亨進様「王冠摂理について」4月20日K’S REPORTより

k report 4 20   YouTube.png

 今日のリマ

ゼカリヤ書3章1~10節

03:01主は、主の御使いの前に立つ大祭司ヨシュアと、その右に立って彼を訴えようとしているサタンをわたしに示された。
03:02主の御使いはサタンに言った。「サタンよ、主はお前を責められる。エルサレムを選ばれた主はお前を責められる。ここにあるのは火の中から取り出された燃えさしではないか。」
03:03ヨシュアは汚れた衣を着て、御使いの前に立っていた。
03:04御使いは自分に仕えている者たちに向かって言った。「彼らの汚れた衣を脱がせてやりなさい。」また、御使いはヨシュアに言った。「わたしはお前の罪を取り去った。晴れ着を着せてもらいなさい。」
03:05また、御使いは言った。「この人の頭に清いかぶり物をかぶせなさい。」彼らはヨシュアの頭に清いかぶり物をかぶせ、晴れ着を着せた。主の御使いは立ち続けていた。
03:06主の御使いはヨシュアに証言して言った。
03:07「万軍の主はこう言われる。もしあなたがわたしの道を歩み
わたしの務めを守るなら
あなたはわたしの家を治め
わたしの庭を守る者となる。わたしはあなたがここで仕える者らの
間に歩むことを許す。
03:08大祭司ヨシュアよ
あなたの前に座す同僚たちと共に聞け。あなたたちはしるしとなるべき人々である。わたしは、今や若枝であるわが僕を来させる。
03:09ここに石がある。これはわたしがヨシュアの前に差し出すものだ。この一つの石に七つの目がある。わたしはそこに碑文を刻む、と万軍の主は言われる。そして、一日のうちにこの地の罪を取り除く。
03:10その日には、と万軍の主は言われる。あなたたちは互いに呼びかけて
ぶどうといちじくの木陰に招き合う。」

(キリスト教啓蒙サイト、Got Question? Orgから朗読される)

最初に、曖昧さ回避:ゼカリヤ書に登場するヨシュアは、聖書のヨシュア記のヨシュアとは別人です。ヨシュア記のヨシュアはモーセを助け、イスラエルにヨルダン川を渡らせ約束の地に紀元前1400年に導き入れたヨシュアです。

ゼカリヤ書第3章のヨシュアはアロンの子孫、レビ人であり、バビロン捕囚後の紀元前538年頃にエルサレムにいた人です。ヨシュアの名前はまた “イエシュア”としても現れ、バビロンから最初に帰って来た人のうちの一人としてネヘミヤ7:7にでています。: 「彼らはゼルバベル、イエシュア、ネヘムヤ、アザルヤ、・・・と共に来ました。 」

預言者ハガイもまた大祭司ヨシュアに言及しています。「ダリヨス王の第二年の第六の月の一日に、預言者ハガイを通して、シェアルティエルの子、ユダの総督ゼルバベルと、エホツァダクの子、大祭司ヨシュアとに、次のような主のことばがあった。」(ハガイ1:1)。

ヨシュアはすぐに神殿再建に尽力しました(エズラ5:1-2)。神は預言者ハガイとゼカリヤを用いて、神殿を再建し、人々を励ますようにとの御言を伝えました。ヨシュアは霊的指導者および大祭司として仕えながら神殿再建を支えました。ゼルバベルはユダの総督であり、また神殿建設に携わっていました。

ヨシュアは再建されたエルサレムの最初の大祭司として重要な歴史的役割を演じ、帰還者の第二波でエルサレムに戻って来くるエズラの先任者であった。

神は預言者ゼカリヤにヨシュアの頭に王冠を置くよう命じられました。「銀と金を受け取り、冠をつくり、それをヨツァダクの子、大祭司ヨシュアの頭に載せて、宣言しなさい。」(ゼカリヤ6:11)ヨシュアはすでに大祭司であり、預言者は彼を象徴的に王位に立てたのでした。この戴冠式は、神殿を建て直す作業の中でヨシュアに励ましを与えた。またこれは将来の救世主-大祭司であり王である-の視覚的予言でした。重要なことに「ヨシュア」というヘブライ語はギリシャ語に直せば「イエス」になる。このように、大祭司であり王でもあるヨシュアは、来るべきメシアの前兆であり、その類似性は彼の名前にまで及んだ。

