韓お母様問題(その11)「アボジは私に出会う以前に誰とも結婚すべきではなかった」―公文をたった1日で反故にしたオモニの主張

Sanctuary Church Palace Entrance Ceremony Jan 1  2017   YouTube.png

2017年1月1日天一宮、入宮式でのティム・エルダー本部長の報告から

今日の式典は大きな悲劇の結果であり、また同時に神様の大きな祝福でもあります。天基3年7月17日(陽9・3)のお父様の天宙聖和の後、それまで真の母として尊敬し崇拝してきた韓氏オモニが摂理から逸脱しました。教会と食口をわがものとするという邪悪で誤った行動をとりはじめました。

ここ最近、10日ほど前のできごとから韓氏オモニのその権勢欲は誰の目にも明らかになりました。

12月22日姜賢實(カン・ヒョンシル)会長が私たちのもとに来られメッセージを発表されました。その中で「もうこれ以上家庭連合の背信に耐えることができない、『お父様は原罪をもって生まれ自分は無原罪で生まれた2千年間キリスト教が待ち望んだ独生女だ』というオモニの言葉は聖書に反する異端であり、どう考えても許容することができない」と述べました。

12月25日にオモニは15人から17人の元老食口を集め、姜賢實会長の問題についてアドバイスを求めました。世界中ではすでに1万人以上の人がSNSなどを通して姜先生のメッセージを読んでいました。

韓氏オモニがその日の集会で幾度となくお父様の原罪出生、自分の無原罪出生に言及したとき、一人の人が立ち上がって「お父様が原罪をもっていたなど我々の信仰のアイデンティティを損なう恐れがあります」と発言しました。そこでオモニも自分の無原罪出生を述べるだけにしよう、とその日はもうそれ以上踏み込むことはありませんでした。しかし12月25日のクリスマス集会での発言はさまざまなブログなどを通してインターネット上で取り上げられ結果的に姜会長の主張を裏付ける結果となりました。

これが拡散しては大事になるとみた家庭連合は12月29日に次のような内容の公文を出しました。

「お母さまはお父様が原罪をもって生まれたなどといわれたことはない。姜会長はサンクチュアリ教会の誤った言説を信じていたにすぎない。すべてサンクチュアリ教会の作り上げたデマだ」

というものです。

この公文作成者の意図などなんのその、韓氏オモニは公文が出された翌日に「お父様は原罪をもって生まれた」と公の場で発言したのです。今度はさらに踏み込んだ発言です。

12月30日、1960年から1968年に祝福を受けた百名ほどが集まった席でオモニはこう発言しました。(訳注:天地人真の父母様招請元老指導者特別集会→参照写真

「アボジは原罪をもって生まれました。無原罪でこの地に生まれた独生女に出会うことでアボジは原罪を脱ぐことができたのです。アボジは私に出会う以前に誰とも結婚すべきではなかった。」

これまでの統一教会の教義を覆すこの発言は世界中の多くの食口に衝撃を与えました。しかしこれらは亨進ニム、国進ニムが共に熟知していた内容であり、過去に二代王が私たちに訴えてこられた内容でもあるのです。いまや韓氏オモニは世界の食口にも明らかな形で異端の内容を口にするまでになったのです。2012年の段階で亨進ニム、国進ニムはオモニから直接これらの内容を聞かされていたのでした。

翻訳:管理人
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村