フランクリン・グラハム牧師 「主は神なき、無神論者の計画からわれらを救いたもうた」

 
 
「20世紀最大の伝道師」と呼ばれたビリー・グラハム牧師の息子で自らも現代アメリカを代表するキリスト教のテレビ伝道師であるフランクリン・グラハム牧師も今回の大統領選挙ではトランプ氏当選を祈っていた一人であった。

640px-Billy_Graham.jpg

世界的福音伝道師ビリー・グラハム牧師(右)とフランクリン・グラハム牧師(左)

フランクリン・グラハム牧師 「主は神なき、無神論者の計画からわれらを救いたもうた。」

HELLO CHRISTIAN.より

フランクリン・グラハム牧師は大統領選挙が始まって以来、国民に対して選挙のため祈るようにと訴えかけてきた。50州を巡るツアーも行い国会議事堂前では数千人を集めて祈った。

グラハム牧師はこの選挙の結果に神の御手が働かれたと主張する。

「合衆国の何十万ものキリスト教徒が祈ってきました。今年に入ってすべての州都で選挙とアメリカの未来のために祈りを捧げてきました。祈祷団をつくり、家庭で祈り、教会でも祈りました。そしてキリスト教徒が投票所に出かけ、神様が顕現したのです。」

また続けて、
「マスコミは頭を搔きながらこの結果を何とか理解しようとしていますが、私は神なき無神論者の計画が私たちの国を乗っ取ることを妨げるように神様の御手が火曜の夜に働かれたと信じています」とグラハム牧師は言う。

「ドナルド・トランプ次期大統領とマイク・ペンス次期副大統領は多くの支援を必要とすることでしょう。また多くの祈りの支援が必要です。
トランプ次期大統領が信仰の厚い男女を周辺に置いて国のかじ取りのアドバイスを求め相談できるように祈っています。」

「神が再びアメリカを祝福して下さること、これが私の祈りです。」
 
翻訳:管理人
 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中