非常に興味深い話です。イエスはヘブライ語でまさにイエシュアといいます。
ゼカリヤがまさにヨシュアの頭に王冠をのせるよう神様からいわれたのです。非常に興味深いですね。ヨシュアはもちろん神への信仰の中心である神殿再建に関わった人でした。ヨシュアは捕囚の後、ネブカドネザル王のバビロンから戻ってきました。

94d4d80af16653479fc1340e56c564b8

-亨進様-

神様の霊は、私を荒野路程を味わわせるように荒野に導かれました。お父様が指し示された位置にどのようにしてつくことができるのか。まさに天一国の二代王であるとともに大祭司の位置に他なりません。すべてのサンクチュアリは組織によって一つになっているのではありません。サンクチュアリはそれぞれの国、それぞれの地域でまったく異なる組織です。

文鮮明師を再臨主、メシアであると認めている点と、
文亨進が二代王であり文鮮明師から王統を継ぐ相続者であることを認める点。

この2点がサンクチュアリの信仰と私(文亨進)が神学的問題における最終決定権を持つ大祭司として認識する基盤になっているのです。経済、組織運営を担っているわけではありません。しかし皆は神学的問題においては私に支配権を委ねているのです。ですから大祭司と王について語るのは有益なことです。荒野路程を通過しなければなりませんでしたが、次には神殿を再建しなければなりません。神様を礼拝する中心を再建するのです。神の王国の中心です。いわばエルサレムが神の国になるように。

きっとヨシュアは王冠を被りたくなかったと思います。エルサレムの王。
私も本当に抵抗しました。私のアイデンティティにあえて踏み込むまでは王冠など被りたくなかったのです。複雑な思いを抱えていたからです。怖れを感じ、その価値のないものだという思いもありましたし、戦慄を感じました。

神様の霊は「ヨシュアは汚れた衣を着ていた」とここでかたっておられます。もちろん私たちの汚れた行ないを指しておられるのです。私たちは自分の行いを誇りますがすべての数学、宇宙の創造を考えられた万能の創造主の目から見ればただ汚れた衣であり、何の価値もないものなのです。理解しなければならないことは、私が何事かを成し遂げたからこの位置に立ち、天一国の王として王冠を被り、大祭司であると言っているのではないのです。

すべてのことはお父様が指名されたからしていることなのです。この違いがお判りでしょうか。私が欲し、願い、相応しいことをしたからこうしているのではないというのです。

私に授与されたお父様のゆえに、この場にいるのです。私を信じて下さったのです。私のお父様に対する愛を信じて下さったのです。最終的にはそれが私たちが依って立つ力なのです。

王冠摂理が始まり、すべてのサンクチュアリの兄弟姉妹は自分たちの王冠を準備しています。氏族血統圏の王と王妃です。自分達を誇るためではなく、天と地を連結する渦の中心点(Vortex Point)にいるからです。すべての先祖がそれを待っているというのです。地上の王に仕えることにより彼らは生命力を得ることができるのです。

img-thing王冠摂理で国進兄さんに「仕返し」ができることを嬉しく思います。兄さんが自分の王冠を造るのです。自分たちが王冠を戴(いただ)く前に、真のカインの代表である国進様に戴冠させてあげたいと願う世界の兄弟姉妹に感謝します。韓国、日本、アメリカでも戴冠は真のカインが先にされてから自分達も行うと言っています。素晴らしい心情だと思いませんか。美しい心情です。

今オリジナルの王冠のデザインをデザイナーに頼んでいるところです。兄弟姉妹の好みに応じてジョンが3つの価格帯で用意しています。

(*上の2つの王冠の写真はサンクチュアリでデザインしているものではありません)

