2017年4月2日説教「黙示録の王国」【英語説教日本語訳】(その2)

Kingdom Revelation April 2 2017 Rev. Hyung Jin Moon Unificatio05 Sanctuary Newfoundland PA on Vimeo

KINGDOM REVELATION 黙示録の王国 (その2)

オオカミや魔物のやり方を知らなければなりません。そうしてこそ悪魔が逃げだすまで闘い、打ち勝ち、対抗することができるのです。そのためには闘う相手を知らなければなりません。その正体を知らなければ、たちまち今のキリスト教会が陥っている、福音もどき、国に擦り寄る福音、イエス様が解放者、共産主義者などとするカトリックの解放神学のようなものに堕ちていきます。

またプロテスタントでも牧師が政治を語り、ある候補者を支持表明することを法律で国が禁じるなどというばかげたことが起きるのです。牧会者は信徒たちに、み言をもってどちらが神側でどちらがサタン側かを示さなければならないのです。プラトンはこういっています。「あなたが政治に関心を持たなくても、政治はあなたに関心を持っている。」

あなたがもし政治に無関心でいるなら、自分に劣る者たちに支配されるでしょう。これはあなたの過ちです。自分より劣るサイコパス的人々、悪意に満ちた悪魔的なものたち、ただ道徳的なふり、善人ぶるだけで、その目的は中央集権と盗みと力を用いて無実のひとびとを陥れるのです。そのすべての背景を知ることで、サタンの王国の裏に潜む主要な権力を理解できるのです。

アメリカは1914年に連邦準備制度を設立してから力を失い崩れ始めました。ヨーロッパの中央銀行の侵入を許して以来、その通貨発行権を使って経済を乗っ取り、政治家を飼い慣らして政治も乗っ取り、自分たちの都合の良い法律を作り、国を所有し、国民に税を課したのです。

1914年以降導入された所得税、法人税・・・これらはすべて天一国では違法です。聖書に従い、自分が汗して稼いだものは自分たちのものになります。悪魔、天使長に奪わせてはなりません。神様はわれわれに「成育せよ、殖えよ、地を従わせよ」という祝福を与えられましたが、その90%をサタンに与えてはならないというのです。それはサタン世界です。

アメリカは、中央集権的、国家宗教化されたカトリック教会とは異なり、民主化されたキリストと個人的な関係を結ぶキリスト教、ユダヤ・キリスト教を基盤にしています。清教徒、メソジスト、バプテストなどのプロテスタント教会がやってきてアメリカの基台を造ったのです。アメリカがリバイバル運動を主導しました。民主化されたキリスト教は、神様との関係性をもとめ、聖句に直接向き合ったのです。それが神様の祝福の基台となり、ほとんど長成期完成級まで成長しました。
キリスト教徒ならばキリストが再臨して地上天国をつくることを知っています。だから私たちキリスト教徒は御国が来ることを願いもとめなければなりません。だからイエス様は

天にまします我らの父よ。
ねがわくは御名〔みな〕をあがめさせたまえ。
御国〔みくに〕を来たらせたまえ。
みこころの天になるごとく、
地にもなさせたまえ。

と、毎日祈りなさいとおっしゃったのです。神の国の到来を毎日祈らなければならないのです。なぜならわれわれは共和国、国家に仕えるものではなく、来るべき王と王国を待つ者だからです。

これらを大前提として、3つの大きな勢力があるといいました。もう一つ、四騎士で明らかにしたように、世界にはサタンの四大勢力があるのです。

四騎士に絡めて話したことは今までありませんでした。これまでサタンの三軸、三位一体といってきました。しかし今日、神様の聖霊が私に語りました。この黙示録の四騎士、災いをもたらす馬こそがサタンを終わらせるものなのだということです。ハリウッド映画であるような世界がこなごなに破壊されるとうものではないのです。

サタン支配の終わりを黙示録は示しているのです。その後に新しいキリストの王国が来ます。津波が来たり、地球が吹き飛ぶようなものではないのです。

聖書は黙示録の四騎士を現しました。この四つの勢力をいうとき多くの印、シンボルがこれらのカルテル、勢力を示しています。

西洋ではアングロサクソン系の銀行カルテル。経済的支配をおこなっています。ロスチャイルド・グループはイギリスを乗っ取り、ナポレオン後にはヨーロッパの五つの中央銀行を手に入れています。その中央銀行を使って各国から税と資源を集めました。

ところでトランプ大統領はアンドリュー・ジャクソン(第7代大統領)が大のお気に入りで、肖像画だけでなく、いななく馬に乗るジャクソンの彫像までオーバル・オフィス(大統領執務室)に置いています。

アンドリュー・ジャクソンが何をしたのかと言えば、彼は中央銀行を追い払ったのです。アメリカに返り咲いて通貨発行権を自分のものにしアメリカ国民から徴税しようとしたヨーロッパの中央銀行と闘い、追っ払いました。

