2017年1月22日「生まれ変わる王国」 【英語説教日本語訳】(その1)

The Kingdom Born Again   Jan. 22  2017   Rev. Hyung Jin Moon   Unification Sanctuary  Newfoundland PA on Vimeo.png

2017年1月22日「生まれ変わる王国」 The Kingdom Born Again【英語説教日本語訳】(その1)

 
今日のみ言をみましょう。
「神の国」について語られた福音書の最後の部分です。
ヨハネの福音書には「神の国」が語られた箇所が2つあります。この次は「使徒行伝」に移ります。これで福音書の中で「神の国」について語られた部分をすべて見たことになります。

ヨハネによる福音書3章
3:1パリサイ人のひとりで、その名をニコデモというユダヤ人の指導者があった。
3:2この人が夜イエスのもとにきて言った、「先生、わたしたちはあなたが神からこられた教師であることを知っています。神がご一緒でないなら、あなたがなさっておられるようなしるしは、だれにもできはしません」。
3:3イエスは答えて言われた、「よくよくあなたに言っておく。だれでも新しく生れなければ、神の国を見ることはできない」。
3:4ニコデモは言った、「人は年をとってから生れることが、どうしてできますか。もう一度、母の胎にはいって生れることができましょうか」。
3:5イエスは答えられた、「よくよくあなたに言っておく。だれでも、水と霊とから生れなければ、神の国にはいることはできない。
3:6肉から生れる者は肉であり、霊から生れる者は霊である。
3:7あなたがたは新しく生れなければならないと、わたしが言ったからとて、不思議に思うには及ばない。

大変な時です。第三次大戦が起こるかも知れませんでした。悪魔崇拝、国際犯罪の首領である魔女ヒラリーがほとんどこの国を手にする所でした。

左翼はトランプ支持者を「ファシスト」とよびトランプを「ヒトラー」と呼んでいます。彼らは国民から銃を取り上げ、武装解除し、子供たちを学校教育で洗脳する。

彼らこそ全体主義者ではないですか。まさにヒトラーがやったことです。その一方でトランプ支持者をファシスト、ヒトラーと呼ぶのです。

トランプ支持者は銃を人々から取り上げようとしませんし、人権を侵害しようともしていません。トランプは人々に各種の自由(修正第一条)を奨励していますが、ジョージ・ソロスのように資金を投入して暴力的なデモを行い町を燃やすことはしません。これはまさにテロです。われわれはそれに反対します。

就任式まで、きわめて切迫した一週間でした。凄まじい天宙的闘いがありました。プロジェクト・ベリタスのジェームズ・オキーフ達若いジャーナリストの潜入レポートを見ましたか。キングズ・レポートでも話しましたが、左翼的全体主義者、過激な左翼、完全に共産主義者の企みをビデオに収めました。

嘆かわしいことに、就任式の前日、ブタン酸を使ったガス攻撃を計画していたのです。ここにいる人はビデオを見ましたね。まだ見ていない人はプロジェクト・ベリタスでご覧ください。去年、お父様の導きでオキーフはここにやって来ました。

若き、真の愛国者グループです。プロジェクト・ベリタスに拍手を送りましょう。

表にこそ出て来ませんが彼らこそ英雄です。素晴らしい戦いをしています。彼らはガス爆弾を使って化学戦争を仕掛けようとした愚か者の正体をビデオテープに収めました。大統領就任を祝うパーティに集まる罪もない人々に毒ガス攻撃をするつもりだったのです。ブタン酸攻撃を仕掛けるつもりでした。全体主義犯罪団の首領である魔女(ヒラリー)と強姦魔の夫(クリントン)が政権をとれなかった怒りを晴らそうとしたのです。正真正銘の全体主義者たち!

その計画は暴かれ全世界が見ることになりました。隠し取られたビデオ映像がFBI、シークレットサービス、ワシントンDCの警察の手に渡ったおかげでパーティは中止され、難を逃れました。

また翌日にはこのヒトラー信奉者、マルクス主義者、共産主義者、テロリストがワシントンDCの地下鉄を止めようという企みをベリタスが暴きました。地下鉄の車両をチェーンでつないで式典に参加する人が利用できないようにしようとしたのです。合衆国の法に照らしても間違いなくテロ行為です。

この証拠ビデオもFBI、シークレットサービス、ワシントンDCの警察に持ち込まれ法的措置が取られようとしています。この件に関わったあらゆる組織に捜査の手が及んでいるのです。