国進兄さんは当時の私のように王冠を被るのをだれよりも嫌がっている人です。

今や神様の霊の導きがすべての兄弟姉妹に、決して自らを誇ることなく、神様が与えられた自らの位置を自覚させていることを国進兄さんも理解しています。これらは王冠、その責任をくださる方への感謝と栄光を返す位置であり象徴です。大きな自由のある所には相応の責任が生じます。真の男と女、真のキリストの体が立ち上がり神様の王権、三代王権とともに立つ。氏族血統圏の王、王妃として立つのです。サタンの王国に対してイエス様は立ち上がりました。またサタンはすべての王の権威と権力に反対します。
私たちが立ち上がって自らの位置に立つとき、そして私たちが抵抗するときサタンは必ず逃げ出すのです。

 

翻訳:管理人
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

「北朝鮮のミサイル発射と韓国の現状」-2017年4月16日「王国への入口」【英語説教日本語訳】(その2)

Entrance into the Kingdom   April 16  2017   Rev. Hyung Jin Moon   Unification Sanctuary  Newfoundland PA on Vimeo.png

Entrance into the Kingdom 2017-4-16

「王国への入口」

旧約聖書だけであれば確かにコーランと似たところがあります。しかし、イエス様のレンズを通すと非常に異なっているのです。聖書全体が文脈として説明されるのでまったく異なってきます。

文明全体が書かれており、完全に異なる道徳が書かれているので、キリスト教の文明、特に福音派の中央集権でない国の権力と離れたキリスト教は、キリストに対して従順になって夫と妻が一体化するという考えを強く推進します。

夫と妻と別の妻、妻、妻、性奴隷、性奴隷・・・ではありません。それは違うモデルではないでしょうか。それは全く異なる現実であり、まったく異なる文明だというのです。なぜなら文明は男性と女性、結婚に基づいて築かれており、文明の中心的単位がそこで定義されているからです。

その韓国のビデオによると北朝鮮には30以上の喜びの宮殿があり、喜び組のスタッフがそこにいてそれらは北朝鮮の高官と最高指導者である金正恩が楽しむためのものです。

ですから愛国心のある人がいるのでこれを行っているというのはでたらめです。彼らが資源と軍事力を求めるのも、限りなく女性を供給させるためだという事なのです。

彼女たちはこの写真で軍服を着ていますが、夜になるとこのように変わります。皆さんは天使長の権力の現実に対して脳死状態にあります。それは殺人とお金の巣窟なのです。ラップ文化の中にも乱交文化があるのと同じように、殺人とお金の巣窟です。

彼女たちはユニフォームに身を包んでいても、最終的には人身売買されて搾取される奴隷なのです。

私達はいつも偉大なピアニストや偉大な科学者になることを求めますが、偉大な母についてはどうしたというのでしょうか。尊敬を受ける女性についてはどうでしょうか。文明を築き支える本当の母親についてはどうなのでしょうか。強い妻についてはどうでしょうか。

そういったことを皆取り除いてしまって、立派な母親になることによって立派な女性になるとは考えないのです。それは社会的な意識にも含まれていません。

これやあれにならないと立派にはなれないというように信じています。しかし、そうなっても幸せにはなれないのです。なぜなら結局は誰もが、自分を本当に充実させて幸せにしてくれるような本当の関係、親密さを必要とするからです。

土曜日の軍事パレードの話に戻ります。彼らはこの新しいICBMを披露していました。「既存のKN-08やKN-14ミサイルよりも長い」とあります。トランプはこれに気付いています。

ffgkfj.png

これがゲームチェンジャー弾道ミサイルです。これが土曜日の事でした。それが平壌でパレードしていたのです。CNNもFOXニュースもその現場にいました。

ミサイル発射の命令は日曜日に下されました。全世界は彼らがミサイルを撃たなくて良かったと思っていたのです。数時間してミサイル発射の命令が下りました。どこを狙っていたのかは分かりません。

