【江利川会長の緊急報告】

 
日本サンクチュアリ協会公式サイトより
 
はじめに
 
10月28日から11月1日まで、アメリカ、ペンシルベニア、ニューファンドランドにある「世界平和統一聖殿」即ち、サンクチュアリ協会本部に各都道府県より日本を代表して35名が参上し、重要な数々の式典に参席して、実に貴重な天来のみ言葉を賜って参りました。
特に、私達一行が帰国する前日の晩、4時間に亘って語られた第2代王文亨進様のみ言葉は、実に深刻であり、正に真のお父様そのものが語られて居られたみ言葉でありました。録音もしておりますが、まずは1日でも早く皆様にお伝えしなければならないと思わされますので、メモからの抜粋ですが、お伝えいたします。

日本サンクチュアリ協会 総会長 江利川安栄


亨進様二代王様のみ言 (2016年10月31日)

14955873_986480781461936_334180103173823717_n

水曜日の夜(10月26日)、サタンが攻撃して来ました。山羊の頭の怪物バホメットが、「先祖解怨祝福時に、古今東西の堕胎をはじめ生まれ出ることの出来なかった子供達の解怨をするな。末の子を殺したい。」それで、その後信得を学校にも送りませんでした。」

天使長が二世を何十人も殺しました。「伝統」の本を見たでしょう。郭氏が作ったその内容によれば、堕胎してもよいと。私は直接御父様に伺いました。全然反対でした。

文明圏で一番罪の無い人を殺しても良いというのは、サタンの文明です。腹中の子供を殺すという文明、「人権、人権」と言うが、サタンに赤ん坊を与えています。
ヒラリーは、「胎児を殺しても良い。」(堕胎を容認)と言っています。堕落した女性です。アメリカがそうなれば、国連もその方向になり、世界に広まってしまいます。罪の無い人間を殺すこと、そういう文明、ヒラリーはそのような文明を作る人です。ヒラりーと韓氏オモニがマクロとミクロでつながっています。家庭連合は、ヒラリーを支持しています。

それで、50万部のパンフレットを作り、ペンシルバニアを中心に全米の州に送りました。
アメリカは、基督教の国であり、プロテスタントであるが、現在はバビロンと化してしまいました。ほとんどの女性は、胎児を殺してもよいと考えています。トランプは、「胎児を殺してはいけない」と、3回目の討論会で言いました。ヒラリーは、「出生予定日の前日に殺しても良い」と言い、それを家庭連合は支持しているのです。

お父様を離れるとサタンが入り込むのです。サタンが入ってくるとき、神は善悪を分立せざるを得ません。分立しないと善が悪となり、相対主義となり、地獄に落ちます。善が悪となる今の文化では、「善と悪を白と黒に分ける人はレベルが低い人だ」と言い、ユダヤ教、基督教は、善悪、白黒を分けるので低いものだと言います。

男性が女性達を誘惑します。女性がサタンにかみつかれて善悪を分別できない愚かな人になりがちです。善悪が分別できなければ、サタンがベッドに入ってきます。サタンは女性を利用して、その赤ん坊を殺します。それは、女性の人権、健康の問題だと言って、、、白衣の医者や科学者を利用して胎児を殺してもよいと思わせます。女性が胎児を殺しても良いと、サタンの宗教、儀式、イメージ、、を持って赤ん坊を殺します。文化的にサタン宗教の信徒になってしまいます。

どんな女性も胎中の赤ん坊が生きている事を感じているのです。ある人は堕胎をしたことを誇りビデオにしていますが、10年後には後悔するのです。産まれていれば立派な人になったかも知れない人を殺人した事をです。サタンは女性を殺人者として造り、しかし、貴女は殺人をしていないという文化をつくれば、必ずその文化は滅びるのです。

