韓お母様問題(その13) オモニの地上天国

1月10日アメリカ、NYで米国家庭連合の月次総会が開かれた。
そこで韓国の新年祝賀会から米国に戻ったばかりの米国家庭連合会長、M・バルコムは韓国で印象に残った思い出として次のような話をした。米家庭連合HPより

kako-qfynk62jc98mizig

オモニのHJ天苑についてのビジョンに対する喜びと興奮をどう伝えようかと笑顔で途方に暮れるマイク・バルコム

「ある日、朝食の後、真のお母様はHJ(孝情)天苑の周辺のドライブに皆を誘ってくださった。そしてお母さま自らがガイドとなってコーヒーハウスホテル文化センター博物館などを説明して回って下さった。この先数年かけてさらに開発を進め、様々な施設を建築する予定だ。

私はこの真のお母様のHJ天苑についてのビジョンに対する喜びと興奮をどのようにアメリカの食口に伝えればよいか、しばし途方に暮れた。

真のお母様は御自分のおられる場所に地上天国を築こうとしておられることを悟った。そしてこのことこそお母様の挑戦であり、すべての統一食口へのお母様のメッセージなのだ。つまり自分のいる場所にどんなことをしても天国を築くということである。」

管理人の感想:
独生女の地上天国とは半径5キロの圏内に収まる韓鶴子プロデュースのテーマパークだったのか。つまり韓鶴子ランド・・・

ハナクチャ・ランド=地上天国

ということらしい。これが本当にオモニのビジョンだというのなら、私がバルコム会長ならメンバーへの報告事項からはずしただろう。世界摂理という名目で献金する食口にあまりにも申し訳ないからだ。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

韓お母様問題(その13) オモニの地上天国」への5件のフィードバック

  1. ハマダ の発言:

    まるで、北朝鮮、、、サタンが侵入すると自分を中心にしたパラダイス世界しか見えなくなるんだね、、、。私は、真のお父様から、訓読会で直接聞きました。”オンマは、何にも知らない分かってない、、。と、、。”

    いいね

  2. そら豆 の発言:

    今、家庭連合にいる食口は

    世界摂理=韓鶴子テーマパーク
    で、了解済みなのでは?

    関西の とある教会長夫人は

    お母様が私達の健康を考えて創作して下さったお母様の愛の¥1000のヘブンリーハンバーガーセット❤︎に心底感動して皆々に喜びと興奮♫で勧めまくっていました。
    純粋でネットも見ない下々の人々も
    「お母様すごいね〜お母様希望だね〜お母様、愛だね〜清平行ったらぜったい食べて来ようね〜」と喜んでいます。

    だから、今、家庭連合にいる人々は
    お母様テーマパーク創建
    =天一国創建
    =世界平和の礎であり出発点
    と捉えているでしょう。

    長年お父様に直接侍られ、拍手し、メモってきた幹部の本音はわかりませんが、、、。お父様は、先祖の功労が高い食口を幹部に用いると聞いた事がありますが、もう、とっくのとんまに先祖の功労も使い果たして、自己中心の極みの日々を送り、悪霊に猛攻撃を受け、すでに悪霊の分身、悪霊の実体となり(お母様か、亨進様か、いやいや、法統だ!いつ自分が教祖にデビューするか、しばらく様子を見ていよう)と考えているのでしょう。幹部でなくても、中間責任者でも、下々の平の中で薄々気づいている人も同じです。心の居場所が定まらず、家庭連合に身を寄せながら、内心、冷静に情勢を見ているつもりなのでしょうが、その腰抜け発想が、卑怯で滑稽で哀れ。哀れです。亨進様を否定はせず、亨進様と距離を置いて冷静になっているつもりが、毎日、毎日、神様、お父様の前にはっきりとした罪を重ねているのですから。
    亨進様を否定する人々は論外。鶴子テーマパーク創建に夢と希望を託すのでしょう。

    27日の徳野会長のお返事が非常に楽しみです。
    徳野会長待っています!

    いいね

  3. そら豆 の発言:

    30年前の徳野会長は、本当にお父様の代身のようでした。30年の月日で180度反対方向に向かう人間に変えてしまう事は可能なのでしょうか?責任分担上、組織運営上、不本意な事も妥協せざるを得ない事もあったはずです。しかし、どんな極悪人にも良心のかけらはあるというではないですか。
    徳野会長の監禁された良心、、、神様に勝る徳野会長の良心のかけらが、監禁されたその悪魔部屋の鉄の鎖を喰いちぎって、飛び出して、徳野声明文をこの世に出して下さることをお待ちしています。
    お母様をサタンから解放し、若者をサタンから解放して下さる声明文をお待ちしています。
    皆んな丸ごと、永遠に悪霊の餌食になってしまいます。
    今、家庭連合内にいる中高生〜20〜30代の若者が、近い将来、お母様は間違いだと気づいた時の傷は深すぎます。生きる術を見失うほどの傷を負います。誰がその傷を癒せますか?

    今、家庭連合内にいる全若者の命にかけて、全老若男女の命にかけて1月27日までに、お返事を頂きたいです。

    いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中