もしかしたら多くの人がハッキングしたのかもしれませんが、発射台で失敗が起こりました。これがどれだけ深刻なことが分かっていません。韓国は正に核戦争の瀬戸際にあります。

私達はこのようにアメリカで隔絶したユートピア、恍惚の世界にいます。なぜならとても祝福を受けた年でした。トランプが物事を本当に転換しています。不法移民を遮断してMS-13を排除しています。小児性愛犯罪ネットワークを牢獄に入れています。

私達は非常に祝福されているので、あれがどれほど信じられないほどに危険であったか理解していません。

こちらの時間で土曜日に発射しました。今は日曜日の朝です。彼は今夜もう一度やることもできるのです。それはわかりません。パレードでどれだけたくさんあったか見たでしょう。

彼がICBMを撃つように命令したということを理解しているでしょうか。もしかしたらそのことが頭に入っていないかもしれません。これは信じられないような事なのです。

この地域の過去50年で最も危険な状況です。核戦争の準備をしています。

私達は何が起こるか分かりません。彼はまたやるかもしれません。彼らは信じられないほどにみじめで自己陶酔的です。

CNNによると彼らは最初失敗した事を否定していましたが、世界で認識されると認めるようになりました。

それはただ彼らの、独裁者のプライドと体面の問題だというのです。彼らがその核の力を持って、自分の正当性を維持するために。

今中国が彼らを説得し、政権変更についてアメリカと中国とロシアの間の首脳間で話し合われていることが分かっています。

残念なことに彼は喜び組の宮殿の中で一生を過ごした精神異常の若者なのです。 そして彼はそれをやめたくないのです。

ミサイル発射が命令されましたがそれは幸運にも失敗しました。

ペンス副大統領は今ソウルにいます。韓国の兄弟姉妹たちが彼を歓迎しようとしています。思考停止状態の保守政党の中でサンクチュアリだけがやっているのです。この保守政党の人々を見ていると本当にイライラします。信じられないほどに何も分かっていない人たちです。実際左派は共産主義者で右派は社会主義者であるだけなのです。どちらも完全に財閥の支配下にあります。

「金の高官の1人、チョー・リョンヘは今日、北朝鮮は『核の正義の力で敵を打倒する』と断言しました。彼は満員状態の広場の聴衆に『もしアメリカが向う見ずな挑発行為を我々に起こすなら、我々の革命的な力で直ちに壊滅的な反撃を行い、我々の核攻撃戦闘のやり方で全面戦争には全面戦争で応じる』と語った」

國進兄さんは10年前韓国政府に増大する問題があると言っていたのです。そして最終的には市民に対して銃の権利を増やさなければならないのだと。なぜなら軍隊で訓練しても、彼らはそこを出ると皆武装していないからです。ですから準備ができないのです。1時間以内に1万の砲撃によってソウルで撃たれてしまいます。それはミサイルや核以外のものです。

訓練されていない8百万の人々を1時間で組織することはできません。武器を準備して戦う準備をして配置に着くことはできません。

お父様は平和警察、平和市民軍の話をしておられました。少なくとも軍隊経験のある人々からでも銃の権利を増やさなければならないのです。そして軍隊を出ても自分の家に武器を準備する必要があります。

私達は恍惚の国に住んでいるのではありません。悪を選択することもあります。常に悪の脅威はあります。姦淫をする者、男娼となる者は神の国をつぐことはできません。

神の王国で生まれる次世代は悪を選ぶかもしれません。彼らがサタンに魂を売って政治的悪魔崇拝者となるなら、そのような脅威に対処することのできる王国の文化における環境が無ければなりません。特に暴力に対して。

「金は彼の新年の演説で北朝鮮のICBM発射準備は『最終段階に到達した』と語っていた」
それで私はこれらの1カ月前の過去の記事を見つけてきました。ニューヨーク・タイムズとビジネス・インサイダーがこれについての記事を報道していました。

