀行の市場占有率を1%に制限していることには理由があります。

独占できないように・・・

その通りです。

私たちの国、主権国家には絶対的に必要なことです。
自由と繁栄の国に!
主権ある国家には。

また天一国憲法では商業銀行と投資銀行が分かれています。

トランプはそこを攻撃するのです。彼には分かっているのです。銀行に向けてそれとなく「また分割やろうかな」とメッセージを送っているのです。まだ手の内は見せません。しかしこれまでの大統領が約束してきたように「銀行を守る」とは言いません。すべて会社との約束には金銭が絡みます。それに対してトランプはすべて自分のお金で闘ってきました。どこの特別利益団体からもお金を受け取っていません。彼の選挙運動はトランプを大統領に当選させました!

今日、ペンス副大統領とトランプ大統領はホワイトハウスで地方銀行家のグループと会談し、ドッド=フランク法のような小さな銀行に不利な煩わしい規制を廃止することを誓った。
「皆さんは小さな、コミュニティ銀行かもしれないが、アメリカ経済成長にとって大きな大きなインパクトを及ぼす」とペンス副大統領が言うと、トランプ大統領は「コミュニティ銀行が強ければ、アメリカも強い」と付け加えた。

そのとおり!

これは凄いニュースですね。支配と中央化の根幹に迫るものです。政治天使長全体の資金源です。ワシントンに根深くはびこるネットワーク!文字通りサタンの心臓を突くものです。

翻訳・字幕:管理人
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

「トランプ大統領が素晴らしいことをやってくれそうだ!」KINGS REPORT パートII5月2日」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中