「イエスキリストと真のお父様」

2016年10月31日質疑応答から

翻訳・字幕:管理人

Q イエス様の血統はお父様に
つながっているのでしょうか

A (国進ニム)サンクチュアリの立場ははっきりしています。

お父様は聖和される前に「夜の神様」と「昼の神様」について語られました。
「夜の神様」についてお父様は天地創造以前に存在していたお方だと説明されました。

つまり永遠の神なのです。

一方、お父様が「昼の神様」というとき、それは天地創造以後に現れたものとされます。
「昼の神様」はその意味で創造されたものといえます。
おおくの兄弟姉妹が混乱している点は「昼の神様」がただ一つだと考えていることです。

それは違います。

「昼の神様」はたくさん存在するのです。
地上で権威をもつものはみな目で見ることのできる「昼の神様」なのです。
問題は堕落世界の「昼の神様」は「夜の神様」と分断されていることにあります。
「夜の神様」の指令に従わないのです。
だからこのような堕落世界になっているといえます。
ひとたび神の直接主管圏が確立すれば霊界には永遠の神としての神様がおられ
その器として創造された二代王、息子がその責任を完全に受け入れて永遠なる「夜の神様」の霊と一つになるとき、そこに直接主管圏がうまれるのです。
ほかの偽りの「昼の神様」はそれによって排除されるのです。

この点を理解することが非常に重要です。
このように見るときお父様は「生まれる前から存在していた」とおっしゃっていると解釈できます。
これは初臨のキリストの教えと同じです。
キリスト教の観点からキリスト論を見るとき、永遠の存在としての神様が地上にイエスキリストとして降臨され、また戻られたお父様が語っておられることは、

神様が文鮮明として、再臨主としてまた地上に来られそしてまた「夜の神様」のもとに戻られた。

お父様が教える神学、キリスト論を理解するとき、その内容は永遠の神としての神様、創造主とイエスキリスト、再臨のキリスト文鮮明師がおられ、この三者は同一の人格、同一の霊だというのです。

サンクチュアリ教会の教えはイエスキリストとお父様は同一の霊であり同一の人格である
ということです

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

「イエスキリストと真のお父様」」への4件のフィードバック

  1. ロード の発言:

    質問があります。
    お父様が16歳で神の召命を受けた際、イエス様が霊的に現れました。お父様とイエス様が同一の人格同一の霊として、この場面を、どの様に解釈すれば、よろしいのでしょうか。同一人物どうしでメシアの使命継承の話し合いをされたとすることは理解することが難解となってしまいます。
    どなたか、分かり易く解説してくださる方がいらっしゃいましたら、どうか、よろしくお願いします。
    by ロード

    いいね

  2. 権兵衛 の発言:

    この件、(夜の神様、昼の神様、イエス様、再主を含め)私も頭の中を整理中ですが、私の記憶では、「イエス様がTFに直接現れる事は出来ない、ましてや、残されたみ旨を成して欲しいというようなことをTFに直接願う事は出来ない、、、、神が直接語られたのである、、、」という様な事を語られたという事を知りました。
    み言葉のどこに、何ぺージとか言われれば、私には解りませんが、私は、どこかで、そのような事を文字を通して読んだ記憶が今も印象的に残っています。
    私はこのことを知ったときから、公的に発表されている、イエス様が直接現れたという表現は、間違っていると思っています。
    霊界、地上界の関係、事情、条件、環境、天法、、、、等々から、私は、イエス様は直接TFに現れて語ることは出来なかったと考えています。

    いいね: 1人

  3. ロード の発言:

    カイト様、権兵衛様、コメントありがとうございました。
    いつか、どなたかが、国進様に直接お聞きし、解説していただくのが、一番正確で確実でしょうね。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中