それには、トランプはオバマ政権が行ってきた北朝鮮とのサイバー戦争を引き継いでいるとあります。

「ニューヨーク・タイムズの最近の報道で、3年に渡って激しく続けてきた北朝鮮の核ミサイルプログラムを狂わせるための極秘作戦が明らかになった。
基本的にその報道では、北朝鮮のロシアで設計されたミサイルが高い割合で失敗しているのは、アメリカが北朝鮮のミサイルソフトウェアとネットワークに干渉しているせいであるとしている」

北朝鮮のミサイル設備はロシアほどの能力を持っていませんが、多くのミサイルがロシア製です。統計を見るとロシアの同型のミサイルでの失敗率は13パーセントしかありません。一方北朝鮮の場合は88パーセントだという事です。つまり成功の確率は12パーセントという事です。

オバマは発射台でミサイルを爆破することについて話していました。日曜日に何が起きたでしょうか。ミサイルは発射台で爆発したのです。

それでは発射前に起爆させて爆破することは可能なのでしょうか。それは非常に可能性が高いのです。これは旧来の戦いではありません。21世紀のあらゆる範囲の支配権の戦いです。

「NSAでの経験を持つコモドのサイバー・セキュリティの専門家であるケン・ギアーズ博士は、北朝鮮に対して行われたようなサイバー作戦は実際当たり前の事だとビジネス・インサイダーに語った」

彼らはサブウェイでローストビーフサンドイッチを食べて帰ってきてから、北朝鮮のミサイルを爆破するのです。数人を拷問して目をくり抜き、耳を引き抜き、鼻と喉を引き裂いて「やあピート。スパゲッティを食べに行こう」と言うのです。それが彼らの仕事です。

「アメリカが他国のミサイルプログラムをハッキングしたという事実はショッキングかもしれないが、軍事インテリジェンスの世界では当たり前の事だ」とギアーズは語った。「ある国との戦争が可能だと思うなら、紛争のための戦闘空間を準備しようとするだろう。インターネットの時代ではそれはハッキングを意味する」

「ニュヨーカーに対して行われたロシアのハッキングに関する最近の報道では、1996年にアフガニスタンのカブールにあるNATOの基地の近くの地元の店に仕掛けをしたUSBメモリを置くことで、ロシアはNATOのコンピューターネットワークにアクセスできるようになったという事だ。NATOのオペレーターがそのUSBメモリを購入し、ネットワーク内で使用して、その様にしてロシアが侵入したのだった」

この記事はほんの1か月前のものです。1か月前にミサイルを発射台で爆破するという話があったのです。そして昨日ミサイルの爆発があったという事です。

アメリカがやったとしてみても彼らは100パーセントの成功率ではありません。彼がICBMの発射を命令し続けるとすれば、私たちはそれがどこを狙っているのかわかりません。日本か、韓国か、アメリカの艦隊か。

ドラッジもミサイル失敗、北朝鮮の信用が落ちたと言っていました。完全にこれを馬鹿にしています。これで終わりではないのです。彼はもっと沢山持っているのです。ジャブをよけたとしてももっとたくさんのパンチがやってくるという事です。ばかげています。

ここにあるのは彼らが持っている短距離の弾道ミサイルです。その距離を見てください。KN08でさえ7,200マイルまで届きます。フロリダ以外の全米に届くという事です。

「ミサイルと核実験の増加」
見てください。上下していますが金正日が死んだ2009年に上がっています。そして金正雲になって増加し、核実験とICBMのテストを急激に増加させています。

私達は10年前韓国にこのことを警告していました。國進兄さんはイスラエルを例にして示していました。

國進兄さんが自由社会の講義、特に強い韓国という点で示された例の1つがイスラエルでした。なぜならイスラエルは日常的に死を呼び起こすアラブの国の真ん中にあるからです。それでも彼らは生き残ることができます。NATOの支援やアメリカの支援によってだけでなく、彼らも強力な軍隊を持っています。

