2017年1月22日「生まれ変わる王国」 【英語説教日本語訳】(その3)

The Kingdom Born Again   Jan. 22  2017   Rev. Hyung Jin Moon   Unification Sanctuary  Newfoundland PA on Vimeo.png

2017年1月22日「生まれ変わる王国」 The Kingdom Born Again【英語説教日本語訳】(その3)

 

エスタブリッシュメントの退場

その後愛国者法が制定され、国防法は年々改悪され、今やNDAA(国防権限法)によれば合法的に人を殺せます。狂気の沙汰です。国民はあまりに鈍感なので悪魔的政治エリートがどんな法を通しているか知らないでいるのです。今や危険な国になっているのです。トランプの後ろに座った者たちはしたり顔で微笑んでしました。強姦魔ビル・クリントンは17件に始末をつけているのです。ヒラリーは被害者たちを政治的に葬りました。マドンナはこういう人たちについていこうと皆に言っているのです。こうした魔女、略奪者、政治的サタン主義者にはうんざりだというのです。ドナルド・トランプは彼らに宣戦布告し投獄すると言っているのです。

ヒラリーが登場するときLOCK HER UP!と群衆が叫んでいました。自分に声援を送っているのだと勘違いして手を振っていました。(笑)

クリントン、オバマ、ブッシュが腰かけていました。ブッシュなどは共和党員なのにヒラリーに投票すると言っていたのです。彼らこそ人類の中の数少ない超危険な者たちだということです。アメリカ軍という最強の道具をもって世界に君臨していたのです。それがドラほど危険なことが分かりますか。ロシアを相手に第三次世界大戦を始めようとしていたのです。

ロシアのGDPはイタリア並みでもっと豊かになりたいのです。ロシア人も家庭を持ち、教会に通い、起業だってしてお金も稼ぎたいのです。戦争などしたくないのです。70年間の共産主義統治下の貧困にあえいできた彼らは共産主義に戻りたくはないのです。国際銀行団にのせられて戦争などしたくありません。マクドナルドに行ったり、映画を見たりしたいのであってアメリカと戦争などしたくないというのです。

ところがヒラリー・クリントンなどが戦争を欲して「ロシアがトランプに情報を漏らした」などと言いがかりをつけているのです。そのせいで自分が負けた…と。信じられないほど狂っています。全くカルトであり、洗脳されています。トランプはそれを言っているのです。

イエス様は「霊によって新たに生まれなければならない」といっています。私たちは霊によって新たに生まれなければならないのです。

就任演説のテーマはこれです。私たちは建国精神に戻らなければなりません。さらに、気をつけなければならないことはトランプによって豊かになるでしょうが、そこで浮かれてはいけないということです。豊かになることは良いことですが、ビクトル・ユーゴのいうように「逆境は人を作り、繁栄は怪物を作」ります。

私たちはあまりに怠惰のなり退廃的になっています。乱痴気騒ぎを好む快楽主義者になっているというのです。だからこのようになったのです。国がひとたび快楽主義に陥ると形だけのキリスト教徒になり、神のみ言を語らなくなるのです。金持ちになるとパーティを開いて、毎日6人のビキニ女性と関係を持つ、そのようなことになるからです。果たして仕事をする力が残るのでしょうか。人生は快楽のためにあるのですか。相対主義、マルクス主義に陥り、もはや何もしたくなくなるので大きな政府を求める。ただ望むことはプールパティに参加してセックスをすることだけ。アメリカはそういう文化になってしまったというのです。世界で最も快楽主義的な国になってしまいました。豊かさに殺されたのです。

豊かさは怪物を生むのです。トランプは豊かさを喧伝すべきではありません。もちろん彼によってアメリカは豊かになるでしょう。キャリア空調設備会社も国内に雇用を維持しフォードも工場を二つ増やすといいます。フィアットも20億ドル分の雇用をミシガンにもたらします。アップルも国内に戻るでしょう。中国のネット通販会社アリババも5年にわたって百万人の雇用をアメリカにもたらします。大きな富が戻ってきつつあるのです。

