お父様の生存中から繰り返されたオモニの話にもならない異端発言「アボジは原罪をもって生まれた」1月8日説教から【英語説教日本語訳】(その3)

sunday-service-january-8-2017-rev-hyung-jin-moon-unification-sanctuary-newfoundland-pa-on-vimeo

お父様が生存中から繰り返されたオモニの話にもならない異端発言「アボジは原罪をもって生まれた」1月8日説教から【英語説教日本語訳】(その3)

様々な迫害をうけながら90才の高齢にもかかわらずここまで来られたことに感謝します。多くの人が尊敬しているのです。霊の子、霊の孫も大勢いるのです。先ほどの日本の姉妹も霊の孫にあたります。指導者の中にも多くいます。姜夫人は大勢の食口の霊の母なので家庭連合ではパニックに陥っています。まさに私たちの教会のマザーテレサです。

キリストに対する忠誠は不変であり、26才で初めてボンネッコルでお父様に出会ったときに受けた召命に対する忠誠はいささかも変わりません。異端者によってすべてを失ったとしても変わらないというのです。家庭連合の連中はいま、恥を受け、さぞきまり悪い思いをしていることでしょう。

家庭連合が韓氏オモニの異端を隠せば隠すほど、より大きな集会を開いて異端の発言をするようになっています。昨年末12月25日の話を聞いたでしょう。20~30人集まった席で、私が3年前に聞いたのと同じ異端の内容を繰り返しました。

過去に真実を語ったのは私たちだけでした。皆、嘘をついていたのです。
それは歴史に記録されているのです。誰もその事実を変えることはできません。

「お父様は原罪をもって生まれたが、わたしは無原罪で生まれた」

取り巻きのお金だけがすべての頭のおかしい偽知性人たちが

「お母様、その通りです、その通りです。お母様は独生女に間違いありません・・・。ですが『お父様は原罪を持っていた』と言われるのは少し問題を生じると思います・・・」

と言いました。お父様がまだ生きておられるときにもオモニは同じことを言っていたのです。その時に私が言ったセリフと同じです、問題が生じますと。暖炉の前でお父様に面と向かって言ったこともあるのです。以前にもお話ししました。私はそれを何度も聞かされました。そのたびに私は―

「お母さま、そのようなことを言うとあなたの存在は無に帰してしまいます。世界中の祝福家庭も存在の意味を失います。巨大な詐欺行為ということになります。そのようなことはおっしゃるべきではありません」

これはお父様がまだ生きておられるときのことです。劉(正玉)氏がここに来て初めて公式行事に参加しました。そこで彼も言っていたのですが、劉氏自身も、まだお父様が生きておられるときにオモニがお父様は原罪を持って生まれたと発言するのを聞いたことがあると証言していました。

(12月25日の集会では)神学者にクレームをつけられてオモニはそれ以上「お父様の原罪」について話すのをやめました。その話を聞いた夜、私は妻にこう予言しました。

「オモニはもっと大きな集会を開いてそこでまたその話をするだろう」

するとどうですか。その翌日、家庭連合においてオモニが「お父様は原罪をもって生まれ、自分は無原罪で生まれた。無原罪の自分がお父様を救った」と発言したのです。三年前私がいった同じ話です。その話を聞いた人々は聞いた事実を認めたくありませんでした。事実と向き合おうとしなかったのです。そして私を「狂っている」「荒野の坊主が王子様ごっこをしている」などと中傷しました。どうとでも言いなさい。私は真実を話すだけです。

いまやその話が公になりました。それを隠蔽しようと画策した家庭詐欺連合は公文を出しました。

「お母様はお父様が原罪をもって生まれたとはおっしゃっていない。そのような話はデマだ。」

ところが公文が出た翌日に韓オモニは430家庭の婦人を集めてそこでこう発言したのです。

「私は独生女です。お父様は原罪をもって生まれたが、私は無原罪で生まれました。」

何と哀れで嘘に満ちた家庭連合であるかというのです。一つの嘘をいえばますます嘘を重ねる結果になるのです。そして現実に目覚める人がいまや群れを成しています。真実を述べる集団、それは(勝利した)カイン・アベル、相続者、後継者であるお父様の代身者、私たちだけが真実を語っているのです。

翻訳:管理人
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

お父様の生存中から繰り返されたオモニの話にもならない異端発言「アボジは原罪をもって生まれた」1月8日説教から【英語説教日本語訳】(その3)」への1件のフィードバック

  1. hide6500 の発言:

    二代王であられる亨進様の激しいメッセージに、サタンが打ち震えているのを感じます。こんなはずではなかったと・・・。王の王であられるお父様と二代王の亨進様に、直接サタンが手を下すことはできません。亨進様、どうかますます激しく獅子のように吼えてください。世界に激震を与えてください。

    いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中