イスラエルの人口はどれだけでしょうか。6百万?8百万? 1千万以下の人口でありながら10分、15分、20分で全人口が略奪者に対する危険な軍隊に変わります。すべての人が男性も女性も訓練を受けなければなりません。

とりわけ自由意思がある場合には恍惚の国で暮らすことはできません。なぜならすべての人が普通の人々のように選択するわけではないからです。普通の人々は搾取したいと思いません。普通の人々は子供レイプしたいと思いません。食人したり楽しみの為に人を殺したりしません。

普通の人々は、ただ人と仲良くやって家族を養い、時々映画を見たりして良い時間を過ごしたいだけです。サイコパスではありませんからそのようなものを求めないのです。

しかし10パーセントのサイコパスは悪魔崇拝を望み、闇の力にすべてを売り渡し、巨大な権力を得て卵子と卵巣と資源を支配したいと思っています。

神様の王国はそのようなタイプの悪魔にとってとても危険でなければなりません。神様の王国はそのようなタイプの悪魔的な権威と権力と力、霊的な悪にとってとても危険でなければなりません。

ソウルの人口がどれくらいですか。全人口の半分ですか?ソウルに70パーセントですか。周辺の衛星都市を含めて。すると約5千万です。イスラエルは8百万です。8百万の人々が、日常的に死を求めているこれらの過激派ジハーディスト、サウジを背景としたワッハーブ派の国の攻撃をかわしています。

それは彼らがイスラム教徒よりもっと熱心に祈っているからではありません。彼らが嘆きの壁に行くからではありません。それだけではなく、彼らは身体的に略奪者と戦い、国を守る準備ができているのです。

女性も訓練を受けなければなりません。これを見てください。17、8の少女です。まったく軟弱な少女たちです。ここの女の子たちなら簡単に倒せるでしょう。しかし彼女たちがリアリズムに目覚め始めて、実際の軍隊の訓練を受け始め、戦争の脅威を理解し、危険の脅威を理解し、小脳扁桃の機能が正しく働いて、自分の財産、幸福、健康、身体、精神に対する脅威を理解し、愚かな妄想のカルトの中で暮らすことなく・・・。

愚かなハリウッドは絶えず馬鹿者たちに吹き込むのです。「すべて大丈夫ですよ。何も危険はありません。危険なのはトランプだけです。トランプは危険です」と言って。本当に愚かです。「銃は危険です。銃は全部私に渡しなさい。よしよし」と。

しかしこの少女たちは訓練に行かなければなりません。選択の余地がないのです。どのような訓練かと言えば、多くはここでやっているような事です。本当の戦闘スポーツができます。

ボクシンググローブをはめて自分は強いと思っていますが、顔にパンチを受ければ映画みたいではない事がわかるようになります。そうして現実に入っていくのです。「男の方が女より強いのだ」ということが分かります。

彼女はハーフガードでパスとマウントをしようとしています。彼女たちもブラジリアン柔術のような本当の格闘術を学ばなければならないのです。それが世界中で標準になっています。

これはバーか何かですが、本当の事です。訓練中は本当に常に武器を身に着けていなければならないのです。写真を見せるまでは皆さん信じません。女性たちもこのような大きな銃を怖く思いません。使い方を分かっています。しかも使い方はそれほど難しくもないのです。

特殊な訓練を受けた人でなければならないと思いこまされているだけで、そんなことはありません。

イスラエルの3百万の訓練を受けた女性は皆分かっているのです。彼女たちは違います。彼女たちのエピジェネティクスはある面で解放されているのです。

アメリカの甘やかされた女性たちはまったく分かっていません。フェミニズムの麻薬で慢になっているだけです。現実世界のシナリオでの現実の能力という点では本当の考え方を持っていません。

ですから郊外の白人の若者が・・・少数派グループのハンドラーとなって彼らを社会主義に閉じ込めるのです。まったくみじめです。

彼女は現代的なファッションに身を包みながらM16を身に着けています。

こちらは素敵なビーチを散歩しています。まったく異なる文化なのです。

つづく
翻訳:BAMBOOS
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村