「お母さまがどのように神様の血統と三代王権を消し去ったか」姜賢實先生2017年4月3日

2017年4月3日のキングズレポートで姜先生が語られた内容です。エルダー本部長の英訳文から管理人が日本語訳。

The King s Report 4 3 2017   YouTube.png

皆さんおはようございます。
今日、お母さまがどのように神の血統と三代王権を排除したかについてお話ししたいと思います。

神様の再創造摂理の核心は何でしょうか?
それは神様の血統を地上に定着させることです。

地上に来られる再臨主のなさるもっとも重要なことは神様の血統が地上に定着するためにその血統をもってくることです。

エデンの園でエバは天使長の血統を受けました。神様の純粋な血統を汚しました。
その実としての子女を生み全人類を天使長の汚れた血統にしてしまいました。

多くの女性が神様の血統を地上にもたらすため、蕩減復帰の道を歩まなければならなかったことを私たちは知っています。
それは天にとって涙の道です。エバが神様と夫、自分の子女を欺いたので、大勢の女性がその蕩減の道を歩んでこなければなりませんでした。

だからたとえ売春婦になったとしてもこの蕩減の道を行かなければなりませんでした。

これに関して特に4人の女性が問題になります。バテ・シェバ、レハブ、タマル、ルツです。この4人は神様の血統を復帰する路程の中心です。

この4人と他のひとびとの払った蕩減の基台の上に・・・特にこの4人の・・・イエス様が純粋な血統を持って地上に来ることができました。

イエス様は弟子にパンとワインを与えながら「これは私の肉である。これは私の血である」とおっしゃいました。これはどんなことをしても弟子や他の人々に神様の純粋な血統を継がせたいというイエス様の切実で必死の叫びでした。

原理講論で学んだように、イエス様は結婚することができませんでした。聖婚式をすることができなかったのです。
地上の堕落した人々に肉的血統を授けることができるようになるためには実際に結婚しなければなりませんでした。

しかし十字架で殺される前にそれをすることができなかったのです。イエス様の地上での究極の目的はエデンの園で失われた神様の血統を取り戻すことでした。

しかしユダヤ人の不信仰のためにそうすることができず、いつかもう一度戻ってくるという約束をのこして地上を去らなければなりませんでした。

イエス様が戻るために過去2千年間に信じられないほどの血が流されました。この蕩減と犠牲の基台の上に真のお父様が来ることができたのです。

全人類がお父様の来臨を喜んで迎えるべきでした。
もしそうなっていれば、全人類はお父様を通して神様の息子、娘に重生することができたのです。しかし2千年前と同じようなことが起きました。神様によって用意された人々はお父様を受け入れずに拒みました。

お父様は最後には受難の道を牢獄で歩まなければなりませんでした。
サタンは神様以外の誰よりも原理をよく知っています。だから、メシアを殺すことができるなら全人類を喜んで捨てることができました。

サタンの究極の目標は地上から神様の血統を消し去ることです。そのために何を置いてもメシアを殺そうとしたのです。

2千年前のようにサタンは清平の天正宮に侵入し、メシアを殺すように企んだのです。まさに神様と夫、息子たちをあざむいてエデンの園で起きたことを天正宮で再現しようとしたのです。

夫である真のお父様を欺き、お父様の代身者、相続者である息子までをも欺こうとしたのです。

天正宮は他のどこよりも影のない正午の太陽が照らすべき場所でありましたが、サタンがそのような詐欺行為ができるような場所に変えたのです。

天正宮といえば、そこに真のお父様、亨進様、信俊様、三代王権が住んでいました。

お父様がすべてを成したといわれた天正宮です。
四位基台が完成した場所です。

しかし今、天正宮には初代王様もそこにはいらっしゃらず、二代王様もおられず、三大王様もおられません。いまの天正宮には王様がいないのです。

そこにただ一人の女性が王冠を被って座っています。種をもたない女性です。種をもたないけれども自分が全人類を救うなどと言っています。

女性は二代王様と三代王様を追放した上、お父様の遺業を全力を尽くして破壊しています。お父様の憲法を変えて、後継者はお父様の血統を次ぐものでなくてもよいといっています。血統よりも法統で治めるといっているのです。