アンドリュー・ジャクソンに追い出された中央銀行は後に、ウッドロー・ウィルソン(第28代)大統領の時、戻ってくることに成功しました。それが連邦準備制度(FRB)の設立であり、それに続く所得税制度です。それ以来、アメリカは100年間搾取され続けているのです。

ひとたびその制度が設立されると、たちまち福祉国家化、家庭崩壊、女性の離婚奨励策、男性嫌悪文化、父権嫌悪文化、子供を国が所有する、洗脳公立学校制度、フリーセックス、ホモセックス、トランスジェンダー、小児性愛が持ち込まれ、経済、社会は堕落しました。そこから必死でもがき立ち直ろうとしているのがいまのトランプのアメリカです。

これはロスチャイルド家の紋章です。

666.png

ロスチャイルド家はあまりに強力で、イギリス国王もひれ伏すほどでした。やがてイギリス王室に娘を嫁がせて外戚として入りました。ロスチャイルドはイギリス人ではありません。オーストリアのドイツ系なのです。ウィンザー家はトランシルベニアのヴラド・ツェペシュ(通称ドラキュラ候)の血筋ですが名を変えました。チャールズ皇太子はそれを自慢していますが、彼らは英国人の血統ですらないのです。その彼らが英国人の上に君臨し、EU脱退に反対しているのです。

ロスチャイルド家の紋章を見てください。何を持っていますか。弓と矢です。ロスチャイルド銀行カルテルのものですが、銀行カルテルの中で最大の力を持っています。IMF(国際通貨基金)、スイスのBIS(国際決済銀行)の主たるオーナーであり、ここから各国の中央銀行にお金を貸し出しているのです。真のマフィア・システムです。自分たちの金融制度をもって国を乗っ取り、国を征服する現実の国際銀行カルテルなのです。

五つの矢はヨーロッパのロスチャイルドの銀行を現しています。イギリス、フランス、ドイツ、スイス、イタリアそれぞれの中央銀行を指しているのです。イタリア中央銀行が一番古く、五人の息子にそれぞれの銀行を任せました。だから五本の矢を握っているのです。いまや全世界の銀行を所有しています。韓国の中央銀行もIMFを通じてつながっています。

彼らは世界で一番の金持ちでその資産は50兆ドルを超えます。一国よりもお金を持っているのです。大きな力を持った勢力です。ここにグレムリンのようなジョージ・ソロスが仕えています。そのソロスがアメリカ国内、ウクライナ、ヨーロッパなどでの暴動、騒乱に資金を出しているのです。

ロスチャイルドがすべての枝を所有する樹のうち、ソロスは一つの枝を任されて、不安定化のための様々な策略に資金を調達しているのです。あらゆる方法を使って資金を流し、共産主義を拡大する勢力に力を与えています。

中央集権国家、中央集権天使長、共産政府を欲するからです。そうすれば一人の顧客、一つの政府を握るだけで一国を支配できるからです。

だから天一国では中央銀行、中央政府をもつことを禁止しています。連邦政府もGDPの10%以下の規模で許されます。中央銀行、中央集権教育、中央軍などはすべて禁止です。なぜならそれらはサタン世界の残滓(ざんし)だからです。

面白いことはロスチャイルドが1946年のイスラエル建国のために資金を提供していることです。巨大な額のお金を拠出したのです。それがシオニスト運動を動かし今日に至ります。彼らも自分たちの血統を、メシアを生んだ血統すなわちユダヤだとみなしているということです。自分たちをメシア的だと思っているのです。それについて書かれた本もあります。

18世紀にナタン・ロスチャイルドについてユダヤの血統を持つ強力な人物として国々を支配し、イスラエルのため、イスラエル国のため闘っていると。多くの人が彼らをメシア的なものとして見ているのです。

人びとに知られていないことは、ロスチャイルド家が聖書の神を裏切りカバラ的ユダヤ教を信奉していることです。カバラの中でも最も危険な神秘主義オカルト・ユダヤ教のサバタイの影響を受けています。

サバタイのユダヤ教は1666年の時点で最も勢力をもったメシア運動でした。百万人のユダヤ人がサバタイ・ツェヴィ(1626年7月1日 – 1676年9月17日)に従っていました。当時の世界のユダヤ人の半数です!

この悪魔的人物が何を教えていたかというと、神の国を来たらせるためには、地上に罪が満ちていなければならない。だから御国の到来を早めるためできるだけ多くの罪で満たさなければならないというのです。そこで彼らは同性愛、小児性愛、乱交など、ありとあらゆるセックス・カルトを取り入れました。彼らはそれを宗教的供え物、神の国を到来させるための犠牲とみなしていたのです。この17世紀の巨大なセックス・カルトがサバタイに導かれた当時の半数のユダヤ人によって引き起こされました。

つづく

翻訳:管理人
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村