2017年4月2日説教「黙示録の王国」【英語説教日本語訳】(その4)

Kingdom Revelation April 2 2017 Rev. Hyung Jin Moon Unificatio05 Sanctuary Newfoundland PA on Vimeo

KINGDOM REVELATION 黙示録の王国 (その4)

アメリカは大したものですねー。よくやりましたー。
これは愛国的な普通のアメリカ人の行動ではありません。乗っ取り勢力、闇の暗殺団の仕業です。大金欲しさにやっていることです。不法薬物の闇マーケットで資金を生み出す源泉にしているのです。その金を自分たちの活動資金に充てています。政権の揺さぶり、他国の闇勢力との協力に使っています。背後の影の勢力を構成しているのです。結託してより権力を自分達に集中させようとしているのです。だから「正義の秤」を持った黒い馬です。これが世界にある、崩壊する世界に見るもう一つの主たる勢力だというのです。政府の中にある闇組織です。CIA、FBIで働く多くの愛国者もいますが、なかの一部のグループがアメリカを崩壊に向かわせているのです。またこれらのグループをオバマはホワイトハウスから少し離れた隠れ家で用いていました。裏CIA、裏FBIです。オバマは退職する数カ月前から1万人を超える職員を雇ったといいます。トランプ政権が行うすべてを妨害破壊する使命を与えたのです。

トランプが新しいことをやるたびに誰かが妨害したりリークしたりするのです。一部の裁判官が「いや、それは違法だ」などといって連邦法を無視しています。それは全国的に起きています。まったくの無法地帯です。

連邦政府、合衆国大統領の権限に対して数人の判事が従わないというのです。自分の州では連邦の法律には従わないといっているのです。判事がです!この裏国家、裏組織は世界でも大きな勢力になっています。サタン的天使長的勢力です。

次に緑の馬、青白い馬がいます。
「それに乗っている者の名は「死」と言い、それに黄泉が従っていた。彼らには、地の四分の一を支配する権威、および、つるぎと、ききんと、死と、地の獣らとによって人を殺す権威とが、与えられた。」(黙6:8)

これまで三勢力についてよく語ってきました。ひとつはアングロサクソン系の国際銀行カルテル、また中国共産党、そして不注意にもCIA、他の闇組織について話してきたもののそれを三勢力に含めることはこれまでありませんでした。

三つ目の勢力としてはこれまでもサウジアラビアのワッハーブ過激派についてみてきました。キングズレポートを見ている人ならデイビッド・ウッドがコーランを研究して、イエス・キリスト、キリスト教文化とムハンマドのイスラム教がどれほど異なっているか論証したことを知っているでしょう。デイビッド・ウッドのユーチューブチャンネルを見るとよくわかります。サミシュ・ムーンを見てもいいでしょう。

7657

緑の馬はサウジアラビア王国、イスラム世界の中心とみることができるでしょう。イスラム教徒の大巡礼地であるメッカもメディナもあります。この国では女性は車の運転も許されません。強姦されたら証人を出さない限り石で殺されるのです。

またこの国のオイル・マネーは国際銀行カルテルと結託し石油を独占しているのです。トランプがアメリカの石油を採掘してより競争力を高めようとしていることが原因で彼らから憎まれています。みなサウジと結託しているのです。マッケイン上院議員などはサウジに飛んで、国王に媚を売っています。

ワッハーブ派サウジ、20世紀イスラム世界の過激派の中心地。
他のイスラム諸国はトルコを含めかなり現代化、西洋化しています。トルコに行けば分かりますが、マクドナルドは言うまでもなく、少女は学校に通い大学にも言っています。ジーンズも履いています。ドバイで現地の人によると、15、6才の女性が飛行機でヨーロッパに向けて出ていくときには、飛行機が離陸した途端、ヒジャブやブルカをとってミニスカートに着替えてヨーロッパでパーティの準備をするといいます。

全く異なる世界観をもった文化なのです。イスラムの西洋化、イスラムの改革もありますが、いまイスラムの急進化、過激化が起きています。それが主流になってきているのです。エルドアン大統領のトルコでもそうなっています。その結果、移民が洪水のようにヨーロッパに押しかけています。改革的イスラムではなく急進的イスラムを生み出しているのです。アメリカ国内のモスクの80%はなんとサウジアラビアが所有しています。驚くべきことです。

サウジで教育されたイマーム(イスラム指導者)がアメリカのこの町あの都市へ送られ自分の解釈に従って人々に教えているのです。

すべてのキリスト教徒が聖書を理解しているわけでも毎日読んでいるわけでもありません。イスラム教徒も同じです。皆さんも知り合いの中にイスラム教徒がいるでしょう。彼らは何の問題もありません。一般のイスラム教徒もキリスト教徒同様、普段からコーランを読んでいるわけではないのです。イマームの話を聞くだけです。