お父様の後継者は選挙で決めるといっています。いまやお父様の血統すら否定しています。

三代王権を追放し、王権を簒奪したうえに自らを神になぞらえているのです。

お父様は原罪をもって生まれた、お父様が原罪を持たない「お母さま」と結婚したから祝福式を始めることができたなどと馬鹿げたことまでいっています。
神様がエデンの園でアダムとエバを創造されたように、無原罪の子女を生むため自分を独生女として創造されたといっています。

マリアが罪なきイエス様を生んだように、自分が原罪をもたないのでお父様をメシアに生みかえることができたといっているのです。

独生女としていまや摂理の中心に立っているといって神様の血統と伝統を消し去っているのです。

お母さまはカトリック教会と同じようなことをしています。それは何かというと、カトリック教会はマリアが神様の実体として地上に来て神の息子を生んだといっているのです。まさにカトリック教会と同じ道をたどっています。

カトリック教会はマリアを聖母マリアと呼んでいることを知っています。そうしてマリアを神の地上の実体と考えているのです。

またカトリック教会は教皇を選挙で決める法統をとっています。血統ではありません。

家庭連合も同じようになっているのです。血統ではなく法統でつないでいく。メシアが来る必要もなく地上に神様の血統を残す必要がないといっているのです。

地上の神様の血統、これが唯一の法です。

お母さまは種をもたない娘たちを前にだして摂理を行っているように思っています。

不幸なことに無知で単純な教会員が種のない「聖酒」を飲みそれで生まれ変わったと信じています。お母様は教会員に破壊された家庭盟誓を唱えさせて偽信者につくりかえているのです。彼らは自分たちは信仰者だとおもっていますが、実は違うのです。

三代王権のいない天正宮はもはや神の宮ではありません。真の宮殿は三代王権があるところです。

では三代王権はどこにありますか?
サンクチュアリ教会にあります。いまや三代王権は天一宮に入宮しました。天一宮をとおして天正宮を復帰しました。

亨進様は早くからサンクチュアリ教会は神様の種のある所、王権と神様の血統、神様の王権のある所だと宣言されました。またカインとアベルが復帰された宮殿でもあります。

復帰されたカイン、国進様はアベルである亨進様の前に服従しておられます。
この復帰された姿を見るのはいかに素晴らしいことでしょうか!

お父様の聖霊が三代王権とともにある明瞭な証です。
またお二人はトランプを合衆国大統領に就任させました。真のお父様の聖霊はこの世を審判されはじめました。

神様は六千年間涙を流してこられました。しかし今日、喜びの涙を流しておられます。

真のお父様は天正宮から追い出されましたが天一宮に入られました。
神様の喜びの涙を見ることができますか?

あまりに長きにわたって神様は心を痛められ悲痛な悲しみの涙を流してこられました。
しかしいま、喜びの踊りを踊っておられます。喜びの涙を流しておられます。

私たちも三代王権を自らの人生の入口とし、人生の中心にして神様と一緒に喜びと感謝の涙を流すべきではありませんか?

三代王権、億万歳!

三代王権、億万歳!

三代王権、億万歳!

王権が世々続きますように!

ありがとうございました。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

2017年4月2日説教「黙示録の王国」【英語説教日本語訳】(その1)

 

Kingdom Revelation April 2 2017 Rev. Hyung Jin Moon Unificatio05 Sanctuary Newfoundland PA on Vimeo

KINGDOM REVELATION 黙示録の王国 (その1)

家庭連合は自分たちのアイデンティに誇りをもつことができません。
お父様が後継者として正当に相続させた何十億ドルもの資産を、私は自らの名誉を重んじ惜しみなくうち捨てました。お父様のみ言を消し去る異端と道を同じくすることができませんでした。こんなものが天一国ではありません。外的資産は天一国の本質ではありません。