テロリストの計画は実行されませんでした。オルタナティブ・メディアと呼ばれる非主流メディアのおかげです。彼らは真実を追求する普通の人々です。主流メディアは嘘で人を洗脳し、上から人々を支配しています。自由を欲する人びと、市民に真実を伝えたい人びとが敢えて潜入取材を行っているのです。CNN、NBC、ABCなどの偽りのプロパガンダニュースを流すメディアは事件を取り上げようとしません。

12月25日、世間がイエスの生誕日を祝っている時―聖書的にはイエスは春の終わりに生まれているのですが―ナイジェリアで3千人が爆発で命を落としました。犯人はイスラム過激派、ジハーディスト、テロリストです。

CNNもどこも報道しませんでした。私はナイジェリアの兄弟に写真を見せてもらいましたが教会は焼けただれ、アフリカ人の焼死体の列が延々と並んでいました。大量虐殺です。理由は彼らがキリスト教徒だからです。

オバマ政権がジハーディスト、反体制シリア軍を保護し資金援助しているなどと報道しません。1982年にはアメリカ政府がアフガニスタンでロシア(ソ連)軍と戦わせるためにアルカイダに資金と武器を与え訓練したのです。

それらがISIS(イスラム国)になりました。ヨーロッパやアメリカに(イスラム難民として)流入することを認めて保護し、その結果国を不安定にしています。それは相対的に中国の位置を高め新しい時代の成功モデルのように見せかけています。もちろんそれは全体主義です。略奪支配層は全体主義文化を欲するのです。全人類に対して略奪支配層がのしかかっています。そしてブリュッセル、スイス、ハンガリーですべての人類を支配する法を作っています。彼らはまさに全体主義の怪物です。

国進兄さんが面白いグラフを見せてくれました。ここでもまたお見せするでしょう。
いかに左翼、社会主義者が人類を二つに分ける傾向があるかよく示すものです。

富裕者対貧困者、黒人対白人、所得分布、賃金ギャップなど…。こういう分断を左翼から聞いたことがある人はどれだけいますか。マルクスの公式です。こちらは金持ち、こっちは貧乏、こちらは白人、こちらに黒人、などなど。また男性対女性。そして男性が1ドル稼ぐところ75セントしか貰えないなどという物語を創作するのです。すべて作り話です。これについては何度も説明しました。女性は大概パートで働いているからです。パートで働けば正社員より分が悪いのは当然でしょう。これを理解するのに難しい理屈は必要ありません。

このほかにもフェミニズムや共産主義運動、他の社会運動などの虚構について話してきました。これらは最終的どこに行きつくのか。

同じ目的でイスラム過激派もサウジアラビヤに結びついています。

サウジアラビヤですって!
これが西洋文明と調和するとでも思うのですか。とんでもないことです。サウジの女性は車の運転すら禁じられているのです。砂漠でもヒジャブやブルカをまとわなければならないのです。無知に陥ると西洋の女性を苦しめることになります。彼らの文化を知らないのです。砂漠でも女性をフードの下に閉じ込めるのですよ。車の運転も許されません。

西洋民主主義とキリスト教文明とは相いれない文化です。そのような人々を迎え入れるべきではないのです。どのような宗教を信じていても素晴らしい人はいるという考えは理解できます。問題は急進的聖戦主義者(ジハーディスト)が本流、主流になってきているということです。サウジアラビヤのワッハーブ派が主流になっている。これが深刻な問題です。テロ組織だからです。

昨日は昨日で、「ワシントンへの女性のデモ行進」というのがありました。哀れで可哀想な女性たち。過去40年間、リベラル急進派メディアによって洗脳されてきたのです。行進での運んでいたピンクのお城を見ましたか。「私たちはトランプを引きずり下ろす」などと。
この人たちはまさにカルト集団です。彼女たちはフェミニズム運動がカーネギー財団やロックフェラー財団といったスーパーエリートのお金で進められてきたことを知りません。彼らの目的は女性に教育をつけて働かせて男性だけでなく女性からも税金を取ることだったのです。それが目的です。そして女性を利用して子供たちを幼いうちから教育して共産主義者にして政府の信奉者にしました。さもなければどうしてそれほど国際銀行組織を好むようになるでしょう。彼らが女性教育に資金を投入したのです。そして大学進学可能にしました。共産主義者の群れを作ったのです。金作り機構を支援する共産主義者を生みだしたのです。

ここで有名人によるデモ行進のビデオを見ましょう。きっと無知な大衆に何を信じるべきか教えてくれるでしょう。

翻訳:管理人
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

2017年1月22日「生まれ変わる王国」 【英語説教日本語訳】(その1)」への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中