デイビッド・ウッドは直接コーランを読み、信じられないようなムハンマドの衝撃的な事実をつかみました。性奴隷がイスラム世界では許されるといったレベルの話ではありません。ムハンマドが花嫁であるアイーシャの衣装を着て啓示を語るところがあるそうです。明らかに女装しているのです。オリジナルの経典によるとそのようです。私はその方面の専門家ではありませんが、これは衝撃です。ハディース(預言者ムハンマドの言行録)には彼が男の口を吸う場面があります。これがイスラム世界での同性愛の根拠になっているのではないかと思います。去年、ヨーロッパで移民男性がプールで少年をレイプする事件がありました。そして犯人は自分が「性的緊急事態だった」などといっているのです。少年を対象にしてです。

オーストラリアの牧師はこの四騎士すべてイスラムを指しているといっています。ディスカバリー・ミニストリーのスティーブ・ショッコランティです。彼は四つすべてイスラムだといっているのです。しかしそれは違います。

現実の世界の勢力をみるとき、イスラムもひとつの巨大なカリフ・カルテルだというのです。唯一の勢力、唯一の天使長勢力などではないのです。主要な勢力の一つです。この四つの勢力が連携して動いています。必ずしもお互いに仲が良いわけではありません。完全支配に向けて競い合っています。しかし国家の大半を手に入れるために協力しているのも確かです。

互いの都合で協力していても、先で裏切ることは目に見えています。それが盗賊のやり方です。縄張りを獲得しようとギャング同士手を組み、そこを組織化して縄張りを手に入れる-ただ大規模な国家レベルの盗賊、ギャング・カルテルです。

このように世界には主要な勢力があります。聖書を考えあわせながら現実世界を見るときこうした勢力があるというのです。地上での大艱難をもたらすものです。

聖書のすべての象徴をみるとき現実の勢力に当てはまります。アングロサクソン系の銀行カルテル、中国共産党、闇組織、サウジに支援を受けたワッハーブ派急進的イスラム。

終末に起こる出来事への興味深い啓示であり、理解です。黙示録第6章に示される段階です。

6:11すると、彼らのひとりびとりに白い衣が与えられ、それから、「彼らと同じく殺されようとする僕仲間や兄弟たちの数が満ちるまで、もうしばらくの間、休んでいるように」と言い渡された。6:12 小羊が第六の封印を解いた時、わたしが見ていると、大地震が起って、太陽は毛織の荒布のように黒くなり、月は全面、血のようになり

四つの血の月(Four Blood Moons)は去年2016年に起こりました。

6:13天の星は、いちじくのまだ青い実が大風に揺られて振り落されるように、地に落ちた。

以上が黙示録の第6章で、次に12章をみていきましょう。これが今年起こることです。

12:01また、天に大きなしるしが現れた。一人の女が身に太陽をまとい、月を足の下にし、頭には十二の星の冠をかぶっていた。 12:02女は身ごもっていたが、子を産む痛みと苦しみのため叫んでいた。 12:03また、もう一つのしるしが天に現れた。見よ、火のように赤い大きな竜である。これには七つの頭と十本の角があって、その頭に七つの冠をかぶっていた。 12:04竜の尾は、天の星の三分の一を掃き寄せて、地上に投げつけた。そして、竜は子を産もうとしている女の前に立ちはだかり、産んだら、その子を食べてしまおうとしていた。

天で大きな印があらわれるといいうのです。そこに身ごもった女性が登場します。身に太陽をまとい、月を足の下にしています。頭には十二の星の冠をかぶっています。このイメージは何を意味しているのでしょうか。私は2年前にこれを取り上げましたから、覚えている人もいるでしょう。

今年、2017年9月23日。この日に天に実際にこの通りのことが起きるのです。今まで起きたことはありません。すべて一致するのです。この映像を見てください。

これは一個人の解釈に過ぎませんが、重要なことはこういう天文現象が2017年9月23日に起きるということです。今年です。木星が9か月間おとめ座の子宮の位置周辺に留まり、太陽をまとい(太陽と重なる)、月が足元に来る。水星、火星、金星がしし座とならんでおとめ座の頭の位置に12の星を構成する。これらの星の並びが同時に起こるのは観測史上今までなかったことです。まさに聖書で予言された現象です。それは艱難のちょうど中間の時期、獣の印の時期です。9月23日に獣の印がみられる時―聖書ではこう言っています。

13:01わたしはまた、一匹の獣が海の中から上って来るのを見た。これには十本の角と七つの頭があった。それらの角には十の王冠があり、頭には神を冒涜するさまざまの名が記されていた。・・・13:16また、小さな者にも大きな者にも、富める者にも貧しい者にも、自由な身分の者にも奴隷にも、すべての者にその右手か額に刻印を押させた。13:17そこで、この刻印のある者でなければ、物を買うことも、売ることもできないようになった。この刻印とはあの獣の名、あるいはその名の数字である。

この預言に関してはさまざまな解釈がなされています。たとえばジハーディスト(聖戦主義者)が身に付けているシャハーダ(訳注:イスラム教の重要な信仰告白:アッラーの他に神はなし。ムハンマドはアッラーの使徒である)のようなもの。イスラム教徒になるためには唱えなければならない言葉です。

ISISやジハードの兵士が額に巻いている鉢巻きにアラビア語で書かれているものです。サウジアラビアの国旗にも書かれています。それが「獣の刻印」だという者もいます。

つづく

翻訳:管理人
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中