しかし豊かさの問題点は愚かな若者をだらしなくすることです。全く価値のないものです。未来の夫の為に純潔を守ろうともしないでしょう。そこに政治的サタン主義が忍び寄ってくるのです。そして国の操り人形、国家の奴隷にするためのあらゆる手筈を整えているのです。自由を手放すどころか他人の自由を奪う者にされるのです。すべての銃を取り締まれなどと叫び出すのです。

いまフェミニストたちはドナルド・トランプが大統領になるから銃をもてといっています。オバマの4年間は銃を取り上げようとしていましたがいまは自分達に銃が必要だといっています。まさに狂っています。自分たちが権力を握っている時は「ショットガンは駄目だ!」といいながらドナルド・トランプが政権をもった途端にリベラル、進歩派は銃をもて、と言っているのです。精神が病んでいます。

あまりにも長い間、ワシントンの小さなグループが政府の恩恵にあずかる一方で、アメリカ国民が代償を払ってきました。ワシントンは栄えてきましたが、人々はその富を共有していません。政治家は豊かになりました…

いいですか、トランプはこれを全政治家を前にして語ったのです!どれほど歯ぎしりをしたことでしょう。「ジェフ・セッション(司法長官)を承認させるな。ドラルド・トランプは我々の計画には従わない。オバマもクリントンももうだめだ・・・」哀れな人々です。

政治家は豊かになりました

これを、背後に座る政治家たちの前でいったのです。「このドナルド・トランプが!」と歯ぎしりしていたことでしょう。マドンナは「毎日、ホワイトハウスを爆破したい」といっています。そしてそれが「愛の革命だ」と言っているのです。この精神病患者、変ですよね。

「これは愛の革命です。ホワイトハウスを毎日爆破したい。私は平和を愛するリベラルです。この瞬間もホワイトハウスを爆撃したい。」

この人々がどれだけおかしいか分かりますか。あまりに可哀想な人たちです。インフォ・ウォーズやブライトバートなどのメディアが話を聞こうとすると拒否していました。(笑)デモの後は疲れたからラテでも飲みましょう、疲れたからBMWで家に帰りましょうと言っているのです。

現代のパリサイ人です。まったくの狂人です。

政治家は豊かになりましたが、仕事はなくなり、工場は閉鎖されてきました。エスタブリッシュメント(既存勢力)は自分達を守ってきましたが国民を守ってきませんでした。

 

真実を語る大統領

大統領が真実を語る日が来ました!エスタブリッシュメントをコケにしたのです!ドナルド・トランプはエスタブリッシュメントの一員ではありません。既存勢力の歯車ではないのです!

あるメディアは「あなたはどうしてトランプに投票したのですか」と聞きまわっています。「どうしてこんな結果になったのか、軍情報部は調査すべきだ」「いったいどうして普通の人々がドナルド・トランプなどに投票するのかわからない。」

トランプは主流メディアを打ちのめしました。CNNもABCもNBCにも打ち勝ちました。またシリコンバレーとハリウッドにも勝ちました。ビヨンセ、JZ、それにメリル・ストリープ、バーバラ・ストライサンド、ジョージ・ソロス、ロシア、EU、まとめて打ち勝ったのです!

彼は救世主でもキリストでもありません。略奪者ではない普通の、正常な男性、女性が投票したからです!人を食い物にし、その上に胡坐をかく者ではなかったからです。
だから一般の人々が「奴は本当のことを言っているぜ、彼に投票しよう」ということになったというのです。5%から10%をしめるサイコパス、略奪階級ではない普通の人が彼に投票したからです。普通の人々の票をトランプは勝ち取ったのです。私やあなたのような普通の人。もうこれ以上略奪階級が上にいてあれこれされるのはごめんだ、という人々。

牧羊犬が登場したのでオオカミをワシントンから追放せよ、既存勢力を追い出してこの国を国民の手に取り戻そうという人々が彼を大統領にしたのです。トランプはこういいました。

政治家は豊かになりましたが、エスタブリッシュメント(既存勢力)は自分達を守ってきましたが国民を守ってきませんでした。

(前任者たちも)憲法を護り、国民を守り国民に仕えると誓ったのです。しかしその誓いを守りませんでした。口先ばかりで行動はしませんでした。  つづく

 
翻訳:管理人
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中