オモニの失敗がなければ天一国は韓国から出発した-説教「大胆な王国」(その3)【英語説教日本語訳】

Kingdom Boldness March 12 2017 Rev. Hyung Jin Moon Unification Sanctuary Newfoundland PA on Vimeo

オモニの失敗がなければ天一国は韓国から出発した-

説教「大胆な王国」(その3)【英語説教日本語訳】

韓国の兄弟姉妹は、この大統領か、あの大統領かで闘っているのではなく、むしろ霊的力と結託した権力、霊的サタンと結託した権力と闘っているということを理解しなければなりません。韓国だけではなく全世界を支配しようと狙うもの達です。「主権」の運動が韓国に及ぶことを望まない勢力です。ミクロ圏の堕落のゆえに、アメリカのトランプ当選のような劇的な形で韓国に「主権」運動が起こらないかもしれません。

天一国革命、主権革命は韓国から出発しなければならなかったのです。お父様がすべての基台を用意されたのです。「強い韓国」で8年前に国進兄さんは中国の動きに警鐘を鳴らしました。

当時(韓国政府の)トップクラスの渉外が本当に進んでいました。韓国のエリート層全体とつながっていたのです。もちろん異を唱える指導者もいましたがわれわれは指導層を分立することに成功していました。これが重要です。エリート層がアベル、カイン、神側とサタン側に分立されなければならないのです。真のアベル型革命はそのようにして起こるのです。

フランス革命のように下から起こる革命では駄目なのです。アメリカ革命のようにエリートの分立が必要なのです。彼ら(建国の父たち)もエリートでした。イギリスやヨーロッパのエリートたちから分立されていました。だから下からの革命はだめだというのです。地から起こる革命は結局、共産主義化してしまいます。衆愚政治に陥って制御不能になるのです。

もし韓氏オモニが失敗せずにお父様の王権を受け入れて、真のお父様が任命した後継者、相続者を二代王として受け入れていたなら、その時、世界に広がっていた基盤を私たちは利用して天一国を韓国で出発させることができました。天一国憲法も韓国で発布していました。

リバタリアニズム(完全自由主義)の主要な指導者であるスタッセルのような人物をワシントンタイムズに招き入れ、アレックス・ジョーンズのインフォウォーズ、ブライトバートなど(独立メディア)と協力して活動していたはずです。ティエンポ・エル・ムンド(スペイン語日刊紙)、セゲイルボ(韓国)、世界日報(日本)などお父様が築かれた世界に広がるメディア企業体の基盤を用いることで世界のエリートを神側とサタン側、アベル圏とカイン圏に分立できていたはずです。

オルタナティブ・メディア(独立メディア)を後押し、支援するだけで、彼らにより大きな舞台を与えることができました。

また「強い韓国」を通して韓国に(エリート)革命を浸透させることもできたでしょう。「強い日本」の公演を通して国進兄さんは安倍晋三(現総理)にも会っていました。朴槿恵とも大統領になる前に面談していたのです。(韓国の)国会議長は国進兄さん(当時統一財団理事長)の事務所まで訪れ、大物国会議員も工場見学にやってきていました。

神様は私たちをそのような位置に置かれていたというのです。文字通り天一国の主権革命を始めようとしていたのです。お父様のおっしゃる通り環太平洋時代であり天運はアジアにありました。

ところが韓氏オモニの失敗によって・・・その堕落と背信、貪欲とナルシシズム、そして権勢欲のために自分に栄光を帰した結果、すべて失敗したのです。教会は崩壊です。日本家庭連合は地区を(16から)11に減らしました。日本の教会も崩壊過程にあります。これで家庭詐欺連合にもわかったでしょう。

もうお前たちのお金はないのだ。この貪欲な売春婦たち!私腹を肥やそうと資金洗浄するものたち!

昨今の混乱を通して真実な者と偽りものがふるいにかけられました。
「お父様を愛する者」と「お金を愛する者」に分けられたのです。本性が暴露されました。

ミクロ圏で兄弟姉妹は韓国に下された呪いに戦いを挑んだのです。3年前には誰一人としてこのような空前の政治的混乱が自分の国に起こるだろうと予想するものはいなかったのです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中