「より激しく祈り、より強く悔い改めるべきです。また行動を起こすべきです」亨進二代王【2月19日英語説教】から

今2月19日の説教「攻撃を受ける王国」の後半部分の翻訳作業を進めているところですが、前回記事同様、メッセージ性の高い部分を先に抜粋して掲載します。

kingdom-under-attack-feb-19-2017-rev-hyung-jin-moon-unification-sanctuary-newfoundland-pa-on-vimeo

「攻撃を受ける王国」2017-2-19より

わたしたちは(アメリカの)内戦に突入しました!

一般人にはわからない宣戦布告がなされたのです。これは霊的な目が開けた者、真の自由と神の国を追い求める者、心の中に神の炎がある者だけが彼らの話の真意を悟ることができるのです。

とてつもなく危険な時なのです!

より激しく祈り、より強く悔い改めるべきです。また行動を起こすべきです。これまでにないほどYOUTUBEなどで発信し、放送で自分たちの意見を公開すべきです。福音を宣べ伝えなければなりません。なぜならその小さな条件が、まさに韓国で起こったように国家的ニュースになるからです。サンクチュアリの兄弟姉妹の立てる小さな条件が韓国の進むべき方向を爆発的に示しました。3週間前には想像もしなかったことです。方向性をもたなかったのです。せいぜい太極旗を振るしかありませんでした。そんなことをしても中国は笑うだけです。マクロレベルの明確な方向性が必要です。それはドナルド・トランプと一つになることです。

聖なる神様が計画したとすればどうなるでしょう。私たちがワシントンタイムズを含む何もかもすべてを失ったとしても、神様は思いもしなかったところから道を開いて下さいます。

それは私たちが真のお父様を見捨てることなく、つまらない売春婦たちを捨て去ったからです。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

ソロスの計画する「アメリカの春」に対してアベル側から180日期限付き公開脅迫・警告

2017年2月19日のサンクチュアリ本部での日曜礼拝説教「攻撃を受ける王国」の中で了解二代王は衝撃的な事実を明らかにされた。
ソロスが資金を投入して計画する本格的武装蜂起あるいはトランプ大統領暗殺計画「アメリカの春」に対してアメリカの情報部、軍部から信憑性の高い「公開警告」が出されたというのだ。

説教「攻撃を受ける王国」(その3)からの抜粋。

kingdom-under-attack-feb-19-2017-rev-hyung-jin-moon-unification-sanctuary-newfoundland-pa-on-vimeo

ロバートによれば、「アメリカの春」と呼ぶ内戦、ジョージ・ソロスが資金を投入して3万の反逆コミュニティを動員して現実の内戦を起こそうとしているといいます。元CIA職員の彼はすでに情報を大統領のデスクに届けているのです。

160621-georgesoros_eye-700x336

ジョージ・ソロス

しかし私がショックを受けたのは、情報局や軍部の中の愛国者が180日以内にソロスを片付けるといっているのです。これは公開脅迫・警告だというのです。
CIAや軍部の中の愛国者がソロスに対して「おまえがやりたいようにするというなら我々がおまえを殺す」と言っているのです

ともかくトランプ大統領はいま最も(生命の)危険にさらされているといえます。ソロスは自分が殺られる前にトランプを亡き者にしようとしているのです。これは冗談ではありません。国進兄さんも自由社会で話しました。権力のトップが言っている話です。殺すか殺されるかの話なのです。権力の頂点はそういうものです。脅してもその脅しが効かなければ、「殺すぞ」というのです。外交政策やCNNで大人しくインタビューを受けているだけではないのです。権力トップではお金と殺人がこのように交差しているのです。現実世界はこのような者たちが支配しているのです。

非常に危険な時を迎えています。現実の内戦を計画している、またそのための銃器を調達しているだけでなく、現実に「アメリカの春」を起こそうとしているのです。彼らはアベル側からいま脅され警告を受けているのです。「我々がおまえを先に殺す」と。

その一方でドナルド・トランプはロシアのスパイだから殺すべきだなどといっているのです。トランプは「スパシーバ(ロシア語で『ありがとう』)」のスペルも知らないでしょう。彼は金を持っているでしょうが黄金製の「鎌と鍬(共産党のシンボル)」は持っていないでしょう。

トランプがロシアのスパイだといっている者たちはトランプは「国家の敵」というイメージを定着させようとしているのです。もとCIAのエヴァン・マクマリンはCNNとのインタビューではっきりこう言っています。

情報機関はトランプ大統領を国家の脅威だとみなしている。彼らは国外から、および国内においても憲法を保護するよう誓っている

公にこのようなことを言っているのです!

反逆者たちは早い話、「トランプを殺す」と宣言しているのです。それほどの危険な時を迎えているのです。だから金曜日に(キングズ・レポートで)「もう眠れない!眠れない!」と狂ったように私は叫んだのです。

このような危機の時、戦争でも起ころうかという時。私たちも行動しなければなりません。自分たちそれぞれのやり方でサタンに反撃するのです。小さな行動が大きな影響を持つのです。アジアで起きていることを見て下さい。ひっくり返す勢いです。ミクロがマクロを動かします。私たちの小さな行動が、水面に落ちた小石の起こす波紋のように広がっていくようになるのです。

私たちの目には見えなくても文字通りサタンの王国に攻撃を仕掛けているのです。なぜならここが中心だからです。トランプを大統領にしたなど些細なことです。ここはサタン世界と戦う神の王国の中心だというのです。みなさんはグランド・ゼロ(爆心地)にいるのです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村