天一国は三代王権と共に、安全なかたちで継承され、そこに天一国が成立します。無一文で荒野に出ていかなければなりませんでしたが、神様は真実なお方であり誠実なお方です。

沈黙を破って1年半後には祝福の子女、若い二世を含む1万人がお父様の権威のもとに帰ってきました。来年には2万人になるでしょう。王国が来るとすれば正統な後継者はただ一人なので他に行くべき場所はありません。私たちは卑劣なこともしていません。盗人でもありません。韓氏オモニを囲んで異端を支持する天使長たちのような泥棒男爵ではないということです。

それでは「默示録の王国」です。
これについては水曜の韓国語でのキングズ・レポートで話始めたのですが、日本人のグループのために続けて合計6時間礼拝をしました。終わったのが昼の12時だったのです。朝5時から12時、7時間ですか・・・。多くを語り、多く祈り、多くの天の導きを受けました。そこでヨハネの黙示録について話しました。その内容を木曜にまた少し話しました。默示録について話すというと、とやかく言う人もいますが、黙りなさいというのです。これも聖書の一部です。少なくとも默示録にどういうことが書かれているか知っておかなければなりません。

默示録には多くの預言が含まれています。終わりの時をあらわす預言です。重要な聖句が入っているのです。黙示録の全体像をあらわす図です。その全体が入っています

015

ここに祭司としてのイエス・キリストがおられます。下には四騎士、またここには7つの封印された巻物、7つのラッパ、艱難(かんなん)の中間期間、太陽を身にまとい、月を足の下にした女、獣の印があります。そしてサタンが天から投げ落とされ、天で戦争が開始する。そしてシオン山に子羊、王冠をかぶった人物、神様による地上での刈入れ、天使が地に注ぐ七つの鉢、そして様々な災い、そして144万、神様が立てる王権。これは全体図であり、ここから細部を見ていくことができます。

私は「默示録」の専門家ではありませんが、そこには大変興味深い聖句と預言が入っています。時代を通じて多くの信徒たちがこれを説き、また研究してきました。

默示録6章を見てみましょう。水曜に話したことですが、聞いていない人のために手短に話しておきます。

默示録の4騎士です。

また、わたしが見ていると、小羊が七つの封印の一つを開いた。すると、四つの生き物の一つが、雷のような声で「出て来い」と言うのを、わたしは聞いた。そして見ていると、見よ、白い馬が現れ、乗っている者は、弓を持っていた。彼は冠を与えられ、勝利の上に更に勝利を得ようと出て行った。

ここに白い馬が出てきます。白馬が現れ、その上に冠と弓を持った人が乗っているのです。

小羊が第二の封印を開いたとき、第二の生き物が「出て来い」と言うのを、わたしは聞いた。すると、火のように赤い別の馬が現れた。その馬に乗っている者には、地上から平和を奪い取って、殺し合いをさせる力が与えられた。また、この者には大きな剣が与えられた。

そして黒い馬です。

見よ、黒い馬が現れ、乗っている者は、手に秤を持っていた。わたしは、四つの生き物の間から出る声のようなものが、こう言うのを聞いた。「小麦は一コイニクスで一デナリオン。大麦は三コイニクスで一デナリオン。オリーブ油とぶどう酒とを損なうな。」

小羊が第四の封印を開いたとき、「出て来い」と言う第四の生き物の声を、わたしは聞いた。

次に青白い馬が現れます。ギリシャ語では「緑」です。緑の馬が現れます。

見よ、青白い(緑)馬が現れ、乗っている者の名は「死」といい、これに陰府が従っていた。彼らには、地上の四分の一を支配し、剣と飢饉と死をもって、更に地上の野獣で人を滅ぼす権威が与えられた。

これが默示録の四騎士とよばれるものです。聞いたことがありますか。

Kingdom Revelation April 2 2017 Rev. Hyung Jin Moon Unification Sanctuary Newfoundland PA on Vimeo

