主流メディアも「ようやく大統領らしくなった」-トランプ就任40日目の施政方針演説

これまでトランプについて「ボロクソ」にいってきた主流メディアの1つTIME誌でも2月28日上下両院合同で行われたトランプ大統領の施政方針演説については肯定的報道が見られた。

TIME誌によればドナルド・トランプがやっと大統領らしくなったの見出しの記事の中で

Trump Congress Address  Sounding Like a President   Time.com.png

・・・しかし聴衆が今回、注目していたのは政策やキーワードというよりもその話しぶりであった。

これまで大統領にでもなろうかという人物は大抵みな「自我」の強い人達であった。にもかかわらず「大統領に相応しく」という意識に抗えずに作った自分を見せていた。

しかしトランプにはそういうところが見られなかった。共和党議員が小躍りして喜んだことは(これまでの扇動的発言がなりをひそめ)トランプ大統領が全く普通に話していたことだった。上院多数党・院内総務のミッチ・マコ-ネル議員も演説終了後「ドナルド・トランプは今夜、本物の大統領になった」といつになく興奮気味にCNNにコメントした。        

翻訳・文責:管理人

Trump gives GOP leaders rallying cry  roadmap for change   PBS NewsHour.png

また、PBSのNEWSHOURによると、普段はトランプの毒舌や個人攻撃に対してヤジを飛ばすことに慣れている民主党議員は、一切そういう過激発言がなかったことに対して「彼らしくない演説をして就任5週間経って大統領らしくなったという『誤った印象』を与えようとしている」と負け惜しみのような感想を述べている。

ニューヨーク州選出の上院少数党・院内総務のチャック・シューマー議員は「トランプ大統領の演説は彼が就任後40日に行ってきた政治とは到底違った印象を与えた」とぼやいた。

施政方針演説関連サンクチュアリ村ブログ記事

トランプの議会スピーチ 英語の動画と翻訳記事と日経記事の説明をどうぞ
トランプ大統領 3/1 施政方針演説(合同議会)同時通訳 (訳注:現地時間では2月28日)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中