一番貴重なものは、神様が下さったものの中で赤ん坊なのです。生きている生命を何とも思わずに殺してしまう文化、、、。ミクロとマクロ、トランプとヒラリー、亨進王と韓氏オモニ、戦いです。自分の肉身の母ですが、お父様に背信した堕落した女性を王として捕まえ、、、そのように恐ろしい時代に生きているのです。イスラエルの民がカナンに入ったとき、全ての王を殺さなければなりませんでした。お父様を背信すれば地獄に行かざるを得ません。悲惨なことです。お父様が全てを捧げ、韓氏オモニを救おうとされましたが、個人の5パーセントがあります。戻ってくる道がありません。権力や財産を信じて、神に反逆すれば家庭が滅亡します。韓氏オモニは、自分の栄光が上がると思っていましたが、世界から糾弾される位置に立ち、歴史の中で一番悪口を言われる女性になりました。欲望のために、、、お父様の位置を奪おうとしました。自分がメシアであり、独生女であり、無原罪の神であると言いました。キリストの救いを受けた人がそんな事を言えば、救われることがありません。

私(亨進2代王)が聖和し、信俊が王になった時、ヨナが韓氏オモニと同じような事をしたら、石を投げつけてください。女性の欲望は世界を滅ぼします。再臨主に反逆したにもかかわらず、私が何を反逆したのか?と人気を追求すれば死ぬのです。真理を追究してください。全ての人が、私や皆さんの悪口を言っても、お父様に従わなければなりません。組織を信じ、組織と共に生きるのではなく、お父様を信じなければなりません。皆さんが組織信仰の時に、カインとアベルはお父様を守りました。善悪を分別しなければならない時は、人間的事情を考えてはいけません。サッと斬らないといけないのです。もっとも重要な時に、全ての食口が私たち(国進様と亨進様)の悪口を言っていました。

人気を追求する女性を見てください。韓氏オモニについていく女性は人気を追及しています。女性が最も大変です。全ての女性が善悪を分別できない存在になってしまいました。カインとアベル、夫が分別するので、妻達もついて来ました。何年か後には、カインとアベル、亨進と国進兄さんが言われたことが嘘ではなかったと気がつくことでしょう。全ての財産、名譽、全てを捨ててきました。しかし、今は最も多くを持っています。神様とお父様をつかんでいるからです。
皆さんが善悪不分別の中にいた時、アダムの立場にいる者が韓氏オモニの下に居たら、今の救いの道もありませんでした。善悪を分別できない文明圏と家庭は、サタンのものになるのです。

ミクロとマクロの次元で繰り広げられています。これまで殺された胎児は、自分の存在が認められない立場で、霧の中にいました。スーパーマーケットで迷子になった子供がどれほど恐怖に襲われるか?!胎児は、黒い霧の中でどれほどおそろしいか?!胎児たちは、罪がない、最もきれいな霊人です。サタンはそれを食い殺したのです。一番清い人をサタンは好むのです。20億の胎児が殺されたと推定されています。バビロンとか歴史上のサタン圏の文明よりも何千倍も最も悪いことです。アダムとエバ、エバである韓氏オモニとヒラリーはそのような赤ん坊は死ねと、そのような戦いが繰り広げられているのです。

審判は来ますが、アメリカがヒラリーを選択すれば、全世界に審判が及び、市民にまで及んでしまいます。ヒラリーはロシアと闘おうとしています。6万もの核弾頭を持つロシアとです。銀行家の悪行がばれないように戦争を起そうとするのです。そうなれば、たくさんの若者達が死ぬでしょう。

フィリピンが中国に付こうとしています。東アジアが不安定になるばかりでなく、世界が不安定になります。
トランプが選択されたとしても審判は来ますが、市民には及ばず、天使長である政府にのみ及ぶことでしょう。