これが四騎士の絵です。またこちらは別の四騎士を描いた図です。

after

オーストラリアにある牧師がいます。
オーストラリアのサンクチュアリはその牧師にも天一国憲法を手渡すと思いますが-この牧師が四つの色、白、黒、赤、緑の意味について説教をしていました。インターネットでだすことができますか?今は無理なようですね。

彼がこの白、黒、赤、緑の四騎士について話をしていたのですが、まだ若い牧師でイタリアとアジアの血も混じっているようです。アジア人の顔をしていますが流暢な英語を話します。(訳注:タイ国生まれ)

その中で彼は神様が自分に啓示でこの四つの色の意味を教えてくれたといいます。すなわち主要なイスラム教の国々の国旗に共通な色だというのです。そこで多くのイスラムの国々の国旗を見せます。すべて覚えていませんが彼の説教は(インターネット上の)ディスカバリー・ミニストリーで、名前はトカチェリでしたっけ、トカチェリはうちのメンバーの名前でした・・・(訳注:スティーブ・シオッコランティ Steve Cioccolanti)

彼が世界中のイスラム教国の国旗を見せていくのですが、すべて黒、白、赤、緑からできているんです。その色を使わなければならないかのように。黒、白、赤、緑。例外がないこともないのですが、ほとんどすべてのイスラム圏の国の国旗はそれらの色を使っています。
黒、白、赤、緑。時に一色抜けたりしますが。赤、白、緑など。その組み合わせは変わりません。続けて四騎士について世界征服を狙う勢力であることを明らかにします。艱難(かんなん)をもたらす勢力です。

一部、真実であることは私たちも知っています。天使長としての政府、その僕としての役割。天使長はアダムとエバに仕えなければならない立場です。支配する立場ではありません。逆にアダムとエバ、国民の管理下に置かれるべき存在だというのです。

神様は人間に三大祝福を与えられました。「生めよ、殖えよ、地を従えよ」。万物を主管せよというのです。天使長に被造物を主管せよとはおっしゃっていません。人間に万物を主管せよと命じられたのです。もちろん傲慢になったり自己崇拝に陥ることなく栄光を天に返さなければなりません。神様に与えられた賜物を管理するのです。
そこで政府の正しい役割は国民の父や母あるいは友人などではありません。ジョージ・ワシントンは「政府とは理性でも雄弁でもなく力だ」といいました。危険な僕であり、怖ろしい主人だというのです。それこそ政府であり、中央集権化された権力は常に「悪」に奪われるのです。サイコパスがそこに集い、吸血鬼のようにそこに棲みついて権力を使って自分たちの妄想を全国民に及ぼすのです。サタンの堕落歴史の中で何度も何度も繰り返されるパターンに他なりません。

すべてのサタンの君主、サタンの王国、サタンの全体主義政権、これが繰り返されてきました。アメリカもまさにそこに陥る寸前だったのです。完全に落ちる寸前だったのです。

再臨主が来られる前、アメリカは長成期完成級にほとんど到達していました。キリストが来られる前に人類が備えることができる最善のものであったというのです。しかし必ずしも共産主義やグローバリストの侵入を許さないというわけではありません。ヒラリー・クリントンは大衆の完全非武装化をすると誓っていました。すでにインターネットを検閲し、反対派の声を探っていました。大学内での反対意見、子供に性教育をほどこし、国家の所有にしようとしました。それらがアメリカですでになされたのです!すべて行われたというのです!

同性愛、トランスジェンダー、小児性愛、マイナー・アトラクション症候群、西欧社会における小児性愛の合法化、これらすべて実行済みです。これは生死をかけた大きな戦いだというのです。

アメリカが立ち上がらなければなりません。主権側の候補を選ばなければなりませんでした。トランプがメシアだなどというつもりはありませんが、彼はこの混乱の中に秩序をもたらすべく神様に選ばれた者です。

これらの大混乱の背後ではサタン世界の力をもつ者たちが動き始めています。何年も前から警告を発してきました。

キリスト教会の牧師は毎週これを話すべきです。羊たちにオオカミが何を考え行動しているか知らせるべきだというのです。

つづく

翻訳:管理人
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村