先祖解怨祝福式を行った直後に起こったことですが、ひとつは、選挙において機械で投票しますが、その数字を操作することが出来る事を立証しているビデオが公表されました。ワシントンに在住しながらアラスカまで操作できます。それを立証するビデオ、オバマ、ヒラリーは、市民がやることだと嘘を言っていますが、そのビデオが公表されました。全世界を滅亡させることが出来る選挙です。もうひとつは、FBIがヒラリーの事件を7月に終結してしまいましたが、その捜査を再会すると言うのです。殺された子供達、名前の無い子女達が、ヒラリーになったら全世界に堕胎を認めるとして、その子供達の霊が協助しているのです。
万一、ヒラリーが勝てば、市民も50パーセントは死ぬでしょう。トランプならば、天使長の政府のみが死ぬのです。トランプは国に反逆した人を牢獄に入れなければなりません。トランプになっても戦争は起こるでしょう。但し、政府が牢屋に行くだけです。人間の5パーセントがあります。パンフレットを配布してください。全世界に影響を及ぼさなければなりません。
、、、、、、、、
再臨主に従わなければ、アメリカはなくなると言われました。お父様が韓氏オモニを叱った頃、トランプ氏が突然賭博王として現れました。
我々はトランプに近寄ろうとしませんでしたが、突然トランプの息子が近づいてきました。ミクロとマクロが突然近づきました。

歴史的時代、サタン文化と神の文化を決定する戦争です。単なるアメリカの大統領選挙ではありません。胎児を守る文明か?殺す文明か?を選択するのです。一方は、第3次大戦を起そうとしています。片方は、天使長を審判しようとしています。世界の市民はどのような文明を選択するのか?投票システムの詐欺とたたかうか?!受け入れるか?!

オバマとヒラリーの一番の秘密、20億の胎児を解放した翌日、投票システムを操作することが出来ることが明らかになりました。昨晩、今まで霧の中にいた胎児たちが陽を射すようになりました。一日のうちに何千万の人びとがインターネットを見ました。インターネットが市民の武器です。スーパーエリートが国連に渡し、国連を通してコントロールしようとしました。家庭連合も改竄、改竄、改竄、嘘がたくさん出て来ました。政府も改竄、改竄、改竄、嘘がたくさん出てきています。

何もない弱い市民達が大きな財閥や政治家を引きずり落とすことが出来たのか?!それは、三代王権が全てが無くなってもお父様を捨てなかった、責任を果したので、マクロとミクロが一致したのです。韓氏オモニの異端を手伝っていたならば、全てが滅びたのです。武道人としてそれが出来なかったのです。石チュノがそうです。お父様を売り飛ばしました。真の武道を習う者は、お父様を売ることはできません。エペソ6章にあるように、キリストを信じる者は、神の武具で身を固めなければなりません。神の血統圏の者は、武士であり、天の侍です。真理の帯を腰にしめ、正義の胸当を胸につけ、平和の福音の備えを足に履き、信仰の盾を手にとって、神の下さった全身兜をつけ、皆さんはサタンを分別した人なので、周りの人びとに気を配らず、お父様の王権、神の王国を建て、死んでも、十字架に逆さになって死んでも、王のために死ねるのが栄光だという人にならなければなりません。自分の赤ん坊を殺す人には神の国は来ません。資産、財産、権力のために生きる人のところに神の国、王国は来ません。イエスとともにあった12弟子、少数が全世界に拡散しました。お父様のために闘うことができる武士に恩恵がきます。

イサクの時代、自分の父を信じて祭壇に上り、喜んで死ねる境地、少しでも疑っていたならば、その場で死んでいたであろう。2代はイサクの時代、お父様の言われるまま、自分が死んでも世界が救われるならば死んで行く。イサクの時代の代表として、祭壇に上って死ななければいけません。勇気、愛を持って祭壇に上れば、お父様が、神がアブラハムの手を止めたように、、、。生きようとするのではなく、死ぬ覚悟で祭壇に上ったので、最後の瞬間、神はアブラハムの手を止めたのです。そのような犠牲と覚悟が無ければ、三代が地獄に行きます。神の地上天国を創るのは、侍精神です。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

【江利川会長の緊急報告】」への2件のフィードバック

  1. 石黒晴夫 の発言:

    力強いみ言ありがとうございます。真のお父様の完全投入のみ言を思いだします。死んでもみ旨だという精神こそ侍の精神だと思います。 三代王権に全てを捧げる決意を固めました。

    いいね: 1人

  2. 選挙のマシンはジョージ・ソロスの息のかかった会社で作られているそうです。また、死んだ人の数百万の選挙IDを今までも違法に使って不正投票をしてきました。

    いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中